ベンボー提督亭

SILVER船長の後悔日誌 (自閉症児の母の記録)

アスペルガー

卒業式・入学式

お兄ちゃんの卒業(1)



お兄ちゃん卒業式(2)



お兄ちゃんの卒業式(2



お兄ちゃん卒業式(3)



お兄ちゃん卒業式(4



お兄ちゃんの卒業式(5



お兄ちゃんの卒業式(6



お兄ちゃん卒業式(7




おひさし〜〜〜〜!!!!!

2か月ぶりの更新です!!!!




この春、アスペ息子は高校卒業し、大学に進学しました。

その卒業と入学でのエピソードを。

(卒業式も入学式も、式そのものは無事に終わりました。その番外での顛末で)



2015.1.4 「療育手帳更新」でも書きましたが、心を落ち着かせるために帽子が必需品の息子。

ここでも出たか…って感じでした。


スーツに帽子はないだろうと思ってたんですが、

なら、いつもと違う環境で、どこに心のよりどころを置けばいいんだろう…と。


ふだんの息子は、足の悪い私を気遣ってくれるんですけどね。


では、次回入学式につづきます。(それもまた式以外の番外で)



お兄ちゃん卒業(写真



こちらはその、お兄ちゃんの実際の写真です。



















更新サボリが止まらない私に励ましのポチを
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

工場編 2(9)・ワークショップ(中編)

ワークショ2(1xpg

ワークショ2(2

 

ワークショ2(3

 

ワークショ2(4

 

BlogPaint

 

ワークショ2(6
 

12.22「工場編 2 (8)・ワークショップ」 のつづきです。


一般に、自閉症スペクトラムは、健常者との境がなく、どこを区切りに障害としていいものか?判断つきづらい といわれてますね。


はっきり黒、はきり白と断定できる人。

グレーゾーンの人。

グレーだかなんだか、黒もブチに入っちゃってるし、それでも社会的になんとかやれてる人とか。
 (もしかして、私もそこか??)

社会でなんとかあわせていけても、本人的にはすごーく困ってたりしてるとか。 (もしかして、私もここだったり)


MRIで診断つかなかった人が、問診で診断がついたり。

はたまた、誤診もあったり。


知らない人からすると、「ただのなまけ病が、障害名をもった」程度の認識がとびかっていたり。

工場社長さんは、会社でG井くんが他の人とは違うというのを見てきてますから、

彼が健常者じゃないことぐらいはわかっています。

ですが、それは傍目からすると説明つけられないよ。わかりづらいよ。ということを主張しています。


それを聴くと、I原先生は、専門家の立場から「自閉症スペクトラム」について、通り一遍の説明をしますが、

現場にいる工場社長さんにとっては、通り一遍でしかないと思いますよ…。 I原先生…。



そうして、白熱した意見が飛び交うこのワークショップ…。

まだ次回につづきます!

…だけど私は親の立場でしか、ワークショップ等に参加した経験しかないので、

実際、事業主さんらがどのようなケース会議を行ってるかは、

もう…想像・空想の範囲内でしかないということだけは、ご承知しておくんなまし…。(;・ω・)ノ

(なにか参考資料をお知りの方はご提供を…ただし、わかりやすいものをお願い…難しいものは、私の頭は噛み砕かれないとわかりませんから…



狸穴猫さんとこのNHK出演で、狸穴猫さんのブログランク急上昇につき、
現在2位だー。(1年間の1位保持にみなさまご協力ありがとうございました)
さあ、挽回しよう!↓↓

ブログランキング参加中バナークリックしてってくださいな 

ブログ村へ2

 

 


  

育児ブログ・ランキング

     blogram投票ボタン

 

