May 28, 2006

君も雛罌粟われも雛罌粟

コクリコのドレス
「嗚呼皐月 仏蘭西の野は火の色す
君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟(コクリコ)」

久しぶりにドールドレスを縫った。
この、朱赤の雛罌粟模様の木綿は
一目見て史さんのドレスにしようと決めたもの。
イメージは与謝野晶子の「君もコクリコ」の歌。
そして、スペイン語の歌「アマポーラ」。




仏蘭西の野は火の色す。
全体はこんな感じ。ジェニー服の本で
「バレエの衣装」というのがあるのだけど
その中の「村娘」の衣装から身頃の型紙だけを使った。
前後身頃がつながった形で、ゆったりめのフレンチ袖を
肩口と袖口で縫い絞ってパフ袖に見えるように仕立ててある。
縫ってみると、簡単な割に見映えがして可愛いデザインだ。
スカートは直線裁ちのギャザースカートで簡単にした。





アマポーラ、美しきアマポーラ
「コクリコ」はフランス語でポピー(雛罌粟)のこと。
特に、野性の真っ赤な雛罌粟のことをそう呼ぶ。
同じ花を、スペイン語では「アマポーラ」と呼ぶ。
スペイン語の恋歌で「アマポーラ」というのがあるが
お針当番はその曲が大好きで「アマポーラ」という
ことばの響きも大好きだ。






雛罌粟
胸元にもう少しギャザーを寄せるべきだったかも。
史さんは胸の薄いボディなので、ちょっと前襟ぐりが
ぷかぷかと浮いてしまう。もっと胸のある子にも
着せる予定なので、敢えて縮めないでおく。
すずさんにも着せてみたいけれど、彼女は史さんよりも
さらに胸がないので、着せるなら上げ底しなくちゃなあ。






コンサートドレスっぽい
襟もとに余裕があるので、こうして袖を下げて
肩先を出した形で着せることも出来る。
この布地、柄が気に入ったので色違い
(青基調のと、黒とグレーのモノクロのと)も
買ってある。どれも50cm角のはぎれだが
このタイプのドレスを一着縫った上、
スカートが二着程度縫える分量だとわかった。





コクリコ・後ろ向き
背中は割とあいている。元がバレエ服だからだと思う。
上の写真のように肩先も出して着たら、避暑地での
カクテルパーティ用ドレスとしても通用しそう。
デイドレスとして着るなら、背中を覆うショールか
スカーフが必要かもしれない。

March 21, 2006

帯とか。

銀薔薇桧扇帯
後ろを向いてもらって帯を撮影。
「桧扇」という結び方らしい。
「立矢結び」とどこが違うんだろうと思ったら、
桧扇の方は片方に羽が二枚あるみたい。
(お針当番自身は着物を着ないので
帯結びやら何やらにはたいへん疎い)
チャイナドレス用の生地を裏返して使用。
下にある写真が同じ生地の表側だけど、
とても同じ生地には見えない。



薔薇模様のブロケード
光沢のある薄いピンクにバニラ色の線で、
大きく線描きの薔薇が織り出されている。
これを買ったお店では特殊生地の切り売りは50cm単位。
元値も高いので躊躇していたんだけど、
運よく端切れ処分ワゴンに2枚だけ出ていた。
30cm×25cmくらいの少々難アリ品。1枚50円。


金桜模様“ふくらすずめ”
こっちはすずさんの帯。金糸の端っこが出てる(汗)。
結びはオーソドックスに「ふくらすずめ」。
近所の手芸店で見つけた化繊の帯地端切れ。
芯を貼らなくても適度な張りがあるし、
折り目がつけやすくて結びの形が綺麗に出た。



色違い・形違い
それぞれ、色違い、結び違いの帯も作った。
薔薇のチャイナ生地の表側を使って「ふくらすずめ」。
帯揚げ・帯締めの色を変えれば水色の振袖にも
鳥の子色と黄緑の振袖にも合わせられそうだ。
黄色い桜模様の方は、「変わり文庫」。
この黄色い帯地はあと50cmくらい余っている。



March 20, 2006

やっと縫えた。

淡色桜模様振袖

振袖2006・春。
やっと縫って、着せて、撮影できた。
素材はどちらもレーヨンの縮緬。
史さんが水色の濃淡に桜模様、
すずさんが黄緑と鳥の子色の暈しに桜と楓。
逆にしても似合っただろうなと思う。





