プランナーの独り言

ブライダル業界に携わるものとして、結婚や恋愛 結婚生活などにかかわるところから、日々の話題や現在、過去のお世話させていただいた方のエピソード 業界の問題点などなど 人との関わりを踏まえて綴ります。

カテゴリ: 新聞報道

ブログネタ
芸能人の結婚、出産 に参加中!

佐藤仁美“ライザップ婚”、5歳下「テニプリ」俳優細貝圭と 12キロ減量で彼のハートに“コミット!”
satouhitomi



スポニチアネックス
2019年8月19日(月)

2人は17年8月に舞台「History of Pops」で共演し、仲良くなった。

佐藤は同年10月のツイッターで、一緒に誕生日を祝ったことを明かし「同じ誕生日の細貝圭くん お祝いにきっつーいお酒をもらった」などと紹介。昨年1月にも「細貝圭くんの舞台見に行って来たよ~」とつづっており、その後に本格的な交際がスタートした。


 スポニチ本紙の取材では、結婚を決めた2人は周囲に報告を始めている。
知人は「自然な流れで誕生日を結婚記念日とすることに決めたようです」と話している。


 佐藤は95年に「第20回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得し、芸能界入り。清純派女優として活動してきたが、近年はバラエティー番組でも活躍。酒豪キャラや結婚できないキャラを売りにしてきたが、私生活で静かに愛を育んでいた。

 成功の裏にあるのが、昨年1月に始めたジム「ライザップ」でのダイエットだ。3カ月で61・6キロから49・4キロとなり、12・2キロの減量に成功。CMに出演し「奇麗になった」と話題になった。ダイエットに挑戦した理由は40歳を前にして「結婚したい!」という強い思いがあったからだ。減量後の会見では「交際0カ月婚が憧れ」などと結婚願望を明かしており、見事に“コミット”した。
佐藤仁美 

 細貝はミュージカル「テニスの王子様」など、舞台を中心に活動するイケメン。23歳までのほとんどを米国で過ごし、07年の帰国後に俳優業をスタート。英語が堪能で、現地の大学を卒業している。

 友人は「佐藤さんがあねご肌なので、年下の旦那さんはピッタリ。甘~い結婚生活で、幸せ太りのリバウンドがないことを祈っています」と祝福した。

 ◆佐藤 仁美(さとう・ひとみ)1979年(昭54)10月10日生まれ、愛知県出身の39歳。95年にホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞。同年にテレビ朝日系「海がきこえる~アイがあるから」でドラマデビュー。97年に初主演映画「バウンス ko GALS」でブルーリボン賞新人賞などを受賞。99年にNHK連続テレビ小説「あすか」、16年に同「とと姉ちゃん」に出演。趣味は映画、音楽鑑賞。1メートル56。血液型A。

 ◆細貝 圭(ほそがい・けい)1984年(昭59)10月10日生まれ、東京都出身の34歳。08年にミュージカル「テニスの王子様」でデビュー。その後も「戦国BASARA」(10年)、「新・幕末純情伝」(16年)など舞台を中心に活躍。11年にテレビ朝日「海賊戦隊ゴーカイジャー」に準レギュラー出演。15年には映画「新宿スワン」に出演した。趣味は野球観戦、旅行。特技は英語、バスケットボール。1メートル83。血液型A。

~~~~~~~~~~~

おめでとうございます。
いやーーーーー

いいですねーーー。



にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ ブライダルコーディネーターへ
にほんブログ村
この価格でこのクオリティはお買い得です!【似顔絵ウェルカムボード】 〜ブライダルに最適!...





 



ブログネタ
◆日々の出来事◆ に参加中!
>【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は14日、

中国の通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の技術者らがアフリカ東部ウガンダと南部ザンビアの政府に協力し、野党関係者の通信傍受やIT機器への不正アクセスなどスパイ行為に加担していると報じた。

 ファーウェイは両国でサイバー部門などの業務を請け負い、同社から派遣された技術者らは政府内で働いていたという。


 同紙は中国政府の指示や同意を受けて行われたかどうか不明と説明。

ファーウェイの報道担当者は「ハッキングには決して関与していない」と否定している。

 
~~~~~~


いや 絶対しとるやろ!!


ファーウェイ





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

任天堂 Nintendo Switch Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド(ニンテンドースイッチ) [ゲーム機本体][スイッチジョイコンブルーレッド]
価格:32367円(税込、送料無料) (2019/4/14時点)



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
にほんブログ村




ブログネタ
スポーツなんでも に参加中!

