ひみつ作戦ノート

おいしい食べ物とおいしい音楽があれば生きていける、雑食記

あっという間に8月も半ば。

今日は予定していたライブが台風のため中止になりました。
気が抜けて、家でごろごろしていましたが、人間生活が滞っているため、夕方からではありますが、また、台風が接近してきた時間からではありますが、外出しています。

モスバーガー益田店が今月末で閉店するんですって。
この辺りの立地にしては長持ちしたのでは。

さてー、自分のために近況を書き残します。
7月、きゅうりの浅漬けにハマる。いくらでも食べれる。
しかしほぼ自炊できてないので、毎日食べてるほどではない。
弾丸で出かけてしまう癖健在で、広島へ月3回くらい行った。ライブ見たり。わくわくドキドキ。
IMG_2644
新しい店ではないけど、たまに食べるとおいしい生パスタ。ぺろり。

ミュージカルで演奏。
10年ぶりかな。
IMG_2586

2月末、人生のうちの記念日になるであろうと思うくらい感激した日に、電話がかかってきた。
タパスコンでの相棒テナーサックス吹きのあそりんから。
楽器壊れたんかな?新しい買い物の相談かな?
などなど思いつつ出てみると、この度のミュージカルへのお誘いでした。
新しいものを少しでも吸収したい、ミュージカルのバックバンドなんてやろうと思ってもできるもんじゃない、の思いから即答。

それから週1で練習。体調崩したりダブルブッキングしたりで出れないこともあったけど、完走。
誰もやったことない編成、指揮者はあまり厳しい細かいご注文もなく、和やかにサクサクと、出来上がってる曲を一巡通しておわり、みたいな練習が続く。
ダメ出しをお互いなんとなくするも、私は自分のことで精一杯。
指が回らない、音の立ち上がりの打率が悪いなんてのは一人で練習すれば済むことで、それよりもこの編成の中での自分の楽器の役割は何か?この曲ではどういう感じに吹くか?誰がメインなのかな?などなど、とても頭を使う、やりがいと歯ごたえ満載の時間でした。
キャストの稽古に同席したのは本番半月前、プロならそれくらいの時期でちょうどいいのかもしれませんが、きっかけを掴んだり思春期の子たちの空気感に慣れるのにはもう1回くらい、稽古に出られてたらよかったかもな、と思いました。

本番1週間前、劇場での稽古。
本番2日前、劇場入り。バンドのレイアウトを大まかに陣取り。
本番前日、レイアウト決定、場当たり。
初日、GP、本番。GPでは私しかいないきっかけ部分で入りそこねる。これで急に緊張して、初日は変な汗かきまくりでした。
2日目にして千秋楽。1回本番やったし〜、で緊張もほぐれ、超リラックスで臨めました。お客さんが400人も見てるなんて、現実感が湧いてなかった。

片付けをしている最中、「明日の今頃はPCの前に座って事務仕事してるんだろうな。想像もできんな。前の日までスタジオミュージシャンごっこしていたなんて、信じられないって感じなんだろうな。」ってふと思い浮かびました。

あれから3週間経ちますが、いまだに、あの時私がいたあの場所は夢だったのかなあと思うくらいの情景でした。
ケーブルだらけの、薄暗くて狭い、そこで10数人で和やかに、それでいて自分の仕事はきっちりやらねばならぬという責任感から生まれる緊張した空気の中で、やりきりました。
大人だから、キャストの子どもたちの作り出す青春空気に呑まれないよう、クールにやると決めていたし、実際に子どもたちよりは大分クールにやったと思いますが、それでも、自分の中で「やりきった」とか「これでこの曲をこのメンバーとやるのは最後かあ」などと、かつて経験した吹奏楽コンクールの本番演奏中のようなフレーズが頭をよぎったのでした。だからってこみ上げたりしないけどね。

キャストスタッフみんなでひとつのカンパニーであることは確かなのだけど、全員が同じノリである必要はないし、不可能でもあると思う。
キャストや指導陣の皆さんのように半年以上も一緒に苦楽をともにしてきたわけではないし。
けど、良かったものは良かった、と思ったことは伝えたいなと思って、差し出がましくも数人のキャストさんには声をかけさせていただきました。
私がそうであるように、よかったよって声かけてもらえたら嬉しいしね。
あまり知らない人でもね。

