花茶の料理人日記

北海道千歳市郊外の「アイスクリーム&ファームレストラン花茶」で働く料理人(おぐりたつお)の日記です。

泉郷神社祭り

goodt










更新遅れすいません((+_+))

毎度のことですがバタバタと過ぎていく日々に追われていました。

前回の記事から2か月。。いろんな出来事がありました。

まず画像のメッセージをお客様から頂きました。小さい女の子に手渡され、なんだろう・・と思い開くとこのようなメッセージでした。


7月頃からピッツァ生地の作り方を変更しました。

生地を練るミキサーですが、他店のミキサーの回転と比べて当店のミキサーの回転が速いということを確信しなんとか回転を遅くすることを考え200Vの動力に使えるインバータなるものを購入し設置しました。

これを使い自由に回転速度を設定でき、ピッツァ記事にもうまく作用しました。

今までは回転が速く生地の温度も上昇しがちでグルテンが出過ぎることがありました。

理想としている若干軽めではあるがもっちりとしてコルにチョーネ(ピッツァの縁)もしっかりワイルドな感じになりました(*^。^*)。

そして自分の理想を追うのはいいですが、お客様に受け入れてもらえなければ商売になりません。

結果としては好評のようです。以前よりもお客様から満足いただけたとの声や、ご馳走様でしたと言われた時の笑顔を多くいただけているので自分としても大満足です。このように何事も結果が大事ですが、直接、すぐに結果が得られるのはこの職業の醍醐味です(*^。^*)


そんな中、ありがたい事に今年も多くの取材を受けさせていただきました。

BS2件と地上波2件、ホームページや雑誌の取材も受けました。

下の画像のモデルさんに「イタリアに住んでた事あるけどい一番おいしい!」との言葉いただき

鼻の下若干伸びながら疲れも飛んでいきました(*^_^*)


festa








そしてお盆も機器の故障や体調も万全で乗り切り、先週毎年恒例の泉郷神社祭がありました。

一番左は練習風景で泉郷の年季の入った体育館での一コマです。

神社祭の前日にはこの獅子が泉郷全戸を回るのですが、今年はあいにくの雨で中止。当日も土砂ぶりの雨の中ですが上にブルーシートを張り無事奉納させていただきました。お祭りでは自衛隊さんの機甲太鼓、千歳の真流太鼓等の催しも雨の中披露していただき、足元悪い中集まっていただいたお客様ともどもありがたい限りです。

9月からは当店は火曜日定休日となりましてやっと家族サービスの画像が一番右となります。

当たり前ですが年々大きく成長してくれる息子にたっぷり愛情を注いであげました。

今日まで9月は3回火曜日ありましたが、一つは団体様受け入れの為仕事、2つ目は家族サービス、そして3つめは、ある撮影がありました。内容はまだ言えませんがカットされてなければお茶の間でお会いできる・・かもです。 長々とありがとうございました。

イチゴ狩り始まりました

HTB 




23日(日)より当農園のイチゴ狩りが始まりました。

例年より一週間ほど遅れての開園となりましたが、今年は5月の天候不良と

先々週の一週間天候が悪かったのが響いて収量は残念ながら多くありません。


そんな中本日HTBさんの生中継がありました。本来であれば生育が良くなかったイチゴ狩りの中継を

お断りしたかったのですが、以前より決まっていた事でしたので複雑な気持ちの中の中継でした。

今年は収量が少ないので平日でも午前中に閉園することもございますし。

土日は9時に開園しますがすぐに閉園ということもありますのでご了承願います。


画像左側は先日お客様に撮っていただきました。

なかなか自分自身の画像をとることがないので、撮っていただいた後に

メールで送ってくれませんか?とお願いしたところ、素敵なメッセージとともに後日SDカードに入れてお持ち下りました。

ありがとうございました!日大のS君(*^。^*)


ピッツァの話ですが、先週よりピッツァ生地を練るミキサーに工夫をこらし

生地の作り方を変更したことにより、より生地の旨みがUPしましたし、お客様の

反応もよろしいようです。

この夏もさらにおいしくなったピッツァを楽しみくださいませ(*^。^*)

ナポリピッツァ交流

yosakoi








更新遅れてすいません(^_^;)

好天続きでおかげさまでお店も忙しく、お店以外の仕事もいろいろ重なり多忙な日々を過ごしていました。

ブログに書くこともいろいろあったのですがバタバタしていて画像もとってないので割愛させていただきます。


ます先日息子がよさこいに参加してきました。私はお店を抜けれず見れませんでしたが、帰ってきてから

しっかりビデオ鑑賞しました。年少から参加していて最初はヨタヨタな踊りでしたが年長にもなるとしっかり元気に踊ってました。息子の成長に驚きと喜びを感じていたら翌日またびっくり、北海道新聞に大きく掲載されていました!(^^)!