 
 
大坂が世界1位に復帰だ! 女子テニスで、世界2位の大坂なおみ(21=日清食品)が、8月12日に発表予定の最新世界ランキングで1位に復帰することが確定した。

出場しているロジャーズカップ(カナダ・トロント)で、現1位のバーティ(オーストラリア)が初戦で敗退。1位復帰を争っていた同3位のKa・プリスコバ(チェコ)が準々決勝で敗れたため、大坂の準々決勝対S・ウィリアムズ(米国)戦の結果を待たずに、大坂の1位復帰が決まった。

















 
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村



























  
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


  

 

ブログネタ
話題のニュース に参加中!
枝野氏弁
「投票率が低いことは民主主義のあるべき論としても大変残念な状況だと思っている。

投票されなかった有権者に、ここは野党に、

立憲民主党に投票してみようという期待感を十分にお伝えしきれなかったことが投票率が下がったことにつながっているのではないか

と思っている。

次の国政選挙である、衆院の総選挙に向かっては今回投票に行かれなかった方にもご期待をいただけるようにしっかりとした政権構想を示し、野党の連携を強化して挑んでいきたい」と発言。

立憲民主党の獲得議席について、倍増ではあるが当初の予想より少なく、従来の支持層がれいわ新選組に流れたのではないかとして、今回の戦い方をどう認識しているかと問われると、

「今回、本当に素晴らしい候補者にした方もご本人の意向と意欲さえあれば別の道でまたチャレンジしていただきたいと思っている仲間であり、全員当選してもらいたいという気持ちで戦ってきたので、従来の見通しとの比較はしようがない。どういう皆さんの票がどう動いたかは票数だけでは判断しようがないと思っているが、れいわ新選組の皆さんもいまの安倍政権に対しては否定的な立場だとお見受けしているので、そういった意味では安倍政権に否定的な皆さんの声をしっかり受け止める勢力が広がることになったと歓迎して受け止めている」と述べました。

~~~~~~~~

私は、若者が特に20代30代が行かない理由は他にあると思っている

まず、政治より他に興味がある物が沢山ある。

実際今回の参院選投票日 仕事で 金沢 富山 と行っていたが

正直 観光地は人でいっぱい。

この人達 選挙行くのか?

それか 期日前投票したのか?

多分その可能性はかなり低い

恐らく私が金沢駅で視界にとらえたのが1200人としたら(乗り換えのための下車時) 多分3割も行っていないと思う。

その他各地でイベントの日程が参院選突入より先に決まっている。

もう予定組んでいる人で、よっぽどの人でない限り期日前やらない。

そんな状況では投票率が下がるのは当たり前の事










 









にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

にほんブログ村



ブログネタ
事件について に参加中!
京都市の門川大作市長は18日夜、上京区であった参院選候補者の応援演説で、死傷者が60人超に上る京都アニメーション第1スタジオ(伏見区)の火災に触れ、

「火事は3分、10分が大事。選挙は最後の1日、2日で逆転できる」

と述べた。

大惨事への対応を支持拡大の材料に使うような発言に、会場内からも疑問の声が聞かれた。

 京都アニメーションの火災では、火を付けたとみられる男の身柄を京都府警が確保している上、周辺住民は爆発音も聞いており、初期消火は難しい状況だった可能性が高い。

演説会場にいた選対関係者は「発言にどきっとした。選挙に力が入って口が滑ったのだろう」と困惑していた。

 
門川市長は演説会後、京都新聞社の取材に対し

「一般によくある標語だ。誤解があったなら、今後気をつける」

と話した。



7/19(金) 7:00配信

7/19(金) 7:00配信

京都新聞

京都市長

【中古】 境界の彼方 2 / 鳥居 なごむ / 京都アニメーション [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】
【中古】 境界の彼方 2 / 鳥居 なごむ / 京都アニメーション [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】

アニメぴあShin-Q(Vol.2) 京都アニメーション最新作ヴァイオレット・エヴァーガーデン (ぴあMOOK)
アニメぴあShin-Q(Vol.2) 京都アニメーション最新作ヴァイオレット・エヴァーガーデン (ぴあMOOK)


【中古】 Free TV ANIMATION GUIDE BOOK(TV4アニメーションFree 公式ガイドブック) / 京都アニメーション・アニメーションDo制 / [単行本(ソフトカバー)]【メール便送料無料】【あす楽対応】
【中古】 Free TV ANIMATION GUIDE BOOK(TV4アニメーションFree 公式ガイドブック) / 京都アニメーション・アニメーションDo制 / [単行本(ソフトカバー)]【メール便送料無料】【あす楽対応】






和歌山
 

大阪 京都


栃木




生活・文化 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
山梨

ブログネタ
日々の出来事 5 に参加中!

 タレント、ジャガー横田(57)の夫で医師、木下博勝氏(51)が24日、自身のブログを更新。

4月1日に公表される新元号について、「永光」に決まったと記した。

 木下氏は「新元号は、『永光』で決まり?」とのタイトルで投稿。
「4月1日に発表予定の新元号ですが、以前武田氏の予想されているいくつかを紹介させて頂きました」と書き出し、「その中にも御座いました、『永光』に決まったとの未確認情報が入りました」と新元号が決定したと伝えた。

 続けて、
「約1週間後には、その真意が判明しますが、いかに」と期待感をふくらませ、「因みに僕は、徳弘、押しでしたが。皆さんは、いかがですか?」

と読者へ呼びかけた。

