ひみつ作戦ノート

おいしい食べ物とおいしい音楽があれば生きていける、雑食記

image


2017年冒頭から大ブレイクした、あの女芸人さんと思しきイラストがポスターのメインビジュアルになっていたので、これはやるしかないって、思って。

学祭に出させていただくのは初めての機会で、主なお客様は学生さんと職員さん。
職員さんは一曲目から超ノリノリで踊ってくれてて、学生さんも手拍子してくれてて。
会場は神楽仕様になってて、かぶりつきシートはお座敷、その後ろにダンスフロア。
今日はまったりモードか?と思いきや、、、
終始こちらがハイテンションにしていただき、終了後の楽屋ではメンバーに「舌好調だったね」と言われるほど。
終了後行ってみたカフェブースでは、学生さんに「鳥肌立ちました!35億のやつ!」って、演奏じゃないんかい(笑)
もしかして、不特定多数の方が出入りするイベントにはない盛り上がりでしたかもです。

20歳前後のたくさんの若い人たちに見てもらうのは初めてだったかも?
お勉強とバイトで遊ぶ暇なんてないらしい、と風の噂に聞く同校、笑顔が爽やかな子、目を見て話を聞いてくれる子、率先して裏方仕事に走ってる子、与えられた役割に一生懸命な子、最後まで聞けんのにステージまで乱入して盛り上げてくれるお調子者さん、みんな、素直そうな学生さん!ていう印象でした。
学生さんですらお忙しいのですから、スタッフさんも日頃はご多忙の日々とお察しします。

たまにね、私たちみたいな、暇を見つけては体力削って遊び呆けてるあほな大人の相手をして、頭からっぽにするのも、いいんじゃないかと思いました。
やるべきこと心配なこと何も考えず思いっきり身体動かして笑って、「つかれたーけどおもしろかったー」言って1日終わってくれたら、明日の朝も少し気持ちが明るくいられるんじゃないかと。

そんな思いになりました。

こんな拙い演奏とおしゃべりでも、それをきっかけになんか少しおもろかったわあと思ってくれたら、ただ自分が好きでやっていることなのに、励みになります。
もっともっと磨いてたくさんの人とこの楽しい気持ちを交歓できるようになりたいと思わせてもらいました。

みなさんステキなナースになってね。
そしてあわよくば近場に住んで、末永く一緒に騒いで遊びましょうね。

本当に今回は楽しいライブだった!

10月怒涛。
一回体力使いきりまして今ようやく復調の兆し。

夏から続いて、放浪の音楽活動続けてます。

今日は初めて、とあるビッグバンドのお稽古へ。
練習とミーティングが半々という初めてのタイムテーブル。
とりあえず初めて見る楽器吹かせていただいたのがうれしかったー!
物欲が増したー!
車変えたばっかりなのに、どんだけお金いるんかー

で、午後からはフェスに来てみた。
ら、雨だし、何やらご近所さんからの苦情だしで、テンション低め。ステージパフォーマンスはとっても素敵なのに。

みんなで支え合おうぜ(>_<)

今年はちょこちょこと、熱狂楽団TAPASCON以外にも出番をいただき、新しくお近づきになる方々との出会いも新鮮に感じながら、プレイヤーとしても普段やらないことに挑戦しています。

8月12日 open mic for band にて
 前月から練習を始め、3回くらい合わせたと記憶しています。
 周りのプレイヤーがどんなことをするのか、そこで自分は何をするのか、頭を使って考えました。

9月9日 open micにて
 明るく可愛い女子シンガーと、第六感が優れたギタリスト
 (ほんとはベーシスト?ボーカリスト?)のデュオに混ざる。
 初めての場所はいつも探り探り。
 女子シンガーは、なんと高校時代の後輩の妹さんでした。
 明るいお友達ができて、うれしいです。

9月16日 open mic for bandにて
 8月のバンドとほぼ同じ編成、ほぼ同じ曲で。
 2回目だからちょっと冒険してみたく…はたしてどうなるかな
 mishmashというバンドで出ます

10月28日か29日 1曲だけ。以前一緒にやったことのある方々ですが、この組み合わせは初。

いろんな曲をやって、ジャズやフュージョンや、やってみたかったことに少しずつ触れられて、毎日忙しいですが楽しくやっています。

image


いやもう

パジャマはバスローブだし

クローゼットは自動照明だし

バスルームにスピーカーついてるし(テレビの音声が流れる)

