発達障害(自閉症)の症状を少しでも軽減させたい日記〜自閉症の治療〜

2010年1月、浜松医大の研究発表をご存知でしょうか?これは自閉症原因の一部が解明されていることを示してます。これだけ研究が進み、一部で治療法が確立され、また後天的に発症する人がいるにもかかわらず、検査もせずに「全て先天的で治りません」と言い続ける今の医療を問題に感じます。治るという話は悪徳業者を増やしますが、今では治る可能性の芽を潰す事のが問題が大きいと感じます。脳の損傷や染色体異常など難しい原因もありますが、免疫能力や解毒能力が原因であれば症状を改善出来る場合があります。医学的アプローチより療育の方が重要ですが、ここでは情報量の少ない医学的療法について考え、医療機関の紹介をしています。ここでの内容は広く知られている話ではないのでご注意下さい。2015年4月 エフパパ

息子もいよいよ高等部へ、自力で登校難しい

息子もいよいよ支援学校の高等部に入り、コロナが終わり登校となりましたが、自力通学が難しい状況です。
続きを読む

マックの販売再開で泣いて喜ぶ子供。ニュース番組

先ほど17時30分ごろ日本テレビ系のニュース番組でした。
続きを読む

子供の脳の発達に影響があるのに農薬を使う日本の米作り

毎日新聞2020年1月11日
ネオニコチノイド農薬のことが載ってました。

お米の値段を決める等級の検査でカメムシに被害を受けたお米の割合が低い程、等級が上がるとのこと。だから生産者はカメムシの被害を減らすためにネオニコ系農薬を多く使わざるを得ない状況になっている。
カメムシにかじられた米(着色粒)は、食べても害はなく味もほとんど変わらないとされる。
ネオニコ系農薬はミツバチ大量死の原因で知られていて、欧州では2018年、屋外使用禁止などの規制が強くなっているにも関わらず、日本は遅すぎると思います。

その要因の一つに「農薬を使わせたい人たちの声が大きいからでは」とのこと。

産業技術総合研究所の研究では2019年、島根県の宍道湖でウナギやワカサギの漁獲量が減ったのはネオニコ系農薬が原因の可能性と発表しているとのこと。
また、2017年、日弁連意見書を中心になってまとめた中下裕子弁護士は「子どもの脳の発達に影響があるとする研究が相次いでいる。世界が禁止に動く中でなぜ日本は規制を遅らせているのか」と指摘しているとのこと。

本当にその通りです。


ちなみに、今日は今やっている畑で、ブロッコリーが大量に収穫できました。完全無農薬なので虫が付いたりするのですが、家に持って帰ると「虫がいるからいらない!」と妻に言われてしまいました。
とほほ。

オーソモレキュラー医学界総会を終えて。柳澤先生の思い。

2019年7月の第一回日本オーソモレキュラー医学界総会を終えて

ビタミンC点滴療法のように初期は無視あるいは反発を受け、今になってようやく市民権が得られた治療もありました。この無視や誤解のために、日本の栄養医学は欧米に比べ15年以上の遅れを生んでしまいました。

私はエビデンスのある栄養医学を国民に伝え、国民を健康にすることが学会活動のファーストプライオリティであると考えました。そして10年後に結果を出すことで、栄養療法に関心の無かった医療人が私達と一緒に栄養療法を広めていくようになる時代を目指します。
これまでありがちであった学会や医師会との争いや無意味な論争を求めていません。

歴史的に見て日本における標準治療の医学界は、オーソモレキュラー栄養医学に関心を持とうとはしませんでした。これは、栄養学を学ぶ機会が少ないことと、今の保険制度ではオーソモレキュラー栄養療法が認められていないことにあります。

オーソモレキュラー医学は、市民の為の医学。
今までの主流の学会では、製薬会社が収益事業として治療薬を作り、それを大学が臨床研究し、国が保険薬として認め、医師から国民に提供されてきました。
この学会は医師だけが参加する閉鎖的な主流の学会と違い、誰でも参加できるオープンな学会であると言う事。

マスメディアはニュース性や話題になっていることしか伝えません。それに対して、この学会ではネット上にオープンなメディアを持つことで本当に必要とする情報を国民に伝えることができます。


第2回日本オーソモレキュラー医学界総会は2020年10月17、18日
溝口先生が会長となり東京で開催します。
〜〜〜〜〜〜

上記は医療誌に書かれていた柳澤先生の記事を私なりに要約したものです。
この記事を見て、柳澤先生も今までけっこう辛い思いをしたきたんだろうな。
と思ってしまいました。熱い先生ですね。また溝口先生のグループと一緒にやっていくのはいいことですね。

今までの主流の医学は製薬会社がもうける為の医学であり、保険制度でしたからね。

日本オーソモレキュラー医学会 第1回総会 2019年7月20〜21日

日本オーソモレキュラー医学会 第1回総会

2019年7月20〜21日
笹川記念会館
申込み開始 2月1日から

国際オーソモレキュラー医学会会長の柳澤先生が代表理事
ほかに、北原先生や水上先生、溝口先生など理事になってます

トピックス ブレインヘルスとメンタルヘルスなど


第1回って、今まで何回もやってなかったかな?



最新コメント
月別アーカイブ
メールアドレスはこちら、
ohayooohayoo1@yahoo.co.jp
(以前のメールアドレスは使えなくなりました。2015年8月)

ブログのリンクは歓迎します。ご自由にどうぞ。
記事検索
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ

人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