~~~~~~~~~~~

永光

無いと思ってます。

永の字は使わないと思うぞ。















 
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村





















 




ブログネタ
プロレス に参加中!
2019年2月19日20時23分  スポーツ報知


 ◆ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~(19日、両国国技館)

 1999年1月31日に61歳で亡くなった不世出のプロレスラー、ジャイアント馬場さんの没後20年をしのぶ「ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~」が19日、両国国技館で行われ、馬場さんの好敵手だった“黒い呪術師”アブドーラ・ザ・ブッチャー(77)の引退セレモニーが開かれた。

 紺のガウンを身につけたブッチャーは、股関節を負傷している影響から車椅子でリングに上がった。セレモニーには、ドリー・ファンクJr(77)、スタン・ハンセン(69)、ミル・マスカラス、ドスカラス、坂口征二氏(77)、初代タイガーマスクの佐山サトル(60)、リアルジャパンプロレス会長の新間寿氏(83)、武藤敬司(56)、フリーアナウンサーの徳光和夫さん(77)、元日本テレビアナウンサーの倉持隆夫氏(78)らがリング上で花束を贈呈した。さらにザ・デストロイヤー、鈴木みのるからビデオメッセージが寄せられた。

 セレモニーの最後にマイクを持ったブッチャーは、ファンへ感謝の思いを伝えた上で「ここにジャイアント馬場がいてくれたら完璧です」と天国の馬場さんへの思いを明かした。その上で「若い人たちに言いたい。自分の親が年取っても決して老人ホームにぶち込んで忘れるようなことだけはするな!いずれお前たちも年取ってそうなるんだから。ちゃんと親を大事にしろ!忘れるんじゃないぞ!」と呼びかけていた。最後は「サンキュー」を6回連呼し引退の10カウントゴングを鳴らし、リングに別れを告げた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これからも 後進の指導をよろしくお願いしたい!!

アブドーラ・ザ・ブッチャー2世楽しみだなーーー

この雄姿 また誰か引き継いでくれんか?

ブッチャーVSホーガン

【予約商品】 (ハオミン) HAOMING Abdullah The Butcher ×HMG CAP [ab19-05] ローキャップ 6パネル キャップ 帽子 アブドーラ・ザ・ブッチャー プロレス 国内正規品
【予約商品】 (ハオミン) HAOMING Abdullah The Butcher ×HMG CAP [ab19-05] ローキャップ 6パネル キャップ 帽子 アブドーラ・ザ・ブッチャー プロレス 国内正規品

全日本プロレス中継 世界最強 タッグ列伝 1977-1999 [ アブドーラ・ザ・ブッチャー ]
全日本プロレス中継 世界最強 タッグ列伝 1977-1999 [ アブドーラ・ザ・ブッチャー ]





ブログネタ
日々の出来事 5 に参加中!

