久しぶりの投稿になります。

臨時休校から3週間余りが経過しました。北海道の緊急事態宣言は解除されたものの、国内外で新型コロナウィルスの感染拡大が続き、ついに東京オリンピック・パラリンピックの延期も発表されてしまいました。これまで誰も経験したことのない未曾有の事態。一日も早くこの閉塞感から解放されたいものです。

本来であれば、昨日は終業式と離任式、今日から春休みが始まり、在校生は春期講習が始まっているはずでした。しかし、少なくても今月末までは生徒の登校は見送られることになり、部活動もいつ再開できるか分からない状況です。この状況がいつまで続くことやら… しかし、これは全国どこの学校も同じこと。愚痴ばかり言っても仕方ありませんね。

部員たちは、それぞれ新年度に向けて学習に励むとともに、特に選手の2名は合間を見てできる限りのトレーニングに励むなど、今できることをしっかり考えて生活してほしいと思います。

大麻高校ラグビー部にとって、今年こそ復活に向けて踏ん張らねばならない大切な年。来るべき春を信じて今はグッと我慢し、やることやって新学期を迎えましょう。


おまけ!

報告が遅くなりましまが、先日、卒業生3名+主将の勝尾(飛び入り参加!)+顧問2名で、細やかなお別れ会を行いました。部員たちが準備した花束と記念品は責任を持って渡してきました。

DSC_0095

3名はそれぞれこの春から大学に進みます。残念ながら、それぞれの大学ともに入学式は中止だそうです。3名の今後の活躍を祈念します。