演劇やダンスやってる人たちとご一緒することがほぼないので、貴重な時間を過ごさせていただいたなと、ありがたい気持ちでした。

こういう特殊な経験は、ぜひ若い子がしたらいいと思うんだけど、反面、また呼んでもらえないかなー、とちょっと期待もしてしまうのでした。

ミュージカルのお稽古

からの

ロックフェス

でした。


学生の頃から、自分の出演する演奏会本番の後や思い入れ深い仕事の後などは、家に帰りたくなくなったり、あんまり眠れなかったりしたものでした。

昨晩もそんなもので、普段の半分の睡眠時間なのに目が覚めてしまいました。眠いのに寝れん。


今月末上演のミュージカル「今、歩き出す。」バンドの一員として参加します。

作曲の広兼先生の曲、私から見た先生の「らしさ」が詰まっててとってもおもしろいです。

キャストさんの生歌で合わせてみて、キャッチーなメロディを新たに見つけたり、派手なとこはとことん派手になってるところや、いろーーーんなジャンルをあちこちしながらもそれでいて踊りが可能な造りだったり人の声の音域だったりの要素もちゃんと盛り込んであるところなどなど、広兼先生「っぽい」要素をふんだんに見つけました。

一曲一曲丁寧にやりたくなる、やりがいのある曲ばかりです。


と、言っても

私は色付け的役割なので、全ナンバーの半分くらいしか演奏してません


なのに!最低音も最高音もフル活用。

くっそう。やってやろうじゃないか。

大人向けの音楽教室とかって、「大人の方はまぁ、楽しんでできる範囲でいいですから」みたいな暗黙の緩さあるのに、なんか知らんけど私いまだにそういう扱いをしてもらえない。ここに限らず。

自ら選んでいるのだろうけれども。


というわけで

2019年6月29日18:30開演、6月30日14:30開演の2回上演、ところは島根県芸術文化センターグラントワ小ホール、全席指定席でございます。

子どもも大人も、キャストさんはまっすぐキラキラな眼差しで打ち込んでます。

やっぱり劇場という場には愛があるなあ、とここでも感じました。




からの!


「薄汚れた大人の吹き溜まり」へ…笑

持石ロックフェスに初参戦しました。

こちらも多種多様な薄汚れた大人がたくさんいました笑

さっきまでのキラキラなひたむきさが夢のよう、酔っ払いしかおらん笑

あ、でも高校生はカルピス飲んでたな。令和の高校生はビール飲まない。

ここの主催のボスに、仕事でかれこれ6年くらいお世話になり続けていた中、わたしの演奏を聴いていただいたのをきっかけに、とあるジャパニーズロックのスタンダードナンバーをやろうとお誘いいただき、フェスそのもののアンコール的な一曲のためだけに楽器を背負って参戦したのでした。

15周年、おめでとうございます。

ボスに喜んでもらえて大変嬉しゅうございました。

IMG_2528


一曲しか出てないくせに、準備も何も手伝ってないくせに、空気の読めないわたしは打ち上げまで出て、薄汚れた大人の吹き溜まりが肌に合っていることを実感して帰宅し、足に合ってないサンダルを長時間履き続けたために凝り固まった脚腰を一生懸命もみほぐして寝たつもりが、さっき海に沈んだ夕日がもう反対側の空に戻ってきたのをお迎えしているところです。

なんかお腹もすいてるし。


気持ちの高ぶりを鎮める方法、巡り合えるといいな。


それにしても充実の休日でした。

まさかの月イチ更新!
SNSも似たような頻度ですけど。

所用で都会へお出かけ。
車で。
初めての場所で車停めるとこ探すの、ほんと緊張する!
なんせひとりだから、検索もできんし、、、
田舎者は「遠くに停めて歩く」っていうタイムスケジュールは組めてないので、なるべく目的地の近くに停めたい!って考えて街のど真ん中の駐車場につい入って…
「その車種は入りませーん(高さ制限)」とか言われちゃうわけです。
焦りは禁物ですねぇ。

落ち着いてご飯食べてから目的地に行こう、って思ってたのにもうご飯食べてる時間なくなっちゃって、用事済ませてから空腹で「さまよえる田舎者」は何食べたいか分かんなくなって余計に無駄に時間を費やしてしまって、結局広島のスタンダードごはん。

IMG_2415

ここのお好み焼き、細麺でうまー( ^ω^ )
広島のお好み焼き、バラエティ豊か!
と思ったら、本店は大阪の店だった(^^;)
広島のお好み焼き屋さんでも大阪風を食べさせてくれるとこがありましたよ!