 



自民党は30日午前、外交部会と外交調査会の合同会議を党本部で開き、長嶺安政駐韓大使らが出席した。

長嶺氏は、いわゆる徴用工判決やレーダー照射問題など日韓関係を揺るがす事態が続いている現状を報告し、

「韓国側が作り出した問題が山積しているが、しっかり対応していきたい。未来志向で進めていく」
と述べた。

長嶺氏は、韓国内で未来志向に逆行する動きが続いていると説明。

日本による統治からの独立を掲げた「3・1独立運動」から今年で100年になるのに合わせ、「3月には韓国内でかなりのイベントをやるだろう」と述べ、反日的な動きが一層強まるとの見方を示した。

レーダー照射問題については「韓国側の対応は冷静さを欠いている」などと批判した。

 出席議員からは早期の対抗措置の発動や長嶺氏の召還を求める意見が出た。

外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は召還について「被告の日本企業を守るために現地で韓国とハイレベルの協議をしてもらうというのが今の判断だ」と否定的な姿勢を示した。

 会議には、横井裕駐中国大使や平松賢司駐インド大使らも出席した。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まーー 仕方がないか

そうなるのも

とにかく今は異常すぎる。

昨日も総理の所信表明で韓国スルーの件を載せたがそうrなるのも仕方がない



生活・文化 ブログランキングへ



ブログネタ
芸能人の結婚、出産 に参加中!
大瀬良選手が

カープ女子タレントの

浅田真由さんと結婚

おめでとうさんです

スポーツ紙は殆ど稀勢の里引退の記事ばかり

3面にようやく出てきた。

DSC_1459


仕事を通じて知り合ったとか!

DSC_1460

ブログネタ
日々の出来事 4 に参加中!
こちらでも 共同通信の記事で UPしましたが、

#ジョンベネ ちゃん殺害関与認める  【事故だった】英大衆紙報道 

 
https://plaza.rakuten.co.jp/too3750/diary/201901110000/



長い間解明されなかった事件が男の自供?で動き出した

ジョンベネちゃん


<児童ポルノ所持で収監中の男が、22年前のジョンベネ殺害を手紙で自供――世界中が注目した美少女殺害事件のミステリーがようやく解明されるのか>

1996年12月にコロラド州ボルダーで起きた6歳の少女ジョンベネ・ラムジーの殺害事件で、新たな展開があった。児童ポルノ所持の罪で、現在コロラド州の刑務所に収監されているゲイリー・オリバ(54)が、友人への手紙の中でジョンベネを「誤って」殺害したと認めた、と英タブロイド紙デイリー・メールが報じた。

「デイリー・メールTV」が入手した手紙によると、性犯罪者として登録されているオリバは、「私はジョンベネのように誰かを愛したことはなかった。しかしジョンベネを脱がし、頭を割って、死なせてしまった」と書いている。

また別の手紙では、「ジョンベネは私を完全に変え、私の中の悪を消し去った。ジョンベネの美しい顔、輝くように美しい肌、女神のような素晴らしい体を一目見て、他の子どもたちを殺害した私が間違っていたことを悟った。しかしアクシデントによって、ジョンベネは死んだ。それは私の責任だ」と、書いている。

オリバの手紙は、かつての同級生のマイケル・バイルに送られていた。バイルは長年にわたってジョンベネ殺害事件へのオリバの関与を疑っていた。バイルは、収監中のオリバがジョンベネ殺害を自供することを願い、連絡を取り続けていた。取材に対して、オリバの自供がジョンベネ事件でオリバを起訴する証拠となる、と語っている。

携帯にジョンベネの画像を所持

手紙では、ジョンベネが殺害された夜になぜオリバがジョンベネの自宅にいたか説明していない。しかしデイリー・メールの報道によれば、オリバは当時、現場から10ブロックの場所に住所があった。

地元ボルダーの警察は、すでにオリバの手紙を提示されたが、捜査の現状についてはまだコメントしていない。

オリバは、携帯電話に児童ポルノを所持していたとして2016年に逮捕され、数百点の画像にはジョンベネの写真も含まれていた。2020年に仮釈放されることになっている。

捜査当局は、ジョンベネが殺害された夜に男性容疑者(オリバもその1人)が、ジョンベネの自宅に侵入して殺害したと見ている。自宅で発見された11万8000ドルの身代金を要求する脅迫状の文字は、オリバの筆跡とは一致しなかった。しかし共犯者がいるのではないかという憶測は当時からあったと、デイリー・メールは報じている。

ジョンベネ殺害事件は、被害者が美少女コンテストで何度もグランプリを獲得し、全米有数のセレブ一家で発生したことから、世間の注目を集めてメディア報道が過熱した。これまで家族が真犯人として取り沙汰されたこともあったが、誰も被疑者としては起訴されていない。


