歳時記と季節のお花

暮らしをたのしく素敵にするインテリアのお花・歳時記で季節をお届けします。

さくらの開花と
つぎつぎ咲く花 
気持ちも明るく 希望の春へ
3月













 (ミモザ・スイトピー・ヴァンダオーッキッド)

日本の素敵なくらしをもう一度
 確認して楽しむブログです。

3月の歳時記>


3日(日)・桃の節句
上巳(じょうし)の節句
(五節句)
平安時代には、
自分の災厄を紙人形に託して、
川に流して厄払いをしました。
<流し雛>のはじまりです。

女の子のお祝いですが、大人になっても
自分のために小さな雛人形を飾ると
楽しくなります。

ちらし寿司に、手まり寿司も素敵
はまぐりのお吸い物で
(開いた左右の貝に身を一つずつ入れて、夫婦にする)
ちょっとお祝い気分!


IMG_0577
















<五節句>と草花

1月7日・人日(じんじつ) 七草   七草
3月3日・上巳(じょうし) ひな祭り   
5月5日・端午(たんご) 子供の日  菖蒲
7月7日・七夕(たなばた) 七夕    
9月9日・重陽(ちょうよう) 菊の節句 

maimaria












6日(水)・啓蟄(けいちつ)・24節気
寒さもやわらぎそろそろ虫たちも… 。


 湿気の多い季節に向かって虫達も活躍をはじめます。
ごきぶりも!
IMG_1971








18日(月)・彼岸の入り
暑さ、寒さも彼岸まで。
桜の開花もそろそろ。
お墓参り、久しぶり?
自分のルーツを考えるひとときに
新しい発見があるかも…。


牡丹花が咲く春は
<ぼたもち>
の花が咲く秋は
<おはぎ>

DSC_1160











21日(木)・春分の日・24節気
昼と夜が同じになります、と
言われていますが実は昼のほうが
少し長い?

21日は今月の満月。晴れるといいですね。
きれいな月を見ると、なぜかうれしくなります。
DSC_1162










 

IMG_0581












  (雪柳・桃・フリージア・ダリア)

 レッスンへのお誘い


<いけばな&フラワーアレンジメント>

IMG_1970 いけばな
季節の生花を楽しんで、
アートフラワーで歳時記を感じる
アレンジを作ります。

月1回、ご都合の良い
 火曜日・土曜日 
PM2~4時 3,000円
(アートフラワー&生花)
生花は各自でお好みのお花を
ご持参して頂きます。
 

yumiko



作品はもちろんお持ち帰りできますので、
ご自宅で楽しんでいただけます。


レッスンの予約・お問い合わせは
080-1244-4184 
メール
msk.st.maurice12@nifty.com       
 
   Atelier MASAKO 
 

寒さも本格的ですが
三寒四温
春の気配も少し…
花の便りが楽しみです

DSC_1133

























2月の歳時記>

3日(日)・節分
旧暦では大みそかです。
節分はる、
豆には霊力があり、邪気を払い、
福を呼ぶと言われています。
年男(または家の主人)が夜に
「福は内、鬼は外!」いそいで窓を閉める!
DSC_1141














<恵方巻き>
関西の習慣でしたが、
関東でもすっかりおなじみに。
今年の恵方は東北東
七福神にちなんで太巻きは
7種の中身を入れて巻きます。
今夜の夕食はかんたん!

4日(月)・立春・24節気
旧暦では元旦でした。
現在では節分の豆まきは盛大ですが、
立春は祭日でもないし…
年賀状の迎春、初春などがこの名残です。

そろそろ<春一番>
立春後、最初に吹く強い南風です。

maria
yumiko






11日(月)・建国記念の日
第2次世界大戦の前までは、
<紀元節>でした。
日本の初代天皇である、
神武天皇が即位した日です。


日本国のお誕生日です。

CIMG5353












14日(木)・聖バレンタイン・デー
義理チョコで勘違いしちゃう人、
いないかしら…。

バレンタイン・デーが終わったら、
そろそろ雛人形を飾りましょう。
そのうち…と思っているうちに間際に!
       