お腹が満たされれば、頭も回る…と思ったのもつかの間、街中の駐車場へ戻るルートが分からず、人の手を借りて無事に帰路に着いたのでした。

それにしても、1日が充実しすぎていて、なかなか寝付けなかったし、夜中も何度も目が覚めた。
テンションは上げるよりも落ち着きを取り戻す方が難しいですけど、まずは自分を観察するところから…

ついに行ったのよ
数年間気になっていたけど入れなかった

IMG_2218

酒瓶の狭間からのぞくマスターの笑顔、なんとも濃ゆいキャラです

益田市駅前町19-4
ファイヴ

カウンターのみ、8席くらい。
日本酒うまい
おつまみは季節のもの
メニューなし
好きに飲んで、マスターの成績発表でお会計
高い(´⊙ω⊙`)とは全然思いませんでした
飲んだ分食べた分を考えたら安いくらい

あんまりグラスになみなみと入れるなってよ
なんでー、と思ったら、おいしいものをちょっとずつ、いろいろ楽しんでほしいって
お酒を愛し一見さんにも優しく、ユーモアたっぷりマスター、おつまみも超うまかったです。

ビバ!

ほんとは人に教えたくないけど
書いとかないと分かんなくなるから。

2月下旬、お出かけして楽しく充実の時間を過ごした翌日から11日間働き、その間2つ山があり、その後提出すべき書類作成に追われ、3月初めの休日はほとんど寝てすごした。
それからまた8日間働き、その間1つの山と2つの宴会。どちらもとても充実の時間だった。
それらを終えた翌日の午後、少し休もうと思って横になったら、ふたたび起き上がるのにかなりの気力を要して、夕方はシンプルな塩ラーメンも気持ち悪く感じるほどだった。

疲れているなあ

と、日帰り温泉で身体をあたため、あとは寝床で大人しくしていた。
寝つきはあまりよくない。

翌朝、見事なまでの扁桃腺の腫れぶり。
なーんだ、ただの疲れか

ちょっとの買い物でも息切れ。
鍋に麺つゆ入れようとして、鍋の上で蓋開けるまでそれがウスターソースだということに気づかない。
だめだこりゃ
1日のほとんどを寝てすごした。

翌朝、少し腫れが引いたような。
今日も1日寝てすごします。
特盛フルーツヨーグルトで病人ライフ満喫。
IMG_2138
雑な盛り付け

IMG_2137
かわいい牛乳、いつ飲もうか。

IMG_2100

イカとホタテのクリームソースパスタ、600えんでお腹いっぱい!!

益田市常磐町5-5
月曜定休
ランチの時間14時くらいまで

夜は飲屋街でパスタ屋さんされてるcinqueさんのアイディアパスタがお昼にも食べれる(^^)
イカとホタテと焼いたかぼちゃと小松菜とブロッコリーも入ってました。
その場でちゃちゃっと作ってくれて、手作りの味。
コンビニランチの価格で食べれるとは。
基本がテイクアウトなので持ち運びもできます。
イートインスペースには、ジンジャーエール、コーラ、オレンジジュース、烏龍茶とかもあった!全部瓶。

ちゃんとお腹いっぱいになるのでご心配なく。
15時からはカツサンドや唐揚げ、フライドポテトなど食べれる、別のお店になります。
カツサンドも前に食べてみたけどおいしかったです〜
放課後のおしゃべりのおともに。

