ベンボー提督亭

SILVER船長の後悔日誌 (自閉症児の母の記録)

漫画で読む発達障害-2

アンリちゃんの小学生ライフ!


ジャジャジャジャーン★

アンリちゃんの入学式で〜す★★★

IMG00231-20091205-1016


nyugakusiki2


nyugakusiki2


nyugakusiki2


BlogPaint



BlogPaint

 

あー、

第2部のスタートはアンリちゃんにしました…。

ギリギリまで、どうしようか悩みまして…。

新キャラ投入の新シリーズを最初に…と思ってたんですけれど、

どうしても踏み切れない…。

いまいち納得していない…。

あれやこれや考えたあげく、

一番描きやすいものからはじめたほうが

私も楽なのではと…。

 

 

アンリちゃん小学生編スタートです。

 

幼稚園のうちの、多少の多動

「まだ幼いから」で、かき消されるものもあります。

「このぐらいは、どの子もある…。ちょっと元気のいい子」で、済まされる…。

 

ですが、小学生になってくると、

まわりに社会性がついてきます。

 

発達障害児だけ、だんだん取り残されてくる…。

 

 

多動な女の子、アンリちゃんの今後の問題点を描きだすのなら

小学生編にすすめちゃおうと思いました。

 

そして、弟のコウちゃんも…。

そろそろ、

「しゃべらない」

「1語文、2語文が出ない」

ことに、まわりも違和感が出てくるころです…。

 

 

第2部は、時間をちょっとだけすすめて、

小学生になったアンリちゃんの、心の成長を描いていきたいと思っています。

 

 

 

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン

A子さんの電話応対

 

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


ひさびさの A子さん です。

 

ちょっとこのA子さんの電話の応対については、

別な展開にしたかったのですが、時間がなく4コマでおさめようと思ったら

ありきたりの流れでしか描けなかった。

後日、その別なケースを描いてみようかな…。

 


これは、これでA子さんらしい展開ではあります。

お局先輩が留守のときにかかってきた電話。

A子さんとしては、清水の舞台から飛び降りる覚悟で電話をとったというのに…。

(アスペルガー者の中には、電話の応対が苦手な人、多いです)


あくまで A子さん基準で、 「相手は失礼な人」なのであって、

特に失礼でもなんでもないし、仮に失礼な態度であったとしても会社の顧客なのですから、

A子さんがそれに腹を立てる道理はないわけです。


でも、A子さん基準によって相手に腹を立てたから、相手が悪い

だから、自分がその電話の内容をイトウさんに伝える必要はない!という理屈なのかもしれませんし、

 

その前に、


電話の内容を、メモできなくって伝えられなかったのかもしれません。

 


アスペルガー者は、

電話を聞きながら、相手の言ってることを理解しながら、メモをとる…。

この複数の動作がとても苦手です。

(これが、子どもだと授業の板書ができない)

 

私自身は、テレフォンオペレーターをやっていた経験もあり、

聞きながら、書きながら、パソコン入力しながら、相手と会話しながら…は、別に苦にならないため、

アスペルガー者が、電話が苦手、メモとりが苦手…という心情がわからなく、

息子のノートがとれない…ということに対して、とても歯がゆく感じています。

 

お帰りA子さんクリック↓↓↓

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン


 

A子さんの電話応対(2)


A子さんの電話応対」の別パターン。

BlogPaint


BlogPaint



BlogPaint

 

本当は、こっちのパターンを描きたかったんですね。


私の仕事場での話しなんですが、

私は上司に「この作業が終わったら2時迄に電話を入れるよう」と言われ、

すっかり忘れて、4時になったんです。

慌てて、電話するとカンカンになって怒っていた。

 