冷蔵庫ん中に飲み物入ってるし

謎のハンドタオルあるし

バスタブは脚伸ばすどころか寝そべれる長さだし

デスクが壁にくっついてないし



すげーな

いつぶりかわかんないくらい久しぶりに、ドラマにハマりました。

「過保護のカホコ」。

始まる前は、こんなダジャレみたいなドラマ、くだらないに決まってると思ってたのが、たまたま1話を見てしまい、たまたま2話を見てしまい。
竹内涼真くんにハマり。

私自身、たぶん過保護な家庭ではなかったので、「あるあるー!」みたいな共感はなかったけど、竹内涼真くんの繰り出す、世の女が好きなシーンにまんまとやられていたわけであります。

そして今日、主人公カホコの大好きな祖母が亡くなるシーンで、ボロ泣き。

なんだろね、疲れでも溜まってたかね。

私の祖母が亡くなった時、頑なに葬儀の参列を拒否し、遺体も見たくないと言って、妻に先立たれたのちに、自分が旅立つ直前、「長生きしたって、いいことなんかひとつもねぇ」って言ってた祖父のことを思い出した。
妻がいて、良かったって思えてた人生だったのかもしれない。
ドラマみたいに、自分の身体がもう死にそうなくらい辛い時に、周りにありがとうとか自分の人生がこれで良かったなんて言える精神状態じゃないのかもしれない。

祖父が亡くなって1年も経ってないからなのか、人の生死の話題や、遺された人の話題に触れるたび、祖父の「長生きしたって、いいことなんかひとつもねぇ」って言葉が浮かぶ。
生きたくても生きられなかった人もいるだろう。でも、遺された祖父の思いもあったと思う。認知症もほぼないまま亡くなったので、赤の他人から見たら祖父の人生をどう思われるか分からないけど、私だって彼の人生をまとめられるほど知らないけど、逝きたい時に逝けなかったという思いを持って旅立った人が私の身近にいたことは事実。

これは、長らく私の価値観の中に居続けるだろうと結構確信している。

みんながみんな、自分の人生を肯定して終末を迎えていない。肉体的、精神的苦痛との関係性は分かんないけど。

さて自分の終末はどう迎えるか。

そんなこと考える歳じゃないと言われるけど、私は割と頻繁に「明日死ぬかも」って思いつつ生きてる。
縁起でもないってマジおこ💢する人もいるけど、怒る意味が分かんない。ほんとに明日が来るかなんか誰にとっても分かんないのに。

オチないし、話脱線してるけど、祖父はそうして私の中でまだ生きています。

田んぼでマムシ捕まえて一升瓶にぎゅうぎゅう押し込んでマムシ酒作ってた。
何年かに一度しか会いに行かなかったのに、嬉しそうに握手してくれた。
説明不足で意味分かんなかっただろうに、私の仕事の話も嬉しそうに聞いてくれた。
小柄で耳大きくて目も丸くて、お猿みたいな祖父でした。酒は全然飲まず、マムシ酒は消毒液のために作ってたとか。
小柄なとこしか似てねぇな。

あでも、祖父のお見舞いや葬儀への参列のおかげで、もつの味噌煮込み食べると、祖父が生きた土地に思いを馳せるようになりました。

私のルーツ。

もはや竹内涼真くん無関係になってるけど。件のドラマで、先祖の愛を振り返ったってことで。

夏休みらしいことをしたいじゃないか、いくつになっても(・ω・)

夏休みらしいこと
ってなんだ

●昆虫採集
この夏、蜘蛛の巣撃退スプレーを我が家に導入しました。
採集の逆ですね

●朝顔の観察
春に植えたバジルが繁茂しましたので朝顔まで面倒みきれません

●読書感想文
いま5ページ読んだとこで止まってます

●何かの啓発ポスター作り
ぬりえすら完遂できません

●帰省
住んでるのが地元なので。

●旅行
これだっっっ

てなわけで、旅行することにしました。
都会でお買い物する旅や人ごみに突入する旅じゃないことをしたくなったので、今年は野外アクティビティです。

image
水遊び大好きー!
でも海はベタつくから避けたいー(´・ω・`)
なら川であそぼう٩( ᐛ )

というわけでカヤック٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

江の川を5km川下りするコースで、楽しく舟を操縦してきました

川に面した林におさるさんがたくさんいて、めっちゃこっち見てた!