先日、ブログアクセス数が88,888件突破しました。

ぱちぱちぱちぱちぱち

おめでとうございます

ありがとうございます。

誰に見せるでもない私の部屋を公開してるだけですけども。

グルメレポがめっきり途絶えましたけども。

また、そのうちに。

疎遠になってしまった方、疎遠でないけど日頃のやり取りが十分でない方。

私はこのように生きております。

今後ともひきつづき…読んでくれとは言いませんが。

お手すきの時、思い出したときなどに。

1月は仕事でした。
前半は合唱、後半は学校。

図らずも韻を踏んでいる

2月は音楽でした。
ビリージョエルにビッグバンドにジャズのお勉強にSHISHAMO。
おまけで3月頭までラテン。

人生初の出来事もありました。
素晴らしい方との出会い。
「自分で考える」こと。
知らず知らず、日常に呑まれてしまっていたなあ。

思いついたことメモ。
初めて入った楽器屋さんで、わが職場の特集記事を立ち読みする不思議感。
少子化が叫ばれて久しく、格差、貧困、待機児童、ワーママワンオペ…子どもや育児をめぐる環境は明るいとは言えず、そういう時代であることは実は関係ないかもしれませんが、子どもたちが輝く瞬間を見る時の大人の感動はひとしおで、子どもたちのために何かしてあげたいと思う大人たちはある程度いるものです。
いろいろなチャンネルがあって、スポーツ、音楽、舞台パフォーマンス、まちづくり、伝統芸能、ボランティア、ネイチャーアクティビティなどなど。
「いつもの自分から一歩踏み出す、頑張る」姿はどのシーンにもあり、その姿に大人は胸打たれているのです。
どのチャンネルでもいいんだけど、やっぱり自分が関わっているもの・好きなものの中で、子どもがそういう表情を見せてくれるってことは大人にとって格別なのかもしれませんね。
音楽活動の中で子どもがいい表情をしたよ!!とある大人が喜んだとして、スポーツトレーナーさんなどは、「ウチのクラスでもこういうことがあって…」ていう展開になる。
張り合っているのか、シェアしているのか、どっちとも取れますが、「あなたの言っていることはつまり、私のフィールドで言えばこういうことなのかな?」という確認作業にとどまらない印象を受ける人も少なからずいるんだと思う。
自分の関わっているこの分野こそが子どもが一番輝けるんだ!と。

そう思える大人にとっても、幸せなことではありますが、いろんなチャンネルがあることで、1人でも多くの子どもたちが打ち込めることを見つけられるといいなと願っています。
自分の専門でない分野の盛り上がりも、素直に応援できる人口減少社会でありたいです。

以上、思いついたことメモ。

めっちゃ、忙しい一年でした。

外食、飲み会、出張頑張りました。

仕事もプライベートも充実でした。

自分のペースでできないことが多かったので、文句ばっかり言うてごめんなさい。

巻き込まれ力、まだまだです。

自分でない誰かが関わってくれている、有り難い状況。

では、食い倒れ2018、いってみよっ

IMG_1538

4月にスマホひび割れて、データバックアップできず、3月と4月の写真ほぼなし。

1月
年明けから益田名物自販機うどん。
初詣は毎年恒例の太皷谷稲成神社。
大仕事の後は駅前で美味しいパスタ。
そしていよいよ、人生初の東京暮らし。
狭いけれど便利な立地で、通勤も買い物も困りませんでした。有り難い。
ジャズバーのマスターが政治を斬ったり、都会は寒くないとたかをくくって薄いコートしか持って行かなかったことを後悔したほどの大雪に見舞われたり、生き生きと働く人達と美味しい食卓を囲み、初めて聞く名前の料理をいただいたり。

2月
丸々ひと月東京暮らし。
美術館行ったり、銭湯行ったり、タイのサーカスを見たり、寄席に行ったり、でっかいシャンパンに出くわしたり。
1日を午前午後夜間に分けて、何かしら予定を入れていたら風邪を引いてしまったり。
大変充実のひと月でした。

3月
そろそろ田舎が恋しくなり、帰る。
高級なフルーツサンドを撮ったところでバックアップ終わってた。
2週間後にまた来て、大変に愛に満ちた現場にいさせてもらえた。

4月
新しく一緒に働く人達と出会う。
月末には初めて津山市へ行って、ホルモンうどんを食べたり、テナーサックスを迎えたりした。

5月
今年もカープ見に行けてよかった!たしかお酒飲まなかったけど、勝った♪
カープの前に携帯を新品と交換。
夢のある教師とご飯食べたり、演奏会の司会を仰せつかったり、広島へジャズライブを観に行ったり。素敵なサックス奏者さんで、メロメロでした!
仕事もお出かけコンサートについてくなど。
黒猫ならぬ黒犬にも久々会いに行き。
廿日市でけん玉の山に出くわし、久々の山賊に行き、素敵なライブ後にしこたま呑んで〆のラーメン、退院祝い。
5月盛りだくさんだったなー。