これが6月6日のことでして、飛んで本日の出来事です

本日は仕事を早抜けして札幌のdalsegnoさんにお邪魔しました。
ナポリピッツァ協会会長代行のMassimo Di Porzioさん、日本支部長の西川さん、副支部長の渡辺さんをはじめとし北海道のピッツァイオーロがあつまり講習会、交流会がありました。
ナポリピッツァを初めて3年になりますが、このような横のつながりができとても参考になるお話が出来て大変参考になりました。そしてなにより皆さんからピッツァに対するたくさんのPassion(情熱)をいただきました!(^^)!


今週は結婚式、消防団の仕事などなど、あと最愛の妻の誕生日もありバタバタな一週間です。

妻に「誕生日何にもしないサプライズはサプライズに成るの?」と聞いてみました。

妻からの返事ははあえて書きません(^_^;)

GW無事終了

rosem




GWも無事終了しました。体調も万全でしたし多くある機器の故障もなく無事乗り越えることができました。

問題あったとすれば天候でしょうか。本当に寒く風も強い日ばかりでした。

今年はGWはダメかな・・と思っておりましたがフタを開ければおかげさまで大忙しでした。寒い中アイスクリームやお食事にご来店いただき誠にありがたい気持ちでいっぱいでした。

本日は天候もよく仕事も一段落したので私専用の畑にバジル、ローズマリー、タイム、パセリ等々を植えました。

例年ですとGW前に終わっている仕事ですがこの寒さ続きで遅れておりました。

このバジルが収穫できる頃に毎年好評のバジルの冷製パスタが登場します。一日も早く育ってほしいものです。

本日は温泉にでも行って足の疲れをほぐしてきます(*^_^*)

GW始まります

aspara








雪もすっかりなくなりふきのとうが元気よく花開いている季節になりました。

2月に今シーズンの営業を始めてからずっと待っていたGWの忙しさがが明日から

始まります。

たっぷりの仕込みを終え、明日からのメニューを作成しようと思ったらインクがない・・

店長が買い物に行っているのでインクを頼みのんびり待ちながら記事を書いています。


画像左は当店でサラダで使用しているミックスベジタブルです。

もちろんハウス栽培でして、この時期は虫もつかず気温もちょうど良いので

格別の味わいです。北海道は冬期は何も栽培できないので待ちに待った新鮮

な野菜ということで大変重宝しております。

その右の画像はピッツァ生地です。

売り切れないようにたっぷり仕込みました。


画像右上は近所の子がお店の取材ということで記念撮影。

右下は明日から始まるアスパラのクリームパスタです。

こちらは麺も道産小麦を使用した手打ち麺です。

例年は乾麺のリングイネを使用しておりますが今年は手打ち麺で提供します。

以前にも書いたことがありますがアスパラや当店でよく使用するニラは収穫後

また成長して何度も収穫できます。

これらは株で越冬してから春に収穫できるのですが一番最初に収穫したものは甘み、風味抜群の

特選素材です。

画像はありませんが明日からニラ蕎麦も始まりますのでお早いうちに一番アスパラ、一番ニラをぜひお試しくださいませ。

春の仕事

spring

三寒四温のなかやっと春の訪れを感じれる日になってくれました。

2月中旬から本年の営業を開始してから大分雪も解けましたのでお客様も

ふえて少しずつ忙しくなってきてうれしい限りです(*^^)v


石釜の改良や装飾もおわり実際に使ってみると上部に盛った断熱モルタル

の効果も良好で満足しております。今年は少しですが薪の使用量も減ることと

おもいます。


画像左はハウスの中で乾燥中の薪です。ハウスの中は23度位でしょうか

2段につんだ上のほうは日も良くあたりぽかぽかでした。

びっしりコンテナに積み込んでいたので乾燥しずらいと思い上部を組んで風通し

をよくしておきました。あと2週間ほどでこの新しい薪に手をつけていく事なるとおもいます。

同じハウスのなかで義兄の植えた野菜や花がすくすくと育ってきてます。

長い間雪しか見ていなかったのでこうやって暖かい土を見ると元気が沸いてきます(*^^)v

そのあと、以前に木を切り損ねていたのでリベンジしてきました。

トラクターは途中までしかいけなかったので畑のなかをチェンソー片手に歩いていきました。


この時期は昼間雪が解けてから夜凍るので雪の表面は結構しまっていて大人でも雪の上を

歩けます。天候もよく暖かく気持ちよく雪の上を歩きながら、何を考えて歩いていたかは

思い出せませんがふと振り返ると、ぜんぜんまっすぐ歩いていませんでした(-_-;)


