プランナーの独り言

ブライダル業界に携わるものとして、結婚や恋愛 結婚生活などにかかわるところから、日々の話題や現在、過去のお世話させていただいた方のエピソード 業界の問題点などなど 人との関わりを踏まえて綴ります。

カテゴリ: 混沌

正直に言って湯川さんの意見には胸糞悪い。
私も障がい者だが、、、 障がい者が道具になるようなこのような考えは許せない。

当選した2人が自分の意思を出すのが国会だ、あたかも 山本太郎氏が 議場に入って見聞きして考えたことをその二人の議員に発信させようとするなら、全くをもって2人を道具にしたに過ぎない。






BBC NEWS JAPAN

重度障害のれいわ2議員、車椅子で初登院 国会中央玄関にスロープ



参院選後初の臨時国会が1日に開かれ、れいわ新選組から初当選した、重度の身体障害のある参議院議員2人が大型の車いすで初登院した。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者で、れいわ新選組の特定枠1位となった舩後(ふなご)靖彦議員(61)と、同2位で脳性まひを患う木村英子議員(54)の参議院当選は、障害を持つ日本国民を代表する重要な一歩とされている。

2人は議員活動するにあたり付添人の介助が必要なため、国会は議事堂をバリアフリーにするなど、受け入れ態勢を整備した。

両議員が国会議事堂の中央玄関に設置されたスロープを通り、議席に着くと、支援者から歓声が上がった。

舩後氏と木村氏とは

舩後氏は2000年、42歳でルー・ゲーリック病としても知られるALSと診断され、徐々に手足が動かなくなっていった。会話は、指やしわなどの動きを拾い上げるコンピュータ・システムを使い、介助者を通じて行なわれる。


当選が決まった7月21日には、「この瞬間が来たことに胸がいっぱい。弱々しく見える僕ですが、根性だけは人一倍。命がけなのですから」と、舩後氏のコメントを介助者が代読した。

木村氏は、生後8カ月のときに歩行器ごと玄関から転落した。右手を除き、首から下を自由に動かせないが、長年、障害がある人の社会参加拡大のため長年取り組んできた。

2人が出馬した党は?

舩後議員と木村議員は共に、俳優出身の前参議院議員、山本太郎氏が結成した左派の少数野党「れいわ新選組」から出馬した。

「誰も切り捨てられない社会」を作るという訴えのもと、れいわ新選組は、伝統的な日本社会で見過ごされてきたという人々を重視している。

同党からは身体障害者のほか、シングルマザーや派遣労働者が出馬した。

れいわ新選組は先の参院選で2議席を確保した。山本氏は比例候補として96万票を個人票を獲得したが、政党が優先的に当選する候補者を選べる「特定枠」で擁立した舩後氏と木村氏が当選。れいわとしての3枠目を確保できなかったため、山本氏は落選した。


どんな整備が必要?

選挙後、参議院は両議員がバリアフリーで登院できるよう議事堂の改修に着手した。

これまでにも車椅子を使う国会議員はいたものの、大型車椅子と付添人が必要な重い障害をわずらっている議員は2人が初となる。

まず議席が撤去され、リクライニング型の車椅子が入れるようになった。また、議会内で介護者が同席し、投票などを介助できるよう、院内のルールも変更された。

日本の内閣府によると、国内には963万人の障害者がいる。

日本は2020年、オリンピック(五輪)とパラリンピックを開催する。

(英語記事 Disabled lawmakers join Japan's parliament

ブログネタ
◆◇◆日々の出来事・日々思う事◆◇◆ に参加中!



吉本興業は24日、「闇営業」でギャラを受け取っていたことが確認されたとして、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之ら所属芸人11名を謹慎処分にすることを発表。

これを受け、ネット上では宮迫が7日に投稿していた謝罪ツイートに注目が集まっている。


宮迫は、所属事務所を通じて今回の騒動について「そういった場所へ足を運んでしまい、間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております。相手が反社会勢力だったということは、今回の報道で初めて知ったことであり、断じて繋がっていたという事実はないことはご理解いただきたいです」と謝罪。

また、「詐欺集団、そのパーティーに出演し盛り上げている自身の動画を目の当たりにして、情けなく、気づけなかった自身の認識の甘さに反省しかございません。どれぐらいの期間になるか分かりませんが、謹慎という期間を無駄にせず、皆さんのお役に立てる人間になれるよう精進したいと思います」

とコメントした。

謹慎処分を受け、ネット上では「謹慎とか甘いな」と厳しい批判の声が目立つ。中には、「宮迫に忖度しているのではないか」「解雇すべき」との声も。

しらべぇでも既報のとおり、お笑いコンビ・カラテカの入江慎也の闇営業が発覚した際には、自身のツイッターで「ギャラはもらっていない」「記憶が曖昧」と謝罪文のツイートを投稿していた。

しかし、今回の謝罪コメントでは金銭の受領を認めているため、「嘘つきじゃん」「謝罪はなんだったの?」との声も。スクリーンショットで謝罪していたことや、かつての「オフホワイト不倫騒動」もあってさらなる批判を集めている。

2019/06/24 17:00

和歌山
 

大阪 京都


栃木




生活・文化 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
山梨

ブログネタ
女子アナ画像 に参加中!
[川添佳穂] ブログ村キーワード

P_20190111_071401

えええ
ってな顔をしている カホちん【川添アナ】です

ミキの亜生君もこの表情

P_20190111_070957

P_20190111_071017

基幹統計不適切処理が発覚した翌日ぐらいの朝トレキーワードのコーナー

岩本アナが懇切丁寧に説明する。
1923年から行われている毎月の勤労統計

その統計結果が 私達の雇用保険や労災保険の給付の算定額になる。

P_20190111_071049
P_20190111_071700

東京の調査でその調査がちゃんと行われていない事がわかった。
P_20190111_071401

本来の賃金水準より低い資料が作成されていた
P_20190111_071351

その数がざっと2000万人 になって 数百億円の差額未払いが発生する模様
P_20190111_071332



生活・文化 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
にほんブログ村

えええそんなに??
P_20190111_071324
えええ ほんまに えええええ と言う感じの井上公造さん
P_20190111_071307
P_20190111_071225
日本のGDP算出の基礎になる数字が会っていない!! だと
P_20190111_071107
全企業調査を 三分の一の抽出調査していた。 それも従業員数の多い企業なので給料は高い。
その高い給料で計算されたのが基本になっていた。
P_20190111_071256
P_20190111_071242
P_20190111_071231

まさに国の信頼が揺らぐ!!
P_20190111_071633
厚労省の結果発表はまた出すとうが、これもどうか
P_20190111_071629
P_20190111_071629

基幹統計の問題 深まりそうです。

P_20190111_071703


ブログネタ
ちょっと困ってることってありますか? に参加中!
松江市の海岸に漂着するゴミに
韓国軍の軍用品がかなり流れ着く



DSC_1070

DSC_1069



年間 50トン 処理費用に年間300万円だそう
松江市職員の 歯がゆい という言葉には重みがある。

DSC_1068

DSC_1071

日本のメディアが韓国国防省に問い合わせるも返事はないそうだ

こういう所でも韓国とは付き合えないなーと思ってしまう。




和歌山
 

大阪 京都


栃木




生活・文化 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
山梨

ブログネタ
市民ジャーナリズム に参加中!
とある時 ちょっとしたことから ツイッターで 築地の問題でかなりのやり取りをした。



私は 一部の仲卸業者が 築地の敷地内に入って強引に営業して

更に それを応援する市民グループがいて

そのやり方に批判的なツイートをしたら

やたらガンガン突っ込まれた。

その時の後日談で

私のツイートの中の 今の築地市場のアスベスト対策費とその除去の危険性に連なって 他の方がガンガンやり取りをしていた。


その模様を↓に残しておきます。
これがスタート 
詳しく説明すると
駅を出て地上に出る階段を上がったところに
仲卸たちを応援するグループそれも 結構な年配のばーさんが、
築地市場はこっちで―す。
と誘導している。

こっちは場外市場の方に行きたいのに、、
日本人だからわかるが、 外国人観光客に片言英語で ディスカウント と言って場外では無い方に誘導していた。

これはアカンと思って 私が場外を説明したのだが

こんな事を外国人観光客にしては良くない

という内容をツイートすると

返ってきたのが 

その おばはん達を応援するような内容が返ってきた

封鎖された築地を見てもらって外国人に写真で、東京のやり方を批判してもらうには良いことだ 
というのが主張

アホか?

と言うことで かなり反論 反論 その反論の繰り返しが続いた。

Screenshot_20181121-135319
Screenshot_20181121-135333


この流れから 私が築地は老朽化してアスベスト対策費がかさむから 残す考えが理解できん

というを流すと、 そのアスベスト関連で私の及びつかないやり取りが続いてしまった。

それが↓
~~~~~~~~~~


鉄道による輸送を前提とした老朽化した建物であり、密閉性も低く、現状の食品衛生上の各関連法規も満たさないため、2001年の時点で「早く移転しろ」と言われてきた問題です


1934年(昭和9年)に建てられた築地市場についていうならば、老朽化の問題とアスベストの問題があります。それも、過去に数回対策工事が打たれ、400億円以上改修費を使ってなお、かなりのアスベスト残存があります。それもあって、消防庁(当時は自治省)からも「さっさと建て直しか移転を」と1985年に勧告された時点ですでに築50年です。

現在もなお20%近いアスベストがいまなお建物の構造に近いところで未処理のまま残ってしまっており、ぶっちゃけ移転先の地下水のベンゼン濃度を云々する前に、この建物自体が危険で違法状態であることは言うまでもありません。たぶん、ここで働いている人たちのうち数十人単位で石綿を理由にする肺癌、悪性中皮腫で死亡していると見られます。

~~~~~~~~~~




山本一郎です。八重洲生まれなので築地はあんま良く知りませんが、私自身は産廃屋の倅です。ベンゼン、フッ素大好きっ子です。

というわけで、例の築地市場の移転問題ですが、様々な問題がある中で、どうも今週にも小池百合子都知事は移転の延期をするしないで最終結論を出すと言われています。

若狭 勝衆院議員、築地移転で小池知事は週内に結論との見方示す(ホウドウキョク 16/8/26)

んで、築地移転問題については時期尚早としてあれこれ議論になっているのですが、そもそも論として、築地移転は1995年から、臨海部への移転を検討し始め、1999年、業界団体と中央卸売市場との間で、移転整備ということで意見がまとまっています。

最終的には、第七次卸売市場整備基本方針として2001年に合意が得られ、豊洲地区への移転が決定しているのに仲卸業者などの延期論で駄々をこねられて現在も起きているが築地市場の移転問題です。

しかし、本来は現在もなおああでもないこうでもないと議論していることが変です。あれから15年経ってなお、ベンゼンが出た、延期しろという話になっているのは、都民として馬鹿馬鹿しい事情が横たわっています。

第7次卸売市場整備基本方針等の策定について(説明)

さらに第8次基本方針以降も「いいから移転しろ」という話であり、鉄道による輸送を前提とした老朽化した建物であり、密閉性も低く、現状の食品衛生上の各関連法規も満たさないため、2001年の時点で「早く移転しろ」と言われてきた問題です。

■移転先のベンゼン以前に、アスベスト問題のある現築地市場

そもそも、移転問題を扱う各種報告書にもある通り、1934年(昭和9年)に建てられた築地市場についていうならば、老朽化の問題とアスベストの問題があります。それも、過去に数回対策工事が打たれ、400億円以上改修費を使ってなお、かなりのアスベスト残存があります。それもあって、消防庁(当時は自治省)からも「さっさと建て直しか移転を」と1985年に勧告された時点ですでに築50年です。現在は築後82年であり、老朽化とかなんとか言ってる以前に「危ないからとっとと移転しろ」と東京都も国土交通省も口を揃えてます。

金をかけて一部アスベスト対策処理が進められたものの、現在もなお20%近いアスベストがいまなお建物の構造に近いところで未処理のまま残ってしまっており、ぶっちゃけ移転先の地下水のベンゼン濃度を云々する前に、この建物自体が危険で違法状態であることは言うまでもありません。たぶん、ここで働いている人たちのうち数十人単位で石綿を理由にする肺癌、悪性中皮腫で死亡していると見られます。

これも本来は責任問題ですが、移転反対派の人達は1996年以降断続的に出ていたアスベストの問題についてはなぜか東京都に何か言うでもなくいままで来ています。騒ぐと築地市場が取り壊されてしまうことを恐れてのことなのでしょうか。この辺は良く分かりませんが。

ベンゼンによる土壌汚染の不安が液状化されるまで、とか言ってますが、そんなものは築地だって土壌を深く深く掘り起こせば必ず何か出ます。某お台場なんて(自粛)。だいたい東京の洲や埋め立て地で、深く掘って何も出ないはずがないじゃないですか。それが嫌なら臨海部に住むなってレベルです。液状化対策で石れきをぶち込むようですが、これはこれで建屋が沈下する恐れもあるし、気休めですよ。どうせなら、築地も深く掘りましょう。素敵な遺物がたくさん登場すると思います、元産廃屋的には。

これからまた追加調査の結果が出るそうですが、無駄ですよ。どうせベンゼンなど出るんですから。それでも、一応の対策ぐらいはしておいて、きちんと現行法に見合った食品衛生ができる仕組みさえあれば良いのではないでしょうか。移転延期してアスベストが出る築82年の老朽設備を引っ張る理由はどこにもありません。本来なら、さっさと移転すべきじゃないですか。

しかしながら、先ほどの報道でもある通り、築地市場の水産仲卸業者はその八割近くが豊洲市場への移転に反対しています。そんなにボロ市場で働きたいんでしょうか。

■築地市場の水産仲卸業者の7割以上が「債務超過で移転する金が無いだけ」

「ベンゼンが出る」「間仕切りがあって狭い」などと難癖をつけて、築地市場の水産仲卸業者が築地新市場への移転延期を求め、いまだ築82年のアスベストつき建屋で操業を継続する理由は、仲卸業者の大多数が債務超過だからです。移転反対派は現在すでに経営の苦しい台所事情に触れませんが、人気スポットであった築地市場に依存して駄目な経営をしてきた仲卸業者がそれだけあるってことです。

新市場では間仕切りの大きさ、企業の大小にかかわらず、移転費用は転居する仲卸業者が出さなければなりません。当たり前のことですが、それこそ既得権益の問題です。「築地市場に店を出していたから、その築地市場が豊洲へ移転するにあたって金を出せ」というのは筋違いですね。経営の苦しい仲卸業者に対して低利融資の制度は検討したようですが、すでに債務超過じゃ貸し付けようがないのです。それこそ、低利融資する側のコンプライアンスの問題になってしまいますからね。

問題の詳細は、すでに農林中金研究所の研究員亀岡鉱平さんの論文であらかた出ていますし、東京都も仲卸業者の代表者も書面の中ではっきりと「現行仲卸業者の経営問題について」という項目で債務超過の業者の廃業問題について記述してあります。

築地市場の豊洲移転と移転に向けた準備状況(農林中金総合研究所 農林金融2015年11月号 研究員亀岡鉱平)

(5) 市場内業者の概況

移転に関して最も慎重な立場をとってきたのは仲卸業者である。仲卸業者は,その多くが零細事業者であり,売上高3億円以下の事業者が大半である。さらにこの規模の事業者は経常赤字会社,債務超過会社の割合が高い(第5表)。仲卸業者の多くは移転時の設備投資・更新にかかる金銭的負担感を強く感じており,移転事業を仲卸業者の統廃合を進めるものとして否定的に捉えてきた。その後態度を軟化させ現在に至るものの,卸協会が当初から移転を受け入れる姿勢を示していたのとは対照的である。

つまりは、金が無いから移ろうにも移れない仲卸業者が「伝統ある築地市場を守れ」「この間仕切りでは仕事ができない」「ベンゼンで土壌汚染がある豊洲市場に移るには不安を払拭してからにしてほしい」などと主張している話を本来聞くべきではなく、むしろそのような債務超過に陥っている会社が鮮魚や青果物のような人の口に入るようなものを扱っていることは望ましくないとして廃業か破産処理をしたほうが健全ではないかとさえ思えるレベルです。

言い方は悪いですが、アパートの建て替えで次に引っ越す金もアテもない独居老人がいるようなもので、債務超過だと廃業して会社を畳むこともできないのでにっちもさっちもいかない事業者がいっぱいいるってことですよ。そんな人たちの感情論に共感して、東京都はけしからんと言い続けているのが実情なんじゃないかと思います。

そういうだらしない経営をやり続けて老朽化した築地市場に居座り続ける仲卸業者の尻馬に乗ったジャーナリストが、弱者の肩を持つ形で書いた記事はこちらです。もちろん、記事としては良くできているんですけど、肝心の債務超過に陥った事業者が7割いることはどこにも書いておらず、移転のための金が無いので移転したくてもできないという実情について全く触れていません。せっかく良いルポルタージュなのに画竜点睛を欠く塩梅なのはもったいないことです。

築地移転に約9割反対!終わらぬ東京都との攻防(ダイヤモンドオンライン 池上正樹 15/3/23)

かたや、我らが猪瀬直樹元都知事(記事執筆07年当時は副都知事)もなんか書いてます。

築地市場の豊洲移転問題 データをもとに客観的な議論を(日経BPnet 07/10/16)

突き詰めれば、この傲慢な人が都知事になった際に築地市場の移転が決着を見ているのですが、これから何かしようというところでうっかりカバンに5,000万円が入らないという歴史的なコントと、きょうび新入社員でも作らないような借用書を記者会見で披露するという大技を披露したため、すべてが止まってしまったという元凶にもなってしまっています。実に、実に、実に惜しいことです。

声に出して読みたい猪瀬直樹Tweet集(ヤフーニュース個人 山本一郎 13/5/7)

■東京都の情報開示に問題はないのか

見る限り、必要な情報はすべて開示されているように見えます。広報が足りないとか、知られていないなどの批判はあるかもしれませんが、東京都側の批判で情報開示ができていないという人は、まともにサイトも見ていない人でしょう。

豊洲市場について

新市場Q&A なるほど納得!築地市場移転

公開されている都議会資料も含めれば、特に要らんことまで開示してあるので、開示マニアも納得の状況であります。もっとも、すでに述べた通り築地市場移転問題は1995年から足掛け21年も議論しておりますので、議論し続けないと死んじゃう病気の人が関係者の中にいるのかも知れません。

