2016年06月29日

らくなからだ 琉 7月の営業日のお知らせ

梅雨らしい長雨が続いておりますね。
中医学では、この季節、体に「湿」がたまりやすく、
むくみや、全身のだる重だるさ、胃腸不調を招くと言われています。
上のような自覚症状がある方は、
足湯をする、ふくらはぎを揉むなどして血行を良くする。
利尿作用のある食べ物やお茶を飲む、
胃腸を補う食べ物をとってみてください。
お茶:小豆茶、はと麦茶
食材:いんげん、とうもろこし、シソ、梅干し、生姜など
梅・シソ・しらすの混ぜご飯オススメです。
そうめんのつけ汁に梅干しを入れて食べるのも美味しいですよ〜。

さて7月も水・土に営業いたします。
お越しを心よりお待ちしております。


【7月の営業日】
*水曜日*
6日、13日、20日、27日
*土曜日*
2日、9日、16日、23日、30日

◆予約方法◆
下記の予約サイトで、予約状況をご確認の上、
メールかお電話でお申込みくださいませ。
「琉」からの返信をもちまして、ご予約成立となります。
 24時間を過ぎても返事が無い場合は、
お手数ですが直接お電話くださいませ。

サイトの◯の日時から施術を開始することが出来ます。
ご希望の〕菘稿時、▲魁璽后蔑磧Ε椒妊ぃ僑以など)を
お知らせください。
カウンセリングや着替えなどを含め、
コース時間+20分ほどをお見積りくださいませ。

ご予約確認サイト
https://www.yoyaku-hiroba.jp/yoyaku/form/728/

*「らくなからだ 琉」フェイスブックページ
https://www.facebook.com/rakunakaradaryu

*「らくなからだ 琉」ホームページ
http://ryuogurikazue.wix.com/rakunakarada
  
Posted by ogurikazue at 09:43Comments(0)

2016年05月27日

ダンスセラピーWS大阪 来週開催です

6月3日(金)、4日(土)と、
原キョウコさんのダンスセラピーWSを開催いたします。
会場は、近鉄あべの橋から徒歩3分。
ただいまお申込み受付中です。

私自身も変容のプロセスの真っ最中でして、
キョウコさんの書いてくださった文章そのものずばりの状態。
沁みました。

年に2回コンスタントに行ってきたWSですが、
次回の開催は未定です。
ぜひ、迷われている方は、この機会にお越しくださいませ。
DC_13th_o_hanten


DC_13th_u


「風薫る5月から6月へと、
季節が変わっていきます。

4月の大分の地震から政治も含め、さまざま
社会が慌ただしくなっているのを感じます。
良い悪いは別として、確実に社会も環境も変容しつつあります。
現在、変容の真っ最中という方もいらっしゃることでしょう。

多くの場合、「変容」するプロセスというのは
苦しいことが多いものです。

自分の自己同一性が信じられなくなったり
今まで当たり前のようにやっていたことに
疑問が生じてきたりします。
どうしたらいいのかわからない時ということもあります。
苦しい部分がぐんと浮上してくることもあります。

それそのものが変容のプロセスです。

そして人間の苦しみは
思考と身体(感覚/感情)が分離し、
自らの魂の求むるところからも
遠く離れてしまうことから生まれます。

どうありたいのかをもう一度自らに問うこと。
それは言葉でなく、
自分の身体に動きを通して尋ねてみるのです。

あらためて、自分自身の感覚に耳を傾け、それを愛おしむこと。
自分への信頼と愛情を取り戻すこと。

いっぽんの指が動くことから、
息を吸って吐いてみることから
自分への深い旅が始まります。

小さな自分の中に丁寧に深く分け入って
じっくりと自分を観察する。
自分にしか持ち得ない何かを見出し、
その言い分をしっかりと聞く。
微細な作業が、大地とのつながりのカギとなるのです。

大地と世界へ、あらためて信頼と畏敬の念を。
それが自分の器を広げ、
自分への信頼と希望にもつながっていきます。
しっかりと「今」を生き切り、
これからを生き延びる力をつけましょう。
後悔のないように。

今年で7年目の開催ですが、
今後の大阪での開催は今のところ未定です。
しばらく行えない可能性もありますので、
ぜひこの機会にお越しください。

vol.13「大地とつながる身体」 
〜内なる可能性を引き出す二日間〜

呼吸法や動きを通してのご自身の心身の調整と、
自発的な表現をサポートします。
野口体操をベースにした身体技法、ダンスセラピーの技法、
原キョウコさん学んで来た舞踏の技法をご紹介していきます。


Aプログラム
[日 時] 6/3日(金) 19:00〜21:00 
[参加費]  4,000円 
[内 容] 
触れることのチカラ
『皮膚感覚はもっとも原初的な感覚です。
触れることを通し、生まれてくる感覚と感情を味わいます』

Bプログラム
[日 時] 6/4(土) 10:30〜13:30 
[参加費] 5,000円 
[内 容]  
つながることのチカラ
『グループでしか体験できないダイナミクス。
他者とのエネルギーの交感を大胆かつ繊細に楽しみます』

Cプログラム
[日 時] 6/4(土) 14:30〜16:30 
[参加費] 4,000円 
[内 容]
イメージのチカラ
『想像力は創造力。
イメージを使ってのダンスは、瞑想のよう。
深いところでの気づきと変容を促します』

★20分前に受付開始。
★2日間を通しての受講を歓迎します。
ABC通し券はお得な12,000円 。
AB・BCのセット券は8,500円。
ご予約の際にお申込みください。
Cのみ参加の場合は要相談。

[場所]
オフィス・ファントマ
あべのスタジオ2F

■所在地:大阪市阿倍野区松崎町2丁目3−54

■電車でお越しの場合:駅から徒歩50秒
JR・地下鉄天王寺駅から近鉄阿倍野橋駅方面。

■ホームページ
http://www.fantoma.info/studio/index.html

■アクセス方法
JR・地下鉄天王寺駅から、あべのハルカス方面へ。
近鉄阿倍野橋駅からは、徒歩50秒。
あべのハルカスとHOOPの間の道、たこ焼きやまちゃんをすぎて右折。最初の角の白い建物
(入り口はシャッター、1階裏手は駐車場)
2F・大スタジオ

【こんな方へ】
身体感覚を研ぎ澄まし、動きの源泉を見つけたい/舞踏に興味がある/自分の内にある何かを表現してみたい/医療福祉教育に関心がある/ダンスセラピーを学びたいと思っている方/身体の表現に抵抗がある/身体が硬いと感じている方でも大丈夫です。

※現在受診中または心身に何らかの症状をお持ちの場合は、発作や症状が起きたときにご自分で対処ができる方、グループのルールを守れる方に限らせていただきます。
お申込の際にその旨を必ずご相談ください。
(安全な場を提供するためであることをご理解くださいませ。守秘義務は遵守致します)

[申込方法・お問合せ]
原キョウコ ダンスセラピーラボ 大阪事務局 小栗
■メール 
ryusei_club@yahoo.co.jp(小栗)

予約方法:件名を「WS予約」とし、メール本文に以下情報をご記入ください。
○お名前、フリガナ ○ご希望のプログラム ○電話番号 ○既往症など(対象欄をご参照ください)
流星倶楽部からのメールの返信をもちまして、ご予約成立となります。

■電話 090-1241-0352(小栗)

■Facebook
当イベントページをご覧になって参加をご希望される方は、参加ボタンをクリックの上、参加希望の旨コメントいただくか、もしくは、私宛にメッセージをいただきますようお願い申し上げます。
こちらから改めてご連絡とご案内をさせていただきます。
プライバシーの面から、参加されることを伏せたい場合は、
事務局からの返信をもちまして、参加成立となります。

■内容についてのお問合せは原キョウコ harakyon@m02.itscom.net までどうぞ。

[定員】二十名前後(先着順) 
*定員に満たない場合は中止することがあります。

[持ち物]
動きやすい服装(スカート、ストッキングは不可)
敷物(バスタオル、ヨガマットなど)

●ダンス ムーブメント セラピーって?
身体の動きや感覚を通じて、心の統合をはかる芸術療法のひとつ。世界各国で、精神科病院・高齢者施設・障碍児施設子供や一般成人などを対象にしてグループセッションをメインに行われています。「ダンス」という言葉がかなり広義の意味を持つため、その内容は対象や国民性、指導者によりさまざまなスタイルを持っていますが振り付けや型にとらわれることなく即興的な動きと身体感覚を楽しみ、言葉を介さずに自分自身や相手に働きかけていきます。

原キョウコのセッションでは
呼吸法/イメージワーク/野口体操/舞踏/演劇のエチュード等の要素を取り入れ
ときに微細な心身の変化を感じ、ときにダイナミックな動きをそれぞれの身体から
呼び起こす空間と時間を提供しています。


[原キョウコプロフィール]
俳優としての活動の後、ダンスに転じコンテンポラリーと舞踏、日本の身体技法を融合させ、「指輪ホテル「nest」などの舞台や、ソロでのダンスパフォーマーとして活動。
97年より「原キョウコダンスセラピーラボ」を主催。

臨床でのダンスセラピー
96〜'98年 東海大学病院精神科(開放病棟)
97〜98年 医療法人青渓会駒木野病院
     (アルコールリハビリ病棟)
98〜03年 北青山診療所
     (カウンセリングを含む個人セッション)
00年〜05年 めだかメンタルクリニック(デイケア)
05年〜現在 都内の精神科クリニックでグループを担当
上記の他、企業研修、介護ヘルパー養成講座、表現アートセラピー研究所、
一般社団法人アーツコミュニケーションラボなどの講師を務め、
現在まで2万人以上にわたる数多くのワークショップ、講義実績を持つ。

原キョウコ blog  
http://blog.goo.ne.jp/kyondance

[コーディネーター:小栗一紅]
劇作家・俳優
整体院「らくなからだ琉」主催。
http://ryuogurikazue.wix.com/rakunakarada

協力:OTTO DESIGN・流星倶楽部  
Posted by ogurikazue at 07:19Comments(0)

2016年05月22日

らくなからだ琉 6月の営業日のお知らせ

こんにちは。
吹く風が肌に心地よいこの頃ですね。
お変わりございませんか?