カヌーの里おおちでカヤック満喫できました(^ω^)

9歳以上からできます!
私が行った時も小学5年生くらいの男の子が頑張ってました。
ご家族でも楽しそうです♪

終わってからはBBQ🍖
同じくカヌーの里おおちにあるトレーラーハウスを予約。

imageBBQ初心者にありがちな、炭がなかなか軌道に乗らないパターン(´・ω・`)

わずかな火力でじわじわ焼いては食べ焼いては食べを繰り返し

その間炭の世話に精を出す人

待ちきれずわずかな火でも食べたがる人

そして

炭が盛んに燃え始めた頃は既にお腹いっぱいになっていた(o_o)

フライパンで焼けるピザってやつ、上手くできたよ!

あとは炭火で焼く鮎がめっちゃうまかった(*^ω^*)

image百日紅満開で、お花を眺めながらのBBQは夏版お花見気分でした。

じきに日が沈んだがね。

お腹が膨れたあとは、虫の声を聞きながらぼんやりできました。

どこからかねこさんがやってきてご飯の残りを狙ってました。

くまさんじゃなくてよかった。

image
あんなにお腹いっぱい食べても、翌朝にはそれなりにお腹空いてるんだから、不思議なものよねーーー

朝食用にテーブルクロスとは、どんだけ用意がいいのかと( ゚д゚)

コーヒーを持ってくるのを忘れたのが悔やまれるところであります。

ふだんは早起きできないのにこういう時だけ早く起きれるマジック。

健康的な旅でした(*゚∀゚*)

今度はトレッキングとかもしてみたいなぁ〜

二泊三日でカヤックとトレッキングなんてどうかなぁ、、、

ある日森の中でくまさんに出会いませんように…

某○isix、使ってみました。
↑伏字になってないw

たまにスーパーに行って買い物をしても、その後出張や会食の予定が入ったり、やる気がなくなっちゃったりでコンビ二や外食に走り、その食材の出番が来る前に傷んでしまったり、食べ物にも申し訳ないことをしてしまうことがはや1年近く。

この心境?環境?の変化、どうしたことでしょう

このままでは気分も良くないし身体の具合だって良くないに決まっている

何が良いか分からないけどとにかくトライ&エラーを繰り返すのみ

ということで、○isixのおためしセットをポチリ。

とにかく、メールの文面が超丁寧。
そして、案内の頻度も親切。
届け日の前日に「明日の夕食は○isixが届くよ!」とメールが来るのである。
生野菜だからね。傷んではいけないし。そしてそれが来ることで、期待感も高まるわけです。
imageでもって、宅配屋さんから受け取った箱自体にも、丁寧なメッセージ。
中にはおためしセットのほか、社長による直筆風お手紙、納品書には食べ方を指示したレシピへのURLが載っていたり、おためしじゃなくてレギュラーメニューの紹介パンフや、とにかくいろいろな情報が入っている。食材についてるレシピも超分かりやすい。

この商売は、本当にすごい。
料理が苦手な人や、忙しい人のポイントをめっちゃ分かってる。
そうなの、小松菜を洗って切るぐらいはできるの。でも温泉玉子を作るとなると、湯を沸かすのが時間かかるし、鍋が場所とるし、別になくたっていいし、ってなって作らないの。
豆腐を切ってスープに入れるぐらいはできるの。でもにんじんを皮むいて千切りスライサーにかけるのは時間かかるし適量がわかんないしで、面倒なの。
ただ、ビニールごみがかなり出る。調理作業をスムーズにするためだから仕方ないとはいえ。
おためしセットにはヨーグルトや野菜ジュースなど、すぐ食べられるものもあったし、野菜だけじゃなくて果物とか、組み合わせると食卓がとても豊かになりました。

気になったポイントは、食材たちのほとんどがわたしの住む地域から離れたところから来ていて、君は収穫されて何日経ったのかなぁ、ということ。
安心安全な作物だそうなのだけど、地産作物を手に入れる手間を惜しんで、遠くから来てビニールにくるまれた高い野菜たちを迎えることが、自分として納得がいくことなのか、ちょっと考えてしまいました。
ちなみに地産作物イコール安全かどうかは、確かめたことがない。

忙しいとはいえ、基本の衣食住のひとつではある。
しかも、衣食住のうち、自分がもっとも好きな分野である。
それについて考える時間、選ぶ手間をお金で今回買ってみた。
そうしなければならないほど、私の手間と時間はないものなのか?
そこをネット通販に頼る前に、断捨離すべきものがあるんじゃないのか?

