ブログネタ
今話題のニュース に参加中!
驚きのニュースだった

また巨星が逝った。



https://formula1-data.com/article/f1-team-boss-sir-frank...

  • Published:

ウィリアムズ・レーシングF1チームの創設者であり、50年間に渡ってF1チーム代表を務めてきたフランク・ウィリアムズ卿(CBE)が2021年11月28日(日)にこの世を去った。

79歳だった。

ウィリアムズはパトリック・ヘッドと共同で
「ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング」を設立してF1に参戦。
チーム代表として7回のドライバーズタイトルと9回のコンストラクターズチャンピオンを獲得した。

1986年の自動車事故によって脊髄を損傷。
下半身麻痺となって以降は車椅子での生活を余儀なくされた。

2012年にウィリアムズの取締役を退任すると娘クレアを副チーム代表に昇格させ、自身はチーム代表の座を維持しつつも徐々にF1の仕事から距離を置き始めた。

2016年には肺炎のため入院。経営不振を理由に、2020年にF1チームを投資会社のドリルトン・キャピタルに売却すると、半世紀に渡って関わり続けてきたF1から完全に去った。

サー・フランクの訃報を受けてウィリアムズは次の声明を発表した。



「誰からも大いに愛され、インスピレーションを与えるリーダーであった彼に敬意を表すと共に、その訃報を心から悲しく思う。なお関係各位にはウィリアムズ家のプライバシーを尊重するようお願いしたい」












F1のステファノ・ドメニカリ会長兼CEOはフランク・ウィリアムズを

「F1が誇る真の偉人」と称して賛辞を述べた。

「我々はF1ファミリーの中でも特に愛され、尊敬されていた人物を失った。彼の素晴らしい業績とキャラクターは我々のスポーツに永遠に刻まれるだろう。私の想いはウィリアムズ家の方々、そして友人達と共にある」


f1-team-boss-sir-frank-williams-dies-aged-79



ケケロズベルグと話すウイリアムス氏

ウイリアムスホンダの頃だなー

このころは ナンバーワンドライバーがロズベルグ

セカンドドライバーがマンセルだった








にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ ブライダルコーディネーターへ
にほんブログ村