09年の都議会予算案可決でも、岡田至・中央卸売市場長が「今年(09年)1月から水産・青果の仲卸業者を対象に個別面談を行い、一人ひとりの声に丁寧に耳を傾けている。引き続き、理解を得られるよう努力していく」といってて、いったい何年かけて丁寧に耳を傾け続けているのか、傾き続けた耳は7年間でどのくらい斜めになってしまったのか知りたいところではあります。

【築地移転】2010年度予算案 民・自・公で原案可決(都政新報 09/9/30)

で、築地市場の移転に反対する業者に対するヒヤリングの書類は、業者自体の状況についての関連資料が出てこないんですよ。単純に「うちは債務超過だから」みたいな具体的な経営に関わることは開示できないのかもしれませんが、金が無いからいまの築地市場が閉鎖されると仕事がなくなり困る人は、外のジャーナリストの力も使いながら「日本の食文化を守れ」とか微妙なことを言いそうな気はします。

確かに豊洲新市場は車でのアクセスや利便性の問題はかなりあるように思います。恐らくは、いざ市場が本格稼働したら大渋滞で大混乱になることは待ったなしでありましょう。

しかしながら、そもそも論になりますけど、中央卸売市場自体が必要なくなってるんじゃないですかね。

農林水産省も、中央卸売市場という機能自体が、売り手・買い手の大型化とともに衰退し、直接取引によって市場を使わず直接契約する傾向が強いことを厳しく暗示する資料を作成しています。つまりは、日本の食文化を守るのは売り手と買い手の誠意ある取引であるとするならば、それが市場を介さずともネットなり長期契約なりでカバーできてしまえば、新市場が不便な分はそれ以外の取引で埋められていくのでしょう。

卸売市場流通の現状等(農林水産省 2014年12月)

その意味では、築地市場を守るという話は、ある意味で廃れていく駅前商店街のシャッター街化を防ぐかどうかや、跡継ぎのいない商店主が債務超過なので廃業するにできない現象と極めて似ています。築地市場の移転を延期しても、二度と、賑わいは戻ることはなく、彼らの懐は暖まらないのです。その中で、ジオン軍のようにあと三年は戦えると嘯く必要はどこにもないので、一人の都民としてはこれ以上余計な都税を浪費されることなくとっとと築地市場は潰して移転することを願っています。

蛇足ですが、買い手と売り手の大型化に取り残された築地の仲卸業者が経営の苦境に至る話は、直接類例を多数聞きました。実際に、築地市場の移転が噂された00年以降、何件か水産仲卸業者の身売りや、コマの譲渡の話がありましたが、リーズナブルに見える金額でさえ、買い手がつかなかったのは、築地で商売をやっても先がないし、後継者も作れないからでしょう。

仲卸業者に同情をするけれども、彼らが生き延びるということは、誰かが支えるということなのです。おそらくそれは都税であり、薄く広く都民や東京都で働く人や東京にある法人の負担で彼らの経営の不始末を担っていることになるので、個人的には「債務超過に陥って移転不能な仲卸業者の意見は除外して、業者の聞き取り調査をする」ほうが良いと思います。100年経っても移転反対とか言っ


豊洲市場の条例違反は 反対派 賛成派の双方でやればいい。 議会でやれば良いことだと先ほどから述べている。 ただ 築地の条例違反の中の消防法違反、特にアスベスト対策条例に未たない建物の中で従事していた方々の今後でるであろう、または過去に出てしまった中皮腫の方の損害は現存することだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P_20181120_151621

にかく 根が深い




 









にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

にほんブログ村



ブログネタ
◆◇◆日々の出来事・日々思う事◆◇◆ に参加中!




靖国放火



全く 呆れる!
中国を擁護するのもいい加減にした方がいいぞ!



ブログネタ
日記 に参加中!
日本は悪者でなくては気に入らないなら帰ってくれ!



こう思わず口から出た。

以下を読んでいただいたら また中国人が、、、、

と思うだろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本を訪れる中国人旅行客が増加しているが、多くの中国人は日本語が話せず、また日本人の多くも中国語を話せないため、初めて訪日した中国人旅行客は中国語のできる人にガイドを依頼するケースが多い。

 こうしたガイドは日本在住の中国人が務めるケースも多いのだが、この組み合わせでトラブルが起きることもあるようだ。
中国人ガイドが日本をあまりに称賛するため、中国人旅行客が
「気を悪くしてしまう」
のだという。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日本在住の中国人ガイドは日本の良さを知っているだけあって、日本の美点を称賛することもあると伝える一方、日本に対して複雑な感情を抱いている中国人旅行客のなかには「ガイドの日本賛美を耳にして、気分を悪くし、『中国に帰る』とまで言いだす人もいる」と伝えている。

 記事は、現代の日本に対する中国人の評価といえば「清潔で、秩序があって、人びとは礼儀正しい」というものだと伝え、年々増える中国人旅行客のガイドを務める中国人も日本を高く評価し、ガイド中に日本を賛美する言葉を口にするケースがあると紹介。

 こうした言葉に対し、一部の中国人は気分を害し、「自分は日本に旅行に来ているが、歴史は忘れていない」、「気分を害した! 中国に帰る」などと言いだす旅行客もいるのだという。日本と中国の間に不幸な歴史があるのは事実だが、中国人ガイドが日本を称賛しただけで立腹しては旅行が台無しになってしまう。
せっかく日本にいるのだから、客観的な目で日本を見てみれば、中国人ガイドの話が本当かどうか分かるのではないだろうか。
(編集担当:村山健二)
Searchina
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
はっきり言って そんなもん知らんわ!!
の世界である。

なんせ 日本は悪者 であるべきという観念が大嫌いです。

怒ってる



ミニーマウス ミニー 缶バッチ怒ってる ミニー 激おこミニーloungefly ラウンジフライ
ミニーマウス ミニー 缶バッチ怒ってる ミニー 激おこミニーloungefly ラウンジフライ

【中古】 俺が彼女に迫られて、妹が怒ってる? 5 / 野島けんじ / メディアファクトリー [文庫]【ネコポス発送】
【中古】 俺が彼女に迫られて、妹が怒ってる? 5 / 野島けんじ / メディアファクトリー [文庫]【ネコポス発送】

日本人の不信感 中国人の本心 来日35年の私にようやくほぼわかったこと! [ 李景芳 ]
日本人の不信感 中国人の本心 来日35年の私にようやくほぼわかったこと! [ 李景芳 ]

日本人が知りたい中国人の当たり前 中国語リーディング / 林松濤 【本】
日本人が知りたい中国人の当たり前 中国語リーディング / 林松濤 【本】








ブログネタ
話題のニュース に参加中!
鈴木砂羽



なんか 騒ぐだけ騒いで 
~~~~~~~~~~~~

Siebold Production

舞台【結婚の条件】について

連日報道をされております弊社の鳳恵弥、牧野美千子の同舞台降板につきまして、再度ご説明申し上げます。

途中経過に関しましては先日こちらにて発表させて頂きました通りとなりますが、降板は最終的に劇団主催者である江頭美智留氏より代役にての公演決定が、弊社代表関口忠相に告げられ、弊社と致しましてそれを了承した形となります。

当ホームページをご覧の皆さま、マスコミ各社の皆さまには解りづらい表記にて誤解を招きご迷惑をお掛け致しましたことお詫びを申し上げます。
~~~~~~~~~~~~

だって????

表記にて誤解?

それだけ?

~~~~~~~~
鈴木砂羽騒動 降板女優側から5時間電話「幕は開きませんよ」と迫られた…劇団主宰側
 デイリースポーツ/神戸新聞社 

女優・鈴木砂羽(44)が主演&演出を担当する舞台「結婚の条件」が13日、東京・新宿のシアターモリエールで初日を迎えた。同作は公演初日の2日前に、女優・鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)が急きょ降板して騒動となった。舞台を手掛けた「劇団クロックガールズ」の主宰者で、脚本家の江頭美智留氏(54)のマネジャーが終演後、報道陣の取材に応じ、降板に至る経緯などを説明した。

 江頭氏のマネジャーは、降板した2人の側の主張はほぼ虚言であると断言。また2人は江頭氏の“信者”と呼べるほど江頭氏を崇拝しており、演出を担った鈴木が江頭氏の書いた台詞を書き換えるなどしたことに良い感情を持っていなかった可能性も示唆した。

 騒動の発端については、2度の通し稽古を行う予定の日に、2人がネット生放送に出演するため早く終了したいと主張したことで、解散時間についての認識に双方でズレがあったことに起因すると説明。また、降板した2人には満額のギャラが払われたとの一部報道については「江頭にミスがあったことの誠意を示すという意味で、ギャランティーは満額払いたいという話があった」としつつ、「初日の幕が開くまでに振り込んで欲しいという話だったんですが、その日の晩に(2人の)ブログが上がってしまったので、『一度、前向きなお話をさせていただいてから振り込みたい』という連絡をしたら、そこで話は止まっている」と現状を語った。
~~~~~~~~~~~~~~~~



こう考えたら ばからしい騒動。

見に来るお客さんの事やっぱりほったらかしか?

2人の女優さんは どうも脚本家の江頭美智留氏の信者っぽく

事務所社長も 江頭氏とのやりとりのみが先行している。

グッディーに生出演していた時も

しきりに 演出助手の存在をよく思っていない口ぶりだった

鈴木さん付きのスタッフなので余計にそう思ったか??

のような発言。

私たちは 江頭氏には筋を通している みたいなのがアリアリだった。

前日にスケジュールが2回通しになることなんかあって当たり前だとスタジオの高橋克実さんが舞台を作る側の言い分を言った時ぐらいからなんやらだんだん引き始めた。

その前のバイキングでの ホラン千秋ちゃんのコメントにもあったように

結局 (この女優さんたちは、何かあったら途中で降りる女優さんなんだ)
というイメージがついてしまう。と言っていたが、その通りだ思う。

ホランちゃん鋭いね

そんな雰囲気も察して こんな誤解が生じたみたいな 簡単なコメントで幕引きを図ったのか?


 



赤ちゃんに優しいベルトです。 お母さんはお腹にいた時と同じ感覚かも?



コンビーフハッシュ(大きめ135gサイズ!)4個セット!1000円ポッキリ送料無料 送料込み※メール便送料無料 |コンビーフ |
コンビーフハッシュ(大きめ135gサイズ!)4個セット!1000円ポッキリ送料無料 送料込み※メール便送料無料 |コンビーフ |







ブログネタ
どうでもいい話 に参加中!
doudemoiihanashi
doudemoiihanashi

Talk about whatever

But this result does not

How stupid is doing! And you want to say

Well,-or gunwale!!!

You want to say, and

And in the end

Can I do

Become a

Here's what...

------------

Chairman of the Korea-world average great calls! "Low ping, Olympics, Japanese tourists in the Tokyo Olympics one let.
'Competition Korea young Japan companies". From the House of representatives speaker and tadamori Oshima met in

During 8 days from the House of representatives speaker and tadamori Oshima met with Ding King Hitoshi (chonsegun) of Korea National Assembly Chairman visits Japan in 6/7

Found in the testimony of seatmates were confusing the scene repeatedly said irregular 2018 PyeongChang Winter Olympics Japanese tourist who visits asked, "if less by the year 2020 in the Tokyo Olympics 1 South Koreans also let you" mentions, such as 30 days, with multiple .

It said Korea ruling party, Ding "with the Democrats' leaders also leaked dissatisfaction for Japan side"had no invitation like this last year,"talks beginning from said.

On top of that Korea's economic situation is undesirable pointed out that, since Japan's economy, by simplifying visa (Visa), Korea's youth want undertaken in Japan companies demanded.

Affected by the situation in North Korea, such as ballistic missile again pointed out that fewer Japanese tourists visited South Korea to "good". "I want to try flat PyeongChang Olympics Japanese tourists to come many. If low, let Koreans one to the Tokyo Olympic Games "and pronouncing it.

About compensation for Koreans and so-called BC criminals in the war coming to an end as the old Japan Army soldiers and civilian employees, also mentioning in the history after World War II sought initiatives you want her and doing.


Ding that request has brought this problem upon said, after meeting with Prime Minister Shinzo Abe, according to Foreign Ministry officials on the Japan side to advance international out of the ordinary.

Chair sitting Prime Minister, when meeting with Prime Minister Shinzo Abe to 5/18 Korea statement joy (Memphis and), Special Envoy of the President statement said chairs and design differ, slightly larger.

For Ding's side did care about this "Chair of the Prime Minister and the Chairman of Korea to be the same and has asked Ding's courtesy call on when prepared as Chair.

Prime Minister Shinzo Abe and Ding "apposition" by Mr. likely was aimed at directing and a Foreign Ministry official said "Sugiyama, s. d. Secretary to"Chair to want' phone rang from the Embassy of Korea. Was incapable of understanding "and talking.

------------

They have pink to be honest

Even more--bad mock-.-!
Burns
Not nice!

Matter

Is in.

t02200293_0240032013127161845
t02200293_0240032013127161845









  
blogmura_pvcount


  

 

ブログネタ
日々の話題 に参加中!
韓国の憲法裁判所から罷免を通告された朴槿恵(パク・クネ)前大統領は12日夜、青瓦台(大統領府)から退去し、ソウル市内の自宅に向かった。
韓国メディアが伝えた。
聯合ニュースは、検察当局が事情聴取を視野に朴氏に出国禁止措置を取ることも検討していると報じており、週明けにも捜査が本格化する見通し。