工場編 2 (7)・おさらいもかねて…

ここで、工場編のおさらいをしてみたいと思います。

(回想シーンとして、もう一度描くよりは、同じコマをもってきた方が私も手間が省けるという理由…

BlogPaint

BlogPaint

G井くんは、いつも上司からガミガミ叱られてばかりです。

自分に自信ももてなくなっていて、こうした状態だと、

ただでさえ、優先順位をつけるのが苦手な発達障害…よけいに

「どっちをやっていいの?」

と、わからなくなります。


Aという仕事、Bという仕事。

どっちを優先したらいいの? Aを優先するべき?と、仕事をはじめると、なんだか、叱られる気がしてくる。

じゃ、やっぱりBかもしれないと思うと、これもまた叱られるような気がする。

そうして仕事をしていると、いつもいつも、

間違った方を優先してしまってるみたいで、結局叱られる。

(私の方向音痴もそうなのだ…。いつもいつも、選んだ道が逆方向で…


またこうして、上からガミガミ叱られることは、余計萎縮してしまうので、仕事ができなくなる原因にもなります。




BlogPaint

そこで、会社は「視覚支援」として、判断しやすいような一覧表を貼り出したり、

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint

作業形態を、少し変えてみたり、

言葉かけを考慮してみたりと
、とりくんできました。




BlogPaint


BlogPaint

さらに、アキラくんがケガをして、左手首を失ったことで、

社長は他の障害者にも優しい職場づくりを考え始めました。



BlogPaint


BlogPaint



フォローを必要としている者たちを真ん中に、

みんなで助け合おう!


の、はずだったのですが…。

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint

かえって、G井くんは卑屈になってしまったのです。



BlogPaint

そうして、爆発…。

これが元で、G井くんはますます会社内で孤立していきます…。



そこへ!!!!

工場編2(6)4

E原さんが、なにやら社長への提案とは…。



BlogPaint

D澤さんの登場です!!!

BlogPaint

D澤さんは、本来部外者ですから、

新人としての、謙虚な姿勢でいます。

これで、上から抑えられて、余計に失敗ばかりだったG井くんに

少し、光明が差してきます。

BlogPaint

それでいながら、D澤さんは、インストラクターの立場ですから

みんなに平等に、仕事を教えていきます。



ここだと思うのです!!!


 

 

上から抑えられる。常に叱られると、萎縮して正常な判断ができなくなる…。

(これは、定型発達者にも同じことが言えますが、発達障害者の場合、もっと叱られること、否定されることに敏感です)


そこで、



みんな一緒、みんな平等、みんな一律に新人で

誰かが特別扱いというわけではなく、

誰もがおなじ立場になれる。


みんな同じなのだよ…という状態で指導されるのが好ましい。

こうした支援方法は、子どもの場合に置き換えても有効です。


みんなちがって みんないい

というのは、障害があるからさせなくてもいいという意味でもなく、

障害があるから、特別なんだというわけでもない。

ちがってるんだから、優しい支援が必要…というのも「特別扱い」にしかならない。



こうした一律で同じような状態にしているように見えて、

それでいて、個々にあわせてくれている状態が好ましいと

私は思うのです。



D澤さん

そして、そのキーパーソン的人物が、

彼…D澤さんなのでした…。 (↑今回、これだけ書き下ろしだ!)



 

ブログランキング参加中 バナークリックしてってくださいな 

BlogPaintにほんブログ村


 にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

 

 

育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン

 

工場編 2 (6)

前回の工場編が、2010.9.18 「工場編 2 (5)」ですから、

またまた一ヶ月、ほったらかしだったわけです…はい…。

 

…その理由として、やっぱりこれは描くのに時間がかかりまして、

描こうとすると

「あ、時間がかかる…いやになる…」

と、思いながら先延ばしにしておりましたわ…。

(だから、アキラくん編を挟んだり、なにかかにか先延ばし理由つくってたんですねえ…)

 

というわけで、前回のつづきとなります。

前回、発達障害についての講演を聴きにきた工場の社長さん。

なにやらその支援についての不満をぶつけていましたが、

その数ヶ月前は、こんなやりとりがあったのでした…。

↓↓↓

工場編(事務所)


工場編2(6)


工場編2(6)3


工場編2(6)4


さて、E原さんの秘策とはなんなのか?

 

すぐに私はつづきを描くのか?

次回つづきなのか?