それを、発達障害疑いのさんに、

「2時にと言われてたのに、電話忘れて怒られちゃった」

と愚痴を言うと、

「え?まだ4時なんだから大丈夫でしょ。怒らないわよ」

と、言う。

「もう、すでに怒られたんだって!」

「え?4時までじゃなかった?」

なんてことがありまして。


Sさんは、「14時」と、「4時」を間違っている。

約束の時間から2時間も過ぎ、私は「怒られた」と、会話の中で話ししているのに、

「まだだから怒らない」

と言う…。


「はあ?怒られたって言ってるじゃん!(怒)」


この件は、相手の勘違いもあったのですが、

それ以前にも、 「間違って、時間過ぎちゃった。怒られる」という話しに、

「え?誰か代わりにやってくれてるんじゃない?大丈夫よー」

なんてはじまった。

こっちは、もうすでに失敗して、取り返しがつかなかった話しをしているのに、

「まだ大丈夫」なんてのんきなことを言ってる。


 

…てなことを描きたかったのですが、

どうもそれをA子さんに置き換えるとうまくいきませんでした。


 

A子さん「大丈夫よー」なんて言うキャラじゃないしねえ…。

 

 

あとA子さんが可愛くなった?というご意見いただきましたが、

すいません。

単に、私がひさびさなもんで、描ききれなかったんです。

 

 

あ、漫画の方のA子さんは、

「まだ4時。定時(5時)じゃないから大丈夫。それで怒る方が考えが狭いんだわ」

にしています。


「相手が狭量だから怒る」

これも自閉圏の考えに、よく見られます。


自分が悪いから…じゃなく、相手が悪いからにしてしまう。

 


A子さんの辞書に「ごめんなさい」は、ないのかー?

 

あ。

イトウさんに、スズキさん…。


なにやら、魚の名前みたい…。

 

 

お帰りA子さんクリック↓↓↓

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン

A子さんの電話応対(3)・伝えられない


A子さんの電話応対」と、「A子さんの電話応対(2)」を描いて、

自分でもイマイチ、パンチが弱いなーと思っていたら

コメントや、メッセージで、ヒントをたくさんいただきました!

 

ありがとうございます!

 

それらのヒントから、A子さんが電話に応対できないわけが

下記のように考えられました。

BlogPaint

★聞き取れない

アスペ者は、ただでさえ非言語コミュニケーションが苦手なのに、それすらも見えない電話でのコミュニケーションは難しいかもしれません。

本来電話というものは、声を電波に変換してその振動で伝えていたり、デジタル変換されたもの(でしょ?

そうなると、それを脳で「声」や「情報」として、処理してくれないからかも?

 

BlogPaint

★意味を全く取り違える

普段の会話ですら、

相手の意図を聞き違えたり、

話しの全体像をつかむことができず

トンチンカンな解釈をしたりするアスペ者…。

(例をいえば、うちの娘語録なんか読み返していただけると、どれだけトンチンカンな発想するかおわかりいただけるかと…

 

BlogPaint

★書き取りが遅い

……これは、うちの息子がここに入るかも。

協調性運動障害だったり、動作性が低いタイプだったりすると、書くという動作だけで大変!

それで、聞き取りながら書き取る!

もう、頭の中、大混乱は、必至ですね。

 

BlogPaint

★伝えられない

…これは…。実を言うと、私も超苦手です!

「相手から突っ込んで聞き返されたらどうしよう?」

「何の件か確認した?なんて言われたらどうしよう?確認してないしー(泣) 」

「イトウさんって言ってたけど、あの人でいいのかな?(人の顔の見分けがつかなかったり、自分の勘違いで別な人かもしれないし) 

「今のタイミングで声かけていいの?」


私は、電話の聞き取りや書き取りに苦はないんですが、この「伝える」は、苦手だなあ…。

コミュニケーション障害たるとこだわ…。

 

特に、相手が苦手な人だったり、

あまり親しくない人だったりしたら余計、どのタイミングで話しかけていいものやら戸惑うし、

相手がつっけんどんな対応する人だったら、声かけるだけでも怖いし。

普段、コミュニケーションとれてなかったりするから余計、相手の態度も、自分の態度も膠着しちゃうのかな?

