ベンボー提督亭

SILVER船長の後悔日誌 (自閉症児の母の記録)

「和」なコミック紹介

正月らしく、「和」的なコミックご紹介。



和服がいいです。

和服をすごく丁寧に描かれていて、好きです。

主人公・鹿乃子(かのこ)は人のウソがわかる特殊能力を持っている。

探偵・祝左右馬 (いわいそうま)に会うことで、その能力は謎解きに生かされていくんですが

探偵ものというと、常に殺人事件があってドロドロとしているイメージなのですが、それほど殺人事件にはぶつかりません。

どっちかというと、日常のささいな謎を、その能力を上手に生かして解いてしまう感じで、気軽に読めますね。

今、連載している途中の話しは、人形屋敷での事件で、これはこれで殺人事件があったりはしますが、

人形屋敷だけあって、市松人形と、人形のような美少女と。

その着物の描き方も、帯の結び方から、とにかく豊富で感心しました。




時代は、明治?

いえ、明治っぽいんですけど、パラレルな世界のメイヂ時代で、

その今上帝が、聡明で凛とした少女であること。

それに仕える少年御園(みその)。

それだけの設定なのに、ひきこまれるほど面白い。



 
これも時代は、1900年代です。

万里子は、夫・と、パリへの新婚旅行…のはずですが、

オリエント急行のなかで、がなにものかに殺される?

万里子は、頭の回転のいい、度胸ある少女ですが、

この時代、和服の少女が、1人でパリを歩く…ということは、かなり目立つだろうし、かなり心細いんじゃないかなー?と、思いながら読んでいます。

その万里子の、巴里活劇浪漫…てか?


これら3作品は、いずれも「別冊花とゆめ」に連載中。

この3作品読みたさに、別花が毎月楽しみなのです。



こちらは、和でも、正月らしくもないんですが、

最近、テレビや「ダ・ヴィンチ」のプラチナ本でも取り上げられていて、宣伝につられて買ったところ、なかなかおもしろかったコミック。



最初、この表紙を見て、

「印刷会社の実話や裏話しを描いたノンフィクションなのかな?」

と、思っていたら、

まったくのフィクション。


主人公は、新入社員の黒沢心

が、出版社に面接に行くところから始まるんですが、

社長が変装して面接してくる新卒学生たちを観察している…なんて、ちょっとベタな設定?と、思ったけれど、

この社長の昔話がよかった!


「運は貯められる」

運は、いいことをすれば貯まり、悪いことをすれば減る。

問題は、その運をどこで使うかだ。

それを見極めろ。



…ということで、私も最近、ついてないなーと思っていたものだから、

せっかくの運を減らしてるんじゃないかなと思ったもので。

参考になりました。


また、「売れる本」というのは、作品が面白いから…のみならず、出版社のどれだけの営業努力で花ひらくのか…というのも、興味深い。

どんなよい作品でも、ただ、黙ってただけじゃ本って、売れないものなのですね。

「『売れた』んじゃない。俺たちが『売った』んだよ」

は、ちょっと感動しました。

最近評判の本。たとえば「進撃の巨人(1) (少年マガジンKC) [コミック]」なんかも、

私は絵が嫌いなんですけど毎号買ってます。

最初、「こんな絵でなぜ売れてるのー?」とは思ってはいましたが、なんというか

出版社の販売戦略にやられてしまった…というのは実感していますね。

そういうのもあいまって、「重版出来」(じゅうはんしゅったい…と読みます)は、うんうんとうなづきながら読みました。


また、この本を知ったのは、テレビで「注目・話題の本」として紹介されていたから、買う気になったもので、

これもまた、出版社の販売戦略にやられたなー。

と…。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

謹賀新年!

あけましておめでとうございます!