(全コマ、イラスタつかったぞ。疲れたぞ)

 

実はこの回、第2部開始の一番最初にもってこようと考えていたんですよ。

この4コマ目のE原さんの顔が浮かんでいて、

これをずっと描きたかったのですが、なかなか…。

 

……というわけで、つづきます。

 

漫画で読む発達障害・工場編 (1)」  (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) 補足   (10) 

 (11) (12) (13) (14) 障害者雇用について  (15)  (16) (17) (18) 

工場編第2部 工場編 2 (2)      工場編 2 (3)  工場編 2 (4) 工場編 2 (5)

 

ブログランキング参加中 バナークリックしてってくださいな 

BlogPaintにほんブログ村


 にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

 

育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン

工場編 2 (4)

 


工場編を描くと、どうしてもついつい筆が進まず…。

というのも、うちはまだ子どもたちも成人してませんし、私もそれ理由にまだ
「就労問題」をあつかった講演には出かけたことがない…。

そんな中で、就労問題を描ききれるとは自分でも自信がなく…

 

BlogPaint


BlogPaint


講演会


BlogPaint

 

…とか言ってる私になりかわりまして、

工場の社長さんに講演を拝聴してもらいました

 

あら?

D澤さんも来ています。

E原さんも来ています。

 

 

ひとくちに、自閉症といいましても様々なタイプがいまして、

その「自閉症」という言葉のイメージのままで、

自閉症を考える人は、あまりにも多く…。


かといって「自閉症はこうです。発達障害はこうです」と説明したところで、

 


関わってる本人達でさえ

 

「自閉症とはなんぞや?」

 

…の状態で。

 

 

だからこそ、いろんな説が飛び交うわけで…。

 

当事者さんたちは「我こそが自閉症当事者としての感性」と言ってはぶつかりあってるし、

専門家たちの見解も、ピンからキリまである。

まだまだ、定義づけすらあやしいところもあり…

 

 


そんな状態の、発達障害を一般の方に理解してもらおう…って、


とてつもなーく、むずかしいことなのかもしれないですよ。

 

 

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン

脳の命令


2010.7.5 の記事「完全を目指させてはいけない」で、

授業を受けたい気持ちと、受けられない葛藤でパニックを起こす息子を描きましたが、

それについて、今度は脳の動きを私なりに解釈していることを…。

 


IMG00346-20100118-1207


IMG00345-20100118-1206

本人は行こうと思っている。

自閉症の障害がなければ「いやなことでも我慢しよう」とか、

どうしてもプレッシャーで行く気にならなければ、

行かないためにどうしよう?

と、考えるのが先になると思うのです。

(例:『腹痛つかって休もう』 『お母さんに行けないと告げよう』 『学校行ったふりして隠れよう』etc)

それらができなければ、 「しかたがないから我慢して授業をうけよう」 …となると思うのですが、

それに対して、その「プレッシャー」に、すでには多大なストレスを感じて

NOサイン を本人に命令する。


の命令は、NO だけれど、

本人は、行かなきゃならない…という意思がある。

 

脳の命令と、本人の意思がまったく逆方向…。

 

 

 

脳の命令に逆らおうとすると、人間ってどうなるでしょう?

 

脳の命令

 

かなり不安になるんじゃないでしょうか?

 

その結果が、 フリーズ… なんじゃないかと思うのですが…。

 

フリーズしている間って、

たとえば てんかん のように、まったく脳の指令が錯綜して、

体が本人の意思とは別に動いてしまう(痙攣してしまう)というわけではなく、

本人に訊くと 「動こうと思えば動ける」 のだそうです。

 

でも、 「じゃあ動いて」 「せめてこの場所から移動して」 と言っても

動こうとしない。

 

BlogPaint

 

脳の命令と、本人の気持ちを一致させるために、

 

パニックの都度、あれこれ本人の気持ちを落ち着かせる

例;気をそらしたり 誰も怒っていないことを告げて安心させたり

…などの工夫はしてきたのですが、

 

…まあ…、今、むずかしい年頃なので、

 

一筋縄ではいかない!