無事木のところについて3本倒して雪が溶けたら運び出します。

これはおそらく今年の冬頃に使うことになるとおもいます。

裏山があり木もたくさんあって恵まれた環境でありがたいのですが、

切りやすく、運び出しやすいとこから手をつけていますので

5年くらい経ったら運ぶのが面倒な場所しかなくなりそうでちょっと心配です・・

石窯の蓋

futa

先日石窯の蓋をきれいにしました。

2年使い特に何もしなかったのでところどころ錆が浮いてました。

やすりで磨いて耐熱塗料を塗ろうと思ったのですが、弟が自作した「サンドブラスター」

なるものがあったので使ってみました。

砂(実際はガラスの粉)をコンプレッサーの空気を使って吹付(叩きつける)て表面の

塗装や錆を飛ばすものです。

まず息子に壊れたスコップの柄を切ってもらい・・

その右にあるのがサンドブラスター本体です。

実際は冷蔵庫の様な箱の中に手だけ入れてで作業します。その横に砂を入れる容器やコンプレッサーの

圧力を減圧するものが付きます。

その下の画像が見づらいですが吹き付けているところです。


蓋が灰色になっている画像がサンドブラスト済みの画像です。

鉄の色よりもガラス片が砕けて刺さった色となっています。

裸の鉄よりもこの方が塗装がきれいにのるので一石二鳥です。

あとは耐熱の艶消し黒をスプレーして持ちやすいように木の柄を挟み込んで完了。


今日は16日(土)のオープンに合わせて大掃除しました。

残りは新規の棚を取り付けて本日の作業終了です。

石窯装飾 ver2013 part2

snow

ちょっと家族旅行にいっていたので作業中断していました。

一番厄介な上部の曲線部分はタイルのパーツを少しばらして貼り付けます。

ですので側面の3倍位時間と手間がかかってしまいます。

やっと終えたところで目地材の白いモルタルと塗りこみますが、今回はタイルの色を

考えて色粉を加えて目地をベージュにしてみました。

出来上がってきれいに磨いたものが3番目の画像です。

作業による仕上がりや色も満足いくものに仕上がったのでこれから何十年もこの姿で

ウン万枚のピッツァを焼いてくれることでしょう。


今日は石窯の方が一段落したので息子とチェンソーをそりに乗せて引っ張り裏山に

でかけました。来年用の薪が少し足りないので春前に何本か倒しておきます。

まだ雪が柔らかいのでカンジキはいてもそう簡単に進めませんでした。

やっとのことで目的の木にたどり着いたもののチェンソーの歯が研いでおらず全然切れません(-_-;)

「事前にしっかり確認しましょう」というCMのフレーズが夜になっても頭にこだまします(-_-;)

速攻できるのをあきらめ、あとはひたすら息子とエンドレスのそり遊び!(^^)!

運動不足をしっかり解消できた一日でした!(^^)!


石窯装飾 ver2013

taile

下地完了しタイルが届いたので貼り付けました。

画像の様なランダムなタイルです。

曲面の張りやすさ(ズレが目立たない)とデザインで決めました。

作業中は軍手を装着すると軍手についたボンドに気づかずタイルを汚してしまうので

素手でひたすら作業していたので手がボンドだらけです((+_+))

あとは上部の曲面ですがどういう風にすべきか一日中考えながら仕事してました。


あと忘れない様に書いておきますが、木を何本か倒しておこうと思います。

12月に一気に雪が積もったため来年用の薪がまだ足りません・・

春になると木が水分をたくさん吸い上げ乾くのに時間がかかるので今のうちに倒すだけ

倒しておきます。トラクターで行けるのですが運動もかねてチェンソーをそりに入れてスノーシューで

山歩きする予定です(*^。^*)