2014年賀




馬の絵を描きました。

蹄鉄も描きました。

蹄鉄は縁起がいいです。

蹄鉄の穴も、7つでラッキーセブンですよ。



去年も、ブログの更新頻度落ちまくりでしたので、

今年はもうちょっと更新しなきゃな…。(毎日更新していた時代がウソのようで…)


そんな ベンボー提督亭 ですが


今年もよろしくご愛読くださいませ。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

職場の話し…その7 感情的にならないでください

BlogPaint



BlogPaint



BlogPaint



BlogPaint



BlogPaint



感情的にならないで



BlogPaint



BlogPaint




2013.12.18「職場の話し…その6 会社は味方ではない」での話し合いのつづきです。


最初に私たちがもっていこうとした話しがさえぎられ、行き場がなくなったかのように思えたのですが

同僚kが、いきなり話しを変えて口火を切りました。



コマ漫画の中では、大お局様の名前を伏せておりますが
まあ、いまさらイニシャルにするわけにもいかず…これまで名前を出さないような描き方をしていたんですけど、
さすがに話しあいの中で、「○○さん」と呼んでるところを描かないわけにはいかず…。
4コマ目とかは「・・さん」とかにしています。




Tちゃんに奥の大お局様の仕事を覚えさせたことにより、

大お局様の仕事は、ほとんどTちゃんがやって

普段、どっちが手伝いだかわからないぐらい大お局様の仕事はありませんでしたね。

で、仕事がなくなっては、Tちゃんを休ませる名目でしょっちゅう休んでましたから。

最初は、Tちゃんを休ませるため…と、思っていた私たちも

あんまりそれが目にあまるようになってきたから、怒りも爆発したわけですし。


ですが、会社は大お局様の味方で、

この話し合いのあと、実はまた後日、もう1度、同じような席をもうけることになるのですが

そのときも、このときも

「感情的にならないでください。仕事ですから、私情は挟まず仕事の話しをしてください」

と言うから、よけい神経逆撫でされたというか。


そして、大お局様の、

「私、なにか言ったかしら」

このセリフを、笑顔を浮かべて言ったもんだから、それもさらに神経逆撫でされました。


人が怒ってるときに、相手が笑顔だったり、こっちの怒ってる理由に対してピンときていなかったり…というのは、腹が立つものです。


この話し合いの席は、11月の話しですので、

このトラブルの話しは、まだつづきます…。

(年内に話しを描ききれずすいません。来年もひきつづき、描いていきますので、おつきあいくださいませ





ランキングに愛の手をぽちっと

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村






 

あくまモン

BlogPaint



 BlogPaint



ちょっと子どもネタで。

あいかわらず、お兄ちゃん語録炸裂。


2〜3歳は若く見える!

とか

10歳ぐらい若く見える!

とか

普通は、年単位で数えるものですが…。


1時間だけ若返るって、どんなん?


このことを職場の同僚にいうと、

「もう少しバッサリ短く切ってくればよかったのに。中途半端な長さだから1時間なんじゃない?」

と、言われました。




BlogPaint



BlogPaint

 

BlogPaint




あらためて見ると、くまモンって、猫のような縦型の瞳なんですね。

まるい目の中に、縦に瞳が入っている。

それが横に伸びると、まんま猫のような目になって

とても「くま」には見えなくなりまして…。

(注1:娘が太ってるわけではありません。

(注2:「母ちゃんにも貸して」というと、「もっと横に伸びるからやめて!」と言われました







ランキングに参加しています。ぽちっと。
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

職場の話し…その6 会社は味方ではない

BlogPaint



 BlogPaint



BlogPaint



BlogPaint



会社は味方じゃない(1)



BlogPaint



BlogPaint




まえおきとして、

この一連の話しは、私の記憶と主観をたよりにすすめられています。




Tちゃんを休みにしたことを私たちに伝えなかったことは、

仕事としてどうなのか?という不満は先に会社に伝えていました。

最初会社は、「業務としてそれは伝えなければいけませんねえ」の反応でしたから

だから、この話し合いの場をもったのです。


会社には、仲介役として入っていてもらえれば…の気持ちでいましたが

そこに、会社と私たちとの温度差がありました。


会社の言い分は、

Tちゃんは、本来人数のうちに含まれていない。(Tちゃんがくるまでは、本来2人でやっていた作業です)