 

小さいころなら、 

「消防車見にいこう?」とか、 

「お母さんの車に乗っていっしょにガソリン入れにいこうか?」 とか

彼の好奇心を刺激してやれば

それで幾分、気がそれたりもしたんだけれど


そんなものじゃごまかされない年齢だし…。

 

脳の命令は、こんなんなってんじゃないか?と、予測はしてみるものの、

どうしたものやら…

 

あ、近況報告として、

去年同様、2学期最初は好調に学校へ行っています。

(新学期の滑り出しだけはいいんだけれど…


ただ、6時間フルで授業はうけてはいないようですが、

 

それで 脳が納得して

本人の意思と連動していれば

 

無理しない程度に…なのでしょうか…ε=ε=(;´Д`)

 

 

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン

 

 

工場編 2 (3)


漫画で読む発達障害・工場編 

  (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) 補足   (10) 

 (11) (12) (13) (14) 障害者雇用について  (15)  (16) (17) (18) 

工場編第2部 工場編 2 (2)     

前回が8月19日ですから、またひと月近く空けてしまいました。

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint



BlogPaint



BlogPaint


お待たせした割りには、なんの面白みもない内容ですみません。



私の職場にも、
発達障害だろう と思われる方がいます。

女性の方は、コミュニケーションの方で
「え?」と思われることを言ったりするのですが、


男性の方は、行動の方に問題があります。


今回とりあげた
物の置き忘れなんて、序の口なんですけれど、



これの頻度が激しい。


一緒に仕事している人たちが、彼をアルツハイマーかと疑うほど。



私も一緒に仕事をして、彼が道具を置いたときに


「今、ここに置いたよ。覚えておいてね」

指差しして確認させたにもかかわらず、作業終えたらもう忘れている。

そこで彼と仕事するときは、いっしょに仕事するこっちが、


「あ、こんなところに置いたけど忘れるんじゃないかな?」

と、覚えておかなければいけない。


いえ漫画にあるように、どっかにひょいと置いたものを忘れる…なら、人間誰にでもありますが、

意識して置き場所を決めてもやっぱり「あれ?あれ?」とやってる。


ほんとに、

ワーキングメモリーに置いておける記憶の容量が少ない…という感じです。


本人に
「いい加減、気をつけなさいよ」と言っても無理みたいです。


どうやら一緒に仕事をする誰かが、常に気をつけておかなければいけないようです。

 



 

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

 

    blogram投票ボタン

 

工場編 2 (2)

 

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint

工場編第2部(1) のつづきです。

たった4コマを描きあげるために、昨日の更新を休んでしまった…。 (どうも工場編は遅々として筆が進まないわ…)

 

1コマ目

「現場の人は手馴れてる」 と、持ち上げてますが

よく「若い人は飲み込みが早い」と言う人もいます。

それはそれでうれしい言葉ですが、それだと「じゃ、若くないと覚えられないのか?」というのもいやですしね。


それなら、


 「さすがはその仕事を専門にしているプロですね」

として持ち上げられた方がうれしいかな。

きっと、誰でも…。

 

2コマ目

そしてここで、 「片手がなくても使えます」という言い方を避け、

「指1本で操作できます」 としています。

前者は否定語ですが、後者は肯定語です。

アキラくんは、どうやらその配慮に気づいたようです。

 

3コマ目

音に驚くG井くん…。

本当はこの次に、G井くんを上手になだめるD澤さんを描きたかったのですが、

4コマ描くだけで力使い果たしましたので…

はぶきました。

本当は、

「大丈夫ですよ。誰でも大きな音がしたら驚きますからね」

と、入れたかった。 (時間があれば後で付け足そうかしら?)

G井くんはいつも、 「おれだけが出来損ないだ…」 と、卑屈になってます。

そうではなく、 「誰でも失敗は するのですよ」 と、安心させるシーンを入れたかったのですが。

 

 

 

社長…高い買い物しましたね…?