冬の仕事

penguin

先日旭山動物園に行ってきました。

冬の動物園ですので防寒の長靴にホッカイロ、セーターにコートを着込んで-10℃の

中色んな動物を見て回りました。

数日後今度は小樽に連れて行きガラス工芸体験をして、息子の幼稚園の冬休みの絵をお手伝い。


昨日は石窯の装飾の下準備で窯の下地を作りました。

今回は窯上部に断熱性のあるモルタルを使い石窯をバージョンアップ。

少しは使う薪の量が減るかな・・なんて考えてますが効果がわかるのは完全に乾いた

後なのでまだまだ分かりません。

あとはタイルが届き次第貼り付けて完了です。今回はタイルも長い間吟味し欲しいタイルが

見つかりました。ちょっと高かった(-_-;)ですがずっと使うものですので・・と言い聞かせて購入に踏み切りました。


あと店の雑用や書類作成等が残ってますが、しっかり準備して今年一年快適に

仕事ができる準備を整えます。

初仕事

camino

本日は初仕事で煙突の掃除をしました。

コンプレッサーを実家の車庫から運びだし、業務用の掃除機等々の道具をまず準備し

石釜側の煙道を逆流しないよう新聞紙でふさいでいざ勝負。


店内側、店外側からそれぞれ道具を使って煙突内部をこすります。

で用意したコンプレッサー(空気を吹き出す)で外に煤を飛ばします。

幸運にも風もなく穏やかで太陽の陽も低く差し込み煙突内部もよく見えていいコンディションでした。

飛ばした煤はちょうどテラスに積もった雪の上に落ちましたので、表面を除雪して煤を除きます。

このままにしておくと春に雪が解けテラスが真っ黒に汚れるのできれいにしておきます。

迷惑ものの雪ですが今回は非常に有効に利用できました。

体中煤で真っ黒になり大変でしたが、一番困ったのは汚れた体のまま家に入れないので

中断せずに作業していたのでお昼とれず空腹との戦いでした(-_-;)


煙突内部にごっそりたまっていた煤は掃除機で吸い取りました。

掃除機はケルヒャーの業務用掃除機でして、6年ほど前に購入したものです。

水も大量に吸うことが出来て厨房のオイルトラップ(床下にお風呂みたいのがあり排水のゴミや油がたまります)の掃除、床掃除に大活躍です。ドイツ製で構造もシンプルで内部を洗いやすく故障少ないです。

ただ6年も酷使されてると最近吸う力が弱い気がしてきたので今回メンテに出してみます。


お正月休みでなまっていたいた体を動かすのにちょうどいい仕事をした一日でした(^_^;)

新年

image


あけましておめでとうございます。
荒れると予報された天気予報も見事にはずれ穏やかな年末年始でした。
もちろん仕事もおやすみでのんびり過ごせていますが、前日にピッツァ生地を仕込みせずに次の日の営業を迎えて(ヤバイどうしよう(*_*))という夢を2回も見てしまいました(ToT)

休みの間は煙突掃除や石窯の装飾をやりなおしたり、あと薪の準備もしようと思っています。

あといくつか飲み会ありますがお酒も控えめにして運動して体も動かそうとおもいます(*^^*)

画像は大晦日にお店で息子とそばうちしたところです。
本年もみなさまにとって良い一年になりますように(^-^)v

サンタクロースのお手伝い

santa

あいにくの寒さと雪でお客様のご来店は少ないのですが

なぜだかバタバタした日が続く中、本日を持って今年の花茶の営業が終了しました。


先日「ファーム花茶のフードビジネス展開」と題しまして今金町の若者達が視察に来ていただき

花茶の取り組みについてお話させていただきました。

画像左上は会場の箱根牧場に向かう途中の東千歳の風景です。

ミニ美瑛と呼ばれる丘陵風景はとてもきれいでした。

その他色々な業者の方と打ち合わせや団体様の予約、忘年会、私個人で受けたアイスの注文

が入る中、サンタクロースのお手伝いもしました。

画像右はサンタさんから依頼された商品につけるメッセージカードです。


とこなしている中大事件が起きました。

事務所荒らしにあってしまいました。

当店には高価なものはないし、アイス盗む人なんていないし、大事な石釜は運べないし

アイスの機会も高価ですがこれも持っていけないし・・

と言うことで特段の対策はしていませんでした

画像左下は犯人の指紋を見分けるためにスタッフ全員の指紋を採取するとこです。


実際の被害はアイスの券売機がなくなっていました。

笑い話ですが、9時に出勤して10時開店で11時半過ぎまで誰も気づきませんでした。

もちろん券売機にお金など入っているわけもなく窓ガラスと券売機本体が被害にあいました。

あの券売機も結構使いふるしてまして、愛着もあります。

GWやお盆に限って調子悪くなって製造メーカーの担当者に直で対策や無理をいって部品送ってもらったり。

ここ数年はこの機械の弱いとこも解り調子良かっただけに残念です。。

雪解けたらその辺に転がってるかもしれませんので見つけたらご一報ください(^_^;)