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170313/k00/00m/030/021000c#csidx02b03658477d49aa8ff2edc821bf014
Copyright 毎日新聞

~~~~~~~~

先ほどTVのニュースでもやっていた

韓国の大統領経験者が退任後 個人的にうける自宅等のプライバシーの保護体制が整っていないとして青瓦台に留まっていたが 先ほど自宅に向かったそうだ、
さーーーこれから検察はどう動くのやら!!
まさに混沌としてきた。

 

生活・文化 ブログランキングへ



赤ちゃんに優しいベルトです。 お母さんはお腹にいた時と同じ感覚かも?



コンビーフハッシュ(大きめ135gサイズ!)4個セット!1000円ポッキリ送料無料 送料込み※メール便送料無料 |コンビーフ |
コンビーフハッシュ(大きめ135gサイズ!)4個セット!1000円ポッキリ送料無料 送料込み※メール便送料無料 |コンビーフ |





ブログネタ
女子アナ画像 に参加中!
またまた北朝鮮がミサイルの発射をやらかした。
やらかした
まさに
やりよった。

それを スッキリ の途中で伝える岸キャスター
DSC_2411

DSC_2410
DSC_2411

そして 報道から
DSC_2409


そして 国会でも安倍首相が非難声明を語った。
DSC_2412
DSC_2413


岸キャスターが最近 名前のとおり

としてきましたね。
岸キャスターのりんは 倫ですが、、






ブログネタ
日々の出来事 4 に参加中!
春節は やっぱりグリコ前はいっぱい。というより平日やのに戎橋はいっぱい。ガチャはやっぱり人気!! #心斎橋 #ガチャ #外国人観光客 : プランナーの独り言

上の記事のとき 途中から気がついたので浚渫
なにっ? (゚Д゚≡゚д゚)エッ!? 
しゅんせつ
って 打ち込んだらこんな字が出た (つд⊂)ゴシゴシ
春節
こっちこっち

春節時に心斎橋筋や戎橋筋をかなりの外国人観光客でいっぱい歩いていた。

7524f7b7.jpg
ここどこ?どこに行く?
5c879b72.jpg
固まってるのです。
さーーーーーどこで今度待ち合わせしようか?
と相談しているのでしょう
81619876.jpg

お茶屋さんが店頭で売っている 抹茶ソフトが人気でした。
寒いけど食べる価値あり!
4a2adc5a.jpg

宇治園さん
正面看板の横の喫茶の看板がちょおとオモロイ

喫茶も 

って読んでしまった
喫茶もやってますの意味なんかな?

83900e76.jpg
大丸前はこんな感じでした

そして上記の記事の
b7fa30e5.jpg
ここへと行くわけです。

まーーーーここまではこれから載せる内容の導入部分です


 

春節も続く中国人客減 富士山麓の土産物店など悲鳴「団体客が前年の半分以下に」


1月27日から始まった中国の旧正月にあたる「春節」休暇は、2日で幕を閉じるが、山梨県の富士北麓エリアでは宿泊施設や土産物店から「客数が激減した」「爆買いがなくなった」と悲鳴が上がっている。県によると、中国人の宿泊者数は昨年10月、前年同月比49%減の3万4640人と3年2カ月ぶりにマイナスに転じ、11月も3万820人(同32%減)と落ち込みが続いている。春節期間中、日帰り客も多い大規模施設では例年並みに集客を確保したものの、“爆買い”を含め、中国人の姿はめっきり減っている。関係者は今後もこの傾向が続くのか、気をもんでいる。

 中国人客の減少の影響は春節にも出ている。外国人客が多い河口湖畔のレストランでは、「団体客が前年の半分以下に減った」と嘆く。土産物店を併設する郷土料理店も「理由は分からないが中国人客が減っているのは確実。春節後の見通しはつかない」とため息をついた。

 これらに対し、富士急ハイランド(富士吉田市)では中国人観光客向けの恒例の「春節イベント」を開催中。富士急行は「春節の来場者数は過去3年、横ばいで推移しており、今年も前年並みでは」と見込む。
 外国人客が宿泊者総数の9割近くを占める富士河口湖町のホテルのフロント担当者は、「中国人団体客が前年同期と比べ約2割減。その分は個人客を増やして補った」と苦労を明かした。

 ただ、同ホテルも昨年11月以降、中国人客を中心に宿泊客数の減少が前年比1割強の水準で続いた。「春節後は以前の状況に戻ると思う」と懸念する。

 富士河口湖町観光連盟は「団体から個人へのシフトは昨年の春節から続く傾向だ。店舗でも“爆買い”が見られなくなっている」と指摘する。

 山梨県観光企画課は「中国経済低迷による旅行離れや静岡空港の中国路線の大幅縮小などが影響している」と分析。「要因は複合している。過去のような伸びを期待するのは難しい」と今後を厳しく見通している。

 サンケイ新聞より

~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これを読んで

おおいにがっかりした

何をやっているのか?

なぜそんな事に期待して運営をしているのか?

と 思った

yahooニュースで見て 本当に驚いた

しっかり地に足をつけた運営をしてもらいたいと思った。



民芸玩具万華鏡【楽ギフ_包装】【日本のおみやげ】【日本のお土産】【外国へのお土産】【ホームステイのおみやげ】【日本土産】
民芸玩具万華鏡【楽ギフ_包装】【日本のおみやげ】【日本のお土産】【外国へのお土産】【ホームステイのおみやげ】【日本土産】

 着物ボトルウェア 侍ワインボトル/日本土産/海外土産/着物/和柄/和風/京都/ホームステイ/お礼/インテリア【バレンタイン】
着物ボトルウェア 侍ワインボトル/日本土産/海外土産/着物/和柄/和風/京都/ホームステイ/お礼/インテリア

【バレンタイン】
お寿司の時計S 掛け時計 掛時計 食品サンプル時計 誕生日プレゼント 新築祝い 結婚祝い 開店祝い おもしろ雑貨 おもしろプレゼント おりある 北欧 日本製 男性 女性 友達 友人 日本土産 海外土産
お寿司の時計S 掛け時計 掛時計 食品サンプル時計 誕生日プレゼント 新築祝い 結婚祝い 開店祝い おもしろ雑貨 おもしろプレゼント おりある 北欧 日本製 男性 女性 友達 友人 日本土産 海外土産
和歌山
 

大阪 京都


栃木

山梨

ブログネタ
ひとりごと に参加中!


東京オリンピック パラリンピックの際の受動喫煙防止強化緊急集会で問題にあがった
上記のように 一人でやっている飲食店はどうすればいいのか?

これは 飲食店の経営側の死活問題になる。

受動喫煙防止強化の法制化の基では建物内は原則禁煙と言うことだ。

これは 飲食店でも同じとの事


c55fd9cf.jpgBlogPaint
知恵を絞って考えななければならない。

と 石破氏の言葉だが、

土台無理な話だ。

私はたばこは吸わないが

喫煙は一部の部分認めないと飲食店はやってられない。


気になるのは 石破氏の言い方は いつもの通り

結局解決に向かわないのだ。

感想なのだ。

そこまで 外国に気を使う必要はないだろう。

日本の風土を損なわないようにすればいい。

【喫煙を考える】受動喫煙防止対策の強化案(1) 現実的ではない厚労省の「たたき台」

★受動喫煙防止対策の強化案(1)

2016.12.5

受動喫煙防止対策強化案(たたき台)

 2020年に開催される東京五輪・パラリンピックに向け、政府は受動喫煙防止対策の強化を急いでいる。

 近年のオリンピック開催国などと比べ対応が大きく遅れているとして日本の「スモークフリー元年」を確実に実現し、肺がん、乳幼児突然死症候群(SIDS)、虚血性心疾患などのリスクを高めるとされる受動喫煙をなくして国民の健康増進を図ろうというもの。条例化よりもさらに進めた法制化を目指す。

 そうした動きを受け厚生労働省は受動喫煙防止対策強化検討チーム・ワーキンググループを設置。防止対策の「強化案(たたき台)」を10月12日に公開した。病院や小中学校などは敷地内を全面禁煙、運動施設や大学、官公庁などは建物内禁煙、飲食店や駅・空港ビルなどは喫煙室以外の建物内禁煙とし、違反した施設の管理者や喫煙者本人には罰則を与える方針を示した。

 ワーキンググループは「たたき台」について、10月31日と11月16日の二度にわたり関係団体への公開ヒアリングを実施。詳しい説明もないままで行われた聞き取り調査に多くの団体が反発の姿勢を示すとともに、厳しい規定に「実効性に欠ける」と見直しを求めた。



爆乳ロケット! 磯山さやかCOVER DX [sabra net e-Book]【電子書籍】[ 磯山さやか ]
爆乳ロケット! 磯山さやかCOVER DX [sabra net e-Book]【電子書籍】[ 磯山さやか ]

爆乳ロケット! 磯山さやか15 [sabra net e-Book]【電子書籍】[ 磯山さやか ]
爆乳ロケット! 磯山さやか15 [sabra net e-Book]【電子書籍】[ 磯山さやか ]

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
にほんブログ村

 



6時間タイムセール


ブログネタ
日々の話題 に参加中!
新年早々にランキングがおもろいことに!!
1,2,3 位はなんとかわかるが、、
4位と5位の争いはなんや??

人気記事

1編集【卒業】下川美奈キャスターー ミヤネ屋5年9か月お...PV73コメント0TB02016-12-25 15:28ボリさん
2編集ブル中野トップ返り咲き!! 猛追は磯山さやかさんの...PV69コメント02015-05-19 00:30ボリさん
3編集結婚した女子プロレスラー7 ブル中野さん 以外も含...PV65コメント02015-01-13 02:00ボリさん
4編集ロッテリア このセットで700円超えは高くないか?...PV28コメント0TB02016-12-28 12:35ボリさん
5編集ドミノ・ピザ、クリスマスに予約混乱・原因は?説明な...PV26コメント0TB02016-12-27 12:54ボリさん
なんとなく ドミノピザはわかる。
例の件や。



ロッテリアは個人の感想やカラまーーーまーーーという感じですが! それなりに共感する方がいるのだなーーと思った。

下川キャスターは理由がよくわかる。


赤ちゃんに優しいベルトです。 お母さんはお腹にいた時と同じ感覚かも?



コンビーフハッシュ(大きめ135gサイズ!)4個セット!1000円ポッキリ送料無料 送料込み※メール便送料無料 |コンビーフ |
コンビーフハッシュ(大きめ135gサイズ!)4個セット!1000円ポッキリ送料無料 送料込み※メール便送料無料 |コンビーフ |





ブログネタ
話題のニュース に参加中!
話題のニュース

生活・文化 ブログランキングへ

癌(がん)のような存在 
チェテミンを始末するべきだ。

なんとも 現代の政治で使われそうもない言葉が実はキーワードだった。

408941c4.jpg
d7a2ec80.jpg
辺 真一(ピョンジンイル)さん
コリアレポートの代表ですが
この問題が起こってからTVで見ない日は無い

一番勉強になったのが、羽鳥さんの モーニングショーで
この内容を解説してくれた時だった。

金載圭(キムジェギュ)
韓国大統領 
朴正煕大統領を暗殺した
KCIAの部長が残した言葉だった。

1974年
文世光事件(ムン・セグァンじけん、문세광 사건)が起こった。(、
1974年8月15日大韓民国(韓国)大統領朴正煕夫人陸英修在日韓国人文世光によって射殺された事件である。)
これによって 現在の朴 槿恵大統領は相当ショックをうけた。
そんな状況下で チェテミンは巧に近づき 降霊術ができるとして 母親の言葉を聞かせるとして、傷心の彼女に取り入り 信任を得るようになったという事だ。

元々韓国の政治には見かけ政教分離しているが、占いや神事に頼る文化が残っていたそうだ。
(時代劇中にもよく巫堂と巫女《ムーダンとムニョ》が政治介入したり、意思決定に大きな力を持っていた)
私の大好きな ミシル【美室】もこれでのし上がった

当時のミシルが得た力は以下のような事だった。


「大明暦」は、劉宋・南斉の祖沖之によって編纂された太陰太陽暦の暦法で、当時、最新で最も正確な暦だったと言われている。この暦を使って、誰もできなかった雨乞いをミシルがやってのけたのだ。というよりは、雨が降る日に合わせて雨乞いの儀式に出て、いかにもミシルの雨乞いのおかげで雨を降らせたと民を錯覚させたのだ。その後もミシルは、ヨハム山の大師・ウォルチョンの力を借りて様々な予言やシャーマン的な能力を発揮し、権力を手にしていくのだ。


95229b81.jpg
あまりにチェテミンに傾倒する娘に父親の朴大統領は心配した
娘がチェテミンと部屋に入ったまま出てこず心配なった朴大統領は
金部長に 調査を命じるが、娘クネはその行動に激怒する。
もう 霊的な家族になっていると言われ結びつきを更に強くした。
そんな娘に朴大統領は徐々に娘寄りになり、本人もチェ一族との距離が近くなった。
そして クネに取り入った チェテミンは クネを利用してわからん金を集め出した。
危険性を感じた金部長は報告するが、 クネの泣きチラシの抵抗に朴大統領も納得し、
こともあろうに 金部長の報告に叱責をする。

e367d8de.jpg
正しい情報をあげろ!!と怒りましたが
正しかったんです。
実は 金載圭部長の事を ウイキペディアで調べたら 
朴大統領を暗殺した動機が載っていた


1c986b5b.png
なんと 三番目にしっかりこの件が載っている
と言うことは 当時でもこのチェ一族がかなりの介入をしていたのは 青瓦台(大統領府)では周知だったのだ。

23b27208.jpg
cd7efeeb.jpg
1979年 金部長は 朴大統領暗殺を決行する。
癌(がん)のような存在 
チェテミンを始末するべきだ。
これが彼の言い分で この時がチェ一族との縁を切る最初のチャンスだった。


1ceece58.jpg
そのあと やはり チェ一族は色んな所から目をつけられ 反対勢力や違う団体等から圧力をうけて苦境に追い込まれた。 チェ一族の解体まで望む者がいたらしいですが
ここでも 娘クネは チェ一族を擁護する。
母親を凶弾で亡くし心のすさんでいた時から精神的な支えになってくれた素晴らしい人だと、、
この時が2回目

66db5d5a.jpg

そして 3回目が 娘クネが いよいよ大統領選挙に撃ってでようかというころ
20723482.jpg
父親の代からの支援者 7人の元老達が いままでの経緯から
f351aba2.jpg

彼女に進言しにいったが 娘クネは怒った
05e35c69.jpg
そんな話をするために今まで私を支持してきたのか?
そう 至極まっとうな話でしたが、、、

103953e9.jpg
もう チェ一族とは縁を切るべき
そう 
至極まっとうなのだ。
その元老達とは2度と会わなかったそう。

b50d0668.jpg
103953e9.jpg

何回見てもそうだ。

この冷静な判断ができない人が 韓国の大統領になったのだ。

そして 今回の件で 彼女は 謝罪会見で この件も遠回しに言っていた。



국민 여러분, 저는 청와대에 들어온 이후 혹여 불미스러운 일이 생기지는 않을까 염려하여 가족 간의 교류마저 끊고 외롭게 지내왔습니다.

国民の皆様、私は青瓦台に入って以後、好ましくない事象が起きやしないかと心配して家族間の交流さえ切って孤独に過ごしてきました。

홀로 살면서 챙겨야 할 여러 개인사들을 도와줄 사람조차 마땅치 않아서 오랜 인연을 갖고 있었던 최순실 씨로부터 도움을 받게 되었고, 왕래하게 되었습니다.

一人暮しながら取りそらえなければならない様々な個人の事情を手伝ってくれる人さえおらず、長年の縁を持っていた崔順実さんから助けを得るようになり往来が始まりました。

제가 가장 힘들었던 시절에 곁을 지켜주었기 때문에 저 스스로 경계의 담장을 낮추었던 것이 사실입니다.
私が一番大変であった時代にそばに寄り添ってくれたからこそ、自らの警戒心が薄れていったというのが事実です。

돌이켜 보니 개인적 인연을 믿고 제대로 살피지 못한 나머지 주변사람들에게 엄격하지 못한 결과가 되고 말았습니다.

過去を振り返ってみると、個人的な縁を信じてまともに客観的に察することができなくなり、結果として周辺の人たちに厳格ではないという結果になってしまいました。

の会見の印象は あまりに穏やかで淡々としていた印象があった。
読み終えてから記者の方に歩み寄るシーンで驚いたのは、数名だったと思うが記者が立ち上がったところだ。
これも 韓国時代劇でよく見るシーンだった。

大王の夢 で
善徳女王が ピダムの反乱の前 政治を混乱させたのを民の前で頭を下げるシーン

根が深い木 で
世宗(イ・ド)がハングルを世に広めると民の前で
発表した時

この時 民の動きと同じ動きをしていた。
(めっそうもない 恐れ多いです)という動きだ。

まず 日本の首相が総理官邸で謝罪することがあってもそんな事はしない。

天皇陛下が会見しても しない。

と言うことは やはり旧時代の儒教精神の悪いところがそのままDNAで受け継がれているのだろうなーーーーと思うシーンだった。

振り返ってみるとやはり 

癌(がん)のような存在 
チェテミンを始末するべきだ。

と主張した
KCIA 金載圭部長のこの時が 最大のチャンスだったのだろうと思う。
この事実は 韓国の人はどう思うのだろうか?

爆乳ロケット! 磯山さやかCOVER DX [sabra net e-Book]【電子書籍】[ 磯山さやか ]
爆乳ロケット! 磯山さやかCOVER DX [sabra net e-Book]【電子書籍】[ 磯山さやか ]

爆乳ロケット! 磯山さやか15 [sabra net e-Book]【電子書籍】[ 磯山さやか ]
爆乳ロケット! 磯山さやか15 [sabra net e-Book]【電子書籍】[ 磯山さやか ]

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
にほんブログ村
和歌山
 



ブログネタ
日々のこと に参加中!
またまた こんな時期を狙ってテロ?


数時間前 トルコのロシア領事館で 殺人があったばっかり。


何か関係があるのか?

ccbb7888.jpg




クリスマスを前に 物騒や!!


 


ブログネタ
今話題のニュース に参加中!
 この件を思い出したのは 土曜日(12月10日)
サンテレビのカツヤマサヒコSHOWのゲスト 遠藤誉さんの話を聞いて
これは、、、、、、、、
と思ったのがきっかけ
 

さて、今週のカツヤマサヒコSHOW、ゲストは…
「毛沢東 日本軍と共謀した男」の著者、遠藤誉さんです。

中国建国の父として知られる毛沢東。
学校の授業としても、中国の英雄として習った人物です。

その毛沢東には、実は知られざる顔があった!?

7歳の頃、中国国内での内戦中、壮絶な体験をされた遠藤さん。
当時の記憶を語ると共に、徹底調査から明らかにした真実を
番組で語ってくださいます。

中国研究の第一人者、遠藤さんがたどり着いた真実とは!?
そして毛沢東とは、一体どんな人物だったのか、
膨大な資料から、遠藤さんが読み解きます。


内容は本当におぞましい内容だった。
遠藤さんも その中でなんとか生き延び