 

そうこうしている内に、時間が過ぎて、忘れてしまって、

あとから、「しまった!」なんてことも…。

 

 

じゃあ、相手が対応柔らかい人、

伝えやすい人なら、大丈夫なのかというと…

 

★おまけ

BlogPaint


BlogPaint


相手が優しいE原さんでも、言えないA子さんでした。

 

…あ、E原さんだからか?

 


(E原さんの密かなファンのみなさま…1コマだけですが、どぞ…( ´∀`)つ )

 

 

お帰りA子さんクリック↓↓↓

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン

 

 

 

アンリちゃんの小学生ライフ (2)

 

アンリちゃんの小学生ライフ!

さあ、アンリちゃんの小学校生活がスタートです!

 

入学前ってさ…あんなに勉強したくて、ワクワク・ウキウキだったのに、

入学したら、みーんな勉強嫌いになっちゃいますねえ…。

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint

 

これも、実話!

 

 

 

そして、これをやらかしたのは…

 

 

 

 

かつての私だ! (。・ω・)ノ゙ ピヨピヨ

 

 

かたかなの書き順って、大きく黒板の上とかにも貼ってあるのに

いちいち、

「書き順はこうです」

なんていわれると、


そこに貼ってあることをどうしていちいち説明するのかなあ?


って、思ったんだよねえ。


 

そして、当時、

「はい。1行書いたら、次は色を変えて書きましょう」

と、色鉛筆だかクレヨンだかで書いていて、いちいち一行ごとに色を変える。

一行ごとにそれを言われるのも、まどろっこしかった。


そこで、

「そんなのそこに書いてあるじゃん!」

と、言ったんですよ。

生意気にも。

小学1年生がっ!

 

先生に

「じゃあ、勝手にやりなさい!

と、切られた。

 

 

勝手にやりましたとも…。

 

一人だけ、先へどんどん進んで…。

そのうち、1行1行色替えするのを忘れ、次の行も同じ色で書いちゃった。

「あ、まちがえちゃった!」

と言うと、先生に、 「ほら!ごらんなさい!

と、怒られました。

当時は

「えー、字を間違えたわけじゃないのにー。色替えを忘れただけなのにー」

と、理不尽な思いでいっぱいだったわ。

 

そのほか、先生に対して「勝手にやればいいじゃん」と何気なく言って (ほんとに自分は何気なく、悪意もなくのつもりだった)

「先生にむかって、勝手にやればいいじゃんとは何事!?」と、立たされました。

当時は、なぜ先生が怒ったのか、とんとわからなかったなあ…。

 

あー、しっかり発達障害児行動していたのね。私の小学生ライフは…。

 

 

 

アンリちゃんは、幼稚園のうちに難しい漢字も読めた子なので

小学校行ったら、もっと難しい勉強ができるかもしれないと思ったのかな?

そうして、ワクワクしながら受けた授業が

「ひらがな」の練習に、拍子抜けしたのかもね〜☆

 

 

こうして、どんどん周りとズレていく、


発達障害児アンリちゃんの小学生ライフ…。

 

 

小学校は、幼稚園のときのようなわけにはいかないようです…。(´;ω;`)

 

 

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン

アキラくんの休日

 

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint

BlogPaint

時間がなくなりましたので、文章は手短に。(。・ω・)ノ゙


よく、自閉症者たちが自分たちの見えない困難さに対して

「身体障害者などの見える障害と違って、わかってもらえない」

などと口にします。


しかし、そう口にする側は身体障害者の苦労のどのくらいを知ってるのでしょう?

 

アキラくんが失ったのは、左手首から先だけです。

もっとたいへんな障害をかかえてる人もいます。

 

でも、左手首がない障害が、大した事がないわけではありません。

正直、私なら、四肢のない障害の方がいやですね。たとえ指一本でも。

 

かといって、発達障害がまったく恵まれてるというわけでもない。

 

そうなると、障害ってどこにあるんでしょう?

