海水水槽でカクレクマノミの稚魚を春から飼って、一番古株で、ひとなつっこかったニモ
クリスマス早朝に 突然死しました。

我が家の小さな水槽では難しいからと、いそぎんちゃくをいれていないからか、いつも砂の上に降りてねます。さらに爆睡すると、砂の上で横になるので、初めまさか死んでしまったなんて思わず、スカンクシュリンプに やたらと掃除されるがままになってるなぁってみていたのですが…
ニモは、性格も温厚で 好奇心旺盛。
新しいものが水槽に来ればとりあえずつつきにいって、初対面のクマノミがきてもあまり攻撃的ではなく、友好的なサインをしていつもお友だちになろいとしていました。
オレンジも濃いくて、すごくきれいなカクレクマノミだったので、娘なりにそれを讃えた命名。

以前 すごちゃん(噛みつかれても頑張ってすごい!のすごちゃんです。何度も回復しましたが、度重なる喧嘩の末病気になり☆になりました。)に、噛みついたあと、何度も病気になりながら元気に育っている、模様もかなり薄めで、性格はかなり臆病。アミに入れるとジャンプで逃亡したりする、カミちゃん一匹だけになっちゃいました。

スカンクシュリンプがいるから寂しくないかな?
やっぱりさみしいよね。
臆病なカミちゃんは ちょっと今までより悠々と泳いでる気もしますが…汗

クリスマスの朝
プレゼントを開ける前に子供たちが目にしたのは ニモの…涙
プレゼントも開けず 二人とも大号泣。
辛い朝でした。
なんてクリスマス!と思いましたが、子供たちにはプレゼントがあって気が紛れて良かったのかも…

IMG_20141111_172024昨日まで元気にしてたのですが、午後は料理に、ケーキに部屋の片付け 喧嘩の仲裁…いえ、私も一緒に喧嘩して、ニモの様子をあまり注意してみていなかったのをとても悔やみ、私も涙しました。

サンタクロースさんに連れられて魔法の世界に行ったのかな。
子供たちの涙がニモちゃんにとどいていますように…

写真は元気な頃のニモ
水槽の写真がうまく撮れずに苦労してます💧