日本に来た後も苦しみぬいて 自殺まで考えたそうだ
しかし その後生きることを選び 実際に経験した内容を元に
取材を続け 中国共産党一党独裁の闇を語った。

その中に 共産党で決議された国民の禁止令
つまり やってはいけない事の中に
共産党の過去の間違った事を探したり指摘すること
これがはいっているそう。

これをすると犯罪になる。
なんとばかげたことか?

今回の放送で 遠藤さんが幼少時代経験した出来事は↓↓

長春包囲戦(1948年5月23日~10月19日)

毛沢東の共産党軍が 蒋介石率いる国民党軍を包囲して住民他を餓死作戦に出た。

この長春包囲戦は、国共内戦で最も悲惨な戦争であった。中国共産党の軍である人民解放軍は、国民党軍が守る長春を包囲し、冷酷に徹底的に兵糧攻め作戦を行い、餓死者が続出した。最終的に餓死者は33万人に達し、包囲された五カ月間で50万人の長春市内の人口は17万人に激減した。人民解放軍が市内に入って目にした状況は餓死者の山だったという。人民解放軍は人民を「解放」せずに、餓死させたのであった。




そして この放送を見たとき 
通州事件(つうしゅうじけん)
を思い出した。

ただこの内容はあまりに壮絶すぎるので 
気分を悪くなったら途中でやめてください。


通州事件の新聞報道

写真はクリックすると大きくなります。


 

次からの内容は 以下より引用
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2717.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
7月29日は、日本人のみならず、人類史として決して忘れてはならない「通州事件(つうしゅうじけん)」が起こった日です。

事件が発生したのは、昭和12(1937)年7月29日のことです。
ねずブロでこの事件を最初にご紹介したのは、平成21(2009)年6月のことですが、当時この事件について知る人は、限られたごく一部の人たちだけでしたし、事件そのものについても、名前を聞いた事があるくらで、それがいなかる非道行為であったかについてまで知る人は、ほとんど稀という情況でした。

いまは、かなりの人がこの通州事件の惨劇についてご存知のこととなっていますが、消された歴史を暴き、また二度と日本のみならず世界の人類史上繰り返す事があってはならない事件として、この事件は、もっと多くの人に、日本の常識、世界の常識として知っていただかなくてはならない、まだまだ拡散し続けなければならない事件であると思っています。

この事件について、公開して以降、さまざまなサイトにおいて、この通州事件などが存在しなかった、ねずのでっちあげにすぎないという説も飛び出していたようです。

けれど、この事件が実際にあったことは、冒頭に掲載した読売新聞の記事が、厳然と証明しています。
通州事件の惨劇は、私たちが考えなければならない大きな現実を教えてくれています。

ひとつは、支那人の残酷性です。
通州事件は、人類史上例をみない残虐虐殺事件です。

では、私たち日本人が、二度とこうした被害に遭わないためには、何が必要なのでしょうか。
通州事件では、船津工作といって、邦人被害について日本は全部目をつむる。それまでの支那の要望を全部受け入れる。だから仲良くしましょうという案を、日本は支那に提示しています。

ところがその和平調印の当日、大山中尉虐殺事件が起こり、第二次上海事変にまで至ってしまっています。
日本が、仲良くしようと平和を望んだことが、逆に、戦乱を招いてしまっているのです。
これは歴史の教訓といえるのではないでしょうか。

逆に、なぜこのとき通州にいた邦人が狙われ、欧州人は狙われなかったのか。
ここは、非常に大切なポイントだと思います。
「やったらやり返す」という言葉があります。
「やり返す」というのは、もちろん暴力行為ですが、やられたから「やり返した」というのは、国際社会では、正当な行為です。
欧米人は、やられたら必ずやり返します。
実にシンプルな話なのです。
だから襲われない。

もうひとつは、歴史上、支那人(その影響を受けた朝鮮人もですが)が大量に日本にやってくると、ミニ通州事件が全国いたるところで起こる、ということです。
遣唐使、遣隋使の時代、平家の時代、安土桃山時代、それらの時代のあと、日本は鎖国をしていますが、本来、交易は儲かるのです。
みんなが豊かになれるはずの交易を、なぜ日本はやめて、鎖国したのか。
その答えも、支那人、朝鮮人等の渡来人の残虐性にあります。
ミニ通州事件が、全国あちこちで起こったのです。
だから、鎖国した。

一例を申上げます。
平家は、支那、朝鮮との交易によって巨大な冨を築きました。
その源氏を倒したのは、源頼朝です。
では、なぜ坂東武者たちは、頼朝を押し立てて戦いを始めたのでしょうか。
どうして頼朝という看板が必要だったのでしょうか。
源氏だ、平家だという立て前だけでは、人は動きません。

人が、命がけで戦いまで起こそうというには、それなりの原因が必要です。
その答えも、渡来人にあります。
全国で神出鬼没で村人たちを襲い、殺戮をし、女性たちを強姦、残虐に殺害する。
通州事件で起きたような、こういう残虐な文化は日本にはありません。
それが全国あちこちで起き、犯人グループの渡来人たちは、神出鬼没で、全国をまたにかけて暴れ回る。
そうなれば、坂東武者たちは、頼朝という旗を押し立ててでも、決起せざるをえなくなる。
そしてそれをやった鎌倉幕府は、事実上の鎖国を行っています。


昨今、連日報道されているのが、殺人事件です。
毎日です。
民主党政権下で、渡来要件が緩和され、日本に大量の渡来人がやってきました。
その結果、いま、日本国内で、連日、ミニ通州事件が起こっています。
そして、これを放置すれば、次に何が起こるのか、通州事件は私たちに、たいへんおおきな警鐘を与えてくれていると思うのです。


通州事件が起こったのは、冒頭に記した通り、昭和12(1937)年7月29日のことです。
この事件が起こる3日前には廊坊事件、2日前には広安門事件が起きています。
そして半月前の7月7日には、盧溝橋事件が起きています。

なぜこの事件が起こったかといえば、それは中国共産党の策謀によるものです。

共産主義による世界革命(世界をクレムリンの支配下に置く)を標榜したコミンテルン(Communist International)は、ロシア皇帝を殺害し、ドイツ(プロイセン)皇帝を追い払い、はじめにヨーロッパ全土を共産主義の支配下におさめようとしました。

ところが欧州の列強各国は意外に手強い。
そこで欧州各国の富の源泉となっているアジアをまず共産党の支配下に置く、そのために、まずは混迷の続く支那を共産主義化することを、昭和10(1935)年の第7回コミンテルン世界大会で決定しました。
そして大量の工作員を支那に送り込み、毛沢東率いる支那共産党に莫大な経費を与え、支那の共産主義化の促進を図ったのです。

なぜこのとき支那が選ばれたのかには理由があります。
共産主義革命の基本は、「対立をあおること」です。
支那は古来、外国人が王朝を築いた国です。
つまり多民族によって住民が支配され収奪されることが常態化していた国であり、しかもその支配者であった女真族(満州族)の国家である清王朝が疲弊し、国内が混乱のルツボにありました。

ただでさえ混乱し、いわば無政府状態となって、さまざまな勢力が新たな王朝を築こうとしている、まさに混迷した情況下にある地域であり、しかもソ連と国境を接し、国土は広大で人口も多く、人が人を殺すことを何とも思わない。
悪魔が天使の顔をして入り込むのに、これほど好都合な国は他になかったのです。

この共産主義の介入に、もっとも抵抗したのが、大清帝国崩壊後、新たに統一中国を築こうとしていた辛亥革命の志士たちでした。
なかでも武力による強硬策推進派だった蒋介石は、支那国土の混迷混乱を加速させようとする共産党を嫌い、これに対して徹底的な弾圧を加えていました。

とにかく共産主義者とわかれば、片端から銃殺にしていたのです。
いま、日本軍がやったとされる暴行、殺害の証拠として使われている数々の写真の多くは、もともとはこの蒋介石率いる国民党が、共産党員を捕まえて処刑したときの写真です。
ちなみに蒋介石は、たいへんな写真好きで、国民党のこうした処刑などの「活躍」を、写真集にして多数出版もしていました。
下にある写真は、日本軍の蛮行として使われた有名な映像ですが、実際には、殺害されているのが共産党員、殺害しているのが国民党兵士です。

支那の捏造写真73


こうした国民党による大弾圧によって、毛沢東率いる支那共産党は、勢力を落とし、追いつめられ、ついに支那の奥地にある延安にまで逃げ落ち、あと一歩で完全壊滅という情況に至っていました。
これを中国共産党史では、毛沢東の「東征」などと勇ましい言葉で飾っていますが、とんでもない。
ただ逃げ落ちていただけです。

ところが、ここで皮肉なことが二つ起こりました。
ひとつは、共産主義革命のための費用です。
共産主義革命のために、莫大な工作費(軍費)をソ連からもらっていた毛沢東は、共産党が追いつめられて勢力を落とすことによって、逆に予算面では余裕がでてきていたのです。

もうひとつは、毛沢東にとって敵となる蒋介石の慢心です。
あと一歩で共産主義を壊滅できると踏んだ蒋介石は、よもやこの時点で自分が共産主義者によって拉致監禁されるなどと思ってもみませんでした。

そもそも蒋介石と、毛沢東や周恩来は、かつて孫文が大正13(1924)年に設立した黄埔軍官学校(こうほぐんかんがっこう)の蒋介石が初代校長、そのときの学校の政治部副主任が周恩来、生徒の受験面接官が毛沢東という、いわば上司と部下の関係でした。

この関係を利用して起きたのが「西安事件(せいあんじけん)」です。
「西安事件」は、昭和11(1936)年12月に、その時点の共産党の最後の本拠地である「延安」が目と鼻の先になる「西安」に、蒋介石がやってきたことに端を発します。

この頃「西安」には、地方軍閥である楊虎城(ようこじょう)がいたのですが、この男は、蒋介石も毛沢東もどちらも嫌いで、あくまで自分たちは西安で独自の軍閥でいようと粘っていたのです。
ところが「延安」に立て篭る八路軍(共産党軍)は、この時点で7万の兵力です。
国民党の20個師団と100機を越える航空機を投入すれば、あっという間に共産軍を殲滅できる。

ところが、そのための軍の進出地となる「西安」の楊虎城が「ヤダ」というのです。
しかも楊虎城は、共産軍と相互不可侵協定を結んだという。
さしもの蒋介石も、これでは戦(いくさ)になりません。
ここまで毛沢東を追いつめて、あと一歩というところで、現場の司令官が「ヤダ」では、話にならない。
そこで蒋介石は、わずかな側近だけを連れて、12月4日に「西安」の楊虎城に会いに行ったのです。

蒋介石がわずかな供回りだけを連れてやってくることを奇貨としたのが張学良(ちょうがくりょう)で、張学良は蒋介石を襲撃し、12月12日に銃撃戦のうえで、蒋介石を拉致してしまうのです。
そして蒋介石の妻である宋美齢と、その宋美齢が尊敬し敬愛してていた実兄の宋子文も同様に拉致し、そして蒋介石との間で、8項目にわたる合意を取り付けます。

【西安事件による八項目合意事項】
1 南京政府の改組、諸党派共同の救国
2 内戦の停止
3 抗日七君子の釈放
4 政治犯の釈放
5 民衆愛国運動の解禁
6 人民の政治的自由の保証
7 孫文遺嘱の遵守
8 救国会議の即時開催

この西安において、蒋介石とその妻・宋美齢、兄の宋子文との間に、どのような拷問が課せられたのかは、いまとなっては歴史の闇の中です。
ただ、この西安事件において「国共合作」がなされ、この瞬間から、蒋介石率いる国民党は、「安内攘外」と呼ばれる「まず国内の共産党を駆逐して国内を統一し、それから外国を打ち払う」という方針を捨て、国民党自体が共産党の手先へと変化しました。

日本がまったく知らずに、いまだ国民党は共産党を敵にしていると頭から何の疑いも持たずに信じ込んでいた一方側で、昭和11年の暮れには、こうした「国共合作」が成立していたわけです。
そして国民党の幹部将校に、次々に共産党の幹部たちが密かに採用され、入り込み出したのです。

こうした事前準備が整った上で、その半年後にあたる昭和12年7月7日に起きたのが、「盧溝橋事件」です。
この事件は、北京近くの盧溝橋のあたりで実弾も持たずに演習中だった日本軍めがけて実弾が発射され、これに合わせて近くにいた国民党軍にも実弾が撃ち込まれたという事件です。

普通なら、これで両軍が大衝突を起こしたところです。
実際、支那共産党は、これで日本軍と国民党軍が大衝突を起こし一気に戦乱の火ぶたが気って落されると信じ込んで、この翌日には早々に、「日本と衝突が起きた、全軍は愛国心を結集して断固日本軍に立ち向かうべし」という、俗称78通電というものを発しています。

ところがこの伝文野内容を見ると、最初の発砲ですぐに両軍が衝突したと書かれています。
実際には、発砲を受けても、日本は戦乱を回避するために、一切の反撃をしないで、じっと我慢をしていました。
ということは、これが何を意味するかというと、この78電文は、事前に準備してあった計画電文だったということです。

しかも日本は、盧溝橋にいた国民党軍と交渉を重ね、7月11日には現地の国民党軍司令官の宋哲元との間で現地停戦協定を結んでいます。
この現地停戦協定は、「松井・秦徳純停戦協定」と呼ばれるもので、その内容は、
1 国民党軍が日本軍に遺憾の意を表して責任者を処分すること
2 将来このような事件が再発しなようにすることを声明すること。
3 国民党軍が盧溝橋城郭付近から撤収すること
4 抗日団体を取締ること
等々、その内容は、全面的に国民党側が非を認め、現地から撤収するという内容です。
これで現地で、事件は解決し、まるくおさまってしまったのです。

ところがこれで困るのは、支那共産党です。
スターリンのコミンテルンからの命令は絶対です。
そのスターリンは、日本と国民党軍を衝突させろ!という。これは厳命です。

そこで、支那共産党が次に仕掛けたのが先日ご紹介した、7月25日の廊坊事件、26日の広安門事件だったわけです。
この間、二週間が経過しているのは、新たな作戦のための準備期間が必要だったことと、コミンテルンと支那共産党とのやり取りが交されていたということによるものではないかと思います。

ともあれ、こうして廊坊事件、広安門事件が起こりました。
前にも述べたし、これからも何度でも述べますが、盧溝橋事件にせよ、廊坊事件にせよ、広安門事件にせよ、いわば騙し討ちで10倍する兵員で日本に対して戦闘をしかけてきた事件です。
これだけで、日本は支那と開戦するに足る十分な理由となる事件です。

実際、第一次世界対戦にしても、第二次世界大戦にしても、ほんのわずかな衝突が、世界を巻き来んだ大規模簿な戦争に発展しています。
日本には、この時点で支那に対して大規模な軍事的攻撃を仕掛け、徹底して支那を撲滅するだけの十分過ぎるくらい十分な理由となる事件だったのです。

それでも日本は、戦争になることを避けようとしました。
当時の日本陸軍の思惑も、仮想敵国は支那ではなく、むしろその背後にいるソ連でしたし、大東亜の平和と独立を回復することこそが日本の理想とするところでもあったわけです。
日本は、支那などと戦う気は毛頭なかった。
むしろ日本陸軍に限らず、日本人の誰もが願っていたのは、支那の大地に戦乱のない平和な社会の回復そのものでしかなかったのです。
だからこそ、日本は、明らかな開戦理由となる事件が起こっても、支那の兵士たちを蹴散らしただけで、それ以上の追撃等はしませんでした。

ところが、そうした日本の姿勢が、ついに7月29日、「通州事件」をひき起こしたのです。

廊坊も、広安門も、通州も、等しく北京とその近郊です。
そして通州事件が起こる前、通州城界隈に終結したのは、廊坊や広安門で蹴散らされた支那国民党の残兵たちと、支那共産党の工作員たちでした。
その数、約3000人です。

この日の午前2時、突如、支那人たちが北京郊外50キロの地点にある通州にいた日本人居留民385名を襲撃しました。
そして223名の日本人居留民が、きわめて残虐な方法で虐殺されました。
女性はほとんど強姦されて殺害されました。
殺害方法もきわめて猟奇的な事件です。

=======
旅館の近水楼では入り口で女将らしき女性の遺体があり、着物がはがされ、銃剣で突き刺さされ、また陰部は刃物でえぐられていた。
帳場配膳室での男性の遺体は目玉をくりぬかれ上半身は蜂の巣のように突き刺されていた。
女性遺体は裸体で、局部などに刺突の跡があった。
カフェの裏で殺害された親子の子は、手の指を揃えて切断されていた。
南城門の商店の男性遺体は、胸腹の骨が露出し、内臓が散乱していた
(第2連隊歩兵隊長代理の桂鎮雄の証言 中村粲 『大東亜戦争への道』展転社)

・・・・・・
私が住んでいた北支の150マイル以内のところに、200名の男女、子供たちが住んでいたが、共産主義者によって殺された。
20名はほんの子供のような少女だった。
家から連れ出され、焼いたワイヤーで喉をつながれて、村の通りに生きたまま吊り下げられていた。
空中にぶらぶらされる拷問である。

共産党員は野蛮人のように遠吠えしながら、揺れる身体を銃弾で穴だらけにした。
日本人の友人であるかのように警護者の振りをしていた中国兵による通州の日本人男女、子供たちの虐殺は、古代から現代までを見渡して最悪の集団屠殺として歴史に記録されるだろう。

それは1937年7月29日の明け方から始まった。
そして1日中続いた。
日本人の男、女、子供は野獣のような中国兵によって追いつめられていった。
家から連れ出され、女子供はこの兵隊ギャングどもに襲い掛かられた。
それから男たちと共にゆっくりと拷問にかけられた。

酷いことには手足を切断され、彼らの同国人が彼らを発見したときには、殆どの場合、男女の区別も付かなかった。
多くの場合、死んだ犠牲者は池の中に投げ込まれていた。
水は彼らの血で赤く染まっていた。
何時間も女子供の悲鳴が家々から聞こえた。
中国兵が強姦し、拷問をかけていたのだ。

これは通州のことである。
古い町だが、中国で最も暗黒なる町の名前として何世紀の後も記されるだろう。
この血まみれの事件に380人の日本人が巻き込まれた。
しかし120人は逃げおおせた。
犯され殺された者の多くは子供であった。

この不幸なおびただしい日本人の犠牲者たちは暴行が始まって24時間以内に死んだのだが、責め苦の中で死んでいったのだ。
中国人たちは焼けたワイヤーを鼻から喉へと通し、両耳を叩いて鼓膜を破り、彼らの「助けてくれ」との叫びを聞こえなくさせた。
目玉を抉り出し、自分の拷問者を見られなくした。
アメリカ西部の開拓初期の頃のイロクォイ族もスー族もこんなことまで考案しなかった。
(中略)
こういう事件が起こっているときも、その後も、日本帝国に住む6万人の中国人は平和に生活していた。
彼らの生命や財産は、日本人たちとの渾然一体となった友好的な社会関係の中で守られていた。
私は横浜のチャイナタウンを歩いたことがある。
他の町でも遊んでいる中国人の子供を見つけた。」
(フレデリック・ヴィンセント・ウィリアムズ著『中国の戦争宣伝の内幕 -日中戦争の真実-』)
=======

この通州事件で何があったかの詳細は、調寛雅著「天皇さまが泣いてござった」に詳しい記述がありますので、末尾でご紹介します。
資料としても第一級の資料なので、是非、ご一読いただきたいと思います。

では、この通州事件のあと、日本はいったいどうしたのでしょうか。