ジョンべネちゃん





桂浜前ならここ


しかし 高知をうろつくにはちょっと不便かな? という事で
高知駅前からはりまや橋付近なら↓↓



ブログネタ
今話題のニュース に参加中!
徴用工差し押さえ
翻訳ソフトなので ちょっと変な日本語になってますが、、、
  • (ソウル=連合ニュース) ギムギフン記者 = 今年 10月韓国最高裁判所の強制徴用賠償判決と関連, 被告人新日鉄株金(昔の新日本製鉄)が原稿側が決めた時限まで立場(入場)を出さないことによって原稿側が差し押え手続きを進行する事にした.

    新日鉄株金強制動員被害問題に対する損害賠償訴訟代理人団·支援団は 24日公式立場(入場)を出して "新日鉄株金が現在まで協議の意思を明らかにしなかったので, すぐ韓国内新日鉄株金に対する差し押え執行手続きに入って行く予定"と明らかにした.

    代理人団は "ただ, 韓日当局者の間協議が進行の中なので外交的交渉状況も考慮して執行日付けを決めること"と付け加えた.


    ↓↓ 元記事はこれ

    연합뉴스











ブログネタ
旬なニュース速報 に参加中!

 あの爆発が スプレー缶の爆発??

共同通信社

 
札幌市豊平区で16日夜に起きた爆発事故で

現場の建物に入居する不動産仲介業「アパマンショップ」の店舗の従業員が「消臭剤のスプレー缶100本以上を廃棄するために穴を開け、
湯沸かし器をつけたら爆発が起きた」と話していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。

BBR3NCn

北海道警は不動産店が発生元で、缶のガスに引火し爆発した可能性があるとみて、詳しい原因を調べる。

けが人は同じテナントの居酒屋の客ら男女42人に上り、道警と市消防局は同日、合同で現場検証を始めた。



 不動産店に隣接する居酒屋2階で食事をしていた複数の利用客は、取材に対し「爆発時にガス臭がした」と証言した。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
にほんブログ村



 
  
  

blogmura_pvcount



  

 


ブログネタ
なんだか 文章チックにまとめた 時事ネタや日常の出来事 に参加中!

生活・文化 ブログランキングへ
P_20181211_134247
えええ??

「女子のほうが精神的な成熟が男子より早く、コミュニケーション能力が高い。ある意味で、男子を救うためだった」
「差別ではなく、男女間の差の補正と考えていた」

これが理由



そして その報告内容にも
P_20181211_135105

驚く駄文

何を言ってるの?

BlogPaint
なんの主張や!???













ブログネタ
なんだか 文章チックにまとめた 時事ネタや日常の出来事 に参加中!
大きな社会問題を 未成年の実名報道という当時禁じ手だった手法で、この事件の悪質性、残忍性、更にはメディアの優柔不断な態度にメスを入れた勝谷氏だった。



事件が思わぬところで再度見直されたのは

主犯格だった男が再犯で逮捕されたのだった。


フィフィ、少年法に問題提起「再犯したこいつらをなんとかして処罰したい」

エジプト人タレントのフィフィ(42)が25日、自身のツイッターを更新。1989年に起きた「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の加害者だった元少年の1人が再び殺人未遂事件を起こし逮捕されたとの報道を受け、少年法に疑問をぶつけた。

 当時、日本中を震撼させる凶悪な事件だったにも関わらず、加害者全員が未成年だったことから少年法により実名報道は控えられ、量刑の軽さでも物議を醸した。


 フィフィは「少年法とかいろいろおかしい、綾瀬女子高生コンクリートで検索すると分かるけど、本当におかしい。私はずっとこの件に関しておかしいと思ってる」と問題提起。

「だから、もし、仮に私がこの国の議員になるような事があれば真っ先に少年法を何とかしたいし、再犯したこいつらをなんとかして処罰したい。彼女のために」と憤りをあらわにした。

