2015年07月06日

「golem、胎児、形なきもの」終了

_MG_9761_MG_9729
昨日17:00開演のラストステージ、トータル9ステージ目。
無事終了しました。

観劇していただいた皆様、
マーリープロジェクトの凛ちゃん舞弓ちゃん
作・演出の御笠ノ忠次氏
共演者のみなさん
スタッフのみなさん
感謝の気持ちで一杯です。

この年齢で求め続けた新たな出会い、刺激、戦いにも感謝です。

また新たな戦いの場を求めて漂流します。




ohayouozisan at 19:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年09月16日

X Japan hide 『EYES LOVE YOU』

全く僕らしくないタイトルで申し訳ありません。
X Japanも聴いたことはありません(笑)。


ところがところが……
hideの『EYES LOVE YOU』のカバー曲で
私・里村孝雄 CDデヴューしてしまいました。

詳細は
CD名「hide TRIBUTE spirits ]
製作・販売 「TOKUMA JAPAN」
値段 3000円


これって”メジャーデビュー”ですよね!
驚きました!

以前にこの頁でも紹介させてもらいましたが
ヴィジュアル系バンド A(エース)の計らいです
A(エース)のライブには毎回ストーリーテラーとして僕の声が流れています。
渋谷のライブではとうとう顔を出して生出演してしまいました。
ファンの人たちにはとても温かく迎えてもらいました。

彼らが、hideの精神を受け継いだヴィジュアル系バンドとして選ばれてCD化が実現したものです。
ああ、言い忘れましたが
僕は歌ってませんからご安心を
語っています。



曲は、海賊を基本コンセプトとしたA(エース)らしく
大海の荒波を超えながら色々な国の色々なジャンルの音楽を交えながら聴き応えのある曲になっています。

TUTAYAは邦楽ポップスの「hide」のコーナーに置いてあります。


『EYES LOVE YOU』
A(エース)
Nimo Vocal
RockFidder Viorin,Piano,Choir,Other Instruments
MuchoGracias Guitar
Toshi Bass

Takao Satomura Storyteller






ohayouozisan at 15:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年09月07日

大衆演劇・若姫劇団 9月公演 出演のお知らせ

さて、また出演させていただきます。
大衆演劇への出演は、僕の役者生活の中になくてはならないものになってきました。
お時間ありましたら是非是非お出かけ下さい。



地域密着型大衆演劇
若姫劇団9月公演

◆第一部 お芝居
人情芝居「不知火お蓮」

◆第二部
若姫華の舞踊ショー

◆日時
9月22日(日)
昼の部14:00〜
夜の部19:00〜
※会場は30分前です

◆出演者
座長 愛望美
谷中のやんちゃ娘・若姫有姫
愛美舞
愛美心美
副座長 愛美萌恵

阿久津弘一

ゲスト出演
里村孝雄
雅 麗華

◆会場
戸野廣浩司記念劇場
東京都台東区谷中3-19-5結城ビル地下一階
TEL/FAX 03-3823-1481
西日暮里駅 徒歩5分
よみせ通り延命地蔵尊、前

◆木戸銭
前売券2000円
当日券2500円
全席自由席



ohayouozisan at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月04日

マルセ太郎さん 13回忌公演 「THAT'S 芸人魂」

お久しぶりでございます、すみません!
告知もしておりませんでしたが、コメディ オン ザ ボード公演『THAT' 芸人魂』が無事に終了しました。
ご覧頂いた皆様本当にありがとうございました。

「スクリーンのない映画館」で知られる芸人・マルセ太郎さんの13回忌公演として行われました。
コメディ オン ザ ボードは元々、マルセさんが芝居をやるために創った”マルセ カンパニー”が前身です。
僕もこのカンパニーのレギュラーメンバーです。
しかし、僕と木の下、女優の澤山以外の出演者は、”マルセ カンパニー”からの出演者です。
日替わりのゲストも、永六輔さん、松本ヒロさんなど、マルセさん所縁の人たちに出演戴きました。