  
CIMG5365

























(最近スワッグという壁掛けの花束が流行です)

CIMG5364

















19日(火)・雨水・24節気
このころから、春の気配が感じられます。
花粉も本格的に飛んできます。 
花粉症にはユーツな季節のはじまり…。
         
CIMG5354

















<三寒四温>
このころ1週間ぐらいのサイクルで
温帯低気圧が日本列島を通過します。
寒い日3日、暖かい日4日ぐらいを繰り返します。
春が来る準備ですね!
CIMG4670


















チューリップ






 




レッスンへのお誘い


<いけばな&フラワーアレンジメント>
 日本の素敵なくらしをもう一度知る!

季節の生花を楽しんで、
アートフラワーで歳時記を感じる
アレンジを作ります。
 
 毎週火曜日・土曜日(要予約)3名まで 
 PM2~4時 3,000円(材料費込) 
 (アートフラワー&生花 使用)
お好みの回数で、ご希望の日を
ご予約ください。
生花は各自でお好みのお花を
ご持参して頂きます。

mai

作品はもちろんお持ち帰りできますので、
ご自宅で楽しんでいただけます。





レッスンの予約・お問い合わせは
080-1244-4184 
メール
msk.st.maurice12@nifty.com       
 
   Atelier MASAKO 
 







 















明けましておめでとうございます。
今年もお花の歳時記を
よろしくお願いいたします。

季節を感じながら
気持にゆとりの一年を過ごせますように。
IMG_0526




















<1月の歳時記


1日(火)・元旦
新しい年神様をお迎えして
家内安全、平穏無事を
お祈りします。

1月1日~3日までを三が日、
7日までを松の内と言います。

新年を祝うお雑煮のお箸
楮(こうぞ)包みの柳箸は、
家族の名前を書き入れ
七草の松の内まで使います。

IMG_3685


























元旦の夜に見る夢が初夢です。

自分の夢は、
見るだけでなく叶えるもの。
IMG_3686



























2,3日<大学箱根駅伝>
読売新聞社前スタート

学生たちの熱い戦いに
たくさんの感動がもらえる2日間です。
osyougatu




















6日(土)・小寒・24節気
寒の入り。20日の大寒までが1年で一番寒いときです。


風邪の予防は、無理をしないこと。
自分を大切にしてください。
IMG_3687












7日(月)・七草 人日(じんじつ)の節句
この日までが松の内です。

ドアのお飾りは、外して神社へ持っていきましょう。
15日の<どんど焼き>で燃やします。
室内のお正月飾りは、1月20日~末まで。
CIMG5344mai













<七草粥>
せり、なずな(ペンペングサ)、ごぎょう(ハハコグサ)、
はこべら、ほとけのざ、すずな(カブ)、すずしろ(ダイコン)

11日(金)・鏡開き
年神様の宿る鏡餅は、切るではなく「開く」といいます。
お餅は刃物で切ってはいけません。
叩いて開くようにします。

今は中に切ってはいけない切り餅が!!
入っていて便利になりました…。
yumiko















14日(月)・成人の日
第二次世界大戦までは徴兵検査が

成人の儀式でした。
その昔は<元服>20歳はなく11~16歳ぐらいでした。
礼儀作法のしつけが終わった時です。

自立し自律していることの大切さを学びました。
昔のほうがしつけが厳しく品性が高かった?
yumi


























15日(火)・小正月(女正月)
昔は年末年始と忙しかった女性が、
実家へ帰って、
餅花を飾り小豆粥を炊き、
のんびりお休みしました。

いまでも女性は年末年始は何かと大変なのに、
この風習はなくなってしまった?
祭日にして欲しい!
今年の場合3連休!
CIMG5112













20日(日)・大寒・24節気
旧暦ではまだ12月。年の瀬です。
節分は大みそか。
2月4日立春が旧暦の元旦でした。

春が待遠しい。


<旧暦と新暦>

明治5年12月3日より現在の(太陽暦)に改暦され、
この日が明治6(1873)年1月1日となりました。
もうすぐ年末という時に突然お正月になった!


24節気は旧暦のものを新暦にあてはめているので、
季節感が少しずれて感じます。
DSC_1073























レッスンへのお誘い


<いけばな&フラワーアレンジメント>
いけばなで季節の生花を楽しんで、
アートフラワーで歳時記を感じるアレンジを作ります。
 
 
毎週火曜日・土曜日(要予約)3名まで 
PM2~4時   3,000円(材料費込)
お好みの回数で、ご希望の日をご予約ください。
DSC_0165




レッスンの予約・お問い合わせは
080-1244-4184 
メール
msk.st.maurice12@nifty.com       
 
   Atelier MASAKO   




 





↑このページのトップヘ