水色桜模様振袖
半襟は純白、伊達襟は牡丹色。
帯揚げは伊達襟と微妙に違う牡丹色。
袖裏と裾回しは水灰色、髪リボンも同じ色。
みせかけの振りは白に近い桜色。
銀灰色の帯はチャイナ生地を裏返して使用。
本当はピンクにバニラ色の線で大きく薔薇が出た布。
裏は銀灰地に鉄灰色の線でシック。結びは「桧扇」風。
表側を使ってピンクのふくらすずめ帯も作った。




黄緑系暈に枝垂桜と楓
すず子さん、年齢よりも地味すぎたか。
鳥の子色に薄黄緑の暈し、可愛いんだけどな。
半襟は白に近い桜色(史さんの振り布と同色)。
伊達襟はもうちょっと濃い桜色。
袖裏と裾回しはごく淡いレモン色。振りは純白。
帯揚げは古い絞りの布から暈しのところを取った。
帯は山吹色の桜模様、化繊の帯地はぎれを使用。
結びは「ふくらすずめ」。はぎれが余ってるので
同じ生地で変わり文庫の帯も作った。


February 04, 2006

二月になったので

久々のお針カゴ更新。
二月になったので、役目を終えた期間限定項目
「初心者のためのこまあみレッスン」を削除しました。

現在、お針当番は1/6ドールの振袖縫いにいそしんでおります。
ぼんやりしている間に節分も過ぎ、桃の節句まであと一ヶ月。
急がねばなりません。日曜は外出しようと思っていましたが、
それどころじゃなかった(汗)。

振袖の表地用に買った布、実に八種類。
裾回しや振りに使う無地縮緬、数知れず。
全部化繊だけど、色柄は厳選した。
あっ!薄手の綿でもいい和柄があったから、
四種類くらい買ったんだった(汗)。

全部縫えたら、うちの娘どもは一気に衣装持ちだ。
とりあえず最初の二着だけでも完成させなければ。

明日あたり、布地の写真だけでも撮っておこうかな。

November 14, 2005

親○カと呼んでください(BlogPet)

きょう小糸がウサギみたいな入院された。
では小桜で浴衣へ共有しなかった?
ではきょうは小桜でお針とスラブでお針で調達しなかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小糸」が書きました。


November 11, 2005

ウォームビズとか。

寒くなるので
ずっと秋着物を着せられっぱなしの娘たちです。
「そろそろ襟元とか袖口とかが寒い季節だよね。」
「腰周りは帯があるから暖かいんですけどね。」
「襟首とか肩の辺に巻くものがほしいよね。
 お針、作って。」



ビーズ入りのショール
はいはいはい。
そんなこともあろうかと、用意してましたよ。
去年編んだリストウォーマーの残り糸で
ビーズ編みこみショール♪もう一枚も編んでるからね。
「お。何かいい感じ♪お針、ありがとー。」









ぬくぬく
「さっそく試着…と。暖かい?」
「暖かいです。ちょっと地厚ですけど。」
中細なんだけど、六分の一娘たちにはざっくり系。
にしても、ショール着せかけつつ抱き寄せたりして
さりげなくいちゃついてますねえこの子らは。









へちま襟もどき
「こうやって上の方をちょっと折り返して
 へちま襟風にするのももかわいくない?」
うおぉっ!へちま襟ラブ!うん、可愛えぇ〜。
お針もこういう襟の地厚なセーターがほしいんだけど、
へちま襟のニットは顔がでかいと似合わないのが残念。


November 10, 2005

靴下だらけ

しっくりかえす
「す〜ず〜め〜ちゃん。何してるの?」
「あ、お姉様。靴下しっくりかえしてるんです。」
「…ん?もういっぺん言ってみ。」
「靴下しっくりかえしてるんです。お針の手伝いで。」
「…ひっくりかえす。」
「しっくりかえす…。」


靴下に埋もれて
「すずめ、江戸っ子だなwww」
「すずですってば(´・ω・`;)」
「で、なんでこんなに大量に靴下が…?」
「お針が縫ったんです。半分しっく…裏返したとこで
力尽きちゃって、後は自分たちで裏返せって。」
「ふうん。それじゃ手伝うわ。白のは全部済んでるの?」
「はい。私たちはピンクの縞のだけ返せばいいんです。」







ろんぐすとっきんぐ
「何か、凄く長いのがある…」
「それ、ロングタイツだそうです。くるぶし丈のから
ロングタイツまで、白だけで6種類・二足ずつあるんです。
あと、そのピンクと白の縞々のが4種類。」
「どれも二足ずつ?二人に一足ずつってことか。」



史さん、思案する
「くるぶし丈のは一人二足ずつです。足袋兼用ですって」

「それはいいけど…。あのさお針、ちょっといい?」

…は、はい?何でしょうか史子さん。

「二人同時に上から下までお揃いの格好をするならともかくさ。
そうじゃないなら何もこんなに沢山縫わないで
一種類につき一足作って交代で履けばいいことじゃん?」





嗚呼…!
…えっ…(-"-)?
あ。そうか!そうだねっ!史子さん頭いい!

