February 07, 2007

夜中になに書いてんだ…俺…

ウンコ(*・∀・*)ホッカホカ!!




デイヴィットです




今回はパソコンで書いてみたが、これまた早い

ミ/ ゜Д゜)ゾニック



たまんねぇなあ(*∀*)ウヒョー




つーか、顔文字の数がすんげー




ハマるね、これ



てことで、ダラダラ書いていこうか。




とはいえ、とりあえず書くことが無いというのが一番の悩みドコロやな




あーうん、平和。




今の気持ちをほんとに正直に言うなら…、『バレンタインデーなんてほろんじまえ』って感じかな♪




いやまじで




バレンタインデーキッスとかがマジ顔でうたえるやつが憎い




憎い肉に食い食い憎い食い肉(?)




とにかくありえへん




あらかじめ言っときますが、普段はあまりチョコを食べませんが大好きです


大好きビーム(*^.^*)・・・・…――――――――☆chu〜♪♪



…くれ






とまあどうでもいい話をしてしまったようだねアンダーソン君





話を戻そう




そう、僕はまじめにバレンタインについての話をしたいんだよ



ともかく俺の知っている話ではバレンタインとは聖バレンタインこと聖バレンティヌスの処刑された日と聞いている(あくまでたぶんね)


聖バレンティヌスというと二人の人物が当てはまる

一人は296年頃にローマで殉教したローマ北方のフラミニア街道に埋葬された司祭。
もう一人はローマで処刑されたウンブリアのテルニという町の司教。


俺の独断と偏見で、前者がジャパニーズバレンタインデーでいう聖バレンタインと思われる(完全に俺の勘)

とか思いつつ調べてみたら3人いるとかいないとか…



増えとるやんけ!!



なになに…

ローマの司教 インテラムナ(現在イタリアのテルニ)の司祭 ローマ帝国領アフリカの殉教者


へー



そうなんだー(棒読み)



ちなみにウィキペディアによる彼のエピソードは

ローマ皇帝クラウディウス2世は戦士の士気の低下をおそれて兵士たちの結婚を禁止した。ヴァレンティヌスはこの禁令に背いて恋人たちの結婚式を執り行ったために捉えられ処刑された。 転向したため、皇帝は怒って彼を処刑した。処刑の前日に彼がこの娘に宛てた手紙は「あなたのヴァレンタインより」と署名されていた。


カッコイイなバレンタイン



チョコとかほざいてる世の小僧どもに聞かせてやりたいぜ



糖尿病で死んでしまえ…ごにょごにょ…




ともかくバレンタインはすげえやつってことだな。これが。




そんでバレンタインデーについては

ヴァレンティヌスは、恋人たちの守護聖人として信仰されてきた。また彼の殉教の日、2月14日は彼の名をとって、バレンタインデーとされている。 ヴァレンティヌスの日が祝われたのは496年からとも言われているが、これらのエピソードが語られ始めたのは中世のことである。 起源はよく分からないが、14世紀から15世紀のフランス語、英語で書かれた詩や文学に聖ヴァレンタインの日と恋人たちが関係付けられて登場する。


だそうだ。



勉強になるね。



聖ヴァレンティヌスの遺骸を納めていると主張している教会は、少なくとも6つあるらしい。
アイルランドのダブリンにあるホワイトフライヤー通りカルメル会教会 フランスのガール県ロックモールにある教会 オーストリアのウィーンにあるシュテファン寺院 スコットランドのグラスゴーにある Blessed St. John Duns Scotus教会 ドイツのバイエルン州ギュンツブルク郡 (Landkreis) クルムバッハにある聖ミヒャエル聖堂教会 マルタのバルザンにある教会





へー。バレンティヌスが3人で遺体は6つかぁ。



すごいなー。





もう実際バレンティヌスって10人いたんちゃう…




ちなみにジャパニーズバレンタインデーについいては

女性が男性にチョコレートを贈る習慣は日本で始まったもので、欧米ではみられないといわれるが、英語版wikipediaに「バラ、チョコレート、宝石などの贈り物」という表記があり、外国でもチョコレートを贈るのはごく普通である。ただ日本のようにチョコレート一色という状況はない。また、前述のように男性から女性に送る事も普通である。最も「甘く、スウィート」ということで、この菓子が選ばれたとされる。神戸モロゾフ洋菓子店が1936年2月12日に、国内英字雑誌に「バレンタインチョコレート」の広告を出し、1958年2月に伊勢丹新宿本店でメリーチョコレートカムパニーが「バレンタインセール」というキャンペーンを行った。ただどちらにしても、あまり売れなかったようである。伊勢丹でのセールでは、1年目は3日間で板チョコが3枚、カードを含め170円しか売れなかったとの記録がある。ソニー創業者の盛田昭夫は、1968年に自社の関連輸入雑貨専門店がチョコレートを贈ることを流行させようと試み
たことをもって「日本のバレンタインデーはうちが作った」としている。
現在ではチョコレートの年間消費量の4分の1がこの日に消費されると言われるほどの国民的行事となっている。当初は女性が男性にチョコレートを贈ると同時に愛の告白をする日とされていたが、現在では既に交際中の恋人や、結婚している夫妻の間でも行われるようになり、上司や同僚、ただの友人などの恋愛感情を伴わない相手にもチョコレートを贈る「義理チョコ」という習慣や女性が女性へチョコレートを贈る「友チョコ」という習慣も生まれている。




だそうです。




Nは豆腐におそらくチョコを渡します。これが世に言う『ホモチョコ』っすねww




バレンタインデーを憎むがゆえに調べつくしてしもうた。





あー。





なんか死にてー。ていうかチョコ食わなきゃ死ぬな。



まあいいや




来年あるし





来年は母親からもらったチョコを「しょっぱいよぉ…」とか言いながら食わないようにしたいとこですな




ていうかこの日記ってめちゃ長いよね




何気にバレンタインのパワ−って計り知れないっす


ohbs_davit at 01:05│Comments(0)TrackBack(2)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 畳を世界に広めよう!  [ 畳を世界に広めよう! ]   February 08, 2007 21:53
海外から畳をご購入される方や、日本から海外へ畳を持っていく方などが、情報を共有して頂く為のブログです。
2. 畳メイキングKIT  [ 畳を世界に広めよう! ]   February 10, 2007 23:02
畳を海外に輸出すると、本体の畳代金よりも輸送費のほうが高くなることが多々あります。そこで、考えたのが畳メイキングキットです。http://www.tatami-mat.net/goza/d-goza.htmlこれは、未完成(特殊な未完成ですが)なゴザを格安郵便でお客様におくり、現地で畳の床材に使...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