世界中の誰がどうみても、世界史に類例のない残虐非道な事件で、邦人が殺害されたのです。
それこそ北朝鮮ではないけれど、日本は「容赦ない無慈悲かつ徹底した鉄槌を」くだしても、なんら咎められる筋合いはないといって良いくらいの事件です。

けれど日本は、それでも支那との戦争を避けようとしました。
この事件のあとの会議では、日頃意見が衝突しがちな陸軍、海軍それぞれの首脳も、当時の内閣も、全会一致で、それでも戦争を避けようという意見で一致しています。

なぜでしょう。
理由は簡単です。
当時の日本の陸軍兵力は最大で25万です。
これに対して、支那国民党は210万です。
苦しい戦いになることは自明の理です。
加えて、日本がなぜ支那に軍を進出させていたかといえば、それは支那に平和をもたらすためです。
その平和をもたらす使命をもって派遣している日本の兵が、支那で報復のための戦いをする、支那を戦乱のルツボに叩き込むというのでは、話にならないからです。

日本は、日本政府の意思として、8月4日に、支那人たちにたいへん信頼が厚い元外交官で実業家の船津辰一郎(ふなつたついちろう)を通じて蒋介石に、きわめて寛大な和平を働きかけました。
これが「船津工作」と呼ばれるものです。
その骨子は次の通りです。

(1) 塘沽(たんくう)停戦協定、梅津・何応欽(かおうきん)協定、土肥原・秦徳純協定など、
日本に有利な北支那に対する軍事協定をすべて解消する。
(2) 非武装地帯を作る。
(3) 冀東・冀東政権を解消し、南京政府の下に置く。
(4) 日本駐屯軍の兵隊は以前と同じ状況に戻す。

この4項目が何を意味するかというと、その時点で支那国民党が日本に対して希望していたすべての条件を丸呑みする、というものです。
通州事件のみならず、盧溝橋、廊坊、広安門の各事件の賠償さえ要求していません。
223名の邦人が大虐殺されるという被害に遭いながら、いっさいの賠償請求もせず、日本は、逆に支那の希望要求を、全部飲むという条件を提示したのです。

全部飲むのです。
そうなれば、もはや、支那が日本を敵視し攻撃する理由など、何もなくなります。
そうなれば、当然に、支那と日本との軍事的衝突も回避され、亡くなられた方々にはお辛いかもしれないけれど、結果としてその命が、両国の平和、それ以上に、支那の未来永劫の平和な社会建設のために役立つなら、それがいちばん良い解決の道だ、日本はそう判断したのです。

そしてこの船津工作は、8月9日は、上海市内で、日本と国民党双方の代表団が集い、相互に調印を図る段取りとなりました。

ところが、その当日に、上海で大山中尉虐殺事件が起こります。
海軍の上海陸戦隊の大山勇夫(おおやまいさお)中尉(死後大尉に昇進)が、斉藤要蔵一等水兵の運転する車で移動中に、支那国民党の保安隊に包囲され、機関銃で撃たれて死亡したのです。

自動車のわきにあった大山中尉の遺体は、多数の機関銃弾を受けていただけでなく、ご丁寧に頭を青竜刀で割られていました。
斉藤一等水兵は運転台で多数の銃弾を受けて死んでいます。

この事件の発生によって、当日予定されていた日本と国民党との和平会談はご破算になりました。
そしてこの1週間後に起きたのが、第二次上海事変です。

この大山中尉虐殺事件は、今年(2013年)1月に安倍総理がインドネシアを訪問して大歓迎され、翌日には歴史に残る名演説が行われて、日本とインドネシア両国の関係が、一気に素晴らしいものに転換しようとしたその矢先に、アルジェリアで邦人拘束事件が起きて、安倍総理が急きょ帰国、インドネシアでの演説が中止となった、そのときの情況ともよく似ています。
支那の謀略活動は、いつの時代にも常に同じパターンをとりますので、このインドネシアの件も、「もしや」と思ってしまいます。

「かつて日本が支那を侵略した」という人がいます。
けれど、歴史を冷静に振り返ってみれば、日本は北京議定書に基づいて、いわば現代で言うところの国連PKO部隊と同じカタチで支那に軍を派遣していたのです。
それを一方的に襲い、戦乱へと導こう導こうとしたのは、日本ではありません。

以下は先日行われた日本史検定講座の藤岡信勝先生の講義からの引用です。
=========
「侵略」は、英語で「aggression」です。
「aggression」は、「unprovoked attack」のことをいいます。

「attack」というのは「攻撃」です。
「provoke」は、「挑発」です。
その「provoke」に「un」が付いていますから、「挑発されないのに行われた攻撃」のことを、「aggression=侵略」というのです。

挑発されて、つまり相手が刃を突きつけてきたので、身が危ないからと反撃する。
これは「un」のつかない「provoked attack」です。
ですから「provoked attack」は、全然「侵略」ではありません。

日露戦争も、日本が先に攻撃していますけれど、あれも「provoke」されたから、正当性があるのです。
=========

盧溝橋、廊坊、広安門、通州と、日本は「provoke(挑発)」され続けました。
そしてついには、国民党が入念に戦闘準備した上海で、第二次上海事変が起こりました。
日本は「provoke(挑発)」され続けたから、「attack」したのです。

つまり、日本は、正当な攻撃を行ったのです。
このことは、通州事件の悲惨とともに、世界の歴史に銘記すべきことです。

みなさん、私たちの国は、盧溝橋、廊坊、広安門、通州と、さんざん挑発(provoke)を受けたから、戦ったのです。
そしてその都度、和平の道を探ろうと、真剣に真面目に努力し、挙げ句の果てには、通州で223人もの邦人を虐殺されるという事態まで招きながら、それでも支那の要求を全部飲むから和平を結ぼうと、譲歩までしているのです。

そして、それにも関わらず「日本が侵略した」とデタラメを喧伝され、挙げ句の果てがそれに迎合する日本人(そのほとんどはなりすまし日本人や在日朝鮮人)たちに嘘八百を刷り込まれ続けてきて、さらには多額の経済的援助金まで支那や朝鮮にふんだくられているのです。

みなさん、日本は目を覚ますべきです。
それはいつですか。いまでしょ!!

もうデタラメはうんざりです。


==========
以下に、調寛雅著「天皇さまが泣いてござった」から、「Sさんの悲劇」を転載します。
転載にあたっては、徳島の保守さんが、本から正確に文章をネット上にあげてくださったものを引用します。

・・・・・・
【Sさんの体験談】

私は大分の山の奥に産まれたんです。

すごく貧乏で小学校を卒業しないうちにすすめる人があって大阪につとめに出ることになりました。
それが普通の仕事であればいいのですけど、女としては一番いやなつらい仕事だったので、故郷に帰るということもしませんでした。

そしてこの仕事をしているうちに何度も何度も人に騙されたんです。
小学校も卒業していない私みたいなものはそれが当たり前だったかも知れません。

それがもう二十歳も半ばを過ぎますと、私の仕事のほうはあまり喜ばれないようになり、私も仕事に飽きが来て、もうどうなってもよいわいなあ、思い切って外国にでも行こうかと思っているとき、たまたまTさんという支那人と出会ったのです。

このTさんという人はなかなか面白い人で、しょっちゅうみんなを笑わしていました。
大阪には商売で来ているということでしたが、何回か会っているうち、Tさんが私に「Sさん、私のお嫁さんにならないか」と申すのです。

私は最初は冗談と思っていたので、
「いいよ。いつでもお嫁さんになってあげるよ。」と申しておったのですが、昭和七年の二月、Tさんが友人のYさんという人を連れて来て、これから結婚式をすると言うんです。

そのときは全く驚きました。
冗談と思っていたのに友人を連れて来て、これから結婚式というものですから、私は最初は本当にしなかったんです。

でも、Yさんはすごく真面目な顔をして言うのです。
「Tさんは今まで何度もあなたに結婚して欲しいと申したそうですが、あなたはいつも、ああいいよと申していたそうです。
それでTさんはあなたと結婚することを真剣に考えて、結婚の準備をしていたのです。
それで今日の結婚式はもう何もかも準備が出来ているのです。」とYさんは強い言葉で私に迫ります。

それでも私は雇い主にも相談しなくてはならないと申すと、雇い主も承知をして今日の結婚式には出ると申すし、少しばかりあった借金も全部Tさんが払っているというので、私も覚悟を決めて結婚式場に行きました。

支那の人達の結婚式があんなものであるということは初めてのことでしたので、大変戸惑いました。

でも、無事結婚式が終わりますと、すぐに支那に帰るというのです。
でも私も故郷の大分にも一度顔を出したいし、又結婚のことも知らせなくてはならない人もあると思ったのですが、Tさんはそれを絶対に許しません。

自分と結婚したらこれからは自分のものだから自分の言うことを絶対に聞けと申すのです。

それで仕方ありません。
私はTさんに従ってその年の三月に支那に渡りました。

長い船旅でしたが、支那に着いてしばらくは天津で仕事をしておりました。

私は支那語は全然出来ませんので大変苦労しましたが、でもTさんが仲を取り持ってくれましたので、さほど困ったことはありませんでした。

そのうち片言混じりではあったけれど支那語もわかるようになってまいりましたとき、Tさんが通州に行くというのです。

通州は何がいいのですかと尋ねると、あそこには日本人も沢山いて支那人もとてもいい人が多いから行くというので、私はTさんに従って通州に行くことにしたのです。

通州事件の惨劇02
通州事件04


それは昭和九年の初め頃だったのです。

Tさんが言っていたとおり、この通州には日本人も沢山住んでいるし、支那人も日本人に対して大変親切だったのです。

しかしこの支那人の人達の本当の心はなかなかわかりません。
今日はとてもいいことを言っていても明日になるとコロリと変わって悪口を一杯言うのです。

通州では私とTさんは最初学校の近くに住んでいましたが、この近くに日本軍の兵舎もあり、私はもっぱら日本軍のところに商売に行きました。

私が日本人であるということがわかると、日本の兵隊さん達は喜んで私の持っていく品物を買ってくれました。

私はTさんと結婚してからも、しばらくは日本の着物を着ることが多かったのですが、Tさんがあまり好みませんので天津の生活の終わり頃からは、支那人の服装に替えておったのです。

すっかり支那の服装が身につき支那の言葉も大分慣れてきていました。

それでもやっぱり日本の人に会うと懐かしいので日本語で喋るのです。

遠い異国で故郷の言葉に出会う程嬉しいことはありません。
日本の兵隊さんの兵舎に行ったときも、日本の兵隊さんと日本語でしゃべるととても懐かしいし又嬉しいのです。

私が支那人の服装をしているので支那人と思っていた日本の兵隊さんも、私が日本人とわかるととても喜んでくれました。

そしていろいろ故郷のことを話し合ったものでした。

そして、商売の方もうまく行くようになりました。
Tさんがやっていた商売は雑貨を主としたものでしたが、必要とあらばどんな物でも商売をします。
だから買う人にとってはとても便利なんです。

Tに頼んでおけば何でも手に入るということから商売はだんだん繁盛するようになってまいりました。
Tさんも北門のあたりまで行って日本人相手に大分商売がよく行くようになったのです。

この頃は日本人が多く住んでいたのは東の町の方でした。
私たちはTさんと一緒に西の方に住んでいましたので、東の日本人とそうしょっちゅう会うということはありませんでした。

ところが昭和十一年の春も終わろうとしていたとき、Tさんが私にこれからは日本人ということを他の人にわからないようにせよと申しますので、私が何故と尋ねますと、支那と日本は戦争をする。

そのとき私が日本人であるということがわかると大変なことになるので、日本人であるということは言わないように、そして日本人とあまりつきあってはいけないと申すのです。

私は心の中に不満が一杯だったけどTさんに逆らうことは出来ません。

それで出来るだけTさんの言うことを聞くようにしました。顔見知りの兵隊さんと道で会うとその兵隊さんが、Tさん近頃は軍の方にこないようになったが何故と尋ねられるとき程つらいことはありませんでした。

そのうちにあれだけ親日的であった通州という町全体の空気がだんだん変わって来たのです。
何か日本に対し又日本人に対してひんやりしたものを感じるようになってまいりました。
Tさんが私に日本人であるということが人にわからないようにと言った意味が何となくわかるような気がしたものでした。

そして何故通州という町がこんなに日本や日本人に対して冷たくなっただろうかということをいろいろ考えてみましたが、私にははっきりしたことがわかりませんでした。

只、朝鮮人の人達が盛んに日本の悪口や、日本人の悪口を支那の人達に言いふらしているのです。

私が日本人であるということを知らない朝鮮人は、私にも日本という国は悪い国だ、朝鮮を自分の領土にして朝鮮人を奴隷にしていると申すのです。

そして日本は今度は支那を領土にして支那人を奴隷にすると申すのです。
だからこの通州から日本軍と日本人を追い出さなくてはならない。
いや日本軍と日本人は皆殺しにしなくてはならないと申すのです。

私は思わずそんなんじゃないと言おうとしましたが、私がしゃべると日本人ということがわかるので黙って朝鮮人の言うことを聞いておりました。

そこへTさんが帰って来て朝鮮人から日本の悪口を一杯聞きました。
するとTさんはあなたも日本人じゃないかと申したのです。

するとその朝鮮人は顔色を変えて叫びました。
日本人じゃない朝鮮人だ、朝鮮人は必ず日本に復讐すると申すのです。
そして安重根という人の話を語りました。
伊藤博文という大悪人を安重根先生が殺した。
我々も支那人と一緒に日本人を殺し、日本軍を全滅させるのだと申すのです。

私は思わずぞっとせずにはおられませんでした。
なんと怖いことを言う朝鮮人だろう。
こんな朝鮮人がいると大変なことになるなあと思いました。

Tさんは黙ってこの朝鮮人の言うことを聞いて最後まで一言もしゃべりませんでした。

こんなことが何回も繰り返されているうちに、町の空気がだんだん変わってくるようになってまいったのです。
でもそんなことを日本の軍隊や日本人は全然知らないのです。

私は早くこんなことを日本人に知らせねばならないと思うけれど、Tさんは私が日本人と話すことを厳重に禁止して許しません。

私の心の中にはもやもやとしたものがだんだん大きくなって来るようでした。

道を歩いているとき日本の兵隊さんに会うと「注意して下さい」と言いたいけれど、どうしてもその言葉が出てまいりません。

目で一生懸命合図をするけど日本の兵隊さんには通じません。
私が日本人であるということは通州で知っているのはTさんの友人二、三人だけになりました。

日本の兵隊さん達もだんだん内地に帰ったり他所へ転属になったりしたので、殆ど私が日本人であるということを知らないようになりました。

そうしているうちに通州にいる冀東防共自治政府の軍隊が一寸変わったように思われる行動をするようになってまいりました。

大体この軍隊は正式の名称は保安隊といっておりましたが、町の人達は軍隊と申しておったのです。

この町の保安隊は日本軍ととても仲良くしているように見えていましたが、蒋介石が共産軍と戦うようになってしばらくすると、この保安隊の軍人の中から共産軍が支那を立派にするのだ、蒋介石というのは日本の手先だと、そっとささやくように言う人が出てまいりました。

その頃から私は保安隊の人達があまり信用出来ないようになってまいったのです。

行商に歩いていると日本人に出会います。
私はTさんから言われているのであまり口をきかないようにしていました。

すると日本人が通った後ろ姿を見ながら朝鮮人が、
「あれは鬼だ、人殺しだ、あんな奴らはいつかぶち殺してやらねばならない」と支那人達に言うのです。

最初の頃は支那人達も朝鮮人達の言うことをあまり聞きませんでしたが、何回も何回も朝鮮人がこんなことを繰り返して言うと、支那人達の表情の中にも何か険しいものが流れるようになってまいりました。

特に保安隊の軍人さん達がこの朝鮮人と同じ意味のことを言うようになってまいりますと、もう町の表情がすっかり変わってしまったように思えるようになりました。

私はあまり心配だから、あるときTさんにこんな町の空気を日本軍に知らせてやりたいと申しますと、Tさんはびっくりしたようにそんなことは絶対にいけない、絶対にしゃべったらいけないと顔色を変えて何度も言うのです。

それで私はとうとう日本軍の人たちにこうした町の空気を伝えることが出来なくなってしまったのです。

それが、昭和十一年の終わり頃になるとこうした支那人達の日本に対しての悪感情は更に深くなったようです。

それは支那のあちこちに日本軍が沢山駐屯するようになったからだと申す人達もおりますが、それだけではないようなものもあるように思われました。

私はTさんには悪かったけれど、紙一杯にこうした支那人達の動き、朝鮮人達の動きがあることを書きました。

そして最後に用心して下さいということを書いておきました。
この紙を日本軍の兵舎の中に投げ込みました。

これなら私がしゃべらなくても町の様子を日本軍が知ることが出来ると思ったからです。

こうしたことを二回、三回と続けてしてみましたが、日本軍の兵隊さん達には何も変わったことはありませんでした。

これでは駄目だと思ったので、私はこの大変険悪な空気になっていることを何とかして日本軍に知らせたいと思って、東町の方に日本人の居住区があり、その中でも近水槽というところにはよく日本の兵隊さんが行くということを聞いたので、この近水槽の裏口のほうにも三回程この投げ紙をしてみたのです。

でも何も変わったことはありません。
これは一つには私が小学校も出ていないので、字があまり上手に書けないので、下手な字を見て信用してもらえなかったかも知れません。
このとき程勉強していないことの哀れさを覚えたことはありませんでした。

昭和十二年になるとこうした空気は尚一層烈しいものになったのです。

そして上海で日本軍が敗れた、済南で日本軍が敗れた、徳州でも日本軍は敗れた、支那軍が大勝利だというようなことが公然と言われるようになってまいりました。

日に日に日本に対する感情は悪くなり、支那人達の間で、
「日本人皆殺し、日本人ぶち殺せ」と言う輿論が高まってまいりました。

その当時のよく言われた言葉に、
「日本人は悪魔だ、その悪魔を懲らしめるのは支那だ」という言葉でした。

私はそんな言葉をじっと唇をかみしめながら聞いていなくてはならなかったのです。

支那の子供達が「悪鬼やぶれて悪魔が滅ぶ」という歌を歌い、その悪鬼や悪魔を支那が滅ぼすといった歌でしたが、勿論この悪鬼悪魔は日本だったのです。

こんな耐え難い日本が侮辱されているという心痛に毎日耐えなくてはならないことは大変な苦痛でした。
しかしこんなときTさんが嵐はまもなくおさまるよ、じっと我慢しなさいよと励ましてくれたのが唯一の救いでした。

そしてその頃になるとTさんがよく大阪の話をしてくれました。
私も懐かしいのでそのTさんの言葉に相槌を打って一晩中語り明かしたこともありました。

三月の終わりでしたが、Tさんが急に日本に行こうかと言い出したのです。
私はびっくりしました。

それはあれ程に日本人としゃべるな、日本人ということを忘れろと申していたTさんが何故日本に行こうか、大阪に行こうかと言い出したかといえば、それ程当時の通州の、いや支那という国全体が日本憎しという空気で一杯になっておったからだろうと思います。

