ブログネタ
今日は何の日? に参加中!

【独自】日航機の隔壁「警告」した内部文書入手 元事故調査官・斉藤孝一氏「初めて見た」


西日本新聞




日航ジャンボ機墜落事故


nikkkoku






「こんな文書は見たことがない。日航から報告もなかったのでは」。

1985年8月の日航ジャンボ機墜落事故から12日で丸37年。
「ミスター隔壁」とも呼ばれたベテランの元調査官、斉藤孝一氏(77)は、こう証言した。西日本新聞が入手した内部文書を読んだ反応だ。



 日付は、事故発生の約1年4カ月前。製造元の米ボーイング社から、日本国内の駐在員を介し、日本航空の技術者に渡った英文のテレックス。

事故機を含む同型機について、事故原因となった後部圧力隔壁を含む胴体部分の疲労度に懸念を示した上で、運航する日航に対し、機体を詳しくチェックする補足的な検査の「前倒し」を求めていた。

 ボ社の責任者とみられるサインも入っている。

製造元が実は、機体の安全性に疑問符をつけていた-。文書の存在は専門誌で指摘されていたものの、全文は公になっていなかった。  

運輸省航空事故調査委員会(当時)の事故調査報告書によると、日航は早期に補足検査をする計画を立てた。にもかかわらず、隔壁部分については実際に着手する前に事故が発生した、とされる。

事故調は、その経緯や計画自体については問題視していない。  果たして、着手までのタイムラグを含め、計画は妥当だったのか。

もっと早く実施できなかったのか。

何より、点検を急げば520人もの命が犠牲になった事故自体を防げたのではないか。事故の予見可能性につながる事実であるにもかかわらず、元調査官の証言通り事故調に報告がなかったとすれば、検証の機会さえ奪われたことになる。


事故機の事前の安全確認に落ち度はなかったか。“警告”は見過ごされたのか。  

テレックスは計9枚あり、1984年4月24日付。表題には「補足構造検査(SSI)に関するボーイング社の推奨事項」とある。  

日航のボーイング747-100SR機(事故と同型機、計7機)は、ボ社の推奨値より高い気圧に保つ「与圧」を行って運航しているため、機体の疲労度の進み具合を検証した結果、客室や後部圧力隔壁を含む「与圧構造部分」について、

「実行可能な、なるべく早い時期にSSIを開始すべきだ、との結論に達した」

と記されていた。

SSIの実施箇所の一つとして「後部圧力隔壁」と明示されている。  

高い与圧により、気圧が下がる上空でも地上と同等に近づければ利用客は快適に過ごせる一方、それだけ機体の耐久性は落ちる。   ボ社が文書を発信するに至ったのは、元々は、受信者となった日航の技術者が安全性を懸念し、ボ社に早期のSSIを進言したことがきっかけだったという。

(野間あり葉)

~~~~~~~~


37回目の夏です