2019年06月15日

2019年06月15日

【ボードゲーム・レビュー・評価】どうぶつ旅行案内(Turi-Tour)

■どうぶつ旅行案内の外箱・パッケージ
どうぶつ旅行案内0どうぶつ旅行案内01

本日のおすすめのボードゲーム
「どうぶつ旅行案内」のレビュー・評価・解説です。

■スペック
プレイ人数 : 2~4人
対象年齢  : 5歳以上
デザイナー : アレッサンドロ・ズッキーニ
外箱の大きさ: 縦23.2㎝×横34.3㎝×高さ4.8㎝
(パッケージサイズ)

■どうぶつ旅行案内の評価
平均点(Average score)
 ▶6.13(Max.6.5/Min.6.0)
初心者向き度(For beginners)
 ▶5pt.≪★★★★★≫
盛り上がり度(Excitement)
 ▶4pt.≪★★★★≫
テーママッチ度(Theme matching)
 ▶3pt.≪★★★≫
戦略性度(Strategic)
 ▶1pt.≪★≫
運度(Luck)
 ▶4pt.≪★★★★≫

評価については、こちらを参照ください。
http://blog.livedoor.jp/ogu_resort/archives/2016-05-08.html

■どうぶつ旅行案内のルール・レビュー・評価


≪どうぶつ旅行案内のテーマ(目的)≫

どうぶつ旅行案内は牧場の動物たちの休暇が近づいてるなか、おっちょこちょいの農夫ハネスが全てのチケットを混ぜてしまったので、ハネスを助け、牧場の動物たちを正しい休暇先に連れていってあげるというテーマのボードゲーム。タスクカードの山札が無くなったら、ゲーム終了です。ゲーム終了時に、獲得した得点が一番多い人の勝利です。

どうぶつ旅行案内1どうぶつ旅行案内2

どうぶつ旅行案内3


≪どうぶつ旅行案内のルール≫
ボードを組み合わせ、動物チップをボードの穴にはめてどの動物がどの休暇先に行くかを決めます。スタートカードを1枚引き、そこに描かれている動物駒をボード上の休暇先に置いたら、ゲームスタートです。

自分の番になったら、付属の紙製のサングラスを付けて、何も見えないようにします。左隣の人がタスクカードを1枚引いて、そこに描かれた動物駒を渡すとともに、タスクカードの内容を伝えます。

動物駒を渡されたら、手探りで何の動物かを予測します。そして、タスクカードの内容を実行します。
タスクカードは、カードに描かれた動物を休暇先に連れていく(動物駒をボード上の指定の位置に置く)/カードに描かれた動物が現在何個休暇中(何個がボードに載っているか)か答える/最も休暇している動物駒を1つボードから取り除く/カードに描かれた動物駒を1つボードから取り除く/最も休暇先に行っていない動物を休暇先に連れていくといった5種類があります。

手番では、上記のタスクをサングラスを付けた状態で行います。そして、そのアクション中にボード上にある動物駒を倒してしまったら即座に失敗となります。また動物駒は真っ直ぐに立った状態で置く必要があります。

タスクカードを成功させたら、そのカードを獲得出来ます。失敗の場合は、何も獲得出来ません。

以上をゲーム終了条件まで繰り返しておしまいです。
ゲームが終了したら、獲得したカード1枚を1点とし、すなわち獲得したカードの枚数が一番多い人が勝利します。

≪どうぶつ旅行案内のレビュー・評価≫
どうぶつ旅行案内は、目隠しをして遊ぶおバカな感じのアクションタイプの面白いボードゲームです!
バカバカしいところが、紙でできた大きなサングラスをつけるという点です。
子どもと大人とで一緒に遊べますし、大人同士でも飲みながら遊ぶとさらにバカバカしさが増します。パーティーゲームとして楽しむゲームです。

戦略性は、ほぼありませんし、一発逆転!といったようなドラマも生まれません・・・


■どうぶつ旅行案内の好き度数・おすすめ度数
好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶5pt.≪★★★★★≫


記事検索