らくなからだ琉はこの5月、無事に1周年を迎えることができました。
これもひとえに皆様方のご愛顧の賜物と感謝いたしております。
 
さて、6月は営業曜日がいつもと異なっております。
第1週と3週は、日曜に営業いたします。
お越しを心よりお待ちしております。

 
【6月の営業日】
*水曜日*
1日、8日、15日、22日、29日
*土曜日*
11日、25日
*日曜日*
5日、19日

◆予約方法◆
下記の予約サイトで、予約状況をご確認の上、
メールかお電話でお申込みくださいませ。
「琉」からの返信をもちまして、ご予約成立となります。
 24時間を過ぎても返事が無い場合は、
お手数ですが直接お電話くださいませ。

サイトの◯の日時から施術を開始することが出来ます。
ご希望の〕菘稿時、▲魁璽后蔑磧Ε椒妊ぃ僑以など)を
お知らせください。
カウンセリングや着替えなどを含め、
コース時間+20分ほどをお見積りくださいませ。

ご予約確認サイト
https://www.yoyaku-hiroba.jp/yoyaku/form/728/

*「らくなからだ 琉」フェイスブックページ
https://www.facebook.com/rakunakaradaryu

*「らくなからだ 琉」ホームページ
http://ryuogurikazue.wix.com/rakunakarada


以上、最後までお読みくださり
ありがとうございます。

推拿整体師/リフレクソロジスト 小栗一紅
  
Posted by ogurikazue at 08:27Comments(0)

2016年05月15日

臨床ダンス ムーブメント セラピスト 原キョウコによる大阪ワークショップ開催!

今回は、近鉄阿倍野駅から徒歩3分の会場で行います。
ご参加申し込み受付中です。

臨床ダンス ムーブメント セラピスト
原キョウコによるワークショップ開催!
DC_13th_o_hanten


DC_13th_u

vol.13「大地とつながる身体」 
〜内なる可能性を引き出す二日間〜

呼吸法や動きを通してのご自身の心身の調整と、
自発的な表現をサポートします。
野口体操をベースにした身体技法、ダンスセラピーの技法、
原キョウコさん学んで来た舞踏の技法をご紹介していきます。


Aプログラム
[日 時] 6/3日(金) 19:00〜21:00 
[参加費]  4,000円 
[内 容] 
触れることのチカラ
『皮膚感覚はもっとも原初的な感覚です。
触れることを通し、生まれてくる感覚と感情を味わいます』

Bプログラム
[日 時] 6/4(土) 10:30〜13:30 
[参加費] 5,000円 
[内 容]  
つながることのチカラ
『グループでしか体験できないダイナミクス。
他者とのエネルギーの交感を大胆かつ繊細に楽しみます』

Cプログラム
[日 時] 6/4(土) 14:30〜16:30 
[参加費] 4,000円 
[内 容]
イメージのチカラ
『想像力は創造力。
イメージを使ってのダンスは、瞑想のよう。
深いところでの気づきと変容を促します』

★20分前に受付開始。
★2日間を通しての受講を歓迎します。
ABC通し券はお得な12,000円 。
AB・BCのセット券は8,500円。
ご予約の際にお申込みください。
Cのみ参加の場合は要相談。

[場所]
オフィス・ファントマ
あべのスタジオ2F

■所在地:大阪市阿倍野区松崎町2丁目3−54

■電車でお越しの場合:駅から徒歩50秒
JR・地下鉄天王寺駅から近鉄阿倍野橋駅方面。

■ホームページ
http://www.fantoma.info/studio/index.html

■アクセス方法
JR・地下鉄天王寺駅から、あべのハルカス方面へ。
近鉄阿倍野橋駅からは、徒歩50秒。
あべのハルカスとHOOPの間の道、たこ焼きやまちゃんをすぎて右折。最初の角の白い建物
(入り口はシャッター、1階裏手は駐車場)
2F・大スタジオ

【こんな方へ】
身体感覚を研ぎ澄まし、動きの源泉を見つけたい/舞踏に興味がある/自分の内にある何かを表現してみたい/医療福祉教育に関心がある/ダンスセラピーを学びたいと思っている方/身体の表現に抵抗がある/身体が硬いと感じている方でも大丈夫です。

※現在受診中または心身に何らかの症状をお持ちの場合は、発作や症状が起きたときにご自分で対処ができる方、グループのルールを守れる方に限らせていただきます。
お申込の際にその旨を必ずご相談ください。
(安全な場を提供するためであることをご理解くださいませ。守秘義務は遵守致します)

[申込方法・お問合せ]
原キョウコ ダンスセラピーラボ 大阪事務局 小栗
■メール 
ryusei_club@yahoo.co.jp(小栗)

予約方法:件名を「WS予約」とし、メール本文に以下情報をご記入ください。
○お名前、フリガナ ○ご希望のプログラム ○電話番号 ○既往症など(対象欄をご参照ください)
流星倶楽部からのメールの返信をもちまして、ご予約成立となります。

■電話 090-1241-0352(小栗)

■Facebook
当イベントページをご覧になって参加をご希望される方は、参加ボタンをクリックの上、参加希望の旨コメントいただくか、もしくは、私宛にメッセージをいただきますようお願い申し上げます。
こちらから改めてご連絡とご案内をさせていただきます。
プライバシーの面から、参加されることを伏せたい場合は、
事務局からの返信をもちまして、参加成立となります。

■内容についてのお問合せは原キョウコ harakyon@m02.itscom.net までどうぞ。

[定員】二十名前後(先着順) 
*定員に満たない場合は中止することがあります。

[持ち物]
動きやすい服装(スカート、ストッキングは不可)
敷物(バスタオル、ヨガマットなど)

●ダンス ムーブメント セラピーって?
身体の動きや感覚を通じて、心の統合をはかる芸術療法のひとつ。世界各国で、精神科病院・高齢者施設・障碍児施設子供や一般成人などを対象にしてグループセッションをメインに行われています。「ダンス」という言葉がかなり広義の意味を持つため、その内容は対象や国民性、指導者によりさまざまなスタイルを持っていますが振り付けや型にとらわれることなく即興的な動きと身体感覚を楽しみ、言葉を介さずに自分自身や相手に働きかけていきます。

原キョウコのセッションでは
呼吸法/イメージワーク/野口体操/舞踏/演劇のエチュード等の要素を取り入れ
ときに微細な心身の変化を感じ、ときにダイナミックな動きをそれぞれの身体から
呼び起こす空間と時間を提供しています。


[原キョウコプロフィール]
俳優としての活動の後、ダンスに転じコンテンポラリーと舞踏、日本の身体技法を融合させ、「指輪ホテル「nest」などの舞台や、ソロでのダンスパフォーマーとして活動。
97年より「原キョウコダンスセラピーラボ」を主催。

臨床でのダンスセラピー
96〜'98年 東海大学病院精神科(開放病棟)
97〜98年 医療法人青渓会駒木野病院
     (アルコールリハビリ病棟)
98〜03年 北青山診療所
     (カウンセリングを含む個人セッション)
00年〜05年 めだかメンタルクリニック(デイケア)
05年〜現在 都内の精神科クリニックでグループを担当
上記の他、企業研修、介護ヘルパー養成講座、表現アートセラピー研究所、
一般社団法人アーツコミュニケーションラボなどの講師を務め、
現在まで2万人以上にわたる数多くのワークショップ、講義実績を持つ。

原キョウコ blog  
http://blog.goo.ne.jp/kyondance

[コーディネーター:小栗一紅]
劇作家・俳優
整体院「らくなからだ琉」主催。
http://ryuogurikazue.wix.com/rakunakarada

協力:OTTO DESIGN・流星倶楽部  
Posted by ogurikazue at 09:16Comments(0)

2016年05月14日

虎ノ門ヒルズで法螺演奏とともに朗読します(奈良県主催・吉野シンポジウム詳細)

日本屈指の桜の名所で知られる「聖地 吉野」。
その魅力を、トークと保山耕一さんの映像作品で味わっていただける
シンポジウムを東京は虎ノ門で行います。

私は、制作スタッフとして関わっておりまして、当日はなんと!
法螺貝の演奏と共に朗読&司会進行役として参加いたします。
ぜひとも観にいらしてください。

お申し込み締め切りは6月3日まで。

******

奈良県主催・吉野シンポジウム
「桜とともに生きる 〜吉野・生命と再生の聖地〜」
●開催日時:2016年6月17日(金)
      18:00開演(17:30開場)
      ※終演は21:00頃の予定
●会場:虎ノ門ヒルズ5F メインホール
   東京都港区虎ノ門1‐23‐3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階
●参加費:無料(申込必要)
●定員:720名(先着順)
●申込締切:平成28年6月3日(金)
はがきでのお申し込みの場合は、当日消印有効となります。
●お申し込み方法:
参加ご希望の方は、E-mail・はがき・FAXにて
・郵便番号・住所・氏名・電話番号
・申込人数(ご自身を含む、最大3名まで)
を明記の上、下記事務局へお申込ください。
 