こんな優しく丁寧なインストラクターなんて、どこにもいるもんじゃありませんって…。

 

 

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

       blogram投票ボタン

C奈さんのここが気になる


今日のOLさんは、経理課のC奈さん。

 

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint

 

いや…。

私も朝礼の最中、ふと、ホワイトボードの数字のマグネットが気になって…。

朝礼の最中にもかかわらず、手をのばして数字を直したい衝動にかられたものですから…。

 


私は、C奈さんのような数字こだわりはないので

そこは、衝動だけで抑え、

頭の中だけ、ムズムズしてるにとどめたのですが、

 

これが障害度の高い人なら、衝動が抑えきれないんじゃないかと…。

 

また、 「気になる事は?」 と、訊かれ

その話している内容ではなく、自分の関心のあることを答えてしまった当事者さんの実話を知っていたので、

それを

数字こだわりならC奈さんだろう…と、久々に登場させてみました。(。・ω・)ノ゙

 

 

お帰りC奈さん!数字が気になるクリック↓↓↓

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン

A子さんの電話応対

 

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


ひさびさの A子さん です。

 

ちょっとこのA子さんの電話の応対については、

別な展開にしたかったのですが、時間がなく4コマでおさめようと思ったら

ありきたりの流れでしか描けなかった。

後日、その別なケースを描いてみようかな…。

 


これは、これでA子さんらしい展開ではあります。

お局先輩が留守のときにかかってきた電話。

A子さんとしては、清水の舞台から飛び降りる覚悟で電話をとったというのに…。

(アスペルガー者の中には、電話の応対が苦手な人、多いです)


あくまで A子さん基準で、 「相手は失礼な人」なのであって、

特に失礼でもなんでもないし、仮に失礼な態度であったとしても会社の顧客なのですから、

A子さんがそれに腹を立てる道理はないわけです。


でも、A子さん基準によって相手に腹を立てたから、相手が悪い

だから、自分がその電話の内容をイトウさんに伝える必要はない!という理屈なのかもしれませんし、

 

その前に、


電話の内容を、メモできなくって伝えられなかったのかもしれません。

 


アスペルガー者は、

電話を聞きながら、相手の言ってることを理解しながら、メモをとる…。

この複数の動作がとても苦手です。

(これが、子どもだと授業の板書ができない)

 

私自身は、テレフォンオペレーターをやっていた経験もあり、

聞きながら、書きながら、パソコン入力しながら、相手と会話しながら…は、別に苦にならないため、

アスペルガー者が、電話が苦手、メモとりが苦手…という心情がわからなく、

息子のノートがとれない…ということに対して、とても歯がゆく感じています。

 

お帰りA子さんクリック↓↓↓

ブログランキング参加  バナークリックしてってくださいな 

にほんブログ村発達障害・自閉症

 

  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


育児ブログ・ランキング

    blogram投票ボタン


 

livedoor プロフィール

SILVER船長

カウンター


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキング
1日1回 クリックしてね。
応援お願いしま〜す

私は自分のブログを面白いと
自信をもってお届けしております。
純粋に面白い・役に立った
と感じられてのクリックで
かまいません。
心に響いたら、ぽちっと。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村





育児ブログ・ランキング

blogram投票ボタン
OKITEGAMI
「おきてがみCMを
見て来たよー」の方は
是非ことづてでお知らせ
してってね↓
(毎日訪問返し希望の方はことづてに。現在3日に1度訪問を返してる状態です)


おきてがみ

Twitter
twitter221





連載漫画のもくじはこちら
もくじ(1)


もくじ(2)



もくじ第二部バナー









もくじ第二部(2)

現在進行中

リンクのページ
バナー
b_pool200
自己紹介
SILVER
ADHD爆走の母です(^^)/
サイト「宝島」へもおいでませ〜
Mouseくん
アスペルガー中学生
エネコちゃん
軽度PDDのおしゃまさん
ブログ説明
「航海日誌」自サイトの管理人日誌。
「後悔日誌」私個人の日記。
「子育て日誌」発達障害2児子育て記録。
「本の紹介」文字通り。本の紹介。
「自閉症について」自閉症関連について。

発達障害に関係の無いコメントやトラバはご遠慮ください。
コメント掲載の権利はブログ管理人に有ります。
コメントの内容によっては、荒れる原因になると判断された場合、予告なく削除させていただきます。
※ブログコメントへのHNが不適切な場合、いかな内容でも削除させていただきますことをご了承ください。

当ブログの無断リンク、無断転載は固くお断りいたします。
ネットマナーは守りましょう。
アクセスランキング





最新コメント
QPコード
QRコード
  • ライブドアブログ