 

その人の心にあるのかも?

 

 

アキラくんは、左手を失ったことで

実は意外と障害者って多いってことに気づいたのです。

(コマの中にそこまで描ききれなかった

 

障害者なんて関係ないと思ってるうちって、

世の中、健常者しかいないように見える。

けれど、いったん、自分が当事者ないし、その関係者になったとき、

世の中、かなりの数で障害者がいると気づくもんです。

 

あー、本当は、

恥ずかしそうに服を着なおすアキラくんを描こうかとも思ったんですが、

それもコマ数の中に、そこまで描ききれなかった…。

 

まあ…7コマほどの漫画の中で、

いろんなメッセージを読み取ってくださいな…。



※この「アキラくんの休日」はシリーズとして完結
つづきを見てね。

アキラくんの休日
アキラくんの休日(2) 「無から有へ」
アキラくんの休日(3) 「未来をつかみに行こう」
アキラくんの休日(4) 「アキラくんの友人」
アキラくんの休日(5)・完結編


 

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

 

 

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン

アンリちゃんの小学生ライフ (3)

 

BlogPaint


IMG00720-20100727-2145


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint

小学校は幼稚園と勝手が違います。


まわりの子たちは、社会性を自然に身につけ

騒ぐべきでないTPOをわきまえてくるようになってきます。


そのなかで、それに乗り切れない発達障害児だけ

少しずつ、浮いてきます…。

 

あ…でも、いまの子たちは小学1年生で、授業中おとなしく…

も、珍しいようですね。

 

「小1プロブレム」と呼ばれて、1年生になっても幼稚園とかわらないノリで、

教室内は常に騒然としていたり…。

うちの子は、ずっとそういったクラスだったので

それはそれで可哀相でしたよ。

かえって、まわりが大人しい方が、落ち着く子もいます。

まわりが落ち着いてきたことについていけない子もいます。

 

幼稚園のころは、まわりも社会性がなかったけれど、

学校にあがってからは、定型児たちは自然と社会性を身につけだすため

そこで、発達障害児だけ取り残され…ついには診断に至る…というケースも。

(うちですね




さて…。


photo_04p



BlogPaint


なにやら、アンリちゃんママに来客のようです…。

 

 

今日は息子の14歳の誕生日〜♪(は、別記事もしくは後日)

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン

アンリちゃんの小学生ライフ (4)

 

アンリちゃんの小学生ライフ (3)

BlogPaint

↑これのつづきです。

アンリちゃん宅に、 アンリちゃんママのお姉さん たちがやってきました。

 

 

BlogPaint


BlogPaint

まあ…うちが言われてきた言葉ですね…。(。・ω・)ノ゙


発達障害関係者側 としては、

そこを 「理解してください」 「こういう特性の子たちなんです」 と、訴えたいところですが、

理解を訴えられる方としては、

「迷惑こうむってるのにどうしてそこまで理解してやらなきゃならないの?」

と考えます。

簡単に

「障害があるならどうして支援級へ入れないの?」

とも、言います。

 

支援級は、亜種の人間を押し込める場じゃないんですがねえ…。

 

先日、テレビの「ベストハウス123」でも、

右手のない女の子に、

「どうして半そでで表に出すの?可哀相じゃない。長袖で隠してあげなきゃ」

と、忠告される一般の方。

「右手がないことがそんなに可哀相なの?」

と、悔しい思いをされるお母さん。

そんなことをやっていました(『魔法の右手』というタイトルでしたが、動画が見つかりません)

 

なにが可哀相なのか?

 

なにがその子のためなのか?