※参加者には6月10日(金)までに入場券をお送りします。
※お預かりした個人情報を奈良県のイベントのご案内に使用させて頂く場合がございます。
ご不要の方は申込時にその旨明記してください。

●申込先:
奈良県首都圏シンポジウム運営事務局
〒150-0011
東京都渋谷区東3-15-6 百百代ビル2F
FAX:03-6418-4735
E-mail:sympo@welcome-nara.jp
 
●お問い合わせ先:
奈良県観光プロモーション課
TEL:0742-27-8482 

●主催:奈良県

第1部・オープニング
   法螺貝演奏と朗読
   映像「吉野への誘い」
   岡本 彰夫 作『奥大和は日本の「床の間」』
   朗読:小栗 一紅
 
 第2部・講話
   「過去、現在、未来、祈りの道」 櫻本坊 住職 巽 良仁
   「桜色に染まる想い」 如意輪寺 副住職 加島 裕和
 
 第3部・映像上映
   「映像詩・桜とともに生きる」
 
 第4部・座談会
   岡本 彰夫・巽 良仁・加島 裕和・保山 耕一
   進行:増田 隆
 
 司会進行:岩渕 亜希子・小栗 一紅
 
 ※主催者都合により、内容が変更になる場合がございます。
  あらかじめご了承ください。

イベントページ
https://www.facebook.com/events/994270497327643/

版下_桜シンポジウム0428_2

版下_桜シンポジウム0428_u
  
Posted by ogurikazue at 02:05Comments(0)

2016年04月25日

女優、佳梯かこさん 逝く

たいへん悲しい訃報が入りました。

4月20日(水)に佳梯かこさんが亡くなれたそうです。

プロジェクト・ナビを代表する女優さんであり、
かっこよくて、憧れの人でした。

私は「太陽の匂い」という作品で、
名古屋の文化振興賞をいただきました。

その授賞式で、かこさんは別の賞を受賞をされ、
受賞パーティでご一緒したのが初めての出会いでした。

応募作品の下読みをしてくださっていいて、いい本だからと、
そのパーティで自らプロデューサー役を引き受けてくださいました。

2002年名古屋で、佳梯かこプロデュース・演出深津篤史さんで
「ソラノテザワリ」という公演を行っていただきました。
プロデューサーとしてだけではなく、俳優として、
私の書いた本を演じてくださいました。

スタスタと躊躇なく、ちょっとうつむき加減で、舞台へ出て行く
後ろ姿が忘れられません。

それから10年以上、年賀状のやりとりだけでご縁は細々とつながっていて、
去年、伊丹のアイホールで行われた深津さんの追悼公演で久々に再会。
親御さんを介護し、看取ったので、久々に芝居するんだ、と嬉しそうに話されていました。

12月25日には、長久手で行われた「杏仁豆腐のココロ」を観に伺いました。

以前と変わらぬ、可愛らしさと、せつなさと、かっこよさ、
それが混在する、素晴らしい演技に惚れ惚れ。

芝居が終わって、ロビーでお話をさせていただいた時は、
来年は、役者やりたい、大阪に呼んでね〜と笑顔でおっしゃってはりました。

もう一回、かこさんと芝居をしたいなあ、そして、もっとかこさんの舞台をみたいなあ
と思いながら、最終電車で大阪へ戻ってきました。

長久手が、もしかしたら最後の舞台だったのかな?

今年はいつもより少し遅れ目で年賀状が届いて、
「長久手まできてくれたありがとう。
あまり話せずにごめんね、まろんの整体をうけたいです」
とまるい、くしゅっとした手書きの文字が添えられていました。

かこさん、かこさん、大好きなかこさん。
あなたがこの世からいなくなったなんて、めっちゃ寂しいです。

でも、ずっと再演したかった舞台をやりとげて
その姿をしっかりとみることができて、ほんとうによかった。

心からお悔やみ申し上げます。

IMG_1013
  
Posted by ogurikazue at 14:18Comments(0)

2016年04月22日

らくなからだ琉 5月の営業日のお知らせ

【5月の営業日のお知らせ】
昨日は一日中、雨降りでしたね。
いま季節は二十四節気の一つ
「穀雨(こくう)」というシーズンなのだそうです。

煙るように降る春の雨が、
田畑を潤し穀物の成長を助けることを表しているのだとか。

らくなからだ琉のテラスにある植物も
グングンという音が聞こえそうなくらい
勢いよく枝葉を伸ばしています。

さて、今月も水曜と土曜日に営業しております。
お越しを心よりお待ちしております。

【5月の営業日】
*水曜日*
4日(祝)、11日、18日、25日
*土曜日*
7日(土)、14日(土)、21日、28日

◆予約方法◆
下記の予約サイトで、予約状況をご確認の上、
メールかお電話でお申込みくださいませ。
「琉」からの返信をもちまして、ご予約成立となります。
24時間を過ぎても返事が無い場合は、
お手数ですが直接お電話くださいませ。
サイトの◯の日時から施術を開始することが出来ます。
ご希望の〕菘稿時、▲魁璽后蔑磧Ε椒妊ぃ僑以など)を
お知らせください。
カウンセリングや着替えなどを含め、
コース時間+20分ほどをお見積りくださいませ。

ご予約確認サイト
https://www.yoyaku-hiroba.jp/yoyaku/form/728/

*「らくなからだ 琉」フェイスブックページ
https://www.facebook.com/rakunakaradaryu

*「らくなからだ 琉」ホームページ
http://ryuogurikazue.wix.com/rakunakarada

住所
〒542−0012 大阪市中央区谷町6−17−6
ベイビーフェイスビル6F

アクセス
大阪市営地下鉄 谷町6丁目駅4番出口より徒歩3分
松屋町駅3番出口より徒歩3分
お車の方は近隣のコインパーキングをご利用お願い致します。  
Posted by ogurikazue at 13:31Comments(0)

2016年04月10日

手作りの卒業アルバム

10年間続けてきた俳優養成所の仕事を、
3月いっぱいで、一度退職させていただいた。

通信教育で勉強したいことがあるためで、
仕事が嫌だったとかそういうわけではない。

先々週、最後の授業を終え、
自分の下した決断に自信がなくなるくらい、
生徒と別れるのが寂しく辛かった。

先日、養成所の元生徒から宅配便が届いた。
中身は手作りのアルバムだった。

1ページに1人ずつ、手紙と絵と生徒の写真。
すでに退団した生徒たちの分もあった。

全部で20ページ、裏表で40ページ。
ものすごく手間がかかったことだろう。
1人1人の生徒と、
それを取りまとめてくれた生徒に、
ありがとうを言いたい。

今の私にはもう授業で生徒に何かをお返しすることができない。

私のしたかった勉強をちゃんとすること。
元生徒たちの舞台を観に行くことはできるかな、
と思う。

胸の奥にほかほかとあったかい力が湧いてくる、
そんな卒業した私へのアルバムを見える場所に飾って。

今日から勉強開始です。

image
  
Posted by ogurikazue at 17:34Comments(0)

2016年03月29日

らくなからだ琉 4月の営業日のお知らせ

桜のつぼみも膨らんで、
まもなくお花見のシーズンがはじまりますね。
いかがおすごしでしょうか?

最近、らくなからだ琉のテラスには、
いろんな種類の小鳥がやってきます。
さえずりを聞ききながら、整体をして過ごす時間は、
穏やかで心地がよく、春の到来をゆったりと味わっております。
いい職場ですね(笑)

【4月の営業日】
*水曜日*
6日、13日、20日、27日
*土曜日*
2日、9日、16日、23日、30日

◆予約方法◆
下記の予約サイトで、予約状況をご確認の上、
メールかお電話でお申込みくださいませ。
「琉」からの返信をもちまして、ご予約成立となります。
24時間を過ぎても返事が無い場合は、
お手数ですが直接お電話くださいませ。
サイトの◯の日時から施術を開始することが出来ます。
ご希望の〕菘稿時、▲魁璽后蔑磧Ε椒妊ぃ僑以など)を
お知らせください。
カウンセリングや着替えなどを含め、
コース時間+20分ほどをお見積りくださいませ。

ご予約確認サイト
https://www.yoyaku-hiroba.jp/yoyaku/form/728/

*「らくなからだ 琉」フェイスブックページ
https://www.facebook.com/rakunakaradaryu

*「らくなからだ 琉」ホームページ
http://ryuogurikazue.wix.com/rakunakarada

以上、最後までお読みくださり
ありがとうございます。  
Posted by ogurikazue at 08:15Comments(0)

2016年02月29日

「一緒に読んでみよう」サヨナフ

2月22日(月)の大竹野正典の戯曲の劇集成を、
参加者のみなさまと共に味わう、
「一緒に読んでみよう」サヨナフ編が無事に終わりました。
DSCF3556

DSCF3570


屋上のペーパームーンの朗読公演にご出演の、
寺井幸菜さん、柴垣啓介さん、奈須崇さんも、ご参加くださいました。
(九谷さん、戎谷さんはレギュラー参加です)
そして、大竹野さんの芝居に出演されてきた、
昇竜之介さんや、武川康治さん、照明の林鈴美さんも初参加。

たくさんの皆様と「サヨナフ」を一緒に味わいました。

音響は、大西博樹さん
藍田マリンちゃんの撮ってくれた写真が全部よくて、
選ぶのが大変!!
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.835602639884034.1073741832.584617798315854&type=3

全てはフェイスブックのアルバムにありますので、
そちらを御覧ください。

次回は3月22日(火)19時から、
「トーフの心臓」を読みます。

場所 心斎橋ウイングフィールドにて
時間  19:00〜
料金  1,000円(学生500円)
割引特典:会場で劇集成をお買い上げいただくと
     500円引になります

各回とも終了後ワンドリンク付き交流会あり(自由参加)

詳細とご予約は
http://www5c.biglobe.ne.jp/~kujirak/menu.html  
Posted by ogurikazue at 13:07Comments(0)

「らくなからだ 琉」3月の営業日お知らせ

三寒四温の季節。
春の足音がすぐそばに聞こえてまいりました。
いかがおすごしでしょうか?

