オスのいいタラが市場で売られておりましたので、仕入れました。

↓腹から出した直後の白子です。

8474d036.jpg

このように、鮮度がいいと下処理をしなくてもいいのですが、一般的な白子の下処理について書きます。

白子に塩をまぶして、優しく回します。

ぬめり、血合いが出てきますので、優しく洗い流します。

このぬめりが残りますと、生臭く感じることがあります。

さらに、酒と水を割ったものに、少し漬けますと効果的です。

この水、専門用語で玉水と言います。鮮度が落ちた魚を漬けておくと効果的なんです。

使う用途によって変わりますが、汁物や、茶碗蒸しにする場合は、サッと湯通ししますと、汁が濁りませんし、さらに臭みが取れます。