 

相手も親切心だったでしょうけれど…。


でも、親もその子にとってなにが大切なのかを考えてないこともないんですけどね。

 

しかし、その一方で

「人に迷惑かけない障害なら、理解もするけど、

 発達障害は、社会性にうとい障害で、

 実際に大きく迷惑をこうむっています。

 どうしてそこまでこちらが我慢しなきゃならないんですか」

との声もあります。

 

理解を訴えるとき、こうした周りの声を全面無視はできないと考えています。

しかし、だからといってどこかへ閉じ込めたり、隠したりもできない…とも思っています。

 

難しい問題ですよ…。

社会性の障害なことは事実ですし。


これについては、言われてきた立場ですから

どっちがどうとかは、私は言えません…

両方の視点が必要だとは考えていますが…。

 


IMG00345-20100118-1206


IMG00345-20100118-1206


デフォな例ですいません

 

「廊下を走ってはいけません」

と、言われると、 「走る」の対義語で「歩く」 と考えずに、

 

「え?スキップならいいの?」


「ケンケンならいいの?」

 

と、いろんな可能性を考えてしまいます。

 

実は、 「走る」の対義語がわからない…ばっかりじゃないんですが

 

「○○がいけない」 と言われれば、

その 「いけない」 という 取り消された言葉  に反応してしまうんでしょうね。

「これがいけないのなら、これならいいの?あれならいいの?」

と、まあ… 素直に 「静かに歩きましょう」 が出てきません。


アンリちゃん側としては、

「走らない=歩く という考えは、とても短絡的。

 狭めた考えだわ。

 走っちゃだめなら、他の方法があるはずよ」


と、固定観念にとらわれない発想していると思ってるかもしれませんが

 

 

実は、 「走っちゃいけない」という言葉から、


現在の状況を把握 して、


次にとる自分の正しい行動が導き出せない 
だけ


なのかもしれないですよ。


 

その、自閉圏の子たちの自由な発想は、

ときとして、奇想天外なアイディアにつながりもします。

悪いことばかりじゃありません。


…ですが、ほとんどが必要の無いことが多いんです

 

自由な発想は育ててあげたいところですが、

正しいルールの取得にとり残されてしましますので、

それはそれと別として、考えて、

 

先生にはこの場合、

「走ってはいけません」以外に、

「廊下は静かに歩きましょう」

とつけくわえて欲しいかな…。

 

正しい行動をプラスして教えて下さると、助かります。

 

そしてそれは、自閉圏の子たちばかりではなく、

小さなお子さんへの指導方法にも有効で、

定型の子たちにも同じく指導しても、なんら邪魔になるものでもありません。

 

 

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン

 

C奈さんのここが気になる


今日のOLさんは、経理課のC奈さん。

 

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint

 

いや…。

私も朝礼の最中、ふと、ホワイトボードの数字のマグネットが気になって…。

朝礼の最中にもかかわらず、手をのばして数字を直したい衝動にかられたものですから…。

 


私は、C奈さんのような数字こだわりはないので

そこは、衝動だけで抑え、

頭の中だけ、ムズムズしてるにとどめたのですが、

 

これが障害度の高い人なら、衝動が抑えきれないんじゃないかと…。

 

また、 「気になる事は?」 と、訊かれ

その話している内容ではなく、自分の関心のあることを答えてしまった当事者さんの実話を知っていたので、

それを

数字こだわりならC奈さんだろう…と、久々に登場させてみました。(。・ω・)ノ゙

 

 

お帰りC奈さん!数字が気になるクリック↓↓↓

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン

それぞれの昼休み…

 

昼休み…集団が苦手な発達障害者たち…お昼ごはんは、みんなとどう過ごされますか?

BlogPaint輪の中に入れてもらえない人…



BlogPaint入りたくても入れない人…


BlogPaintそして…


BlogPaint自分の時間をつくる人…。

 

さらに…

 

BlogPaint人の輪おかまいなしな人…

 

(※注;落ちをつくるために、コマの順番を入れ替えました。午前中読みに来られた方、ごめんなさい。)

 