しかし日本に帰るべくTさんが日本の状況をいろいろ調べてみると、日本では支那撃つべし、支那人は敵だという声が充満していたそうです。

そんなことを知ったTさんが四月も終わりになって、
「もうしばらくこの通州で辛抱してみよう、そしてどうしても駄目なら天津へ移ろう」と言い出しました。

それで私もTさんの言うことに従うことにしたのです。
何か毎日が押付けられて、押し殺されるような出来事の連続でしたが、この天津に移ろうという言葉で幾分救われたようになりました。

来年は天津に移るということを決めて二人で又商売に励むことにしたのです。

でもこの頃の通州ではあまり商売で儲かるということは出来ないような状況になっておりました。

しかし儲かることより食べて行くことが第一だから、兎に角食べるために商売しようということになりました。

そしてこの頃から私はTさんと一緒に通州の町を東から西、北から南へと商売のため歩き回ったのです。

日本人の居住区にもよく行きました。
この日本人居留区に行くときは必ずTさんが一緒について来るのです。
そして私が日本人の方と日本語で話すことを絶対に許しませんでした。

私は日本語で話すことが大変嬉しいのです。
でもTさんはそれを許しません。

それで日本人の居留区日本人と話すときも支那語で話さなくてはならないのです。
支那語で話していると日本の人はやはり私を支那人として扱うのです。
このときはとても悲しかったのです。

それと支那人として日本人と話しているうちに特に感じたのは、日本人が支那人に対して優越感を持っているのです。
ということは支那人に対して侮蔑感を持っていたということです。

相手が支那人だから日本語はわからないだろうということで、日本人同士で話している言葉の中によく「チャンコロ」だとか、「コンゲドウ」とかいう言葉が含まれていましたが、多くの支那人が言葉ではわからなくとも肌でこうした日本人の侮蔑的態度を感じておったのです。

だからやはり日本人に対しての感情がだんだん悪くなってくるのも仕方なかったのではないかと思われます。
このことが大変悲しかったのです。

私はどんなに日本人から侮蔑されてもよいから、この通州に住んでいる支那人に対してはどうかあんな態度はとってもらいたくないと思ったのです。

でも居留区にいる日本人は日本の居留区には強い軍隊がいるから大丈夫だろうという傲りが日本人の中に見受けられるようになりました。

こうした日本人の傲りと支那人の怒りがだんだん昂じて来ると、やがて取り返しのつかないことになるということをTさんは一番心配していました。

Tさんも大阪にいたのですから、日本人に対して悪い感情はないし、特に私という日本人と結婚したことがTさんも半分は日本人の心を持っていたのです。
それだけにこの通州の支那人の日本人に対しての反日的感情の昂りには誰よりも心を痛めておったのです。

一日の仕事が終わって家に帰り食事をしていると、
「困った、困った、こんなに日本人と支那人の心が悪くなるといつどんなことが起こるかわからない」
と言うのです。

そして支那人の心がだんだん悪くなって来て、日本人の悪口を言うようになると、あれ程日本と日本人の悪口を言っていた朝鮮人があまり日本の悪口を言わないようになってまいりました。

いやむしろ支那人の日本人へ対しての怒りがだんだんひどくなってくると朝鮮人達はもう言うべき悪口がなくなったのでしょう。
それと共にあの当時は朝鮮人で日本の軍隊に入隊して日本兵になっているものもあるので、朝鮮人達も考えるようになって来たのかも知れません。

しかし五月も終わり頃になって来ると、通州での日本に対する反感はもう極点に達したようになってまいりました。

Tさんはこの頃になると私に外出を禁じました。
今まではTさんと一緒なら商売に出ることが出来たのですが、もうそれも出来ないと言うのです。

そして「危ない」「危ない」と申すのです。

それで私がTさんに何が危ないのと申すと、日本人が殺されるか、支那人が殺されるかわからない、いつでも逃げることが出来るように準備をしておくようにと申すのです。

六月になると何となく鬱陶しい日々が続いて、家の中にじっとしていると何か不安が一層増して来るようなことで、とても不安です。
だからといって逃げ出すわけにもまいりません。

そしてこの頃になると一種異様と思われる服を着た学生達が通州の町に集まって来て、日本撃つべし、支那の国から日本人を追い出せと町中を大きな声で叫びながら行進をするのです。

それが七月になると、
「日本人皆殺し」
「日本人は人間じゃない」
「人間でない日本人は殺してしまえ」
というような言葉を大声で喚きながら行進をするのです。

鉄砲を持っている学生もいましたが、大部分の学生は銃剣と青竜刀を持っていました。

そしてあれは七月の八日の夕刻のことだったと思います。

支那人達が大騒ぎをしているのです。

何であんなに大騒ぎをしているのかとTさんに尋ねてみると、北京の近くで日本軍が支那軍から攻撃を受けて大敗をして、みんな逃げ出したので支那人達があんなに大騒ぎをして喜んでいるのだよと申すのです。

私はびっくりしました。
そしていよいよ来るべきものが来たなあと思いました。

でも二、三日すると北京の近くの盧溝橋で戦争があったけれど、日本軍が負けて逃げたが又大軍をもって攻撃をして来たので大戦争になっていると言うのです。

こんなことがあったので七月も半ばを過ぎると学生達と保安隊の兵隊が一緒になって行動をするので、私はいよいよ外に出ることが出来なくなりました。

この頃でした。

上海で日本人が沢山殺されたという噂がささやかれて来ました。
済南でも日本人が沢山殺されたということも噂が流れて来ました。

蒋介石が二百万の大軍をもって日本軍を打ち破り、日本人を皆殺しにして朝鮮を取り、日本の国も占領するというようなことが真実のように伝わって来ました。

この頃になるとTさんはそわそわとして落ち着かず、私にいつでも逃げ出せるようにしておくようにと申すようになりました。
私も覚悟はしておりましたので、身の回りのものをひとまとめにしていて、いつどんなことがあっても大丈夫と言う備えだけはしておきました。

この頃通州にいつもいた日本軍の軍人達は殆どいなくなっていたのです。
どこかへ戦争に行っていたのでしょう。

通州事件の惨劇03
通州事件03


七月二十九日の朝、まだ辺りが薄暗いときでした。

突然私はTさんに烈しく起こされました。
大変なことが起こったようだ。
早く外に出ようと言うので、私は風呂敷二つを持って外に飛び出しました。

Tさんは私の手を引いて町の中をあちこちに逃げはじめたのです。
町には一杯人が出ておりました。

そして日本軍の兵舎の方から猛烈な銃撃戦の音が聞こえて来ました。

でもまだ辺りは薄暗いのです。
何がどうなっているやらさっぱりわかりません。

只、日本軍兵舎の方で炎が上がったのがわかりました。
私はTさんと一緒に逃げながら、
「きっと日本軍は勝つ。負けてたまるか」という思いが胸一杯に拡がっておりました。

でも明るくなる頃になると銃撃戦の音はもう聞こえなくなってしまったのです。
私はきっと日本軍が勝ったのだと思っていました。

それが八時を過ぎる頃になると、支那人達が、
「日本軍が負けた。日本人は皆殺しだ」と騒いでいる声が聞こえて来ました。

突然私の頭の中にカーと血がのぼるような感じがしました。
最近はあまり日本軍兵舎には行かなかったけれど、何回も何十回も足を運んだことのある懐かしい日本軍兵舎です。

私は飛んでいって日本の兵隊さんと一緒に戦ってやろう。
もう私はどうなってもいいから最後は日本の兵隊さんと一緒に戦って死んでやろうというような気持ちになったのです。

それでTさんの手を振りほどいて駆け出そうとしたら、Tさんが私の手をしっかり握って離さないでいましたが、Tさんのその手にぐんと力が入りました。
そして、
「駄目だ、駄目だ、行ってはいけない」
と私を抱きしめるのです。

それでも私が駆け出そうとするとTさんがいきなり私の頬を烈しくぶったのです。
私は思わずハッして自分にかえったような気になりました。
ハッと自分にかえった私を抱きかかえるようにして家の陰に連れて行きました。

そしてTさんは今ここで私が日本人ということがわかったらどうなるかわからないのかと強く叱るのです。

それで私も初めてああそうだったと気付いたのです。
私はTさんと結婚して支那人になっておりますが、やはり心の中には日本人であることが忘れられなかったのです。

でもあのとき誰も止める者がなかったら日本軍兵舎の中に飛び込んで行ったことでしょう。

それは日本人の血というか、九州人の血というか、そんなものが私の体の中に流れていたに違いありません。
それをTさんが止めてくれたから私は助かったのです。

通州事件の惨劇04
通州事件02


八時を過ぎて九時近くになって銃声はあまり聞こえないようになったので、これで恐ろしい事件は終わったのかとやや安心しているときです。

誰かが日本人居留区で面白いことが始まっているぞと叫ぶのです。
私の家から居留区までは少し離れていたのでそのときはあまりピーンと実感はなかったのです。

そのうち誰かが日本人居留区では女や子供が殺されているぞというのです。
何かぞーっとする気分になりましたが、恐ろしいものは見たいというのが人間の感情です。

私はTさんの手を引いて日本人居留区の方へ走りました。

そのとき何故あんな行動に移ったかというと、それははっきり説明は出来ません。
只何というか、本能的なものではなかったかと思われます。
Tさんの手を引いたというのもあれはやはり夫婦の絆の不思議と申すべきでしょうか。

日本人居留区が近付くと何か一種異様な匂いがして来ました。
それは先程銃撃戦があった日本軍兵舎が焼かれているのでその匂いかと思いましたが、それだけではありません。
何か生臭い匂いがするのです。
血の匂いです。
人間の血の匂いがして来るのです。

しかしここまで来るともうその血の匂いが当たり前だと思われるようになっておりました。
沢山の支那人が道路の傍らに立っております。
そしてその中にはあの黒い服を着た異様な姿の学生達も交じっています。
いやその学生達は保安隊の兵隊と一緒になっているのです。

そのうち日本人の家の中から一人の娘さんが引き出されて来ました。
十五才か十六才と思われる色の白い娘さんでした。

その娘さんを引き出して来たのは学生でした。
そして隠れているのを見つけてここに引き出したと申しております。

その娘さんは恐怖のために顔が引きつっております。
体はぶるぶると震えておりました。

その娘さんを引き出して来た学生は何か猫が鼠を取ったときのような嬉しそうな顔をしておりました。
そしてすぐ近くにいる保安隊の兵隊に何か話しておりました。

保安隊の兵隊が首を横に振ると学生はニヤリと笑ってこの娘さんを立ったまま平手打ちで五回か六回か殴りつけました。

そしてその着ている服をいきなりバリバリと破ったのです。

支那でも七月と言えば夏です。暑いです。
薄い夏服を着ていた娘さんの服はいとも簡単に破られてしまったのです。

すると雪のように白い肌があらわになってまいりました。
娘さんが何か一生懸命この学生に言っております。

しかし学生はニヤニヤ笑うだけで娘さんの言うことに耳を傾けようとはしません。

娘さんは手を合わせてこの学生に何か一生懸命懇願しているのです。
学生の側には数名の学生と保安隊の兵隊が集まっていました。

そしてその集まった学生達や保安隊の兵隊達は目をギラギラさせながら、この学生が娘さんに加えている仕打ちを見ているのです。

学生はこの娘さんをいきなり道の側に押し倒しました。
そして下着を取ってしまいました。

娘さんは「助けてー」と叫びました。

と、そのときです。

一人の日本人の男性がパアッと飛び出して来ました。
そしてこの娘さんの上に覆い被さるように身を投げたのです。

恐らくこの娘さんのお父さんだったでしょう。

すると保安隊の兵隊がいきなりこの男の人の頭を銃の台尻で力一杯殴りつけたのです。

何かグシャッというような音が聞こえたように思います。
頭が割られたのです。

でもまだこの男の人は娘さんの身体の上から離れようとしません。
保安隊の兵隊が何か言いながらこの男の人を引き離しました。

娘さんの顔にはこのお父さんであろう人の血が一杯流れておりました。
この男の人を引き離した保安隊の兵隊は再び銃で頭を殴りつけました。

パーッと辺り一面に何かが飛び散りました。恐らくこの男の人の脳髄だったろうと思われます。

そして二、三人の兵隊と二、三人の学生がこの男の人の身体を蹴りつけたり踏みつけたりしていました。
服が破けます。
肌が出ます。
血が流れます。
そんなことお構いなしに踏んだり蹴ったりし続けています。

そのうちに保安隊の兵隊の一人が銃に付けた剣で腹の辺りを突き刺しました。
血がパーッと飛び散ります。

その血はその横に気を失ったように倒されている娘さんの身体の上にも飛び散ったのです。

腹を突き刺しただけではまだ足りないと思ったのでしょうか。今度は胸の辺りを又突き刺します。
それだけで終わるかと思っていたら、まだ足りないのでしょう。
又腹を突きます。
胸を突きます。
何回も何回も突き刺すのです。

沢山の支那人が見ているけれど「ウーン」とも「ワー」とも言いません。
この保安隊の兵隊のすることをただ黙って見ているだけです。

その残酷さは何に例えていいかわかりませんが、悪鬼野獣と申しますか。
暴虐無惨と申しましょうか。
あの悪虐を言い表す言葉はないように思われます。

この男の人は多分この娘さんの父親であるだろうが、この屍体を三メートル程離れたところまで丸太棒を転がすように蹴転がした兵隊と学生達は、この気を失っていると思われる娘さんのところにやってまいりました。

この娘さんは既に全裸になされております。
そして恐怖のために動くことが出来ないのです。

その娘さんのところまで来ると下肢を大きく拡げました。
そして陵辱をはじめようとするのです。

支那人とは言へ、沢山の人達が見ている前で人間最低のことをしようというのだから、これはもう人間のすることとは言えません。

ところがこの娘さんは今まで一度もそうした経験がなかったからでしょう。
どうしても陵辱がうまく行かないのです。

すると三人程の学生が拡げられるだけこの下肢を拡げるのです。

そして保安隊の兵隊が持っている銃を持って来てその銃身の先でこの娘さんの陰部の中に突き込むのです。

こんな姿を見ながらその近くに何名もの支那人がいるのに止めようともしなければ、声を出す人もおりません。

ただ学生達のこの惨行を黙って見ているだけです。
私とTさんは二十メートルも離れたところに立っていたのでそれからの惨行の仔細を見ることは出来なかったのですが、と言うよりとても目を開けて見ておることが出来なかったのです。

私はTさんの手にしっかりとすがっておりました。
目をしっかりつぶっておりました。

するとギャーッという悲鳴とも叫びとも言えない声が聞こえました。
私は思わずびっくりして目を開きました。

するとどうでしょう。保安隊の兵隊がニタニタ笑いながらこの娘さんの陰部を切り取っているのです。
何ということをするのだろうと私の身体はガタガタと音を立てる程震えました。
その私の身体をTさんがしっかり抱きしめてくれました。
見てはいけない。
見まいと思うけれど目がどうしても閉じられないのです。

ガタガタ震えながら見ているとその兵隊は今度は腹を縦に裂くのです。
それから剣で首を切り落としたのです。

その首をさっき捨てた男の人の屍体のところにポイと投げたのです。
投げられた首は地面をゴロゴロと転がって男の人の屍体の側で止まったのです。
若しこの男の人がこの娘さんの親であるなら、親と子がああした形で一緒になったのかなあと私の頭のどこかで考えていました。

そしてそれはそれでよかったのだと思ったのです。
しかしあの残虐極まりない状況を見ながら何故あんなことを考えたのか私にはわかりませんでした。

そしてこのことはずーっとあとまで私の頭の中に残っていた不思議のことなのです。

私は立っていることが出来ない程疲れていました。
そして身体は何か不動の金縛りにされたようで動くことが出来ません。

この残虐行為をじっと見つめていたのです。
腹を切り裂かれた娘さんのおなかからはまだゆっくり血が流れ出しております。
そしてその首はないのです。

何とも異様な光景です。
想像も出来なかった光景に私の頭は少し狂ってしまったかも知れません。

ただこうした光景を自分を忘れてじっと見ているだけなのです。
そうしたときTさんが「おい」と抱きしめていた私の身体を揺すりました。

私はハッと自分にかえりました。
すると何か私の胃が急に痛み出しました。
吐き気を催したのです。

通州事件の惨劇05
通州事件01


道端にしゃがみ込んで吐こうとするけれど何も出てきません。
Tさんが私の背を摩ってくれるけれど何も出て来ないのです。

でも胃の痛みは治まりません。「うーん」と唸っているとTさんが「帰ろうか」と言うのです。

私は家に早く帰りたいと思いながら首は横に振っていたのです。
怖いもの見たさという言葉がありますが、このときの私の気持ちがこの怖いもの見たさという気持ちだったかも知れません。

私が首を横に振るのでTさんは仕方なくでしょう私の身体を抱きながら日本人居留区の方に近付いて行ったのです。

私の頭の中はボーとしているようでしたが、あの残酷な光景は一つ一つ私の頭の中に刻みつけられたのです。

私はTさんに抱きかかえられたままでしたが、このことが異様な姿の学生や保安隊の兵隊達から注目されることのなかった大きな原因ではないかと思われるのです。

若し私がTさんという人と結婚はしていても日本人だということがわかったら、きっと学生や兵隊達は私を生かしてはいなかった筈なのです。

しかし支那人のTさんに抱きかかえられてよぼよぼと歩く私の姿の中には学生や兵隊達が注目する何ものもなかったのです。
だから黙って通してくれたと思います。

日本人居留区に行くともっともっと残虐な姿を見せつけられました。
殆どの日本人は既に殺されているようでしたが、学生や兵隊達はまるで狂った牛のように日本人を探し続けているのです。

あちらの方で「日本人がいたぞ」という大声で叫ぶものがいるとそちらの方に学生や兵隊達がワーッと押し寄せて行きます。

私もTさんに抱きかかえられながらそちらに行ってみると、日本人の男の人達が五、六名兵隊達の前に立たされています。

そして一人又一人と日本の男の人が連れられて来ます。
十名程になったかと思うと学生と兵隊達が針金を持って来て右の手と左の手を指のところでしっかりくくりつけるのです。

そうして今度は銃に付ける剣を取り出すとその男の人の掌をグサッと突き刺して穴を開けようとするのです。

痛いということを通り越しての苦痛に大抵の日本の男の人達が「ギャーッ」と泣き叫ぶのです。
とても人間のすることではありません。

悪魔でもこんな無惨なことはしないのではないかと思いますが、支那の学生や兵隊はそれを平気でやるのです。
いや悪魔以上というのはそんな惨ったらしいことしながら学生や兵隊達はニタニタと笑っているのです。

日本人の常識では到底考えられないことですが、日本人の常識は支那人にとっては非常識であり、その惨ったらしいことをすることが支那人の常識だったのかと初めてわかりました。

集められた十名程の日本人の中にはまだ子供と思われる少年もいます。
そして六十歳を越えたと思われる老人もいるのです。