おいしい食べ物と、考えるきっかけをもたらしてくれた、○isixさんでした。
ありがとう。

ものすごい天丼を食べましたよ(OvO)

江津市江津町1520-11
栄寿し

ランチ限定、現金払いのみ
駐車場の場所は店頭に貼り紙がありました。が、知らなかったので駅前の有料駐車場に停めました。

image


これでもご飯少なめです。
丼の左にあるお皿は、具が多すぎてご飯にたどり着けないから、具を一旦除けるためのお皿。
というぐらい、てんこ盛りです。
さらに、この丼のうしろに、

image

つきだし?サイドメニュー?的なものがあります。
それに茶碗蒸し、お吸い物がついて1,000円ぐらい。

お店出るとき、よろついてたぐらいお腹いっぱいになってた。

サクサクの天ぷらは野菜が中心で、えびは二尾。たれもしっかりかかってて、あとから塩とかつけるタイプではありません。

13時すぎ、ラストオーダーギリギリで入ったら空き席ありました。ランチは11時30分から13時30分まで。

大通りに面してないところにあるので、ぜひ探してみてね。
かならず、お腹空いてる時に行くこと!
絶対満腹になります。

image4杯飲んでないよ、4つのおつまみで2杯飲んだのだよ

このお店はステーキが売りのようで、塊肉食べてスタミナつけようと思ったんだけど、あんまり元気なくて、ちっちゃいハンバーグ止まりでした。

我が家にもあるけど使い道が限定されてた魚粉、オニスラに乗せればよかったのか〜!!
と、大発見。

人参のマリネも、ここまで細くすれば生でもガシガシ食べれるのね。

都会は、少量で安いおつまみがあっていいなあ。

充実の1人飲みでした。

ストローでワイン飲むのはあかんね。

imageそして再び都会に降り立ち、今度は3人でごちそう。

神保町の名物カレー食べて大汗かいて仕事して、ご褒美にごちそう。

穴子の煮こごりなんて初めて食べたよ。
小鮎の天ぷらだって初めて食べたよ。
このざる蕎麦は定番のうまさ。
香り高き。

何回も言うけど、20代の頃はあんまり蕎麦好きじゃなかったんですよねえ

5年前、信州の蕎麦食べてちょっと目覚めて、去年このお店の蕎麦食べて、それから自宅で和蕎麦のペペロンチーノ食べて、完全に蕎麦ブーム到来。
出雲蕎麦もそのうち、美味しくいただけるようになるでしょう。

image外食でお腹も心も幸せになったあとは…

自宅ごはんでも幸せ。

新鮮野菜とか
我が家で育ったバジルとか
精米したてのお米とか
季節の野菜とか
ルーを使わないカレーとか
旅先でのお土産とか

書いててしあわせになってきたぜ(*´∀`*)

夏はさ〜

なすとかきゅうりとかトマトとかピーマンとかしそとかみょうがとかとうもろこしとか、おいしいものがいっぱいで、料理が苦にならな〜い(*´∀`*)

明日は薬味満載そうめんにしよう♪

2ヶ月前くらいから、気がつくとうどん食べてる。

image

萬栄の特製うどん

image

これはたぶん亀甲屋の亀甲屋うどん。

image

自販機のうどん。
ゆずは季節外だから香りほどほど。

image

はなまるうどん。

image

どんどんのうどん。

image

丸亀製麺のうどん。

2ヶ月で六種

ほぼ週一でうどん

ちょっとどうしたの

うどん食べすぎよ

しかも具も乗せすぎよ

シンプルイズザベスト

でも、具乗せないとうどん飲んじゃうからな

暑い季節

皆さんもうどんで暑気払いしましょう

このページのトップヘ