私は2月20日(土)に春日大社で、
「映像詩・かすがの煌めき」という、
2年かけて、携わってきた映画の
奉納上映会をさせていただきました。

300人もの方々がお越しくださり、
盛会となりました。
少ない営業日をお休みしてすみませんでした。
上映会当日は朗読と司会進行、
映画の中ではナレーションをつとめました。
大役を終えて、心底ほっとしております。
3月はすべての水曜・土曜、営業いたしますので、
皆様のご来店、お待ちしております。

【3月の営業日】
*水曜日*
2日、9日、16日、23日、30日
*土曜日*
5日、12日、19日、26日

◆予約方法◆
下記の予約サイトで、予約状況をご確認の上、
メールかお電話でお申込みくださいませ。
「琉」からの返信をもちまして、ご予約成立となります。
24時間を過ぎても返事が無い場合は、
お手数ですが直接お電話くださいませ。
サイトの◯の日時から施術を開始することが出来ます。
ご希望の〕菘稿時、▲魁璽后蔑磧Ε椒妊ぃ僑以など)を
お知らせください。
カウンセリングや着替えなどを含め、
コース時間+20分ほどをお見積りくださいませ。

ご予約確認サイト
https://www.yoyaku-hiroba.jp/yoyaku/form/728/

*「らくなからだ 琉」フェイスブックページ
https://www.facebook.com/rakunakaradaryu

*「らくなからだ 琉」ホームページ
http://ryuogurikazue.wix.com/rakunakarada

以上、最後までお読みくださり
ありがとうございます。
推拿整体師/リフレクソロジスト 小栗一紅  
Posted by ogurikazue at 12:59Comments(0)

2016年02月06日

劇集成を一緒に読んでみよう2016年はじまります!

おはようございます。
くじら「本」会議、今年も始動いたしました。

くじら「本」会議は、
故、大竹野正典さんの戯曲の世界を
一人でも多くの方々に知ってもらいたいと
俳優や関わった芝居に携わったスタッフなどの
有志で活動しているグループです。

まずは2月22日(月)
「一緒に読んでみよう」をやります!!
上手いとか、下手とか関係なく、
参加者の皆さんで、戯曲を読んでいきます。
実際その役を演じた俳優とも台詞を交わし、
ちょっとした、プチ舞台体験を味わえます。
どなたでもご参加できますので、お気軽にどうぞ。

以下、くじら企画のHPより

好評をいただいている
「劇集成を一緒に読んでみよう2016年」四期目が始まります。
今回は劇集成気ら「サヨナフ」、兇らは「トーフの心臓」、
靴らは「一家団欒」を選びました。毎回、一つの作品を役者を交え、皆さんで読み通します。
気負わないで台本と向き合い、声にする楽しみを分かち合いたいと思います。

台本を声に出して読んだことのない方も大丈夫!もちろん経験のある方にも楽しんでいただけます。皆様のご参加、お待ちしています。

この企画はくじら「本」会議のメンバーがプロデュースしています。

◆ INFOMATION ◆

場所:ウイングフィールド TEL 06-6211-8427
2月22日(月) 
◆其の十 「サヨナフ」 
2002年 ピストル連続射殺魔 ノリオの青春(鬼に収録)

3月22日(火) 
◆其の十一 「トーフの心臓」
1993年親友同士の男二人。それぞれの家族を巻き込み、
最後には家族を裏切ってゆく二人の悲喜劇。(挟に収録)  

4月18日(月)
◆其の十二 「一家団欒」  
1987年 金属バット殺人事件下敷きにする。
死後、事件の影を引きずったまま、自身が殺した家族の眠る墓に帰ってゆく男の目的は何か。
(郡に収録) 

時間  各回とも19:00〜
料金  1,000円(学生500円)
    割引特典:会場で劇集成をお買い上げいただくと500円引になります
    各回とも終了後ワンドリンク付き交流会あり(自由参加)

予約  メール
    件名を「読んでみよう予約」とし、メール本文に以下情報をご記入ください。
    ○お名前、フリガナ ○ご希望の日(またはタイトル) ○電話番号
    くじら企画からのメール返信をもちまして、ご予約成立となります。
 
◆くじら「本」会議とは◆
「大竹野正典 劇集成」をより多くの方々に読んでいただけるように
くじら企画に関わった役者やスタッフが知恵を寄せ合う会のことです。

お申し込み・詳細はこちらからどうぞ。
http://www5c.biglobe.ne.jp/~kujir…/ksub_txt/yonndemiyo4.html  
Posted by ogurikazue at 07:57Comments(0)

2016年01月26日

映像詩「かすがの煌めき」上映会と記念イベントのお知らせ

2016年は劇作家 大正まろんとしての活動を再開します。
そして今年初のお仕事です。
2月20日(土)「映像詩・かすがの煌めき」上映会。
私は、台本を担当し、イベントでは出演もいたします。

この作品は
奈良在住の書家、桃蹊(とうけい)の創作活動を主軸に据え、
春日山、春日野の自然や四季を映しとった珠玉の映像作品。

カメラマンで監督の保山耕一さんは、
フリーランスのカメラマンとして、
30年のキャリアがあり、
日本屈指の腕をもった有能な技術者です。

しかし2013年ガンの余命宣告を受け、
手術をし、その後、復帰のためにリハビリとして、
奈良の各地を撮影してまわっていました。

ある時、春日大社の権宮司さまにいただいた言葉から、
神さまはカメラに映すことはできないが、
神さまの気配を撮ることはできるのではないか?
そんな想いで、春日大社の神域である、
春日山、春日野の自然と、桃蹊の書を描く姿を
撮影を開始しました。

2年かけて作った今作品、
私は最初の撮影から現場に立ち会い、
桃蹊さんへのインタビューを重ね、

ナレーション台本を書かせていただきました。

この度、撮影の地である春日大社にて上映会を開催する運びとなりました。
記念イベントも同時に行われ、
井原季子さんの鳳笙演奏やトークイベントもございます。
神の宿る場が創り出す素晴らしい世界を、
ぜひご堪能ください。

お申し込みはお早めに!!
下記のサイトからどうぞ。
http://everevo.com/event/28615

IMG_1465


【日程・場所】
 開催日:2016年2月20日(土) 13時〜16時(12時20分開場)
 場 所:春日大社 感謝・共生の館(詳しくは下記の地図をご覧ください)

【定員】
 250名様
 *主催者からは別途連絡が入る場合がございます
 *未就学児の入場はご遠慮いただきます

【参加費】
 無 料

【参加特典】
式年造替に伴う檜皮奉納(1口1,000円)をご志納頂いた方には、
上映会終了後に春日大社での特別参拝へご案内いたします。


【プログラム】
主催者および春日大社ご挨拶
第一部 笙演奏と朗読、映像「時の雫」
    井原季子(笙)小栗一紅(朗読)保山耕一(撮影)

第二部 座談会「奉納するということ」
    井原季子(鳳笙演奏家)桃蹊・柳井尚美(墨あそび人)
    千鳥祐兼(春日大社 権禰宜)司会・増田隆
 
第三部 映像詩「かすがの煌めき」上映
 
第四部 アフタートーク「神の気配」
    桃蹊・柳井尚美 保山耕一 岩渕亜希子 増田隆
    大正まろん(小栗一紅)

閉 会 〜 特別参拝(檜皮奉納をいただいた方々)

【主催者および後援・協力関係者】
主催・奈良オリエンタルフェスティバル実行委員会
後援・奈良県 / 奈良市 / 奈良県教育委員会 / 奈良市教育委員会
撮影協力・春日大社
     春日大社 第六十次式年造替記念奉祝行事実行委員会  
Posted by ogurikazue at 11:13Comments(0)

2016年01月25日

らくなからだ琉 2月の営業日のお知らせ

先日の大寒波よりも
少しは寒さが和らいだ気がいたします。
いかがおすごしですか?