Tちゃんは障害者枠で入ってきているので、一人前の扱いではない。

それでも、人数の変動は会社側が本来伝えるべきであったので、次回からそうします。


です。


Tちゃんん本人目の前にして、

「障害者は人数のうちに含まれていない」

という言い草でしたね。


このとっぱじめの瞬間から、

「あ、会社は私たちの味方ではない…」

と、私たちに思わせてくれましたよ。


そして肝心の大お局様は、

終始、大きく目をみひらいてパチパチまばたきをしながら、

笑みを浮かべ、「なぜみんなが怒ってるのかしら?」みたいなとりすました態度でいました。


そして、話し合いの後半はかなりグダグダなものになりますが

それは次回。(この顛末、今年中に描ききれるかしらん…)






ランキングに愛の手をぽちっと

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村




 

職場の話し…その5 進撃のP子ちゃん

BlogPaint



BlogPaint




BlogPaint




BlogPaint



パソコンが壊れて、しばし更新ができませんでしたが、

やっと、パソコンを手に入れたのですったもんだの末の更新です。

いや〜〜。機械に弱いもんで、なかなかインストール作業に手間どっちゃいまして。


なもんで、コマ数はそんなに多く描けません。

これで更新しちゃいます。



2013.11.23「職場の話し…その4 忙殺の月末」のつづきです。


K先輩や、同僚kなどは、大お局様からすると、

バンバン口は返してくるし、なにより少しでも年齢が近いということでそこを考慮してのことでしょうか。

やたら、人生訓やら、人生の先輩面したお説教かますのは、それより年下の私たちばかり。


20歳以上年齢が離れるとなると、親子ほどの年の差がありますから

やたら年上ぶるというか、舐めてかかってくるというか…。


なので、先輩たちの大お局様への不満は、「働かない」「ずるい」「外へ出ようとしない」ですが、

ちょうど、私を境にした下の年齢の人たち(まあ。私ったら自分を若い人の部類に入れちゃってますが…にとって、

大お局様への不満って、その先輩風吹かしたお説教が嫌なんですよ。


それで普段はエラソーに「ちゃんとしなさい」「普段の行動が見られてるんですよ」と言ってるくせに



じゃ、自分の行動はどうなのさ!



となる。



今回、その当日いっしょに働く作業者に、1人減ったことを告げない…ということに

私たちは腹を立てた。

それもさ。一言「悪いわね。Tちゃんちょっと休みが少ないからこの日休みとらせてあげてね」などと言ってくれれば、

こんなモメずに済んだのに。


普段はおとなしいP子ちゃんが、

会社を交えて、大お局様と決戦する段取りをつけてきちゃいまして、

このあと、会社の副所長まじえた話し合いを持つのですが…。


ということで、新しくなったパソコンと悪戦苦闘しつつ、

次回に続く…。


やっと更新できたランキングに愛の手をぽちっと

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村







テレビドラマの原作「クロコーチ」「陰陽屋へようこそ」

クロコーチ(1) (ニチブンコミックス)
リチャード・ウー
日本文芸社
2013-10-07


TOKIOの長瀬君が主演しているドラマ「クロコーチ」の原作。

「せーかーい!」

の不気味な黒河内を演じる長瀬が、ハマりすぎている!

だけど、原作はもっとオヤジ顔なんだよね。


かなりバイオレンスで、極悪な刑事なんだけどさ、

その裏で、かつての三億円事件の影がチラホラな実は壮大な内容。





よろず占い処 陰陽屋へようこそ (ポプラ文庫ピュアフル)
よろず占い処 陰陽屋へようこそ (ポプラ文庫ピュアフル) [文庫]



関ジャニ∞の錦戸亮が主演している。

私は、脇役で時代劇俳優の杉良太郎が出てるのにびっくり!