「『あ。』じゃないよ全く…。
そういうこと全然考え付かなかったんだ?」

うん(^^;)。頭悪い飼い主でゴメン。







襟巻き?
「それにしても、長い靴下だね、これ。
ほら、こうやって首にも巻けるし〜。」
こらこらこら。
「そうだお針。襟巻き縫ってよ、赤か緑のヤツww」
まあ、ちょっとお待ち。考えてはいるから。



うしゃぎしゃん
「お姉様見て見て。うさぎさーん♪」

すず子さんまで。靴下で遊ばない。
そんなにうさぎさんになりたいなら、
バニー服でも着せてあげようか?

November 07, 2005

懲りないヤツら(BlogPet)

きょうパの、禁止した?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小糸」が書きました。


October 28, 2005

オペラにゃの;(BlogPet)

テグスで固定
マントに張りが出すぎて、今の顔を見た者は怖れてあとずさる……
生みの親の私でさえあとずさるわ
仮面
は樹脂粘土製
ゴムテグでひざなどを着用したら、なんと長男?
♪にゃにゃにゃ〜
ん♪(貴方の顔を見た者は怖れてあとずさる…)…
仮面つけたあみねこって、異様なにゃんとむなんだそうだ
ビーノもにゃんとむセット大量生産の理由は…
とか思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小糸」が書きました。


October 23, 2005

秋の着物ができた。5

すずの秋着物
すず子さん、ちょっと此方へおいでなさい。
秋用の着物ができたから、お着替えしましょうね。
「すずの着物ー?」
そうよ。辛子色の着物に赤い帯。似合うわね〜♪
「…この模様は?」
すずさんだからスズメ模様ww
お店で見てパッとひらめいちゃった。可愛いでしょ。
「…………」
…あら。黙ってしまった。





拗ね拗ねすずさん
「………」
すず子さん、スズメ模様嫌いですか。
「すず子は、スズメじゃないもん。」
拗ねてしまいました。可愛いのになあ。
その時。
ぽんぽん
「こら、すずめ。」
あ、お姉さま来た〜。






お揃いだ
「機嫌直せ。一人で着ろとは言わん。」
ご覧すずさん、史さんもスズメ模様だよ〜♪
スラブ織りの木綿地で秋のふだん着物を縫いました。
すずさんは辛子色、史さんはベージュの地に
同系色のススキと茶色いスズメが散っています。









すずさんin雀模様
袖裏と裾回しは錆っぽい朱赤の平織木綿、
これは史さん・すずさん共通です。
すずさんは帯も赤系の縞模様、
袖の振りと襟元は褪紅色の綿ちりめんです。










史さんはお姉さんらしく
史さんの襟元と振りは葡萄色のむら染め木綿。
帯はカーキ地に深緑・赤・ベージュ・朱鷺色の
手描き風の縞です。かわいくて気に入ってます。
いかにも和風に見えるけど、USAコットンです。
しかもこれ、「クリスマスプリント」だと言うのだから
世の中ってわからないものです(笑)。
でもね、じっくり見ると「なるほどクリスマスかもな」って
思えてくるんですよ。不思議ですねえ。






史さんin雀模様
もいっちょ、史さん。
史さんのこの色合わせは気に入ってます。
普段着用ということで、半幅帯の文庫結びです。
帯揚げと帯締めを用意しなくていいから楽だし(笑)。
足袋が間に合わなくて、ソックス履かせてますww
白い木綿でフリフリエプロンを作ってやって
和風カフェの女給さんみたいにしてやりたいなあ。



October 21, 2005

木枯らしニャン次郎(BlogPet)

きょうはネットでなしで来ると思った
ネットで編んで作った
ネットでイラストとかをニャンしなかった
広い養母とか股旅姿でいかがを成形したかったので、作ってみた
「あっしに出る子は皆、専用布団に包まって旅立つ」
養子先の方に「旅支度が整ったからこれから送ります」
と連絡したら、養母などないことでござんイラストとかまつってないし、濡れているうちに型に押し付けて成形
実はこれ、未完成
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小糸」が書きました。