【2月の営業日】
*水曜日*
3日、10日、17日、24日
*土曜日*
6日、13日、27日

◆予約方法◆
下記の予約サイトで、予約状況をご確認の上、
メールかお電話でお申込みくださいませ。
「琉」からの返信をもちまして、ご予約成立となります。
24時間を過ぎても返事が無い場合は、
お手数ですが直接お電話くださいませ。

サイトの◯の日時から施術を開始することが出来ます。
ご希望の〕菘稿時、▲魁璽后蔑磧Ε椒妊ぃ僑以など)を
お知らせください。
カウンセリングや着替えなどを含め、
コース時間+20分ほどをお見積りくださいませ。

ご予約確認サイト
https://www.yoyaku-hiroba.jp/yoyaku/form/728/

*「らくなからだ 琉」フェイスブックページ
https://www.facebook.com/rakunakaradaryu

*「らくなからだ 琉」ホームページ
http://ryuogurikazue.wix.com/rakunakarada

  
Posted by ogurikazue at 10:52Comments(0)

2016年01月02日

らくなからだ琉 1月の営業日のお知らせ


新年あけましておめでとうございます。
今年最初の写真は、奈良の飛火野から。
IMG_0927

飛火野のことを文末に書きました
よかったらお読みください。

1月の営業日
*水曜日*
6日、13日、20日、27日

*土曜日*
9日、16日、23日、30日

◆ご予約方法◆
下記の予約サイトで、予約状況をご確認の上、
メールかお電話でお申込みくださいませ。
「琉」からの返信をもちまして、ご予約成立となります。

24時間を過ぎても返事が無い場合は、
お手数ですが直接お電話くださいませ。

サイトの◯の日時から施術を開始することが出来ます。
ご希望の〕菘稿時、▲魁璽后蔑磧Ε椒妊ぃ僑以など)を
お知らせください。

カウンセリングや着替えなどを含め、
コース時間+20分ほどをお見積りくださいませ。

ご予約確認サイト
https://www.yoyaku-hiroba.jp/yoyaku/form/728/

*「らくなからだ 琉」フェイスブックページ
https://www.facebook.com/rakunakaradaryu

*「らくなからだ 琉」ホームページ
http://ryuogurikazue.wix.com/rakunakarada

飛火野
奈良市街の東にある林野。
古くは春日野と呼ばれていました。

春日山のふもとにあり、
原始林に降り注いだ雨が川となり、
春日大社の境内をへて、
この野原の真ん中を流れていきます。

この流れのおかげで芝生の大地は
いつもしっとりと潤っています。

生えた草を鹿が食み、
鹿は糞を落とし、
それは大地の養分となる。

自然のサイクルに一切の無駄はないのだなと、
コロコロの糞さんが愛しく見えてきます。

「とびひの」と土地の人たちは読みますが、
古くは「とぶひの」だったようです。

この場所で、座って、あるいは、寝転んで、
ゆく雲を眺めて過ごすのが好きです。

大地が、私の中の処理できない未消化なものを
すうっと吸い取ってくれるような気がします。
それは大地にとって、栄養になるのかな?
どうなのかな?

飛火野には及びませんが、
らくなからだ琉も、
都会の中でも、らくになれる居場所の一つとして、
存在していけたらと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。  
Posted by ogurikazue at 10:01Comments(0)

2015年11月24日

12月の「らくなからだ 琉」営業日のお知らせ

おはようございます。
日に日に秋が深まる季節となりましたね。
いかがお過ごしでしょうか?
らくなからだ琉の小栗です。

12月の営業日は以下になります。
*水曜日*
2日、9日、16日、23日(祝)
*土曜日*
5日、12日、19日、26日
営業時間:10時〜20時頃

今月のツボ】
師走が目前となり
忙しさが日に日に増してきますこの季節、
ご紹介したいツボは、
痛み止めの特効ツボ「合谷」です。

【効果】
万能ツボとも言われ、
いろんな症状に効きめがあると言われています。
中でも頭痛・歯痛などの鎮静効果は有名です。
胃腸の不調、婦人科系の諸症状、
指先の冷え、肩こりなどにも効きますよ。

【押し方】
息を吐きながら1回5秒から10秒、
それを2〜5回くりかえす。

【ツボの位置】
手の甲にあり、親指と人差し指の骨の付け根が
交わるところにとります。
この際、人差し指側にとることになります。

◆ご予約方法◆
下記の予約サイトで、予約状況をご確認の上、
メールかお電話でお申込みくださいませ。
「琉」からの返信をもちまして、ご予約成立となります。
24時間を過ぎても返事が無い場合は、
お手数ですが直接お電話くださいませ。
サイトの◯の日時から施術を開始することが出来ます。
ご希望の〕菘稿時、▲魁璽后蔑磧Ε椒妊ぃ僑以など)を
お知らせください。
カウンセリングや着替えなどを含め、
コース時間+20分ほどをお見積りくださいませ。

ご予約確認サイト
https://www.yoyaku-hiroba.jp/yoyaku/form/728/

*「らくなからだ 琉」フェイスブックページ
https://www.facebook.com/rakunakaradaryu

*「らくなからだ 琉」ホームページ
http://ryuogurikazue.wix.com/rakunakarada


  
Posted by ogurikazue at 08:29Comments(0)

2015年11月09日

やすらぎは、身のうちにある

やすらぎは、身のうちにある
IMG_9585

***
ダンスムーブメントセラピスト原キョウコさんによる、
大阪ワークショップを無事に終えることができました。
たくさんの発見と喜びをいただきました。
これから少しずつ言葉にしていきたいと思います。
ご参加くださった皆様、誠にありがとうございました。
空間と空気とを分かち合い、触れあった時間が、
いま私の芯部に太陽みたいなぬくもりとして残っています。

離れていてもつながっている。
それはキレイごとではなく、いい状態の時も、
しんどい状態の時も、そしてたった一度の出会いであったとしても。

そして、
チラシデザイン、会場案内、会場の準備や片付けを手伝ってくださった、
オットー高岡さん、ありがとうございます。
会場の準備、片付け、受付周りのサポートをテキパキとこなしてくださった、
みっちゃんありがとうございます。

今回は、「どっしりと構える」というのが自分の課題でして、
定点として在ろうとしたから、いつも以上にお手伝いをしてくださる
お二人の働きが適切で、とてもありがたいことを実感しました。

ご参加できなくても、祈ってくださったり、いいね!してくれたり、
シェアしてくださったり、ご協力くださったみなさまありがとうございます。

たあさん、カードの言葉を伝えてくださりありがとう!

最後に、原キョウコさん、
ゆきつもどりつ、
一度わかったと思ったことでも後退し、
いつも手間のかかる私ですみません。
注いでくれたエネルギーに感謝しています。

そしてこの2日間は、
私自身のみならず、参加者のみなさまが、
根源的な部分への信頼を取り戻せる、
生き物としての力を快復させるような時間となったように感じています。

本当にありがとうございました。  
Posted by ogurikazue at 07:42Comments(0)

2015年11月06日

ダンスムーブメントセラピストの 原キョウコさんによる大阪WSがはじまります

おはようございます。
写真は、吉野山の奥千本のシロヤマザクラの苗。
吉野では近年、気候の変動により、桜の木が立ち枯れるという事態が起こっています。
これはもう本当に深刻な状況で、再生のためのプロジェクトが始まっているそうです。
IMG_9439

***
さて・・・。
今日から、ダンスムーブメントセラピストの
原キョウコさんによる大阪WSがはじまります。
毎年、春と秋に開催して、今回で5年目12回を数えます。
回数を重ねたから、慣れてきたかというとそうではなくて、
今回も、いかに敏感に「今」を察知していくかキョウコさんと
何度もミーティングを重ねました。
この5年で私自身は、会社員から、
整体学校へ通う学生、そして自分の場を構える代表として、
社会的な立場に大きな変化がありました。
加齢からくる身体的な変化、忘れっぽくなったり、体力も低下したり、
今までできていたことができなくなる。
前はこうだったけど、今回はこうしよう、など、その時々で変化に気がついて
、丁寧に対応していく。
キョウコさんに言われても、はじめはピンとこなかったのだけれど、
段々とそれがとても大切なことなのだとわかってきました。

その積み重ねの5年。
大きな得難い経験となって、今の私を形成しています。
(まだまだ変化、成長の途上ですが)

現代に生きる人は、体というものが、
頭の命令を実行するための道具のようなものだと捉える方が多く、
このまま進むと、もう末期的な感じ、草木も生えない殺伐とした社会になって、
多くの人が生き残れないような世界になるのではないか、私はそんな危惧を感じているのです。

そうではないんだよ、ということを、自分の場でも伝えていきたいし、
その「感覚」を共有できる仲間を増やしたいと思い続けています。
だから、私はキョウコさんを大阪にお呼びして、ワークショップの開催を行っています。
***
写真の桜のように、樹が成長するまでにはまだまだ何十年もかかるでしょう。
未来を見据えて、小さな一歩を大切に日々生きる。
「できるか、できないか」ではなく
「やろうとするか、しないか」なのではないか?
昨日、キョウコさんとミーティングの折に言われた言葉でした。
今日という日も、小さな苗を植えます。

ワークショップのイベントページはこちら↓
https://www.facebook.com/events/1464617520514634/  
Posted by ogurikazue at 08:34Comments(0)原さんWS

2015年10月24日

らくなからだ琉 11月営業日のお知らせ

街路樹の葉も日ごとに赤や黄色に彩りをましてきましたね。
いかがお過ごしでしょうか?
らくなからだ琉の小栗です。

先月のご案内で、百会のツボをご紹介したところ、
お客さまから「面白い」とか「時々押してます」
などの反応がありました。
自分の勉強にもなるということで、
ツボのご紹介、しばらく続けてみたいと思います。

今月ご紹介するのは、
「労宮(ろうきゅう)」
緊張する場面で、手のひらに「人」という字を書いて飲む
というおまじないを教わったことはありませんか?
このツボは心にも作用するといわれ、
緊張の緩和、ストレスや落ち込みなど
精神的な面を安定させてくれるそうです。
上半身の血流をアップさせる効果もあるそうなので、
私は肩こり、呼吸が浅い、腕のハリ感が強いかたには
必ず押すツボです。

手や指は、体のなかでも特に繊細な動きができ、
日々私たちの生活を支えてくれています。
そんな働き者の手を、
ぜひ労(ねぎら)ってあげてくださいね。

ツボの位置
軽く握りこぶしを作ったときに
中指と薬指が触れるちょうど間にあります。
手首の方から指先の方へ向かって
親指で押し上げるイメージで指圧します。
1回5秒から10秒、
それを2〜5回くりかえす。

【11月の営業日】
*水曜日*
4日、11日、18日、25日
*土曜日*
14日、21日、28日

7日はダンスセラピーワークショップ開催日のためお休みをいただきます。
詳細をお知りになりたいかたはこちらをどうぞ
原キョウコ ダンスセラピーラボ ブログ
http://blog.goo.ne.jp/kyondance/e/b9a9aff57ae991efe341aad17ab998da

◆予約方法◆
下記の予約サイトで、予約状況をご確認の上、
メールかお電話でお申込みくださいませ。
「琉」からの返信をもちまして、ご予約成立となります。
24時間を過ぎても返事が無い場合は、
お手数ですが直接お電話くださいませ。

サイトの◯の日時から施術を開始することが出来ます。
ご希望の〕菘稿時、▲魁璽后蔑磧Ε椒妊ぃ僑以など)を
お知らせください。
カウンセリングや着替えなどを含め、
コース時間+20分ほどをお見積りくださいませ。

ご予約確認サイト
https://www.yoyaku-hiroba.jp/yoyaku/form/728/

*「らくなからだ 琉」フェイスブックページ
https://www.facebook.com/rakunakaradaryu  
Posted by ogurikazue at 07:20Comments(0)

2015年10月12日

臨床ダンス ムーブメント セラピスト 原キョウコによる大阪ワークショップ開催!