6月
不思議なセミナーに誘われて行ってみたら、ヨガやピラティスでの経験がいきていた。呼吸大事。
乃がみのパンに感激の舌鼓、近所のカフェの配達お弁当はボリュームたっぷり手作りのおいしさ。山口の白石くんの接客に、宮島で浜村さんと鹿を堪能。

7月
フュージョンバンドはなかなかうまくできないけど、メンバーの皆さんとの時間は楽しく過ぎてゆき。
山口の同業さんたちと飲むのもとってもためになり。
市内の大盛りレストラン。日替わり定食はフードファイトでした。
東京で東京生活の報告、発表は散々の出来。何事も練習せんとできるようにならない。
出雲で同級生の結婚式。新婦さんのおもてなしの心溢れる披露宴。
そしてはじめての山口祇園祭。
これまたはじめての市内の洋食屋さん。ハンバーグとベーコンとグラタンがとっっってもおいしかった!!

8月
広島でダンスワークショップ。ニュートラル、とは。運動神経ないけど、リタイアせず最後までくらいつけた!筋肉痛すごかったけども。
水郷祭の裏番組でライブハウスへ。うんうん、楽しい場所が選べるってのはいいこと。
お盆は中庭の水盤がグラントワ温泉状態。適温だったわあ。
恒例のお盆ジャズ、こけたぁー
まだまだ修行!
さらに東京で、絵を見てお芝居作り。テンフィンガーズ、食べがいのある。バーガーの街三軒茶屋。
月末には先輩のおうちで手作りカレー食べながらDVD鑑賞。子どもたち人見知りしない(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

9月
はじめての大分県竹田市。のんびりよいまち。
城跡ガクガク。佐藤義美さんきっと素敵な方にちがいない。
数日後にはテナーサックスデビュー。調子乗って吹きまくり。
長年連れ添った職場の相棒とお別れ。お疲れ様。
ゆめ花博にまさかの開幕翌日行くという。超渋滞。花より渋滞の思い出。
アー写はオフショットの方が気に入ってます。
月末ははじめて広島で一人飲み、モーニング、ランチ。
外食しすぎでした。

10月
月初には初めて尼崎市へ。前夜に聞いたジャズもとっても素敵だった。おじゃる丸の曲また聴きたいなぁ。
尼崎での発表は、ちょっと改良できた!
馬頭琴ライブでは、星めぐりの歌がどんな素敵な歌か、保育園児に教えてもらった。
新米食べ比べたり、初めてロッカーとR&Bを合わせたり、焼肉屋さんのラーメンが奇跡のうまさだったり。
ジャズのお勉強では、景気づけに里いものからあげ。とろけるうまさ!!峰厚介さん素敵だった〜
ついに本番、フュージョンバンド。すんごく緊張したけどみんな褒めてくれた(*゚▽゚*)
数日後には久々松江出張。
翌週もサンムーン行ってナオミさんの歌聴く。

11月
タパスコンもついに10周年。益田の渡辺真知子の名を欲しいままに、貫禄。。。ダンサーすごかったなあ。
翌週はホールケーキでお誕生日お祝いしてもらう。
数日後には東京でホールケーキのようなナポリタンでフードファイト。
帰ってからヴェッキオ橋のふもとでゆっくりランチ。はじめてのカフェ。
おこもり練習室での練習。
小3男子の美味しい玉子焼き。

12月
忘年会用の写真探しに幼少期の自分を見る。
はじめてのお店でワインとピザ。おしゃん!
翌日炉端焼きでよく知る後輩とはじめてサシ飲み。
翌日ウグイス嬢。
数日後忘年会。
数日後はじめてのお店で海鮮丼。
翌日ダンスワークショップの宿題は和紙もみ。硬いより柔らかい方が余裕あるものね。
翌日旧知の友人と夜遊び。数年ぶりのカラオケ!たのしいな!
仕事納めるべき日は焼肉屋さんで裏メニューざんまい。今年は特にお世話になりました。
数日後は気のいい大御所姉様たちと飲み。
年の瀬はせごどん総集編でいまさら鈴木亮平すげーなってなる。


まとめ
今年は忘年会多かったなぁ
「はじめて」も多かったなぁ
予定多かったなぁ
やりたかったのにできなかったこともいっぱいあったなぁ
でも、詰め込んだ1年でした。

周りの方々にお世話になりました。ありがとうございました。

このページのトップヘ