第51回小熊秀雄賞 選考会開催
3時間の論議の末に「該当作なし」
 
5月12日に「小熊秀雄フォーラム」開催

 第51回小熊秀雄賞の最終選考会を7日午後、市内高砂台の旅館・扇松園で開催しました。
 今回は、全国から92点の応募がありました。一次、二次選考を経て5点が最終選考会にノミネートされ、4人の選考委員が三時間に及ぶ論議を重ねた結果、今回は「該当作なし」という結論になりました。
 選考委員は、アーサー・ビナード(詩人・エッセイスト)、佐川亜紀(詩人)、堀川真(絵本作家・名寄市立大准教授)、松井晶彦(演出家)の4氏。主催する当会の石川郁夫さんが司会を務めました。
 選考会は実行委員会の会員に公開し、30人の会員が見守る中、最終選考会に進んだ5点の詩集について、委員それぞれが講評する形で進められました。2時間が経過し、司会が「否定的な指摘が多かった3点を議論の対象から外すことにしては」と提案した後、10分間の休憩をとりました。
 再開された論議で、アーサー・ビナードさんが「比較ではなく、この詩集ならば僕が借りているマンションの大家さんにも、友達の子どもの高校生の娘にも、『これ面白いから読んでみて』と手渡せる詩集かどうかで決める。自分の小熊基準に達しているか、ということ」と口火を切り、松井さんも、「北国の、小熊が生きた風土や匂いを感じられる詩集に小熊賞を贈りたい。面白い詩集はあったが、今回は小熊賞にふさわしてものはなかった」と意見を述べ、佐川さん、堀川さんも悩みながら同調して、「該当作なし」という結論になりました。
 市民実行委員会が運営を引き継いだ41回以降、「該当作なし」は2012年、2014年に次ぎ3回目になります。

 予定していた贈呈式に代わり、5月12日(土)午後3時から、旭川トーヨーホテル(市内7ノ7)で、「小熊秀雄フォーラム」的な集いを開催する。講師は『オバマ・グーグル』で第50回小熊賞を受賞した、旭川出身の若き詩人山田亮太さん。そのほか、知恵を絞って、天才・小熊秀雄をもっと知るイベントを用意したいと考えています。

_IGP9567
30人の会員が見守る中3時間に及ぶ議論が交わされた選考会=4月7日、高砂台3 旅館「扇松園」で