臨床ダンス ムーブメント セラピスト
原キョウコによるワークショップ開催!
vol.12「表現と癒しの間で」 
〜内なる可能性を引き出す二日間〜

Vol12_o

Vol12_u

Aプログラム
[日 時] 11/6日(金) 19:00〜21:00 
[参加費]  3,500円 
[内 容] 
触れることのチカラ
『皮膚感覚はもっとも原初的な感覚です。
触れることを通し、生まれてくる感覚と感情を味わいます』

Bプログラム
[日 時] 11/7(土) 10:30〜13:30 
[参加費] 4,500円 
[内 容]  
つながることのチカラ
『グループでしか体験できないダイナミクス。
他者とのエネルギーの交感を大胆かつ繊細に楽しみます』

Cプログラム
[日 時] 11/7(土) 14:30〜16:30 
[参加費] 3,500円 
[内 容]
イメージのチカラ
『想像力は創造力。
イメージを使ってのダンスは、瞑想のよう。
深いところでの気づきと変容を促します』

★20分前に受付開始。
★2日間を通しての受講を歓迎します。
ABC通し券はお得な10000円 。AB・BCのセット券は7500円。
ご予約の際にお申込みください。Cのみ参加の場合は要相談。


[場所]
市民交流センター ひがしよどがわ
アクセス方法
・JR京都線「新大阪駅」下車、東口より徒歩約3分。
・地下鉄御堂筋線「新大阪駅」下車、中改札より徒歩約7分。

。複區径膾絮悗らお越しの場合
駅構内「東出口(西淡路方面)」から階段を下りてください。専門学校を右手にまっすぐ進んだ後、公園を右に曲がった先が当センターです。
【!注意!】
東出口の階段は2ヶ所あります。
JR改札口から歩いて真正面にある「東中島方」ではなく、左側の「西淡路方面」の階段から下りてください。
(エレベータをご利用の方は「東中島方面」から下りていただいた後、駅の下をくぐり抜けて西淡路方面へ向かってください。

地下鉄御堂筋線新大阪駅からお越しの場合:
ホーム中央C階段を下り、5号出口からJR新大阪駅東出口までお越しいただき,鬚柑温佑ださい。

所在地:
〒533-0031 大阪市東淀川区西淡路1-4-18
TEL:06-6321-3816
ホームページ
http://www.skc-higashiyodogawa.jp/index.html

[対象] 
高校生以上。ダンスや芝居の経験のない方、身体が固いと感じている方でも大丈夫です。
医療・福祉・教育関係の方、大歓迎です。ヒントになることがあると思います。
※現在受診中であったり、心身に何らかの症状をお持ちの場合は
発作や症状が起きたときにご自分で対処ができる方、
グループのルールを守れる方に限らせていただきます。
お申込の際にその旨を必ずご相談ください。
現在気になる心身の疾患がある場合、持病をお持ちの場合はあらかじめお知らせください。
(安全な場を提供するためであることをご理解くださいませ。守秘義務は遵守致します)


[申込方法・お問合せ]
メール 
ryusei_club★yahoo.co.jp(★→@)大正まろん  
予約方法:件名を「WS予約」とし、メール本文に以下情報をご記入ください。
○お名前、フリガナ ○ご希望のプログラム ○電話番号 ○既往症など(対象欄をご参照ください)
流星倶楽部からのメールの返信をもちまして、ご予約成立となります。
電 話 090-1241-0352(大正まろん)
内容についてのお問合せは原キョウコ harakyon@m02.itscom.net までどうぞ。

[定員】二十名前後(先着順) 
*定員に満たない場合は中止することがあります。
[持ち物]
動きやすい服装(スカート、ストッキングは不可)
座布団、ストール、ヨガマットなどの敷物

●ダンス ムーブメント セラピーって?
身体の動きや感覚を通じて、心の統合をはかる芸術療法のひとつ。
世界各国で、精神科病院・高齢者施設・障碍児施設
子供や一般成人などを対象にして
グループセッションをメインに行われています。
「ダンス」という言葉がかなり広義の意味を持つため、
その内容は対象や国民性、指導者によりさまざまなスタイルを持っていますが
振り付けや型にとらわれることなく
即興的な動きと身体感覚を楽しみ、言葉を介さずに
自分自身や相手に働きかけていきます。

原キョウコのセッションでは
呼吸法/イメージワーク/野口体操/舞踏/演劇のエチュード等の要素を取り入れ
ときに微細な心身の変化を感じ、ときにダイナミックな動きをそれぞれの身体から
呼び起こす空間と時間を提供しています。


[原キョウコプロフィール]
俳優としての活動の後、ダンスに転じコンテンポラリーと舞踏、日本の身体技法を融合させ、
「指輪ホテル」「nest」などの舞台や、ソロでのダンスパフォーマーとして活動。
97年より「原キョウコダンスセラピーワークショップ」を主催。

臨床でのダンスセラピー
96〜'98年 東海大学病院精神科(開放病棟)
97〜98年 医療法人青渓会駒木野病院(アルコールリハビリ病棟)
98〜03年 北青山診療所(カウンセリングを含む個人セッション)
00年〜05年 めだかメンタルクリニック(デイケア)
<上記機関でグループ及びカウンセリングを含む個人セッションを行う>
上記の他、医療機関や企業等で、講師やスーパーバイザーとして、のべ1万人以上にわたる数多くのワークショップ、講義実績をもつ。
表現アートセラピー研究所などでセラピーとケアに関わる人材育成に関わり、バーンアウト防止にも力を注ぐ。現在、都内の精神科クリニックでグループセッションを担当。

原キョウコ blog  
http://blog.goo.ne.jp/kyondance

[コーディネーター:大正まろん]
劇作家、俳優。
整体院「らくなからだ琉」主催。
http://ryuogurikazue.wix.com/rakunakarada

協力:OTTO DESIGN・流星倶楽部

  
Posted by ogurikazue at 09:40Comments(0)

2015年10月02日

櫻本坊さんの吉野聖天大祭(2015)

9月30日(水)(10月1日(木)0時)
吉野にあるお寺、櫻本坊さんの吉野聖天大祭へ。
一年に一度、
しかも真夜中の数時間だけ公開される秘仏があると伺って、
ぜひともそのお祭りを体験したいと思ったのがきっかけ。

同じく初参加のKちゃんに車でピックアップしてもらい
夜の吉野へ。

この法供の正式な名は、
「歓喜天本尊浴油秘法供」。
もちろん撮影厳禁の神聖な儀式。

なので神聖なところは曖昧にしつつ、
自分が体験したことを書いてみたい。

私の想像では10人ほどが集まって
秘仏を拝観させてもらうような感じだった。

着いてみると予想はみごとに裏切られる。
お寺の周辺は車がいっぱいとまっている。
境内にあふれる白い袈裟や作務衣すがたの信者さん。
そして大勢の行者さんたち。

受付で御供え(参加と宿泊のお礼)をお渡しし、
大きな広間に布団がたくさん敷かれた女性専用の部屋へ。
Kちゃんも私も右往左往のおっかなびっくり。

問い合わせた際に、
なるべく白い服装でご参加くださいと伺っていたので、
白いパーカーなんぞに着替えてみる。
下は白のタイパンツ。
(どこの人やねん!)

持ってきた数珠は、
浄土真宗のだけど良いのか?
良いのかしら〜〜??

問うても答えはわからない。
予備知識はほとんどない、
お寺とのご縁もまだ浅いのに、
参加して場違いだったかなあ・・・とちょっと凹む。

23時半、本堂へ。
堂内には100人くらい集まっている。
それぞれにはじまるのを待っている。
よくよく見れば白い服じゃない人もいるし、
思い思いの参加のしかたでよいのだなというのが
その雰囲気から伝わって、ちょっとホッとする。

0時少し前、
お坊さんたちが数人入ってきて、
ろうそくとお線香に火をともす。
場内に香のかおりと共に
うっすらとベールがかかっていく。

そして非日常への扉は
ダイナミックにひらく。

太鼓の演奏が突然はじまる。
空気がビリビリ震え、
私の体も場とともに共振していく。
その間に、
法螺貝の群音がお堂に近づいてくる。

こんな深夜に、爆音を響かせて、
すげえ、すげえよ!