支那では老人は大切にしなさいと言われておりますが、この支那の学生や兵隊達にとっては日本の老人は人間として扱わないのでしょう。

この十名近くの日本の男の人達の手を針金でくくり、掌のところを銃剣で抉りとった学生や兵隊達は今度は大きな針金を持って来てその掌の中に通すのです。

十人の日本の男の人が数珠繋ぎにされたのです。

こうしたことをされている間日本の男の人達も泣いたり喚いたりしていましたが、その光景は何とも言い様のない異様なものであり、五十年を過ぎた今でも私の頭の中にこびりついて離れることが出来ません。

そしてそれだけではなかったのです。

学生と兵隊達はこの日本の男の人達の下着を全部取ってしまったのです。
そして勿論裸足にしております。

その中で一人の学生が青竜刀を持っておりましたが、二十才前後と思われる男のところに行くと足を拡げさせました。

そしてその男の人の男根を切り取ってしまったのです。
この男の人は「助けてー」と叫んでいましたが、そんなことはお構いなしにグサリと男根を切り取ったとき、この男の人は「ギャッ」と叫んでいましたがそのまま気を失ったのでしょう。

でも倒れることは出来ません。

外の日本の男の人と数珠繋ぎになっているので倒れることが出来ないのです。
学生や兵隊達はそんな姿を見て「フッフッ」と笑っているのです。

私は思わずTさんにしがみつきました。
Tさんも何か興奮しているらしく、さっきよりももっとしっかり私の身体を抱いてくれました。

そして私の耳元でそっと囁くのです。
「黙って、ものを言ったらいかん」と言うのです。

勿論私はものなど言える筈もありませんから頷くだけだったのです。

そして私とTさんの周囲には何人もの支那人達がいました。
そしてこうした光景を見ているのですが、誰も何も言いません。
氷のような表情というのはあんな表情でしょうか。

兵隊や学生達がニタニタと笑っているのにこれを見守っている一般の支那人は全く無表情で只黙って見ているだけなのです。

しかしようもまあこんなに沢山支那人が集まったものだなあと思いました。
そして沢山集まった支那人達は学生や兵隊のやることを止めようともしなければ兵隊達のようにニタニタするでもなし、只黙って見ているだけです。

勿論これはいろんなことを言えば同じ支那人ではあっても自分達が何をされるかわからないという恐れもあってのことでしょうが、全くこうした学生や兵隊のすることを氷のように冷ややかに眺めているのです。

これも又異様のこととしか言いようがありません。

こんな沢山集まっている支那人達が少しづつ移動しているのです。
この沢山の人の中には男もいます。
女もいます。
私もその支那人達の女の一人としてTさんと一緒に人の流れに従って日本人居留区の方へ近付いたのです。

日本人居留区に近付いてみるといよいよ異様な空気が感ぜられます。

旭軒という食堂と遊郭を一緒にやっている店の近くまで行ったときです。
日本の女の人が二人保安隊の兵隊に連れられて出て来ました。

二人とも真っ青な顔色でした。
一人の女の人は前がはだけておりました。この女の人が何をされたのか私もそうした商売をしておったのでよくわかるのです。

しかも相当に乱暴に扱われたということは前がはだけている姿でよくわかったのです。
可哀想になあとは思ってもどうすることも出来ません。
どうしてやることも出来ないのです。
言葉すらかけてやることが出来ないのです。

二人の女の人のうちの一人は相当頑強に抵抗したのでしょう。
頬っぺたがひどく腫れあがっているのです。
いやその一部からは出血さえしております。
髪はバラバラに乱れているのです。
とてもまともには見られないような可哀想な姿です。

その二人の女の人を引っ張って来た保安隊の兵隊は頬っぺたの腫れあがっている女の人をそこに立たせたかと思うと着ているものを銃剣で前の方をパッと切り開いたのです。

女の人は本能的に手で前を押さえようとするといきなりその手を銃剣で斬りつけました。
左の手が肘のところからばっさり切り落とされたのです。

しかしこの女の人はワーンともギャーッとも言わなかったのです。
只かすかにウーンと唸ったように聞こえました。

そしてそこにバッタリ倒れたのです。

すると保安隊の兵隊がこの女の人を引きずるようにして立たせました。
そして銃剣で胸のあたりを力一杯突き刺したのです。

この女の人はその場に崩れ落ちるように倒れました。
すると倒れた女の人の腹を又銃剣で突き刺すのです。

私は思わず「やめてー」と叫びそうになりました。
その私をTさんがしっかり抱きとめて「駄目、駄目」と耳元で申すのです。

私は怒りと怖さで体中が張り裂けんばかりでした。

そのうちにこの女の人を五回か六回か突き刺した兵隊がもう一人の女の人を見てニヤリと笑いました。

そしていきなりみんなが見ている前でこの女の人の着ているものを剥ぎ取ってしまったのです。

そしてその場に押し倒したかと思うとみんなの見ている前で陵辱をはじめたのです。

人間の行為というものはもっと神聖でなくてはならないと私は思っています。

それが女の人を保安隊の兵隊が犯している姿を見ると、何といやらしい、そして何と汚らわしいものかと思わずにはおられませんでした。

一人の兵隊が終わるともう一人の兵隊がこの女の人を犯すのです。

そして三人程の兵隊が終わると次に学生が襲いかかるのです。
何人もの何人もの男達が野獣以上に汚らわしい行為を続けているのです。

私はTさんに抱きかかえられながらその姿を遠い夢の中の出来事のような思いで見続けておりました。

それが支那の悪獣どもが充分満足したのでしょう。

何人か寄っていろいろ話しているようでしたが、しばらくすると一人の兵隊が銃をかまえてこの女の人を撃とうとしたのです。

さすがに見ていた多くの支那人達がウォーという唸るような声を出しました。
この多くの支那人の唸りに恐れたのか兵隊二人と学生一人でこの女の人を引きずるように旭軒の中に連れ去りました。

そしてしばらくするとギャーという女の悲鳴が聞こえて来たのです。
恐らくは連れて行った兵隊と学生で用済みになったこの日本の女の人を殺したものと思われます。

しかしこれを見ていた支那人達はどうすることも出来ないのです。
私もTさんもどうすることも出来ないのです。

もうこんなところにはいたくない。
家に帰ろうと思ったけれどTさんが私の身体をしっかり抱いて離さないので、私はTさんに引きずられるように日本人居留区に入ったのです。

そこはもう何というか言葉では言い表されないような地獄絵図でした。
沢山の日本人が殺されています。

いやまだ殺され続けているのです。
あちこちから悲鳴に似たような声が聞こえたかと思うと、そのあとに必ずギャーッという声が聞こえて来ます。

そんなことが何回も何十回も繰り返されているのでしょう。
私は聞くまいと思うけど聞こえて来るのです。
耳を覆ってみても聞こえるのです。

又私が耳を覆っているとTさんがそんなことをしたらいけないというようにその覆った手を押さえるのです。

旭軒と近水槽の間にある松山槽の近くまで来たときです。
一人のお婆さんがよろけるように逃げて来ております。

するとこのお婆さんを追っかけてきた学生の一人が青竜刀を振りかざしたかと思うといきなりこのお婆さんに斬りかかって来たのです。

お婆さんは懸命に逃げようとしていたので頭に斬りつけることが出来ず、左の腕が肩近くのところからポロリと切り落とされました。

お婆さんは仰向けに倒れました。
学生はこのお婆さんの腹と胸とを一刺しづつ突いてそこを立ち去りました。

誰も見ていません。
私とTさんとこのお婆さんだけだったので、私がこのお婆さんのところに行って額にそっと手を当てるとお婆さんがそっと目を開きました。

そして、「くやしい」と申すのです。
「かたきをとって」とも言うのです。

私は何も言葉は出さずにお婆さんの額に手を当ててやっておりました。
「いちぞう、いちぞう」
と人の名を呼びます。

きっと息子さんかお孫さんに違いありません。
私は何もしてやれないので只黙って額に手を当ててやっているばかりでした。

するとこのお婆さんが「なんまんだぶ」と一声お念仏を称えたのです。
そして息が止まったのです。

私が西本願寺の別府の別院におまいりするようになったのはやはりあのお婆さんの最期の一声である「なんまんだぶ」の言葉が私の耳にこびりついて離れなかったからでしょう。

そうしてお婆さんの額に手を当てていると、すぐ近くで何かワイワイ騒いでいる声が聞こえて来ます。

Tさんが私の身体を抱きかかえるようにしてそちらの方に行きました。

すると支那人も沢山集まっているようですが、保安隊の兵隊と学生も全部で十名ぐらい集まっているのです。

そこに保安隊でない国民政府軍の兵隊も何名かいました。
それがみんなで集まっているのは女の人を一人連れ出して来ているのです。

何とその女の人はお腹が大きいのです。
七ヶ月か八ヶ月と思われる大きなお腹をしているのです。

学生と保安隊の兵隊、それに国民政府軍の正規の兵隊達が何かガヤガヤと言っていましたが、家の入り口のすぐ側のところに女の人を連れて行きました。

この女の人は何もしゃべれないのです。
恐らく恐怖のために口がきけなくなっていることだろうと思うのですが、その恐怖のために恐れおののいている女の人を見ると、女の私ですら綺麗だなあと思いました。

ところが一人の学生がこの女の人の着ているものを剥ぎ取ろうとしたら、この女の人が頑強に抵抗するのです。
歯をしっかり食いしばっていやいやを続けているのです。

学生が二つか三つかこの女の人の頬を殴りつけたのですが、この女の人は頑強に抵抗を続けていました。
そしてときどき「ヒーッ」と泣き声を出すのです。

兵隊と学生達は又集まって話し合いをしております。
妊娠をしている女の人にあんまり乱暴なことはするなという気運が、ここに集まっている支那人達の間にも拡がっておりました。

とそのときです。
一人の日本人の男の人が木剣を持ってこの場に飛び込んで来ました。

そして「俺の家内と子供に何をするのだ。やめろ」と大声で叫んだのです。

これで事態が一変しました。
若しこの日本の男の人が飛び込んで来なかったら、或いはこの妊婦の命は助かったかも知れませんが、この男の人の出現ですっかり険悪な空気になりました。

学生の一人が何も言わずにこの日本の男の人に青竜刀で斬りつけました。

するとこの日本の男の人はひらりとその青竜刀をかわしたのです。
そして持っていた木刀でこの学生の肩を烈しく打ちました。

学生は「ウーン」と言ってその場に倒れました。
すると今度はそこにいた支那国民政府軍の兵隊と保安隊の兵隊が、鉄砲の先に剣を付けてこの日本の男の人に突きかかって来ました。

私は見ながら日本人頑張れ、日本人頑張れと心の中に叫んでいました。
しかしそんなことは口には絶対に言えないのです。

七名も八名もの支那の兵隊達がこの男の人にジリジリと詰め寄って来ましたが、この日本の男の人は少しも怯みません。

ピシリと木刀を青眼に構えて一歩も動こうとしないのです。
私は立派だなあ、さすがに日本人だなあと思わずにはおられなかったのです。

ところが後ろに回っていた国民政府軍の兵隊が、この日本の男の人の背に向かって銃剣でサッと突いてかかりました。

するとどうでしょう。
この日本の男の人はこれもひらりとかわしてこの兵隊の肩口を木刀で烈しく打ったのです。
この兵隊も銃を落としてうずくまりました。

でもこの日本の男の人の働きもここまででした。
この国民政府軍の兵隊を烈しく日本の男の人が打ち据えたとき、よこにおった保安隊の兵隊がこの日本の男の人の腰のところに銃剣でグサリと突き刺したのです。

日本の男の人が倒れると、残っていた兵隊や学生達が集まりまして、この男の人を殴る蹴るの大乱暴を始めたのです。
日本の男の人はウーンと一度唸ったきりあとは声がありません。

これは声が出なかったのではなく出せなかったのでしょう。
日本の男の人はぐったりなって横たわりました。

それでも支那の兵隊や学生達は乱暴を続けております。
そしてあの見るも痛ましい残虐行為が始まったのです。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
私はあんな残酷な光景は見たことはありません。
これはもう人間の行為ではありません。
悪魔の行為です。
悪魔でもこんなにまで無惨なことはしないと思うのです。

頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。
このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。

目玉を抉り取ると、今度は男の人の服を全部剥ぎ取りお腹が上になるように倒しました。
そして又学生が青竜刀でこの日本の男の人のお腹を切り裂いたのです。

縦と横とにお腹を切り裂くと、そのお腹の中から腸を引き出したのです。
ずるずると腸が出てまいりますと、その腸をどんどん引っ張るのです。

人間の腸があんなに長いものとは知りませんでした。
十メートル近くあったかと思いますが、学生が何か喚いておりましたが、もう私の耳には入りません。

私はTさんにすがりついたままです。
何か別の世界に引きずり込まれたような感じでした。

地獄があるとするならこんなところが地獄だろうなあとしきりに頭のどこかで考えていました。

そうしているうちに何かワーッという声が聞こえました。ハッと目をあげてみると、青竜刀を持った学生がその日本の男の人の腸を切ったのです。

そしてそれだけではありません。
別の学生に引っ張らせた腸をいくつにもいくつにも切るのです。

一尺づつぐらい切り刻んだ学生は細切れの腸を、さっきからじっと見ていた妊婦のところに投げたのです。
このお腹に赤ちゃんがいるであろう妊婦は、その自分の主人の腸の一切れが頬にあたると「ヒーッ」と言って気を失ったのです。

その姿を見て兵隊や学生達は手を叩いて喜んでいます。
残った腸の細切れを見物していた支那人の方へ二つか三つ投げて来ました。
そしてこれはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろと申しているのです。

しかし見ていた支那人の中でこの細切れの腸を拾おうとするものは一人もおりませんでした。

この兵隊や学生達はもう人間ではないのです。
野獣か悪魔か狂竜でしかないのです。

そんな人間でない連中のやることに、流石に支那人達は同調することは出来ませんでした。
まだ見物している支那人達は人間を忘れてはいなかったのです。

そして細切れの腸をあちらこちらに投げ散らした兵隊や学生達は、今度は気を失って倒れている妊婦の方に集まって行きました。

この妊婦の方はすでにお産が始まっていたようであります。
出血も始まったのしょう。兵隊達も学生達もこんな状況に出会ったのは初めてであったでしょうが、さっきの興奮がまだ静まっていない兵隊や学生達はこの妊婦の側に集まって、何やらガヤガヤワイワイと申しておったようですが、どうやらこの妊婦の人の下着を取ってしまったようです。

そしてまさに生まれようと準備をしている赤ん坊を引き出そうとしているらしいのです。
学生や兵隊達が集まってガヤガヤ騒いでいるのではっきりした状況はわかりませんが、赤ん坊を引き出すのに何か針金のようなものを探しているようです。

とそのときこの妊婦の人が気がついたのでしょう。
フラフラと立ち上がりました。

そして一生懸命逃げようとしたのです。
見ていた支那人達も早く逃げなさいという思いは持っているけれど、それを口に出すものはなく、又助ける人もありません。さっきのこの妊婦の主人のように殺されてしまうことが怖いからです。

このフラフラと立ち上がった妊婦を見た学生の一人がこの妊婦を突き飛ばしました。
妊婦はバッタリ倒れたのです。

すると兵隊が駆け寄って来て、この妊婦の人を仰向けにしました。
するともうさっき下着は取られているので女性としては一番恥ずかしい姿なんです。

しかも妊娠七ヶ月か八ヶ月と思われるそのお腹は相当に大きいのです。
国民政府軍の兵隊と見える兵隊がつかつかとこの妊婦の側に寄って来ました。

私は何をするのだろうかと思いました。
そして一生懸命、同じ人間なんだからこれ以上の悪いことはしてくれないようにと心の中で祈り続けました。

だが支那人の兵隊にはそんな人間としての心の欠片もなかったのです。
剣を抜いたかと思うと、この妊婦のお腹をさっと切ったのです。

赤い血がパーッと飛び散りました。
私は私の目の中にこの血が飛び込んで来たように思って、思わず目を閉じました。それ程この血潮の飛び散りは凄かったのです。

実際には数十メートルも離れておったから、血が飛んで来て目に入るということはあり得ないのですが、あのお腹を切り裂いたときの血潮の飛び散りはもの凄いものでした。

妊婦の人がギャーという最期の一声もこれ以上ない悲惨な叫び声でしたが、あんなことがよく出来るなあと思わずにはおられません。

お腹を切った兵隊は手をお腹の中に突き込んでおりましたが、赤ん坊を探しあてることが出来なかったからでしょうか、もう一度今度は陰部の方から切り上げています。

そしてとうとう赤ん坊を掴み出しました。その兵隊はニヤリと笑っているのです。
片手で赤ん坊を掴み出した兵隊が、保安隊の兵隊と学生達のいる方へその赤ん坊をまるでボールを投げるように投げたのです。

ところが保安隊の兵隊も学生達もその赤ん坊を受け取るものがおりません。
赤ん坊は大地に叩きつけられることになったのです。何かグシャという音が聞こえたように思いますが、叩きつけられた赤ん坊のあたりにいた兵隊や学生達が何かガヤガヤワイワイと申していましたが、どうもこの赤ん坊は兵隊や学生達が靴で踏み潰してしまったようであります。

あまりの無惨さに集まっていた支那人達も呆れるようにこの光景を見守っておりましたが、兵隊と学生が立ち去ると、一人の支那人が新聞紙を持って来て、その新聞紙でこの妊婦の顔と抉り取られたお腹の上をそっと覆ってくれましたことは、たった一つの救いであったように思われます。

こうした大変な出来事に出会い、私は立っておることも出来ない程に疲れてしまったので、家に帰りたいということをTさんに申しましたら、Tさんもそれがいいだろうと言って二人で家の方に帰ろうとしたときです。

「日本人が処刑されるぞー」

と誰かが叫びました。この上に尚、日本人を処刑しなくてはならないのかなあと思いました。
しかしそれは支那の学生や兵隊のやることだからしょうがないなあと思ったのですが、そんなものは見たくなかったのです。

私は兎に角家に帰りたかったのです。でもTさんが行ってみようと言って私の体を日本人が処刑される場所へと連れて行ったのです。

このときになって私はハッと気付いたことがあったのです。それはTさんが支那人であったということです。
そして私は結婚式までしてTさんのお嫁さんになったのだから、そののちは支那人の嫁さんだから私も支那人だと思い込んでいたのです。

そして商売をしているときも、一緒に生活をしているときも、この気持ちでずーっと押し通して来たので、私も支那人だと思うようになっていました。
そして早く本当の支那人になりきらなくてはならないと思って今日まで来たのです。

そしてこの一、二年の間は支那語も充分話せるようになって、誰が見ても私は支那人だったのです。実際Tさんの新しい友人はみんな私を支那人としか見ていないのです。
それで支那のいろいろのことも話してくれるようになっておりました。

それが今目の前で日本人が惨ったらしい殺され方を支那人によって行われている姿を見ると、私には堪えられないものが沸き起こって来たのです。