セリフ、ひとつひとつが時代劇口調なんだけど(ある意味、江戸弁)、

今、ドラマは若手の脇にこうした重鎮を置くことで、単なるアイドル主演ドラマで終わらせないところが

なかなか…。


ドラマでは商店街のおせっかいな人たちが、ドラマを盛り上げているが

原作には、そんな設定はない。

でもまあ、原作は軽く読めるので息抜きや、電車の中での時間つぶしによい。




※実は、うちのパソコンがまた壊れまして、しばらく漫画ブログの更新はむりそうです。くすん…。



↓↓↓旧壱万円札をクリック!(金運呼ぶかもよ?)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村


天野 頌子
ポプラ社
2011-01-12

まだ11月ですが…

BlogPaint



 BlogPaint



RUDOLPH



娘が先週から風邪ひきまして

山のようなティッシュの残骸。


最終的には、鼻セレブを買いにいかされました。母さん…。



で、娘が言うには

「マスクで隠していても、
 給食のときにはマスクをはずさなきゃならない。
 マスクはずしたときに、真っ赤なお鼻がみんなにみえちゃうーー!」



そこで、すかさず、お兄ちゃんのセリフ…でした。



おもしろかったらぽちっと
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

職場の話し…その4 忙殺の月末

BlogPaint



BlogPaint



BlogPaint



ロッカールーム



ロッカールーム(2)



BlogPaint




2013年11月23日 「職場の話し…その3 策略の大お局様」 のつづきです。

また、 職場でのこと ←こちらのカテゴリー一括でごらんいただければ、昇順で読めます。



1コマ目と、2コマ目は回想になります。


この日、ちょうど月末で(既にひと月前の話しになるのねん)すごい忙しかったんですわ。

Tちゃんが入ってくるまでは、2人でこの持ち場を回していたのだから、できないわけではないはずなんですが

あんなに忙しかったことは、珍しいんじゃなかったかな?

とにかく忙しかった。


自分の仕事を終わらせた男の子が手伝ってくれたので
(この子についても、いつかエピソード描きたいとこです。今年の夏は、男の子たちにもちょっと事件があったし

なんとか、その日の仕事は終わりまして。


で、翌日、出勤したら早々にTちゃんはごめんなさいをしてくれた。

素直に、申しわけないと思い、謝ってくる人間にどうして怒れよう?

それだけでも心が和むわ…。


ただ、問題は張本人の大お局様!

なぜ、その日、Tちゃんが休みになったことを私たちに伝えなかったのか?