私の前の職場は、食事時間もシフト制でしたので、

休憩室で一人でランチ…でも、ぜんぜん違和感がなかった。

窓辺のカウンターで、窓の外を見ながら携帯サイトでもながめつつ…それも楽なひとときだったかな…。


今は、みんなと同じ時間に同じテーブルで…なので、

最初はきつかったですね…。

年配のオバサンたちがうるさいので携帯は使用しづらい雰囲気です。

今は、みんなとおしゃべりしながらのお昼ご飯に慣れました。

元々、おしゃべりは好きだし。

 

 

本を読む時間にする…というのもいいですね。

(私は、どっちかというと読む時間がいいな…)

 

C奈さん は、読字障害(LD)を少々もっていますので、

読書より、アイポットでも聴きながら…にしてみました。

 

自閉症者の中には、周囲の雑音を聞き分けられず、喧騒だけで疲れてしまうタイプも多いようです。

こうしたイヤホンで、自分の好きな音楽を聴く…というのも、疲れをとる一つの方法のようですね。

 

 

A子さん は、同じ部署の仲間から嫌われてるようです…。

女性同士って、こういうのハッキリしてますから。

でも、本人は「これでいいのよっ!」と、思い込もうとしてるのかもしれません。

内心は、さびしいかもしれません…。

 

G井くんは、コミュニケーションとりたいけれど上手にとれない人…。

本当は、一人が嫌いです…。

 

B山さんは、自分で人とコミュニケーションがとれてると思ってるタイプですので、

周りおかまいなしだったり…?

 

 

 

一人が苦痛じゃない自閉者もいます…。むしろ一人を選ぶとか…。


一人が苦手…だけれど、輪の中に入れない自閉者もいます…。


人の中が苦痛だけれど、一人はいや…というタイプもいるし、


人の中は嫌いじゃないけれど、疲れる…というタイプも。

 

 

こういう時間は、上手に使いたいとこなのですが…。

 

 

また、以前紹介したことのある  職場で使える虎の巻」  の中でも

同じようなことが描かれています。(PDF その六参照

 

この昼休みの一幕は、それ以前に考えていたんですが、

この「職場で使える…」を読んだとき、あ…既出かい……と…。

まあ、あえてベンボー提督亭バージョンでお届けします。

 

 

…アンリちゃんの給食風景や、社長さんの愛妻弁当風景も描きたかった…。

 

 

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン

 

livedoor プロフィール

SILVER船長

カウンター


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキング
1日1回 クリックしてね。
応援お願いしま〜す

私は自分のブログを面白いと
自信をもってお届けしております。
純粋に面白い・役に立った
と感じられてのクリックで
かまいません。
心に響いたら、ぽちっと。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村





育児ブログ・ランキング

blogram投票ボタン
OKITEGAMI
「おきてがみCMを
見て来たよー」の方は
是非ことづてでお知らせ
してってね↓
(毎日訪問返し希望の方はことづてに。現在3日に1度訪問を返してる状態です)


おきてがみ

Twitter
twitter221





連載漫画のもくじはこちら
もくじ(1)


もくじ(2)



もくじ第二部バナー









もくじ第二部(2)

現在進行中

リンクのページ
バナー
b_pool200
自己紹介
SILVER
ADHD爆走の母です(^^)/
サイト「宝島」へもおいでませ〜
Mouseくん
アスペルガー中学生
エネコちゃん
軽度PDDのおしゃまさん
ブログ説明
「航海日誌」自サイトの管理人日誌。
「後悔日誌」私個人の日記。
「子育て日誌」発達障害2児子育て記録。
「本の紹介」文字通り。本の紹介。
「自閉症について」自閉症関連について。

発達障害に関係の無いコメントやトラバはご遠慮ください。
コメント掲載の権利はブログ管理人に有ります。
コメントの内容によっては、荒れる原因になると判断された場合、予告なく削除させていただきます。
※ブログコメントへのHNが不適切な場合、いかな内容でも削除させていただきますことをご了承ください。

当ブログの無断リンク、無断転載は固くお断りいたします。
ネットマナーは守りましょう。
アクセスランキング





最新コメント
QPコード
QRコード
  • ライブドアブログ