まるで一つのお芝居のようだ。
いや芝居でも
こんなに身も心も痺れるような作品は
そう多くないかも。

ーこのあとの詳しい流れは割愛ー

ロウソクだけの灯りの中で
お経を聞いていると、
螺旋の階段をおりていくような心地になった。
わたしは今から対面する歓喜天さまに
いったいなにを願いたいのか?
深い井戸の底で問うてみた。

自分が何を望んでいるのかが、
ものすごくハッキリと浮かび上がった。

この法供のメインイベントは、
その名にあるとうり浴油、
つまり歓喜天さまに、油をおかけするのだが、
参拝者は1人一杯ずつかけさせていただくことができる。
ドギマギしている間に自分の番がやってきて、
そして、終わった。

お堂を出るとお月さまが待っていてくれた。
虫の声、吹く風が心地よく、
長距離マラソンの完走した後のような感じ。
からっぽ・・・。

ほっとして、おなかが、ぐうとなったので。
食べそびれたおにぎりを境内でゆっくりと味わって食べる。

床についたのは2時半ごろ。
ちょうど法供の終わりを告げる法螺貝の音が響きわたった。

櫻本坊のご住職の巽さんは、このお祭りのために
1ヶ月間以上、精進潔斎して臨むとうかがった。
私にはオーラみたいなものは見えないけど、
巽さんのきりっとした透明でりりしい姿は、
このお祭りに向かって自分を研ぎ澄ませ、
決意をもって望まれたことが肌でわかった。

「祈り」という目には見えないものの力が、
吉野では生きている、そんな風に私は思う。
  
Posted by ogurikazue at 18:45Comments(0)

2015年09月23日

らくなからだ琉【9月の営業日のお知らせ】

【9月の営業日のお知らせ】
秋の夜長、虫の音が心地よい季節となりましたね。
いかがお過ごしでしょうか?

らくなからだ琉の小栗です。

先日、セルフケアの講座でツボの効果効能などを
お伝えする機会がございました。
不調を改善できるツボをいくつか知っていることは、
薬箱を持っているような安心感につながります。

せっかくなので、このメールでも今回は
ツボのご紹介をさせていただこうと思います。

百の病に効くと云われている、
「百会(ひゃくえ)」
らくなからだ琉でも、施術の最後に
押させていただいております。
自律神経に直結しているそうで、
ストレス・自律神経失調症・不眠症、
血流をよくし、痔・抜け毛・頭痛などの
改善効果がよく知られています。

1回5秒から10秒、
それを2〜5回くりかえす。
1、息を吐きながら押していきます。
2、響く感じ、ジーンとする感じがしたら
押したままジッと静止。

そして、ここからが大事!
指を離す時に、
・ゆっくりと離すと
ほっとしたり、ゆったりとする。
・ぎゅと強めに押してそのままパッと離すと、
目が覚めてくるのだそうです。

私もやってみると、
そんな感じがするのですが、
みなさまはいかがでしょうか?
ぜひ一度お試しください。
セルフケアの講座はあと3回行います。

詳細はホームページをごらんくださいね。
http://ryuogurikazue.wix.com/rakunakarada

【10月の営業日】
*水曜日*
7日、14日、21日、28日
*土曜日*
10日、17日、24日、31日
営業時間:10時〜21時(20時最終受付)。

◆ご予約方法◆
下記の予約サイトで、予約状況をご確認の上、
メールかお電話でお申込みくださいませ。
「琉」からの返信をもちまして、ご予約成立となります。
24時間を過ぎても返事が無い場合は、
お手数ですが直接お電話くださいませ。
サイトの◯の日時から施術を開始することが出来ます。
ご希望の〕菘稿時、▲魁璽后蔑磧Ε椒妊ぃ僑以など)を
お知らせください。
カウンセリングや着替えなどを含め、
コース時間+20分ほどをお見積りくださいませ。
ご予約確認サイト
https://www.yoyaku-hiroba.jp/yoyaku/form/728/

【メニュー】
●推拿ボディケア(お疲れの部位)
60分:3,000円
70分:3,500円
80分:4,000円
(以降10分延長ごとに500円プラス)
●台湾式リフレクソロジーコース(足裏+膝下)
45分:2,500円
60分:3,300円
●美顔推拿コース(お顔・頭・首)
45分:3,000円
★コースを組み合わせると500円 引   
Posted by ogurikazue at 08:22Comments(0)

2015年09月01日

深津篤史さんを偲ぶ会へ行ってきました

深津篤史さんを偲ぶ会へ行ってきました。
色んな方々と思い出話をして、
劇作家大正まろんは、
この人に育てていただいたんだなあと、
ひしひしと思いました。

今朝は少し二日酔い。
私の中に確かに存在する深津さんと、
対話しながら共に梨を食べた朝でした。

新作、なかなか書き進まないけど、
完成させるよ。
あと一年くらいかかるかもだけどね。

桃園会の皆さま、関係者の方々、
良い会をひらいていただき、
ありがとうございました。
お疲れ様でした。  
Posted by ogurikazue at 11:33Comments(0)

2015年08月31日

『シークレット宇宙語パーティ』

養成所での授業を終えてから、中津のFreestyle Move Studioにて
『シークレット宇宙語パーティ』というイベントに参加。

うちゅー語ぉぉぉぉ???とドン引いた人もいるかな?
演劇でいうところの、ジブリッシュ(どこの国の言語でもない言葉)。
「ピングー」も実はジブリッシュ。

だから宇宙語ってのは、どこの言葉でもない言葉であり、
降りてきたそのままの音で、声を発するということかと思う。
主催者はユニット"TAO-mythos"の
カケルさんとMegさん。
はじめに音叉の音が響き、演奏が始まった。
フレームドラムの音とカケルさんのネイティブアメリカンみたいな、ホーミーみたいな、大地の声。
その即興演奏でMegさんが舞う。
シャーマニックな雰囲気がとても好きだ。
休憩をはさみつつ、後半は参加者も楽器を鳴らしたり踊ったり。
私自身は、中心にベースとなる軸があって、
そこを基軸にして、各々が居たいように、在りたいように、
というものを期待していたので、
どうゆだねていいかが見つけられず「私は、いったいどうしたいんだ??」
という自問自答で終始してしまった。

ノレたり、発散できたり、解放できたり、それもいいんだけど。
そうできなかったことも大切な気づきとなる。
それもありということだと思っている。
最後のシェアの時に、正直な感想を伝えると、
主催者さんも参加者の方々もそのまんまを受け取ってくださって嬉しかったし、
良い場だなあと思った。

自分の関わる現場やWSでも「いい子」な感想をいわなくてもいい、
胸の中にある正直な感覚や感想が言葉にできる場であれたらと常々思っている。
とはいえ、
感じたことをそのまま言葉にする、
というのは修練が必要なことなのだということも最近わかってきた。

そこに余分な感情がくっついてきて、こう感じた、
こんな風だったってことだけを抽出することって案外と難しいのだ。
話は逸れたが、宇宙語、みんな話せるんだよな。
言葉にならない言葉、言葉に制限されない、言葉。

『シークレット宇宙語パーティ』すごく面白いし、
深く深くなっていく可能性のあふれる企画だと思う。

Megさん、カケルさん、多田さん、参加者のみなさま、
ありがとうございました。  
Posted by ogurikazue at 15:50Comments(0)

2015年08月28日

大竹野正典 演劇映像資料鑑賞の集い【夜会 Vol.19】「サラサーテの盤 再演」

9月から、夜会の会場は、天神橋筋6丁目にある、
音太小屋です。お間違えなきようお願いいたします!!

【夜会 Vol.19】
9月9日の夜会は「サラサーテの盤」再演バージョンです。
この再演には色々曰くがありました。
初演は1994年、今は無き扇町ミュージアムスクエ アです。
当時、かなり実験的な作品で、お客様は狐につままれたような気分にさせられたかと思われます。
その時、客席の後ろで次々に眠りに落ちてゆくお客様の頭を見ながら、
大竹野は一人ほくそ笑んでおりましたそうな。
「これ、10年後にやりたいな」 とその時言っていたのを覚えています。

奇しくも10年後の2004年、8月20に初日を迎えるはずだった
芝居の台本が8月1日になっても、まだ一枚もかけていない、
という非常事態におちいります。
急きょ制作サイドで演目を「サラサーテの盤」に変更しました。
チラシを作り直し、多方面にご迷惑をお掛けしての再演となりました。
これはサラサーテの呪いなのか?それとも大竹野自身の?
ともあれ、わずか20日間でセリフを覚え、衣装、小道具をそろえ、
そのあわただしさなど微塵も感じさせない
くじら企画サラサーテ組のチームワー ク、ぜひご覧いただきたいものです。

内田百里諒語世界を浮遊する、夢の回路をお観いたします。

案内文:後藤小寿枝

**********************
日時:9月9日(木)19時30〜
会場:音太小屋
http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/
住所:大阪市北区菅栄町3-15
料金:500円(解説+トーク、親睦会あり)

無料ワンドリンク付き

ご予約方法:メール
kujira@dsk.zaq.ne.jp(くじら企画)
件名を「夜会」とし、メール本文に以下情報をご記入ください。
○お名前、フリガナ ○ご希望の日(またはタイトル)
くじら企画からのメール返信をもちまして、ご予約成立となります。

くじら企画ホームページ
http://www5c.biglobe.ne.jp/~kujirak/ksub_txt/yakai_5.html  
Posted by ogurikazue at 15:17Comments(0)くじら企画

2015年08月27日

大竹野正典 演劇映像資料鑑賞の集い【夜会 Vol.18のご報告】

【夜会 Vol.18のご報告】
「他人の想い出」、お盆にもかかわらず、たくさんの方がご来場くださいました。
今から24年も前に上演され、当時観た人からも「内容忘れた」など、
ひどい扱いを受けていた作品でしたが、観終わっての感想は、
「今観てもかなりシュールですね」
「ラストシーンが、軽い曲がかかっているのに怖さを感じました。」など、
一定の評価をいただきました。

中には「23年前に台本だけ読んでて、ラストどう処理するのかが気にかかってました。」
とおっしゃるつわものもおられました。
そんなにも長い間気 にかけてくださってたんですね。
中には「大竹野さんはBeckettだと思いました。」など、恐れ多い感想もいただきました。

さて、長い間パシフィックシアター様のご厚意により夜会を続けさせていただい
ておりましたが、9月より、天神橋筋6丁目にある、
音太小屋にお世話 になることとなりました。

次回ご来場予定の皆様には御間違えなきようお願いいたします。
文章:後藤小寿枝  
Posted by ogurikazue at 15:19Comments(0)

2015年08月24日

らくなからだ琉 9月のご案内

暦の上では立秋が過ぎ
空の青さに秋の気配が感じられる今日この頃、
いかがお過ごしでしょうか?