書籍・映画化

  • 2003年、事件を元にしたノンフィクション・ノベル『十七歳、悪の履歴書』(作品社)が出版された。
  • 翌2004年、映画『コンクリート』が『十七歳、悪の履歴書』を原作にこの事件を“モチーフとして”映画化された[その他 7]。この映画の公開をめぐっては、事件の残虐性や「そもそも映画にする必要があるのか」などの意見がインターネットを中心に多数湧き上がり、劇場にも上映反対意見が多数届いた。その影響で5月29日から予定されていた公開は中止されたが、その後、別の劇場で7月3日から9日の一週間だけ公開された。製作者側によれば、大手レンタルチェーン店にもこの映画のビデオ・DVDを取り扱わないよう意見が多数寄せられた[その他 8]。なお、この映画のビデオ・DVDはレンタル用としてはR-15に指定されている。
  • 2004年にオークラ出版から発売された氏賀Y太の単行本『真・現代猟奇伝』に、この事件を漫画化したものが収録されている。
  • 事件を題材とした漫画作品として、樹村みのりによる『彼らの犯罪』(『ROSA』(少年画報社)1992年12月号掲載、単行本『彼らの犯罪』(朝日新聞出版、2009年)所収)がある。
  • この事件を題材とした漫画に円山みやこの作品『蟲笛』がある。
  • 天樹征丸さとうふみやの漫画『金田一少年の事件簿』の作品内に、この事件とよく似た事件がきっかけとなって起こる事件を描いた「剣持警部の殺人」という話がある。
  • 今野敏の「隠蔽捜査」では、被害者のうち2人が「1980年代末に足立区で発生した誘拐・監禁・強姦・殺人・死体遺棄事件」の犯行グループである設定。
  • 女子高生コンクリート詰め殺人事件 -壊れたセブンティーンたち
  • 17歳。

脚注

注釈

  1. ^ この事件に前後して、名古屋アベック殺人事件(主犯格2人に第一審で死刑・無期懲役判決)や、福岡県で少年5人が車を貸さなかった工員をガソリンで焼き殺した事件(主犯格に第一審で無期懲役判決)などの事件があった[新聞 62]
  2. ^ 後に19歳少年は控訴し、名古屋高裁で破棄され無期懲役判決が確定した。17歳少年は控訴せずそのまま無期懲役が確定した。

判決文出典

  1. a b c d e f g h i j k l m n o p q r 東京地裁
  2. a b c d e f g h i j k 東京高裁
  3. ^ 東京高裁判決(1991年7月12日付)p.10
  4. a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 東京高裁判決(1991年7月12日付)p.11-13
  5. ^ 東京高裁判決(1991年7月12日付)p.16

