先日の「一緒に読んでみようー海のホタル編」
DSCF8076

なんとなんと19名もの方がご参加くださいました。
心より御礼申し上げます。

そしてそして今年の1月に上演した
「海のホタル」の出演者さん全員が
助っ人参加してくださいました。

めっちゃ豪華でしたよー。

スタッフでなく参加したかったです( ; ; )うう・・・・。

そんな自分が参加してみたいと思える企画が
この「一緒に読んでみよう」なんですねー。

自慢しますが、この企画を発案したのは私です。

でもこんなに長年続けてこられたのは、
関係者のみなさんの素晴らしい協力体制と
ご参加くださった皆様のおかげです。



さてさてー
今回は箱馬で舞台セットを忠実に再現!(え?
DSCF7705


立ち位置はここで、こちらから登場!
とか
行きかけて10秒待って振り向いて音楽!
など
DSCF7792


音響の大西博樹さんもお手伝いにきてくださっていたので
少し大竹野さんの演出みたいなエッセンスも再現しつつ
みなさんと一緒に海のホタルを体験しました。

ちなみにこれが同じシーンの加奈さん。
怒りを押し殺した後ろ姿、めちゃ怖かったですよねー。
『海のホタル』2018 (89)


保険屋のお友達が助けに来てくれたシーン!
『海のホタル』2018 (80)

DSCF7774


男1(山口)の家に、男3(ホカオ)がやってきたシーン。
『海のホタル』2018 (142)

DSCF7881



カレーを食べさせたあと眠り込む男1(山口)、そこへやってくる息子2人
『海のホタル』2018 (172)
DSCF7912



最後の女1の長ゼリフは3人の方に順番にお願いをしました。
『海のホタル』2018 (332)

DSCF8033


殺されてしまった少年がお母さんに愛の詩をささげます。
『海のホタル』2018 (329)

DSCF8063



みなさんと味わった「海のホタル」は、
やっぱり悲しいお話で、心がしおしおしょっぱくなったけれど、
こうして何度もこの芝居を通じて事件を体験しみて、
もしも自分の周りでこんなきな臭いことが起きそうならば、
なんとかして助けなくちゃなあと思ったりします。


長い台本なので、ちょこちょこと編集しましたが、
それでもやっぱり二時間の枠には収まらず、
ちょっとバタバタした懇親会になってしまいました、すみません!!
DSCF8088


迫力ある写真の数々は、
いつもくじら企画の舞台写真を撮っておられる藍田マリンさんです。

Facebookにアルバムを作っています。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1947440428700244&type=1&l=49bbf57a48

写真は事前に参加者のみなさまに撮影の許可をいただき、
NGの方は写さないように配慮しています。念のため。

最後に、スタッフ関係者のみなさま、お疲れ様です。
あと二回もよろしくお願いいたします。


この企画は4月と5月もございます。
一緒に読んでみよう7


4月16日(火) 
◆其の二十 「極めてガンダム〜玉造編」・「ダイアモンドヘッド」 
発表年不詳 大竹野が、珍しく外部団体に依頼されて書き下ろしたコメディ2本。
(郡に収録) 
 
5月5日(日)
◆其の二十一 特別バージョン「黄昏ワルツ」三人のペーパーバックピープルのお弁当泥棒顛末記。

時間:4月16日(火)は19時〜
   5月5日(日)「黄昏ワルツ」は13時〜16時です。

料金:1,000円(学生500円)
    割引特典:会場で劇集成をお買い上げいただくと500円引になります
    各回とも終了後ワンドリンク付き交流会あり(自由参加)

予約:メール
   件名を「読んでみよう予約」とし、メール本文に以下情報をご記入ください。
   ○お名前、フリガナ ○ご希望の日(またはタイトル) ○電話番号
   くじら企画からのメール返信をもちまして、ご予約成立となります。
   kujira*dsk.zaq.ne.jp(*→@)