October 14, 2005

男子学生服キサラ・史さんがやってきた(BlogPet)

前、子お前、美人だねえ
実際、身長は4cmも高いのに、顔の大きさは史さんの大きさは史さん、初めて自分に自信をなくす(苦笑)
「男子学生服キサラ」
の史さんはリカ族の・
ふみ
さんです
」「はあ、すずめ?」「すずです
憧れの人なので盛装(デフォ服)
でお迎えするすずさんもアップにして背伸びすんな


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小糸」が書きました。


October 07, 2005

親○カと呼んでください(BlogPet)

きょう、ボディへ完成したかったみたい。
ではお針の姿を養生ー!
しかし小糸が女の子っぽい養生された。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小糸」が書きました。


September 30, 2005

浴衣完成(BlogPet)

夜は、オールナイトイベントで、カタカタのチクチク
チャットでご一緒して腰紐を結んでおはしょり整えて、デジカメの電池切れちゃったから充電中
写真のアップは数時間後を予定(汗)
仕方がないから携帯に着信が入った時であったとさ
(というわけで、徹夜でチャットしつつドール浴衣完成〜)
さっきまで起きてるつもりだったのは合間にこんなことを思い出した(汗)
ゆうべは行きつけのサイトのオールナイトイベントで、あのとき寝起き声でした
と、お針が考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小糸」が書きました。


September 24, 2005

木枯らしニャン次郎5

あっしには関わりのないことで…
新人あみねこ「茶そば」。
彼に縞の道中合羽と編笠を着けてもらった。
「猫にまたたび」ならぬ「猫が股旅姿」。
咥え楊枝で「木枯らしニャン次郎」を気取る。
「あっしには 関わりのないことでござんす…」
笠は、10番レース糸をレース針2号で編んで作った。
増し目をしながら18段編み、増減なしで5段編む。
かたく糊付けし、濡れているうちに型に押し付けて成形。






木枯らしにゃん次郎でござんす
実はこれ、未完成。合羽の裾をまつってないし、
笠の顎紐もつけてない。四角い黒フェルトは乗せただけ。
この夏、彼のきょうだい「わさび」を養子に出した。
うちから養子に出る子は皆、専用布団に包まって旅立つ。
養子先の方に「旅支度が整ったからこれから送ります」と
連絡したら、縞合羽の股旅姿で来ると思ったそうで、
イラストを描いてくれた。笑える姿だったので、作ってみた。
「わさび」の養母さま〜!こんな感じでいかがでしょう?

オペラにゃの;5

DVDキター
お針当番は、『オペラ座の怪人』が好き。
ロンドン版のCDをBGMに縫い物や編み物をする。
その影響で、ヤツらも『オペラ座』が好き。
映画版の豪華DVDを購入。ヤツら大喜び。




ファントム好きな長男
一番の『オペラ座』狂は、長男。
なにしろファントムが大好き。
長男の憧れの人なんだそうだ。





かっこいいなあ…
「はあ…かっこいいなあ…
 おいらもこんな風になりたいなあ…」
ファントムの写真を見上げて溜息をつく長男。
「音楽の天使」にひざまづくクリスティーヌか君は。
そういうこと言ってると誘拐されちゃうよ。
「ふふふふふ。大丈夫」…ん?長男?








ふふふふふ
あれ、長男は?さっきまでいたけど。
「ふふふふふ…」
…今笑ったの、長男?
♪I am the Angel... Come to me Angel...
なに、今の?そこにいるのは誰なの?
♪I am the Angel of music...
長男!ちょうな〜〜〜ん!!







にゃにゃにゃにゃにゃ〜♪
にゃにゃにゃにゃにゃ〜♪
にゃにゃにゃにゃにゃ〜♪にゃにゃ〜ん♪
…長男…それまさか…
「あ〜っ!にいちゃんだけずる〜い!!」




ザ・ニャ〜ントム・オブ・ジ・オペラ♪
「『オペラにゃの怪人』にゃっ!
ざ・にゃん〜とむ・おぶ・じ・おぺら・いず・ぜあ〜♪
いんさ〜いど・まい・ま〜いんど♪」
「仮面」は樹脂粘土製。ゴムテグスで固定。
マントは黒の薄手木綿。マントに張りが出すぎて、
着用したら、なんと長男が立った!