今年一年天候もよくピッツァも本格的に販売しとても充実した一年でした。

今年一年がんばってくれたスタッフや遠路はるばるご来店いただいたお客様に感謝しつつ

また来年もいい年で終わりたいことと思います。


本日最後の仕事に最愛の息子のために、ベランダにでてサンタクロースを誘導してきます(*^^)v

お豆のパスタ

bean
めっきりめっきり寒くなってしまいました。

冬の初めはお客さんも少なく来年の準備や帳簿作成などなどしております。


先日早く家に帰って久しぶりに晩御飯を作りました。

ペンネ、ファルファッレ、フジッリのショートパスタと白花豆を使ったパスタです。

豆は保存食ですがやはり収穫されて間もない物の方が美味しいです。

一晩漬けたときの水の入り方も良いですし、ホクホクして栗のような甘さがあふれます。

こちらは先日新商品としてレストランに登場しておりますので是非お試しください。


あと、前回の投稿で包み焼きしたピッツァの画像もリピエノとして販売中です。

こちらはじゃが芋、クリームチーズ、ベーコンをピッツァ生地半分に載せてから折りたたみます。

その上にトマトソース、モッツァレラ、バジルをのせて焼き上げます。

具を中に包んでいるのでお持ち帰りにもあう一品です(^_^.)


画像右は先日雑誌の取材がありました。

ピッツァとアイスの撮影を行いました。カメラマンと記者の方は次の日江差に行くといってましたが、北海道大荒れの日でしたので無事行けたのでしょうか・・


寒くなると動くのが億劫になってしまいますが、今年の冬はLEDを使って冬季間のバジル栽培に挑戦してみます!(^^)!

秋の仕事

ripieno

ご無沙汰してすいません。

気温も下がり店舗の営業は大分落ち着いてきましたが他の仕事も多く

ドタバタしてました。


火曜日の定休日はしっかり家族サービスして散髪に連れて行ったり公園で遊んで

あげてます(ちょっとねむそうですが・・)。


店の裏山では紅葉も色付き、春に渡って行った白鳥達の渡る姿もときおり目にします。

V字飛行している姿を画像に撮りたいのですが、白鳥が来てからスマホを取り出してカメラを

起動して・・・・・間に合いません(´・_・`)

そんな中、昼間の仕事が一段落すると来年用の薪を準備します。

薪を使った事がない方は解らないかもしれませんが、切って割れば使えるというわけではありません。


木は生きているので倒してからから半年以上放置すると割る作業も楽ですし

のちのちの乾きも良いです。

それから割る作業に入り何度か雨に晒し、また半年以上放置して乾かします。

※何故雨に晒すか(理屈っぽい・・とよく言う人は読み飛ばしてください)

木は密度の濃いスポンジのようなもので表面はどんどん乾きますが

中心部まで乾くのにはとても時間がかかります。表面を逆に濡らすことで、その表面の水分が

乾く際に中心部の水分を一緒に持って行ってくれるそうです。

濡らした直後はもちろん水分量が多いですが2ヶ月ほどで濡らした薪と濡らさなかった薪

の水分量は逆転する・・らしいです。


一応理想的には今切った木は一年後使うのが乾燥具合からベストなのです。

ただ現実として来年の春には店舗の薪は底をつきそうです。

木を切る作業ももっと早くしたかったですし、今年2年分の薪を用意できれば再来年はいい状態の

薪を使えるのですが、薪の量が多く現実的ではありません。

使用する薪の量は北海道で一般家庭が薪ストーブで使う量を考えれば14件分くらいでしょうか。

これを冬の間に作らなくてはなりません。。


乾燥期間を取る余裕はありませんが、幸いにもフォークリフトとハウスがあるので、春から空いた場所で

使う順番に乾燥させながら来年は使う予定です。


他のピッツェリアでは薪を購入してると思いますが当店ではこのようにして薪を確保し

ピッツァをイタリア並とは行きませんが、お求め易い価格で販売できることを理想とし実現しております。

お子様にもお腹いっぱい召し上がって欲しいですし、ピッツァ自体大衆食ですのでこれからもこのスタイルで

営業していきたいです。


PS:薪割頑張りすぎてちょっと腰が痛いです(´・_・`)

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