内容は、マルセさんが「スクリーンのない映画館」以前にご自分で語られたネタや書かれたコントなどで繋いでいきます。
まあ、僕は忙しいことになりました。
ゴスペラーズを入れると七役を演じることになりました。
着替え疲れを感じるほどでした。
まずは、タキシード姿で開演を告げ、マルセさんを簡単に紹介する弁士役。
次は、マルセさんが生まれ育った大阪はイカイノの住人。
そして、斬られて死ぬ時に観客の拍手が来るまで決して引っ込まないという、大衆演劇の役者・大杉龍之介。
この役は、10分位の間に、着物を着て、大衆演劇メイクアップをしかつらを付けて出て行くと言う、今となっては良くやった、と言えるくらいに忙しいのです。舞台に出てからもお客さんとのアドリブの掛け合いがあったりで、大衆演劇をやっていて良かったとホント実感しました。
そして、昔は浅草や地方のお祭りなどで良く見られた「蛇屋」、といっても蛇を使いながらインチキな薬を売る、今では大道芸と言うのでしょうか、をやりました。これも、お客さんとの掛け合いでやらせてもらいました。
そして、マルセさんが経営していたバー”人力舎”の名物酔っ払い。

この出演については、マルセさんに指導も受けておらず、共演もしていない、言い方を変えれば、縁もゆかりもない僕が13回忌公演に出ることへの後ろめたさを正直持っていました。
しかし、千秋楽のカーテンコールで、不思議な思いを味わいました。あの怖い顔のマルセさんが微笑みながら僕の顔を見てくれたのです。これは僕の一方的な思いでしょうが、その時に「ああ、出演して良かったんだ。」と思えたのです。



ohayouozisan at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月22日

ねえ 見て見て わたし綺麗?

夜鷹2夜鷹1






















































無事に終わりました。
大衆演劇・若姫劇団 5月公演

お芝居『瞼の母』
今までホモ、おかまの役はやったことはありますが
初の女形・夜鷹のお虎

まず写真を見て下さい!
どう、キレイでしょう?
いや、気持ち悪いでしょう?

言っときますけどねえ
役が50代の夜鷹!
そうじゃなかったら
皺も伸ばして
もっと綺麗にしますよ!

その上ね
第2部・舞踊ショーでは
初めてソロで踊ってしまいました!
このままの格好で『昭和枯れすすき』


大衆演劇に出演させていただいて8年位になりますが
今回は初物ずくし!


終演後、お客様から
「名(迷?)女形ね」とか
「踊りも良かったわよ」
なんて・・・・
なんて優しいお客さんなんでしょうか!

帰り際 座長に「もう男役はやりませんから!」
と言って帰路に付きました・・・・・




ohayouozisan at 21:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年05月17日

大衆演劇・若姫劇団 出演のお知らせ

いつも直前のお知らせで申し訳ありません。
今回は、一斉メールも出す余裕がありませんでした。

さて

若姫劇団5月公演

第1部 お芝居「瞼の母」
第2部 舞踊・歌謡ショー

日時 5月19日(日) 14:00  19:00
場所 戸野廣浩司記念劇場
   JR日暮里、西日暮里駅より徒歩7分


今回は、あの番場の忠太郎で有名な「瞼の母」
中村錦之助主演の東映映画は、名作中の名作です。

なんと! 今回大衆演劇に出演させていただいて8年になりますが
初の女形に挑戦します。それも”夜鷹”です。
初の白塗り! 楽しみなような怖いような
気持ちの悪いこと請け合いです!

急に言われてもなあ
ともお思いでしょうが
是非お出かけ下さい!




ohayouozisan at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月07日

若葉劇団出演 無事終了

ゴールデンウイーク中の5月1日、3,4日と
東大宮の健康ランド・ゆの郷で若葉劇団に出演してきました。

1日のことは前回書きましたが
3,4日で昼夜4本の芝居に出演し
無事に舞台を務めてきました

健康ランドは今までも何度か出演させてもらいましたが
お客さんはいいですよ
泣いて笑って
ストレートな反応が跳ね返ってきます
お客さんと一緒に創っているなあ、と実感します


