2019年09月21日

【ボードゲーム・レビュー・評価】ロイヤルグッズ(オー・マイ・グッズ)(Oh My Goods! )

■ロイヤルグッズ(オー・マイ・グッズ)の外箱・パッケージ
ロイヤルグッズ0ロイヤルグッズ01

本日のおすすめのボードゲーム
「ロイヤルグッズ(オー・マイ・グッズ)」のレビュー・評価・解説です。

■スペック
プレイ人数 : 2~4人
対象年齢  : 10歳以上
デザイナー : アレクサンダー・プフィシュター
外箱の大きさ: 縦13.4㎝×横10.2㎝×高さ2.3㎝
(パッケージサイズ)

■ロイヤルグッズ(オー・マイ・グッズ)の評価
平均点(Average score)
 ▶7.3(Max.7.5/Min.7.0)
初心者向き度(For beginners)
 ▶2pt.≪★★≫
盛り上がり度(Excitement)
 ▶2pt.≪★★≫
テーママッチ度(Theme matching)
 ▶3pt.≪★★★≫
戦略性度(Strategic)
 ▶3pt.≪★★★≫
運度(Luck)
 ▶3pt.≪★★★≫

評価については、こちらを参照ください。
http://blog.livedoor.jp/ogu_resort/archives/2016-05-08.html

■ロイヤルグッズ(オー・マイ・グッズ)のルール・レビュー・評価


≪ロイヤルグッズ(オー・マイ・グッズ)のテーマ(目的)≫

ロイヤルグッズ(オー・マイ・グッズ)は、中世のヨーロッパで幅広い商品を製造する職人となり、出来るだけ多くの価値ある商品を製造して勝利点を競うボードゲーム(カードゲーム)。いずれか1人が建物を8つ建てたあとに、もう1回りしたら、ゲーム終了です。ゲーム終了時に、獲得した得点が一番多い人の勝利です。

ロイヤルグッズ1ロイヤルグッズ3

ロイヤルグッズ2


≪ロイヤルグッズ(オー・マイ・グッズ)のルール≫
全員、労働者カードを1枚、炭焼き小屋カードを1枚、炭焼き小屋カードの上にカードを7枚置き、手札に5枚を手札として持ったら、ゲームスタートです。

カードは、建物、資源、商品数の3つを表します。基本的には、資源を元に建物で商品を生産し、出来た商品を更に次の資源に変えて、より価値の高い商品を作っていくことを目指します。商品は売ることでお金になり、そのお金で建物を建てます。炭焼き小屋で炭を生産して、その炭と鉄鉱石を組み合わせて鉄精錬所で鉄を生産して、その鉄と炭を合わせて、工具製作所で工具を生産するといったように、生産を繋ぎ合わせていきます。

ゲームは1ラウンド(回)が、以下の4つのフェイズ(段階)で構成されます。
①新たな手札
②日の出
③日暮れ
④生産と建設


①新たな手札
全員、手札を全て捨てて、山札から捨てた枚数と同じ枚数を引くことが出来ます。その後に、全員2枚ずつ山札からカードを受け取り手札に加えます。

②日の出
山札からカードを1枚ずつ表にしていき、太陽が半分描かれたカードが2枚出るまで続けます。
そして全員、稼働させたい建物カードと、建設したい手札のカードを同時に選びます。
稼働は労働者カードを該当する自分の建物カードの下に置くことで出来ます。その際に、きちんと生産するか、ずさんに生産するかを選びます。きちんとした場合、④生産と建設時に全ての資源を利用しなければなりません。そして商品を2つ獲得します。ずさんに生産した場合、生産に必要な資源を1つ減らせますが、商品を1つしか獲得出来ません。
建設は、手札のカードを裏向きに置くことで、建設するカードを選んだことになります。

③日暮れ
山札から、太陽が半分書かれたカードが更に2枚出るまでめくって表にして場に置いていきます。

④生産と建設
ここでは、親から順番に実行していきます。②日の出で準備した、生産と建設を実行します。建物で働くことで商品が生産されます。毎回使用できる資源は全員共通でランダムに出てきます。足りない分は手札から該当する資源カードを出すことで生産できます。
こうしてある建物が最低1つの商品を生産した場合、即座にそのカードに書かれた生産チェーンを利用して、追加で商品を生産することが出来ます。
建設は、②日の出で準備したカードに書かれたコスト以上の商品を捨て札にすることで建設することが出来ます。

以上をゲーム終了条件まで繰り返しておしまいです。
ゲームが終了したら、建物と助手の勝利点、持っている商品の価値5つにつき1点を合計して競います。

≪ロイヤルグッズ(オー・マイ・グッズ)のレビュー・評価≫
ロイヤルグッズ(オー・マイ・グッズ)は、建物カードの効果を連続して使用できるように生産チェーンをうまく組んでいく面白いボードゲーム(カードゲーム)です!
次々に商品が繋がっていくのが面白いので、それをどう繋げられるかを考えるのがポイントです。これだけの要素がカードのみで表現できているのは素晴らしいです!

ただ、ちょっと生産を繋げることがイメージ出来ないのと、中期的に先まで考えないといけないので、初めからうまくいかないのと、初心者の方にはハードルが高いです・・・


■ロイヤルグッズ(オー・マイ・グッズ)の好き度数・おすすめ度数
好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶2pt.≪★★≫


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索