やほー!!!(*・ω・)ノ

ひさびさの OL編 A子さん です。


いやあ…しばらく工場編と工場編スピンオフ(D澤さん秘話)で進めていくつもりだったのですが(脳内予定)


やっぱ、工場編ばっかり描いてると、

どっか、体が拒否するのかしらん……( -д-)ノ

華やかな女性を描いてみたくなるのか。



まあ、前回D澤さんがG井くんにわかりやすく指導しようということを描いてみて、



じゃあ、 あのA子さんには、どう指導したら?

ということで…。


BlogPaint


A子さんとお局さん

 

BlogPaint
 

BlogPaint
 

 

BlogPaint
 

はは…結局、解決編にはなってませんね。

いやあ…私も脳内でストーリーを考えていたら、

どう考えても、A子さんの場合、ストレートにはいかないんですよ。


指導するのが、いつものお局先輩だから…というのもあり…。


まず1コマ目

「見ればわかるでしょ」「いつもやってるでしょ」ではなく、

しっかり ○日○時 と指定しました。

ところが、

「わかりやすく説明する」の段階で、ちょっとお局先輩も(描いてる私も)考えてしまいました。


A子さんは、「自分は仕事ができている!」と、はげしく勘違いしている人ですので(毎日叱られてばっかりいるのに)


くどくど説明されることは嫌います。


あまり説明が多いと、今度は「私は仕事ができるのに!先輩だったら!」とヘソをまげてしまいます…。


そこがお局先輩の、思案のしどころ。 

「じゃ、わからないところがあったら訊いて」

も、NGです。

1年前の過去ログで恐縮ですが、2010.1.31「A子さんの失敗 (2)」では、

その「わからないことが訊けない」という失敗をしています。


これはA子さん側に問題があるのですが、

発達障害者は、漠然とした言葉が苦手ですから、

「なにか質問があれば」と言われるより、具体的に「こうしてください」と指示されるほうが楽ですね。

でもその指示も多すぎると、やっぱり圧迫感を感じていやがるし…。



4コマ目

「この仕事を優先させて」

だと、 「この仕事を優先!」ということで、他の仕事が入らなくなります。


優先→優先順位は1番だけれど、他の仕事が入ってきたら適宜合間に入れる…。

↑↑これは、無理かも。



基本は、自閉症者って複数のことを1度に処理できない脳になってますので、

(自閉度によりけりです。ADHDの濃い私は、どっちかというと複数同時進行してあっちこっち手をつけないと気が済まない。)


「適宜」 「状況によって優先を判断」 は、基本、自閉症者に求めないほうが得策でしょう。


5コマ目…。

お局先輩、果てました…。 (無理もない

A子さんに仕事を指導するより、自分でやった方が早い…かもねえ。

ちょっと、庶務課に逃げてきてぐったりしています。

 

まあ…つかれるわ…。




A子さんとお局さん(2

 

こうした場合、

★スケジュールで時間単位で管理する(本人に管理させるのは難しいと考え、指導する側が目をくばる)

★また、複数の仕事はできないと考え、それが「優先」なら、それ以外はさせない。


が、考えられるかな? 

 

以前の失敗(2010.1.24「A子さんの失敗 (1)」~)があるので、仕事を全て渡してまかせてしまうよりは、

小分けにして、少しずつ指導者がチェックする方がいいのかもしれませんね。


BlogPaint←「工場編 2 (3)」で、描いたように、

誰かがつねに気をつけてあげなきゃいけないんだと思います。


本人に自覚がない場合などは余計、

「ああ、彼女(彼)はアスペルガーなんだね」と、知ってる側が、それを念頭において気を配るほうが、

本人に「気をつけて」というより楽かもしれません。


★複数のことを1度にできない。

★複数のことを1度に覚えていられない。


この可能性がありますから、

「やれ」と言われても、できないものはできないというか…。


あと、くどくど説明をきらうので、端的に、簡潔に…。



めんどくさい脳ですね…



ブログランキング参加中バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

育児ブログ・ランキング

     blogram投票ボタン