それは日本人の血と申しましょうか、日本人の感情と申しましょうか、そんなものが私を動かし始めたのです。

それでもうこれ以上日本人の悲惨な姿は見たくないと思って家に帰ろうとしたのですが、Tさんはやはり支那人です。
私の心は通じておりません。

そんな惨いことを日本人に与えるなら私はもう見たくないとTさんに言いたかったのですが、Tさんはやはり支那人ですから私程に日本人の殺されることに深い悲痛の心は持っていなかったとしか思われません。

家に帰ろうと言っている私を日本人が処刑される広場に連れて行きました。
それは日本人居留区になっているところの東側にあたる空き地だったのです。

そこには兵隊や学生でない支那人が既に何十名か集まっていました。
そして恐らく五十名以上と思われる日本人でしたが一ヶ所に集められております。

ここには国民政府軍の兵隊が沢山おりました。
保安隊の兵隊や学生達は後ろに下がっておりました。

集められた日本人の人達は殆ど身体には何もつけておりません。
恐らく国民政府軍か保安隊の兵隊、又は学生達によって掠奪されてしまったものだと思われます。

何も身につけていない人達はこうした掠奪の被害者ということでありましょう。
そのうち国民政府軍の兵隊が何か大きな声で喚いておりました。

すると国民政府軍の兵隊も学生もドーッと後ろの方へ下がってまいりました。
するとそこには二挺の機関銃が備えつけられております。

私には初めて国民政府軍の意図するところがわかったのです。
五十数名の日本の人達もこの機関銃を見たときすべての事情がわかったのでしょう。

みんなの人の顔が恐怖に引きつっていました。
そして誰も何も言えないうちに機関銃の前に国民政府軍の兵隊が座ったのです。

引き金に手をかけたらそれが最期です。
何とも言うことの出来ない戦慄がこの広場を包んだのです。

そのときです。
日本人の中から誰かが「大日本帝国万歳」と叫んだのです。

するとこれに同調するように殆どの日本人が「大日本帝国万歳」を叫びました。
その叫び声が終わらぬうちに機関銃が火を噴いたのです。

バタバタと日本の人が倒れて行きます。
機関銃の弾丸が当たると一瞬顔をしかめるような表情をしますが、しばらくは立っているのです。

そしてしばくしてバッタリと倒れるのです。
このしばらくというと長い時間のようですが、ほんとは二秒か三秒の間だと思われます。

しかし見ている方からすれば、その弾丸が当たって倒れるまでにすごく長い時間がかかったように見受けられるのです。
そして修羅の巷というのがこんな姿であろうかと思わしめられました。

兎に角何と言い現してよいのか、私にはその言葉はありませんでした。
只呆然と眺めているうちに機関銃の音が止みました。

五十数名の日本人は皆倒れているのです。
その中からは呻き声がかすかに聞こえるけれど、殆ど死んでしまったものと思われました。

ところがです。その死人の山の中に保安隊の兵隊が入って行くのです。
何をするのだろうかと見ていると、機関銃の弾丸で死にきっていない人達を一人一人銃剣で刺し殺しているのです。

保安隊の兵隊達は、日本人の屍体を足で蹴りあげては生死を確かめ、一寸でも体を動かすものがおれば銃剣で突き刺すのです。

こんなひどいことがあってよいだろうかと思うけれどどうすることも出来ません。
全部の日本人が死んでしまったということを確かめると、国民政府軍の兵隊も、保安隊の兵隊も、そして学生達も引き上げて行きました。

するとどうでしょう。

見物しておった支那人達がバラバラと屍体のところに走り寄って行くのです。
何をするのだろうと思って見ていると、屍体を一人一人確かめながらまだ身に付いているものの中からいろいろのものを掠奪を始めたのです。

これは一体どういうことでしょう。
私には全然わかりません。

只怖いというより、こんなところには一分も一秒もいたくないと思ったので、Tさんの手を引くようにしてその場を離れました。

もう私の頭の中は何もわからないようになってしまっておったのです。
私はもう町の中には入りたくないと思って、Tさんの手を引いて町の東側から北側へ抜けようと思って歩き始めたのです。

私の家に帰るのに城内の道があったので、城内の道を通った方が近いので北門から入り近水槽の近くまで来たときです。

その近水槽の近くに池がありました。
その池のところに日本人が四、五十人立たされておりました。

あっ、またこんなところに来てしまったと思って引き返そうとしましたが、何人もの支那人がいるのでそれは出来ません。
若し私があんんなもの見たくないといって引き返したら、外の支那人達はおかしく思うに違いありません。

国民政府軍が日本人は悪人だから殺せと言っているし、共産軍の人達も日本人殺せと言っているので、通州に住む殆どの支那人が日本は悪い、日本人は鬼だと思っているに違いない。

そんなとき私が日本人の殺されるのは見ていられないといってあの場を立ち去るなら、きっと通州に住んでいる支那人達からあの人はおかしいではないかと思われる。
Tさんまでが変な目で見られるようになると困るのです。

それでこの池のところで又ジーッと、これから始まるであろう日本人虐殺のシーンを見ておかなくてはならないことになってしまったのです。

そこには四十人か五十人かと思われる日本人が集められております。
殆どが男の人ですが、中には五十を越したと思われる女の人も何人かおりました。

そしてそうした中についさっき見た手を針金で括られ、掌に穴を開けられて大きな針金を通された十人程の日本人の人達が連れられて来ました。
国民政府軍の兵隊と保安隊の兵隊、それに学生が来ておりました。

そして一番最初に連れ出された五十才くらいの日本人を学生が青竜刀で首のあたりを狙って斬りつけたのです。
ところが首に当たらず肩のあたりに青竜刀が当たりますと、その青竜刀を引ったくるようにした国民政府軍の将校と見られる男が、肩を斬られて倒れている日本の男の人を兵隊二人で抱き起こしました。

そして首を前の方に突き出させたのです。
そこにこの国民政府軍の将校と思われる兵隊が青竜刀を振り下ろしたのです。

この日本の男の人の首はコロリと前に落ちました。
これを見て国民政府軍の将校はニヤリと笑ったのです。

この落ちた日本の男の人の首を保安隊の兵隊がまるでボールを蹴るように蹴飛ばしますと、すぐそばの池の中に落ち込んだのです。
この国民政府軍の将校の人は次の日本の男の人を引き出させる、今度は青竜刀で真正面から力一杯この日本の男の人の額に斬りつけたのです。

するとこの日本の男の人の額がパックリ割られて脳髄が飛び散りました。
二人の日本の男の人を殺したこの国民政府軍の将校は手をあげて合図をして自分はさっさと引き上げたのです。

合図を受けた政府軍の兵隊や保安隊の兵隊、学生達がワーッと日本人に襲いかかりました。
四十人か五十人かの日本人が次々に殺されて行きます。

そしてその死体は全部そこにある池の中に投げ込むのです。
四十人か五十人の日本の人を殺して池に投げ込むのに十分とはかかりませんでした。

池の水は見る間に赤い色に変わってしまいました。
全部の日本人が投げ込まれたときは池の水の色は真っ赤になっていたのです。

私はもうたまりません。
Tさんの手を引いて逃げるようにその場を立ち去ろうとしました。

そして見たくはなかったけど池を見ました。
真っ赤な池です。
その池に蓮の花が一輪咲いていました。

その蓮の花を見たとき、何かあの沢山の日本の人達が蓮の花咲くみほとけの国に行って下さっているような気持ちになさしめられました。

Tさんと一緒に家に帰ると私は何も言うことが出来ません。
Tさんは一生懸命私を慰めてくれました。

しかしTさんが私を慰めれば慰めるだけ、この人も支那人だなあという気持ちが私の心の中に拡がって来ました。

昼過ぎでした。

日本の飛行機が一機飛んで来ました。
日本軍が来たと誰かが叫びました。

ドタドタと軍靴の音が聞こえて来ました。
それは日本軍が来たというもので、国民政府軍の兵隊や保安隊の兵隊、そしてあの学生達が逃げ出したのです。

悪魔も鬼も悪獣も及ばぬような残虐無惨なことをした兵隊や学生達も、日本軍が来たという誰かの知らせでまるで脱兎のように逃げ出して行くのです。
その逃げ出して行く兵隊達の足音を聞きながら、私はザマアミヤガレという気持ちではなく、何故もっと早く日本軍が来てくれなかったのかと、かえって腹が立って来ました。

実際に日本軍が来たのは翌日でした。
でも日本軍が来たというだけで逃げ出す支那兵。

とても戦争したら太刀打ち出来ない支那兵であるのに、どうしてこんなに野盗のように日本軍の目を掠めるように、このような残虐なことをしたのでしょうか。
このとき支那人に殺された日本人は三百数十名、四百名近くであったとのことです。

私は今回の事件を通して支那人がいよいよ嫌いになりました。
私は支那人の嫁になっているけど支那人が嫌いになりました。

こんなことからとうとうTさんとも別れることとなり、昭和十五年に日本に帰って来ました。

でも私の脳裏にはあの昭和十二年七月二十九日のことは忘れられません。
今でも昨日のことのように一つ一つの情景が手に取るように思い出されます。

そして往生要集に説いてある地獄は本当にあるのだなあとしみじみ思うのです。
========
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
クリックすると新しいウィンドウで開きます

 通州事件 [ 藤岡信勝 ]
通州事件 [ 藤岡信勝 ]


ブログネタ
ひとりごと に参加中!
なんとなんとやが
でも もしかして?と思っていた
やっぱりね!
でもある
また今週末 デモやな!!

おは朝より 島田アナが伝える
朴槿恵大統領側が事情聴取を拒否!!

e5edbe3b.jpg
検察は信じられない

そんなの 産経新聞の元ソウル支局長を起訴した時から信用してないわ

と言ってやりたいわ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本テレビ系(NNN) 11/21(月) 1:35配信

韓国・朴槿恵大統領の友人による国政介入疑惑で、検察は20日、朴大統領が崔順実被告らと「共謀関係にあった」と認めた。これに対し、大統領側は猛反発しており、今週とされていた事情聴取を拒否すると強調した。

 検察は、大統領の友人である崔被告と側近2人を起訴するとともに、捜査の中間発表を行った。その中で、崔被告への機密資料の流出については、大統領からの指示があったなどとし、起訴内容の「相当な部分において共謀関係にある」と認定した。

 現職大統領のため逮捕こそできないものの、容疑者と位置づけるという検察の方針に、大統領側は激しく反発した。

 大統領府報道官「(検察の)発表は全く事実でなく、客観的証拠を無視したまま、想像と推測を重ねて建てた砂上の楼閣にすぎない」

 さらに大統領府は、「偏った捜査より、弾劾裁判で責任を明らかにする方が望ましい」との考えを示唆した。

 また、大統領の弁護士も、今週とされていた事情聴取には一切応じないとし、今後は国会が設置する特別検察官の捜査に備えるとした。

 弾劾裁判は最長で6か月、特別検察官の捜査期間も最長120日。捜査への協力姿勢から、一転して、長期戦で引き延ばしを図る方針に転じたと言える。

 しかし、検察との対立構図を鮮明にしたことで、さらなる批判を呼ぶことは確実で、事態は混迷を深めている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








生活・文化 ブログランキングへ

自己ベスト更新中:侮れないお手頃寿司 藤家(大阪・福島) - livedoor Blog(ブログ)
↑ ↑ 
お寿司はかく上のごとくありたい物です。

この記事は 忽然と理由もわからず消されてしまった物を復活した物です。
消された理由はいまだにわかりません。
そこで また消されるかそのまま載せてみました。

以前も 当時の民主党にかかわる事を載せたら消されたので不思議に思っています。


市場ずし関連のことで しばらくそのままにしておいたら 沈静化すると思っていたら

また 本日(10月17日) 羽鳥慎一のモーニングショー(TV asahi)で やっていた。

昨日10月16日 快傑エミちゃんねる(ytv) でも多少扱われたが、ワサビの効能で頭の回転が速くなるということで、ゲストに来ていた上島竜平さんのリアクション芸にいいぞ ぐらいの落ちだった。

流石にもうわかる人にはわかるのかと思い沈静化を望んでいたのに、、、、

10月11日に行ったときの様子。

04e2b2f3.jpg

この日はカンパチのお造りからスタート。

a77e85e7.jpg
んんんーーーーいいぞ!!

因みに 商店街入る前では 南海なんば駅から出てきて高島屋前から渡ってきた韓国人観光客がこのとおり写真撮影。
豊丸さんの先に市場ずしがある。

0231146d.jpg

生ゲソ。 すでに一貫食べた。

27223e40.jpg

地鶏たたき
珍しく 魚じゃない系を頼んでみた。
流石に違和感を感じたが
これもありやね。

e938f140.jpg


飲み物はハイボールにチェンジ

1a8b2aa8.jpg

座った場所は いつもの右コーナー ここで 右となり。 寿司下駄に注目 ワサビが少量乗っている

e0c50ca2.jpg


その隣の方 ネタをめくって中に入れている。

85c902e0.jpg

その向こうも同じ動作

そう 韓国人旅行者が4人 全員あがりで単品を注文 そして必ず先にネタをめくっていた。
ただ 一番手前の人はウナギを注文していたので 海苔で帯巻きしていたからめくれず、上に乗せていた。
そうなるわなーー。

3341e862.jpg

5d953f0c.jpg
途中 和牛炙りを注文
メニューにはないので 隣の韓国人旅行者から何や?と騒がれていたよう。

鉄火

063dc22a.jpg
マグロ
ここの 特徴
マグロ巻きといった方がいいかも?


e7d1d7e4.jpg

そして 剣イカのレモン塩
うっすら塩の粒がまだ見える。

d25b135e.jpg

左隣の2人組 観光客。あがりと数種食べただけ 今回の騒動で興味本位で来たよう。

0946f999.jpg

これからが本題
左右のお客さんが入ってきたあと
左側に 一人男性が入ってきた。
一眼カメラを持っている。

そして注文するなり ネタをめくった。
うなぎを頼んでいたので ワサビをどうのとか言っているが、 職人のおっちゃんには またワザビくれといわれたように思ったらしい。
その時のおちゃんの様子はけっこうあたふた。

そのの様子は↓




このとき 別で二人 左のパープルのシャツの向こう側に入ってきた韓国人もすぐ その系統の取材やとわかるような出で立ちの男性だった。

左隣のカメラを持っている人は セットメニューを途中で要望したので 私がレジ横の壁に貼ってあるセットメニューの写真を見に行くように勧めると、後から入ってきた韓国人の後ろを通って見に行った。
そして 松竹梅でいうところの 竹にあたる真ん中のを頼んだ。

そして 店長がネタケースの上に寿司下駄を乗せて握っているところをいきなり撮りだした。
店長は NO  NO  寿司オンリー と言った。

それは了解した。
そして そのセットの寿司下駄が置かれたとき 上のツイートにあるやり取りがあった。
ワサビの言葉が発せられたので おちゃんが 追加と思い込んだのだ。

その後 そのカメラ持っている韓国人は冷酒を頼んだ
そこで 暫く 日本酒の 純米や吟醸の違いを説明してあげたら 写真を撮ろうとなって一緒に彼のスマホで撮った。 







まーーーうすうす感じていたが、その後すぐわかったのが
お会計のとき
先に向こう側の二人組が席を立とうとすると 私の隣のカメラマンの伝票も一緒にと言った。
店長は (向こうは 向こうで自分でするし まだ食べてはるから)と日本語で
そしたらカメラマンは急に冷酒を一気に飲んで二人に合流した。

やっぱり アポなし取材や。それも潜入とは違う あからさまなアポなし。

でも まーーーいいかーーと思っていた。


また 店内で滞在時間内は韓国人観光客がほとんどで、今日も中国人観光客にはお目にかかれなかった。
中国人観光客は どんな風に食べるのかも見てみたかった。
しかし 今日もそれはかなわなかったが、、 まーー少しでも誤解が解ければと思っていたら

冒頭の モーニングショーである。
驚いた!!

6b10ce80.jpg

大阪で相次ぐトラブルと題して
この後 同じアポなし取材で 中央店にクルーが行って 謝罪させたという画が流れた。

6c83f106.jpg

実際の人物に似せた絵であったが 本人にそっくりやん!!

その動画が↓



そして さらに驚いたのが 私が一緒にいたのは彼らである。
スカジャン着て 一番若そうな彼が私の左横で一緒に日本酒のことをしゃべっていた彼である。

おそらく 最初の難波店の取材の前に下見で食べに来た時に私に遭遇したのだろう。
それから 改めてカメラを回して再突入だ
難波店のモザイクかかって職人さんは カメラの若い彼に ワサビをどうのやり取りがあった職人さんで一番外国語なんかからっきしのおっちゃん。
ツイートの一番最後のくだりのおっちゃん
おそらく 彼らが一度帰ったあと店長は休憩に入って
店長が立っていたツケ場に入った時を狙われたか 偶然だと思うが、一番ぶっきらなおちゃん狙ったかも?
と思う。

そして 中央店に行った
謝罪して 頭を下げた彼の顔のはモザイク入っていますが、 モーニングショーの絵はほとんど彼やん!!
なんか 韓国側といい テレビ朝日といい もう少し考えてやらんかと思う。

まったく 取材テロやわ!!

そして 日本のわけのわからんツイートする人たちの論調もわからん。

中央店の写真引っ張り出してきて

韓国人だけワサビを入れないのも差別だとか???

韓国人だけではない

外国人観光客全てや!!
と反論する

入れたい者がいれて食べればいい。。

店の姿勢は尊重するべき

韓国の強引な謝罪要求の取材は糾弾すべき

この2点を言いたい

やっぱり 良純さんの言葉 

負のキャッチボールはするもんじゃない。

そう思う。

一番思うことは あの 謝罪映像を見て 韓国民はなんと感じているのか?







 

生活・文化 ブログランキングへ


B級グルメ ブログランキングへ 

ブログネタ
今日のつぶやき に参加中!
【韓国JTBC】「嫌韓広がる大阪に行ってみた・・・」(動画) - キムチ速報

寿司にわさびを多く入れた、『わさびテロ』で物議を醸した店。

最近では、これ見よがしにわさびをほとんど入れません。

(わさび入れてますか?)
「少しだけ。もう少し入れましょうか?」
(もう少しお願いします)


大阪は日本で最も保守的で右翼傾向が強い地域です。部落民と呼ばれる下層民と、外国人に対する
差別が相変らず残っています。

↑の赤の部分

これ見よがしに以下の部分 動画中での批判する内容が活字になっていますが、

このやり取りを見て誰が嫌な思いをする接客だと思うのだろう?
しっかりした接客やん!!
と思っていますが、、、



にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ ブライダルコーディネーターへ
にほんブログ村
この価格でこのクオリティはお買い得です!【似顔絵ウェルカムボード】 〜ブライダルに最適!...







↑このページのトップヘ