新聞報道出典

  1. a b c 『毎日新聞』1990年6月26日東京夕刊第一社会面11面「リーダー格、最終陳述 コンクリ詰め殺人結審--東京地裁 ◇『申し訳なかった』小さな声で反省」
  2. a b c d e 『毎日新聞』1990年7月7日東京朝刊第一社会面31面「少年の両親が自宅売却、遺族へ5000万--コンクリ詰め殺人」
  3. ^ 読売新聞』1989年3月30日東京夕刊第一社会面19面「女高生に乱暴し殺害 コンクリ詰め死体発見 少年数人を逮捕へ/警視庁」
  4. ^ 『読売新聞』1989年3月31日東京朝刊第一社会面31面「コンクリ詰め女高生 1か月監禁しリンチ…殺害 “救助劇”仕組んで誘う」
  5. ^ “【あの現場は今】「鬼畜」の所業40日間 女子高生コンクリ詰め事件 加害者はもう40代 生かされない教訓(2/3ページ)”産経新聞 (産業経済新聞社). (2015年8月21日). オリジナル2018年8月25日時点によるアーカイブ。 2018年8月25日閲覧。
  6. a b 『朝日新聞』1989年4月21日朝刊第一社会面31面「○○さんに火も 女子高生コンクリ詰め殺人事件、3少年を家裁送致」
  7. a b c d 朝日新聞』1989年3月31日朝刊第一社会面31面「女子校生をコンクリート詰め 少年ら数人で殺す 東京・綾瀬」
  8. a b 『朝日新聞』1989年4月3日夕刊第一社会面15面「『帰宅説得で食事に呼んだ』 女高生殺人、監禁少年の父」
  9. a b c d e f g 『朝日新聞』1989年4月17日朝刊第一社会面31面「○○さん、一度は外へ 少年の両親が逃がす 女高生殺し」
  10. ^ “【あの現場は今】「鬼畜」の所業40日間 女子高生コンクリ詰め事件 加害者はもう40代 生かされない教訓(1/3ページ)”産経新聞 (産業経済新聞社). (2015年8月21日). オリジナル2018年8月25日時点によるアーカイブ。 2018年8月25日閲覧。
  11. a b c 『朝日新聞』1989年4月2日朝刊第一社会面31面「父親、監禁の少女と会っていた 少年たちの埼玉の女高生殺人」
  12. a b c 『朝日新聞』1989年4月1日夕刊第一社会面17面「一度だけ注意、監禁少年宅の父 女子高生殺しまた1人逮捕」
  13. a b c d e f 『朝日新聞』1989年3月31日夕刊第一社会面23面「少年、計7人が関与 埼玉の女子高生殺し」
  14. ^ 『朝日新聞』1989年6月6日朝刊東京面「女子高生殺しの少年らに花売らせた暴力団員を書類送検 東京・足立」
  15. a b 『朝日新聞』1989年4月24日夕刊第一社会面15面「犯行の仲間3人、新たに書類送検 足立区の女高生殺人」
  16. ^ 『朝日新聞』1989年4月27日朝刊第一社会面31面「少年2人を家裁送り 女子高生コンクリ詰め殺人事件」
  17. ^ 『朝日新聞』1989年5月19日朝刊第一社会面31面「『刑事処分相当』と少年ら地検に逆送 女子高生コンクリート詰め殺人事件」
  18. ^ 『毎日新聞』1989年5月19日東京朝刊第二社会面26面「少年4人逆送致 女高生コンクリート詰め殺人」
  19. ^ 『読売新聞』1989年5月26日東京朝刊第一社会面31面「女高生監禁殺人の少年4人を起訴」
  20. ^ 『朝日新聞』1989年5月26日朝刊第一社会面31面「4少年を起訴 東京・足立区の女子高生コンクリート殺人」
  21. ^ 『毎日新聞』1989年5月26日東京朝刊第一社会面27面「コンクリ詰め殺人の4少年、『悪質、残酷』と起訴--東京地検」
  22. a b c d e f g 『朝日新聞』1989年8月1日朝刊第一社会面31面「マージャン負けた腹いせに、死のリンチ 女高生殺害事件で検察側が主張」
  23. ^ 『毎日新聞』1989年8月1日東京朝刊第二社会面22面「女高生コンクリート詰め殺人--初公判『未必の故意』認める」
  24. a b c d 『読売新聞』1989年9月5日東京朝刊第二社会面30面「女高生コンクリ詰め殺人第2回公判 “異常の真相”探る 少年4人を心理鑑定へ」
  25. a b 『朝日新聞』1989年9月5日朝刊第一社会面31面「弁護側、2少年の保護処分や家裁送り求める 女高生コンクリート殺人」
  26. a b c 『読売新聞』1989年9月22日東京朝刊第二社会面30面「先輩の指示に逆らえなかった 埼玉の女高生殺人で少年が証言/東京地裁」
  27. a b c d e 『読売新聞』1990年3月2日東京夕刊第一社会面19面「埼玉・三郷市のコンクリ詰め殺人少年の心理鑑定 『情緒面の遅れが暴力の原因』」
  28. a b 『読売新聞』1990年3月3日東京朝刊第二社会面30面「埼玉の女子高生コンクリ詰め殺人 心理鑑定を証拠採用」
  29. a b 『朝日新聞』1990年4月24日朝刊第二社会面30面「証拠調べ終え5月21日求刑 東京地裁 女高生コンクリ詰め殺人」