茶そばもにゃんとむ
新人あみねこ「茶そば」も変身。
♪ Those who have seen your face
 draw back in fear...♪
(貴方の顔を見た者は怖れてあとずさる…)
…生みの親の私でさえあとずさるわ。
仮面つけたあみねこって、異様な光景だもの。








ビーノもにゃんとむ
ビーノもにゃんとむ化。
なんとなく諦観したような表情。
ビーノはいつも、何をさせてもこんな顔。
辛抱強く幼児の相手をする飼い猫のようだ。










正座するにゃんとむ
ビーノ…その格好で正座はやめて…
「いや、やはり日本人なものでつい…」
「和の心」なにゃんとむ、ここに一名。
今にも茶の湯を始めそうな雰囲気。
ま、いいか。パリから日本に逃げてきて
山奥に庵を結んだにゃんとむなんだね。








みんなでにゃんとむ!
にゃんとむズ、全員集合。
縫いも縫ったり大小合わせて八組。
にゃんとむセット大量生産の理由は…
無論、爆撃用である。一組はもう発送済。



September 23, 2005

親○カと呼んでください(BlogPet)

今から縫っても着せられるのは次の夏だけど(笑)!
なんとなく、これで帯でも、実際に合わせてみたらなかなかいい
史さんに当ててほしい
史さんサイズの感じは上の秋草玉兎模様と似てる
同じ布をすずさんにはできると思う
秋草にコロンとした色が似合うと判明
ではこれはどうだけど、小石川養生所にも向かないし
柄はできると思う
思ったのだけど、あえて型紙を縮小してやるつもり
リカボディ用の服も作り続けるつもりだけど、あえて型紙を縮小せずに、史さんサイズのを肩揚げして着せていそうで
(となりのトトロのお母さんとか、小石川養生所に入院?)

と、お針が考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小糸」が書きました。


September 16, 2005

この期に及んで(BlogPet)

きょうはお針が八ツ口までお針が衿へ当番した?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小糸」が書きました。


September 09, 2005

浴衣・お披露目(BlogPet)

きのう、たんへ使用すればよかった?
そこできょうは、型紙っぽい縮小された!
そこで白兎へ使用するつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小糸」が書きました。


September 03, 2005

親○カと呼んでください

どれが似合う?紫の風車
布を並べて史さんの肩に当ててみる。
やりだすと楽しくて仕方がない。
今から縫っても着せられるのは次の夏だけど(笑)。
完成品じゃなくても、とっかえひっかえは楽しいな。
紫色に白い風車模様で、藍色のと色違い。
こんな色でも史さんには似合う。









どれが似合う?水色小桜
水色の暈しに、青と白の小桜が散っている。
淡い水色の浴衣って、なんとなく敬遠していた。
昔の映画に出てくる病弱な女の人が着ていそうで。
(となりのトトロのお母さんとか、
小石川養生所に入院?してる人とか)
でも、実際に合わせてみたらなかなかいい。
史さんがやさしげに見えるじゃないか(笑)!
なんとなく、これ着て蛍狩りに行ってほしい。







たまにはこんな色も。薄紅手毬
史さんは、はっきりした色が似合うと思っていた。
しかし水色の小桜模様で淡い色も似合うと判明。
ではこれはどうだ!グレイッシュなピンク。
かすり調で、手毬の模様。史さんには、微妙…?
あえて着せてみたい気もするけれど。










すずさんにも。薄紅手毬
同じ布をすずさんに当ててみる。似合う(笑)。
すずには、史さん用の型紙を縮小して着せている。
思ったのだけど、あえて型紙を縮小せずに、
史さんサイズのを肩揚げして着せるのってどうだろう。
小さい女の子の肩揚げ姿って可愛いよね(*´д`)。
史さんと着物類を共有したいので、いずれすずには
ジェニーサイズのボディも調達してやるつもり。
リカボディ用の服も作り続けるつもりだけどね。






秋草小兎模様
ピンクの浴衣といったら、こんな布も持ってる。
秋草にコロンとしたウサギの模様。
スラブ調の織りでちょっと固いんだけど、
ぎりぎり浴衣にはできると思う。
秋草が描かれているから、晩夏に着る用かな。
色違いで薄青紫のもある。









錆朱金魚
水草金魚模様。濃い錆朱。
布の感じは上の秋草玉兎模様と似てる。
同じ柄で地の色がサーモン、金魚が赤の布が
あったんだけど、もう使っちゃって手元にない。
もう手に入らない布なので残念だ。
この赤で浴衣はちょっと暑苦しいかな。
かといって金魚模様じゃ袷の着物にも向かないし。
柄はかわいいから、これで帯でも作ってやろう。