イラスト・漫画で見る発達障害シリーズ

C奈さんの失敗
C奈さんの失敗 (2)
C奈さんの失敗 (3)
C奈さんの失敗 (4)
C奈さんの失敗 (5)
C奈さんの失敗 (6)
C奈さんの失敗 (7)

C奈さんの挽回 (1)
C奈さんの挽回 (2)


BlogPaint


BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

C奈さん、漢字に対する読字障害がありますから…

きっと、漢字よりアルファベットの方が、わかりやすいかもしれません。

BlogPaint漢字を図形としてとらえてしまうため、書けない・読めないという(LD)発達障害者もいます。

うちの息子なんかは、漢字を書かせると似て非なる字を書くので困ってます…。

(↑これは 『 虹 』 で使ったイラスト

「…君が大人になるころには、きっと字を書くよりパソコン等で出すような世の中になるからね…


一応、ご存知かもしれませんが、言葉や伝えることの難をかかえた自閉症児のために、

VOCAなんて機械もあって、ボタンひとつで簡単な言葉を発し、コミュニケーションを助けるのに役立ったりするそうです。

1

 

 

 

 

 

私が、初めて就職した頃の時代は、世の中にワープロが出回りはじめたばかりのころで、

今みたいに、誰も彼もが打てるような時代ではなく、

会社に入ったときに、会社もワープロ導入したばっかりで、


慣れるために…と、英文タイプを(会社から)貸してもらった。


当時、世の中はワープロが出回りはじめたばかりのころ!

まだ、

「だいすきよ」と、かな文字で打つのと、

「DAISUKIYO」と、ローマ字で打つのでは、

かな文字の方が、文字数は少ないんだから、かな変換の方が早い!

と言われていた時代なんですよ。

当時、ワープロはかな変換が早いと書かれていた本も出てたぐらい。


ですから、会社も「慣れるため」とタイプを貸してくれたものの、それで、ローマ字変換するため…とは考えていなかったんですが、

そうして、英文タイプを借りて、

ローマ字打ちで覚えてしまうと、


「あ!!さすが、英文タイプは文字配列が、長い歴史の中で、

 使用頻度順に打ちやすい配列になってるんだ!!」


と、気づきまして…。

 

ローマ字変換の方が早いと、会社でいち早くローマ字入力に慣れてしまいました。

(いまでも、タイピングの指使いは正規のものだという自信はありますよ。)

 

当時、タイピングの早さは地元ナンバー1

で、そのとき、資格をとろうとあれこれ探したところ、職業訓練校でやっていて、1級を取りました。

ところが、そののち、商工会議所の日商検定世間に通用する資格となり、職業訓練校でとった1級の資格は、日商検定の2級の価値しかないと聞いて、

…なーんか、無駄な資格だったかも…と、がっかりしたものでした。


 

 

そろそろC奈さんの回を終わりにしたい…と思いつつ、私の頭の中で、まだ決着つけるなと言ってるようで、今回のC奈さんがパソコン覚えるエピソードが浮かんできてしまいました。

 

つづきが気になるクリック↓↓↓

ブログランキング参加  各バナークリックしてってくださいな 

ブログ村へ2

 にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン

 

ブロガーさんのあしあとはこちらへおきてがみ