このあと、追求することになるのですが…。

まあ、のらりくらりとやられて……という話しのつづきは、また。





ランキングに愛の手をぽちっと

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

ジブリ「かぐや姫の物語」

ブログネタ
ジブリ作品 に参加中!
ジブリの「かぐや姫の物語」を観てきました。

かぐや姫

かつての「まんが日本昔話」を思わせる淡い、水彩画調の色彩に、

しかしながら動作はこまやか。

そこは、さすがリアルを追求する高畑監督です。

最初、赤ん坊の這う姿とか、動きひとつひとつがすぐそばにいるようで

そのほか、お椀を木から掘り出す職人の所作とか、

そんな何気ない日常までが丁寧に描かれている。


翁が、光る竹から与えられる金や上物の着物を見て

かぐや姫を都に連れて行き、ふさわしい暮らしを与えようと決心するのですが

それも、欲に目がくらんで…というよりは、

この時代、美しい娘なら高貴な公達のもとへ嫁に行く…。

さらにもっと栄誉なことは、帝(御門)にみそめられて、宮中へ迎えられる。

これが一番のしあわせと思っていた価値観ですから、

その価値観のまま、これがかぐや姫の幸せになるのだと、翁は家屋敷を買い、姫に姫としての教育を与えるわけです。

そんな、父親心も反面わかるなあ…と、思いながらも

山暮らしの自由さを懐かしむ姫の気持ちを、媼だけが汲んで、

納屋で機織や畑仕事などを姫と2人で行っていたりする素朴さを、

翁がもう少し姫の気持ちを汲めるのなら、こんな悲しい物語にはならなかったのに…と、つい思ってしまうのです。
 

姫が都へ移ってから、そこに一人、パタリロみたいな…というか、「ハウルの動く城」のカルシファーみたいな顔の女童(めのわらわ) が、  ( ̄ω ̄)←こんな顔

ジブリらしいというか、清涼剤になってるというか、いい味だしてました。


また、姫の教育係として呼ばれた「相模(さがみ)」のセリフが、

粗野に育った姫を見て、

「こんなにお育てがいのある姫様は初めてです」

なんか、ハイジロッテンマイヤーさんか?と、思ってしまいました。


大人になるにつれ、育った山を恋しがり帰りたがるのも

やっぱり、どこのハイジだろ?と、思いました。


どうも、私は親としての目線で見てしまうので、

姫が赤ん坊のときの愛らしさや、

他の子どもたちについていってしまい、それを必死で探す翁の気持ちや

ラスト、月からの迎えで別れなければならないシーンに、

そこは涙があふれてきました。


月からの迎えといえば、

なんか、「平成たぬき合戦 ぽんぽこ」のときにも、四国からきた狸が亡くなるときに似たようなシーンがなかったか?と、それを思い出しましたね。


全体を見れば、美しい、そして完成度の高い作品ではあります。

このまま、日本の「竹取物語」は、すべてこれを原作とし、絵本にしてしまえばいいと思うぐらいです。



ですが、見終わったあと、

なんか、もやもや感がありました。

「え?これで終わり?」

って、感じかなあ?

もうちょっと、そのサブタイトルにも謳っている「姫の犯した罪と罰」のところを掘り下げてほしかったというか

いまいち、わかりずらかったです。

パンフ読んで、ようやっと意味がわかったというか。(私が理解できなかっただけかもしれませんが)

そこんとこに、もうちょっと「あ!」と思うものがあればスッキリしたのに…と、思うのでした。




ぽちっと。
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
livedoor プロフィール

SILVER船長

カウンター


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキング
1日1回 クリックしてね。
応援お願いしま〜す

私は自分のブログを面白いと
自信をもってお届けしております。
純粋に面白い・役に立った
と感じられてのクリックで
かまいません。
心に響いたら、ぽちっと。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村





育児ブログ・ランキング

blogram投票ボタン
OKITEGAMI
「おきてがみCMを
見て来たよー」の方は
是非ことづてでお知らせ
してってね↓
(毎日訪問返し希望の方はことづてに。現在3日に1度訪問を返してる状態です)


おきてがみ

Twitter
twitter221





連載漫画のもくじはこちら
もくじ(1)


もくじ(2)



もくじ第二部バナー









もくじ第二部(2)

現在進行中

リンクのページ
バナー
b_pool200
自己紹介
SILVER
ADHD爆走の母です(^^)/
サイト「宝島」へもおいでませ〜
Mouseくん
アスペルガー中学生
エネコちゃん
軽度PDDのおしゃまさん
ブログ説明
「航海日誌」自サイトの管理人日誌。
「後悔日誌」私個人の日記。
「子育て日誌」発達障害2児子育て記録。
「本の紹介」文字通り。本の紹介。
「自閉症について」自閉症関連について。

発達障害に関係の無いコメントやトラバはご遠慮ください。
コメント掲載の権利はブログ管理人に有ります。
コメントの内容によっては、荒れる原因になると判断された場合、予告なく削除させていただきます。
※ブログコメントへのHNが不適切な場合、いかな内容でも削除させていただきますことをご了承ください。

当ブログの無断リンク、無断転載は固くお断りいたします。
ネットマナーは守りましょう。
アクセスランキング





最新コメント
QPコード
QRコード
  • ライブドアブログ