ブログネタ
プロレス に参加中!
最近 ジュリアナ詩子ネタ、、それもかなり前の記事が再度ランキング上位に来た。

そのランキングは




きっかけは

ボディコン姿で大人気だった元女子プロレスラーの穂積詩子さんは今
日刊ゲンダイDIGITAL

【あの人は今こうしている】  

穂積詩子さん(52歳・元女子プロレスラー)  女子プロレス激動期の1990年代前半、神取忍、風間ルミ、故ハーレー斉藤らが立ち上げた団体「LLPW」は本格的な格闘路線で話題となった。中でも派手なボディコンコスチュームで人気を集めたのが、“ジュリアナ詩子”こと穂積詩子さんだ。さて今、どうしているのか?  ◇  ◇  ◇ 「いらっしゃいませ。カウンターへどうぞ」  穂積さんと会ったのはJR中央線・吉祥寺駅南口。マルイのはす向かいの飲食店ビルにあるスナック「どりんくばぁー『維新力の店』」だった。 「店名の通り、私の“オヤジ”『維新力』がオーナーで、オープンは94年10月。営業は19時から深夜2時で、定休日の日曜以外は店に出てますよ」  維新力とは、天龍源一郎が率いた団体「SWS」や「WAR」などで活躍した大相撲出身のプロレスラー。穂積さんとは94年6月に結婚しており、取材当日も一緒だった。 「当初、お客さまは8割がプロレスファンで、北海道や九州からも来てくださいました。今は地元の常連さんが8割、ファンが2割くらいですが、引退して26年も経つのに立ち寄っていただけるんですから感謝しかありません」  とはいっても、やはり新型コロナ禍には振り回されっぱなし。4月中旬から5月31日までは政府の緊急事態宣言で完全休業し、8月も東京都の営業時間短縮要請で営業は22時まで。9月1日から通常営業に戻したものの、「客足はいまひとつ」だ。 「8月は前年比で6割ダウンでした。忘年会シーズンの12月までにはトントンぐらいに戻したいのですが……」  同店は、スナックながら維新力さんが所属していた大鳴戸部屋直伝の特製ちゃんこ鍋が名物。これを目当ての常連客が多く、いつもなら寒くなるとともに予約が舞い込んでくる。 「味噌、塩など6種類ありまして、1人前2500円。2人前から前日までの要予約です。宴会やパーティーは、ちゃんこ鍋のほかお料理が3品付いて飲み放題の5000円コースが好評です」

人気絶頂時に結婚、猛反対されたが…

 さて、八王子市生まれの穂積さんは、小学生の頃から女子プロレスファンだったが、中学・高校と吹奏楽部でクラリネットを担当。格闘技とは無縁のまま高校卒業式直前の86年3月にジャパン女子プロレスの入門テストに合格し、第2期生として加入した。  デビューは89年1月10日、対小金井幸子戦。敗れはしたものの、それ以降は試合を重ねるたびに腕前を上げ、一方で美人レスラーとして注目され始めた。  ショッキングピンクのボディコンでリングに上がったのは、LLPWに移籍後の93年6月。当時人気だったディスコ「ジュリアナ東京」のお立ち台ギャルにヒントを得た。 「LLPWは、看板レスラーの神取さんが柔道、風間さんがシュートボクシングで知られていて、本格派格闘路線が売りでした。それだけでは華がない、というので私がボディコンで出場することになったんです」  これが大当たり。ジュリアナギャルの象徴である“ジュリ扇”を振り回しながら花道に現れるや、観客は床を踏み鳴らして沸きに沸いた。  また、スポーツ紙、男性週刊誌からも取材が殺到。毎週のようにグラビアを飾った。 「そんな人気絶頂の時に婚約発表、結婚でしたから、当然ながらフロントには猛反対されました」  なれ初めは、共通の友人の紹介。 「初対面では威張っている感じがして、あまり良い印象ではなかったですね」と穂積さんが振り返ると、「僕の一目惚れ。“押しの一手”でした」と維新力さん。  今でこそ北斗晶・佐々木健介らプロレスラーカップルは珍しくないが、その頃は前代未聞だった。幾多のハードルを乗り越えて94年6月に挙式した。 「スナックを始めたのは、結婚後、“オヤジ”が内臓疾患でリングから離れざるを得なかったためです。2人とも接客経験がなかったので気を使いましたね」  その後、96年に長男、97年に次男に恵まれ、2児の母に。現在はともに社会人になり、格闘技とは別の業界で働いている。 「自宅は、私たち夫婦と13歳のラブラドルレトリバーの花ちゃんの“3人暮らし”(笑い)。先月から、YouTubeで『維新力部屋』を始めましたので、ぜひご覧ください」  趣味はヨガ。ほぼ毎日ジムに通っている。 (取材・文=高鍬真之)


ジュリアナ