やっぱり芝居していても楽しいですね
しげる先生、若葉愛座長、気の合う若葉隆之介さんとの共演
しげる先生に舞台で全面的に自分を預けられる楽しさ
愛座長のアドリブに対応する楽しさ
眼を見れば会話できる隆之介さんとの共演する楽しさ

大衆演劇を見たことのない方
探してみればお近くにもやっている所があるはずです
是非ご覧になって下さい
楽しいですよ
芝居は勿論のこと
第2部の舞踊ショーでは華やかな踊りも見られます

是非一度ご覧になって下さい。


若葉劇団の皆さま
ゆの郷のお客様
ありがとうございました!




ohayouozisan at 23:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年05月01日

大衆演劇 若葉劇団

只今わたくし里村は、東大宮の健康ランド、湯の郷に来ております。

若葉しげる先生、そして若葉愛座長率いる若葉劇団に出演しております。
昼の部、お芝居「奥飛騨慕情」の出演を無事に終えたところでございます。
昨日の夜に入って、口立て稽古をしていただき、今日本番ですから緊張もしますが、相手役がしげる先生、愛座長、そして久しぶりに旧交を温めた若葉隆之介さんですから、楽しんで舞台を努めました。

これからの夜の部は、相撲甚句を歌わせていただき、後は3、4日と4ほんのお芝居にも出演させてもらいます。まだ、演目は分かりません、怖いです……。

明日のよる二本分の台詞を覚えます。

もし、お近くの人がおりましたら是非お出掛けください。


ohayouozisan at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月28日

大衆演劇・若姫劇団 出演のお知らせ

3月に出演した「刺青丁半」に続き今月も出演させてもらいます。

直前の告知で恐縮です


4月29日(祭) 14:00  19:00

若姫劇団 4月公演

第一部 お芝居「村祭り」
第二部 華の歌謡・舞踊ショー

谷中・戸野廣浩司記念劇場(日暮里、西日暮里駅より徒歩7分)

前売:2,000円  当日:2,500円

出演 愛 望美(若姫劇団座長)、愛美萌恵(副砂糖)、愛美 舞、
   愛美心美、愛美紅羽、 若姫有姫(子役)、弥生あきら、

特別ゲスト 若葉しげる(若葉劇団総帥)
ゲスト 里村孝雄


私、第一部、第二部共に出演させていただきます。

ゴールデンウィークの最中、お時間のある方は是非お出かけ下さい。




ohayouozisan at 00:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月21日

観劇そして休日

先週は2本の芝居を見た。
ひとり芝居・芸人列伝 のシリーズである。
映画監督の秋山豊さんが精力的に書き、演出をしている作品である
以前にも数本見せていただいているが
そのいずれも
客観的にみると不幸な一生を終えたようであっても
芸人(役者)であり続けたことで
本人の胸の内は満たされたものであった
と言うのが共通項であるような気がする

僕自身の人生を考えてみても
なかなか人に言えない苦行を通り過ぎてきたが
幸運にも役者をやり続けて来られたために
満たされているところは大きい
今では俺の人生「わるくねえな!」と言えるのである

今回は「贋作・一条さゆり」(若林美保さん)
「贋作・松井須磨子」(西間木清香さん)を見せてもらった
二作品共に全盛期が特にクローズアップされるわけではなく
背負ってしまった苦労や不幸も語られるが
観終わった後には
爽やかで力をもらって帰ることができた。



僕は休日の過ごし方が本当に下手である
久しぶりに昨日今日と連休であった
僕の休日の最大の目的は「寝だめ」である
普段そんなに寝不足をしている訳ではないが
何故か目的は「寝だめ」になってしまう

全くアウトドア派ではないし趣味もないし
早い話、やることがないのである
得意なものは何ですか? と問われれば
「睡眠」と答えるだろう
この年齢になっても
夜中に一度も目覚めることもなく、8〜9時間熟睡する
同年齢の友人は
呆れるを通り越してバカにするくらいである


まあ、心身ともに元気でいられるのも
この得意技のためと思えば
こんな休日の過ごし方も悪くはない!




ohayouozisan at 16:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)