ここのところお客さまから、
ふくらはぎの冷えやむくみ、
つるなどの症状をお聞きします。
冷房からの冷え、
胃腸の機能の低下など原因は人によって様々。

「琉」では不調を改善しながら、
ご自分でもできる対処やセルフケアの方法も
お伝えしております。

9月からは恒例の天満橋のドーンセンターで
セルフケアの講座が始まります。
今回は「ツボ」の響きを大切にしながら行うセルフケア、
4回シリーズです。
詳細はらくなからだ琉のHPをご覧くださいませ。
http://ryuogurikazue.wix.com/rakunakarada

【9月の営業日】
*水曜日*
2日、9日、16日、23日、30日
*土曜日*
5日、12日、19日、26日
営業時間:10時〜21時(20時最終受付)。

*住所:〒542−0012
大阪市中央区谷町6−17−6
ベイビーフェイスビル6F

*アクセス
大阪市営地下鉄 
谷町6丁目駅 4番出口より徒歩3分
松屋町駅 3番出口より徒歩3分
お車の方は近隣のコインパーキングをご利用お願い致します。

*「らくなからだ 琉」フェイスブックページ
https://www.facebook.com/rakunakaradaryu

【メニュー】
●推拿ボディケア(お疲れの部位)
60分:3,000円
70分:3,500円
80分:4,000円
(以降10分延長ごとに500円プラス)
●台湾式リフレクソロジーコース(足裏+膝下)
45分:2,500円
60分:3,300円
●美顔推拿コース(お顔・頭・首)
45分:3,000円
★コースを組み合わせると500円 引 

◆予約方法◆
下記の予約サイトで、予約状況をご確認の上、
メールかお電話でお申込みくださいませ。
「琉」からの返信をもちまして、ご予約成立となります。
 24時間を過ぎても返事が無い場合は、
お手数ですが直接お電話くださいませ。

サイトの◯の日時から施術を開始することが出来ます。
ご希望の〕菘稿時、▲魁璽后蔑磧Ε椒妊ぃ僑以など)を
お知らせください。
カウンセリングや着替えなどを含め、
コース時間+20分ほどをお見積りくださいませ。

ご予約確認サイト
https://www.yoyaku-hiroba.jp/yoyaku/form/728/  
Posted by ogurikazue at 08:00Comments(0)

野外劇団 楽市楽座 「バードフラワー」観てきました

野外劇団 楽市楽座
「バードフラワー」観てきました。
投げ銭方式で全国を巡業して6年になるとのこと。

飛べないフラミンゴ、
地に堕ちた孔雀、
オタマジャクシに戻りたい蛙、
の三人旅(勝手な解釈かも)

ロードムービーにはつきものの、
目指す彼の地もゴールも
アイデンティティーを見失った三人にはみえないまま。

絶望の崖っ淵、
暗澹たる世界でカラリと唄う。
負け惜しみ、最後っ屁の、開き直り?
悲しいけれど涙はでない。
そんな感想。

かつて娯楽が少なかった日本の村では、
お芝居の一座や映画の上映会が季節ごとにやってきた。

それを観に村中の人が集まってきた。
そこで村人同士の交流がなされ、
巡業者は余所の町の情報を運ぶ役目もあった。

全国を旅する一座が肌で感じる日本。
それを多分この作品は訴えてる。
多分、けっこう、ヤバい・・・。
そんな風に思った。

大阪の扇町公園は今日まで。
次は長田へ。

情報は楽市楽座のホームページでどうぞ。
http://yagai-rakuichi.main.jp  
Posted by ogurikazue at 07:55Comments(0)

2015年07月27日

らくなからだ琉 8月のご予約受付開始しております

らくなからだ琉は、
毎月20日前後に、予約サイトを更新し、
翌月のご予約の受付をさせていただいております。

らくなからだ琉 ホームページ
http://ryuogurikazue.wix.com/rakunakarada

8月の営業日は以下になります。

【8月の営業日のお知らせ】
*水曜日*
5日、12日、19日、26日
*土曜日*
8日、15日、22日、29日

営業時間: 10時〜21時
( 21時以降ご希望の場合はご相談ください)

【メニュー】
●推拿ボディケア(お疲れの部位)
60分:3,000円
70分:3,500円
80分:4,000円
(以降10分延長ごとに500円プラス)
●台湾式リフレクソロジーコース(足裏+膝下)
45分:2,500円
60分:3,300円
●美顔推拿コース(お顔・頭・首)
45分:3,000円
★コースを組み合わせると500円 引 

◆予約方法◆
下記の予約サイトで、予約状況をご確認の上、メールかお電話でお申し込みくださいませ。
「琉」からの返信をもちまして、ご予約成立となります。
24時間を過ぎても返事が無い場合は、
お手数ですが直接お電話くださいませ。
サイトの◯の日時から施術を開始することが出来ます。
ご希望の〕菘稿時、▲魁璽后蔑磧Ε椒妊ぃ僑以など)を
お知らせください。
カウンセリングや着替えなどを含め、
コース時間+20分ほどをお見積りくださいませ。

ご予約確認サイト
https://www.yoyaku-hiroba.jp/yoyaku/form/728/

メール
ryu.ogurikazue@gmail.com

お電話
090-1241-0352

以上、最後までお読みくださり
ありがとうございます。
推拿整体師/リフレクソロジスト 
小栗一紅  
Posted by ogurikazue at 10:44Comments(0)

2015年07月24日

くじら企画リーディング公演 出演者募集

くじら企画のリーディング公演が決定いたしました。

【リーディング公演 出演者募集のお知らせ】
新装版 大竹野正典劇集成 出版記念リーディング公演
「屋上のペーパームーン」
上記のリーディング公演に伴い、
くじら企画初演時に出演した役者とともに
舞台に立って下さる方を数名募集いたします。

条件: 
舞台経験のある20代〜40代ぐらいまでの方。
「屋上のペーパームーン」に興味をお持ちの方。
9月末から始まる週一〜二回程度(夜)の稽古に参加できる方。
(稽古場所:大阪府内)

公演日:
2015年
11月27日(金)、28日(土) 

会場:
大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所 都市魅力研究室
(大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪北館 タワーC713)

ご応募下さる方は、名前・メールアドレス・連絡先電話番号
・住所を明記の上、写真・芝居に関する経歴(略歴で結構です)

自己アピール(なぜ参加したいかなどでも構いません)をつけて、
メールか郵送でくじら企画(後藤)までお送りください。

募集締め切りは8月17日です。
応募者多数の場合は選考を行います。

【住所】
〒574-0011 大阪府大東市北条4−2−22 
くじら企画 後藤小寿枝
【メール】
kujira@dsk.zaq.ne.jp  
Posted by ogurikazue at 11:43Comments(0)くじら企画

2015年07月19日

大竹野正典さんの7回忌。命日に思うこと。

7月19日。
6年前のこの日。
友を海の事故で亡くしました。
友の名前は大竹野正典。
彼は劇作家で演出家で、
共に山や海へ出かける仲間でした。
多くの人たちに愛されていた大竹野さん。
彼を喪った悲しみは、それは深く、
気落ちして、直接的にではないけれど、
後を追う人が続出しそうな雰囲気でした。
シェークスピアもチェーホフも、
本人は亡くなっても作品は生き続けることができる、
と言ったのは編集者の小堀純さん。

その言葉を胸に、
奥さんの小寿枝さんが中心となり、
大竹野さんの芝居の追悼公演や、
彼の戯曲集「大竹野正典劇集成」の全3巻を出版。
ぽっかりと空いた、空虚さと寂しさの穴に、彼の戯曲を、
彼の世界を広める夢を詰め込んで、気付けば6年。

現在、東京でも、関西でも大竹野さんの本は上演され続け、
戯曲集の第一巻はほぼ完売。

再販もされることになりました。
彼の死後、久々に公演のないこの日を迎えています。
彼の死が引き合わせてくれた人は数知れず。
学んだことも数知れず。
これも大竹野さんのお陰やなあと毎日なにかしら、そう思っています。
まだこれからも、彼の戯曲を広めてゆく活動は、関わっていきます。
けれど前みたいに悲しみや空虚さが、そのエネルギーではないこと、
6年目、7回忌の命日にそれを感じています。  
Posted by ogurikazue at 08:49Comments(0)