  30. a b c d 『読売新聞』1990年5月22日東京朝刊第一社会面31面「東京・綾瀬の女高生殺人論告求刑 リーダーの18歳少年(当時)に無期◆他は13年と不定期刑」
  31. a b c d e f 『朝日新聞』1990年5月22日朝刊第一社会面31面「主犯に無期懲役求刑 女子高生コンクリート詰め殺人」
  32. ^ 『毎日新聞』1990年6月25日東京夕刊第一社会面11面「『確定的な殺意なし』と被告側弁論 女子高生コンクリ詰め殺人」
  33. a b c d e f g h 『朝日新聞』1990年7月20日朝刊1面「主犯に懲役17年の判決 女子高生コンクリート詰め殺人事件」
  34. a b c d e f g h i 『読売新聞』1990年8月2日東京朝刊第一社会面27面「女高生監禁コンクリート殺人 『4被告の量刑軽過ぎる』と検察が異例の控訴」
  35. a b c d e f g 『毎日新聞』1990年8月2日東京朝刊第一社会面27面「『量刑が軽すぎる』 女高生コンクリ詰め殺人で検察側が控訴」
  36. a b c d 『読売新聞』1990年8月3日東京朝刊第一社会面27面「リーダー格の被告は控訴見送る/女高生監禁コンクリート詰め殺人」
  37. a b c d e f g h 『読売新聞』1991年3月12日東京夕刊第一社会面19面「『悪質、厳罰に』「保護育成を』 コンクリ詰め殺人の控訴審初公判/東京高裁」
  38. a b c d e 『読売新聞』1991年3月13日東京朝刊第二都民面25面「女子高生コンクリート詰め殺人控訴審初公判 弁護、検察の双方が答弁/東京高裁」
  39. a b c d e 『朝日新聞』1991年3月12日夕刊第一社会面23面「『寛大に過ぎる1審』控訴審で検察陳述 女子高校生コンクリ殺人」
  40. a b c d e f 『朝日新聞』1991年7月12日1面「主犯格に懲役20年 コンクリート詰め殺人控訴審判決」
  41. ^ 『毎日新聞』1991年7月24日東京夕刊第一社会面11面「被告の1人が上告--女子高校生コンクリート詰め殺人事件」
  42. ^ 『毎日新聞』1991年7月26日東京夕刊第一社会面15面「女子高校生コンクリート詰め殺人の4被告 東京高検は上告せず」
  43. ^ 『毎日新聞』1991年7月27日東京朝刊第一社会面27面「女子高校生コンクリート詰め殺人、3被告の刑が確定」
  44. ^ 『毎日新聞』1991年7月27日大阪朝刊第一社会面27面「3被告の刑確定--女子高校生コンクリート詰め殺人事件」
  45. a b 『毎日新聞』1992年7月19日東京朝刊第一社会面27面「コンクリート詰め殺人、4人全員の刑確定 最後の1人、上告棄却」
  46. a b 『毎日新聞』1992年7月19日大阪朝刊第一社会面31面「女子高校生コンクリート詰め殺人事件 4人全員の刑が確定 最後の1人、上告棄却」
  47. ^ 『朝日新聞』1992年7月19日朝刊第二社会面30面「少年側の上告棄却 女子高校生コンクリ殺人事件」
  48. a b 『毎日新聞』2001年4月8日東京朝刊第一社会面31面「[母]子供と向き合う/1 出所後引きこもり6年」(記者:井上英介)
  49. a b c 『毎日新聞』2001年4月21日東京朝刊特集面26面「[特集]『母 子供と向き合う』 批判・共感、200通超す」
  50. ^ 『朝日新聞』2018年8月20日東京夕刊第二社会面「首刺した疑い、埼玉で男逮捕 殺人未遂容疑」
  51. ^ “路上トラブルで刺した疑い 埼玉の男逮捕”産経新聞 (産業経済新聞社). (2018年8月20日). オリジナル2018年8月25日時点によるアーカイブ。 2018年8月25日閲覧。
  52. ^ “路上トラブルで刺した疑い 埼玉の男逮捕”日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2018年8月20日). オリジナル2018年8月25日時点によるアーカイブ。 2018年8月25日閲覧。
  53. ^ 『朝日新聞]』1989年4月30日朝刊時事評論4面「花田紀凱さん 『週刊文春』編集長・46歳 少年凶悪犯を実名報道(メディアの顔)」
  54. ^ 『朝日新聞』1989年6月24日朝刊第二社会面30面「女子高校生監禁殺人事件、『実名報道は遺憾』 日弁連が談話」
  55. a b c 『産経新聞』1992年3月14日朝刊社会面21面「千葉・一家4人殺害の19歳少年 週刊新潮が実名報道 旧態依然と問題提起 『少年法』再び論議」
  56. ^ 『しんぶん赤旗』 (日本共産党). (1989年4月7日)
  57. ^ “追跡女子高生監禁殺害事件―甘かった親の“認識”―魔の40日間”. 『しんぶん赤旗』 (日本共産党). (1989年5月20日)
  58. ^ 『朝日新聞』1992年3月19日朝刊第三社会面29面「原則実名から広がる匿名 2つの殺人事件報道―新聞編(メディア)」(※市川一家4人殺人事件、およびその前月に発生した飯塚事件における「犯罪被害者の実名報道のあり方」についての記事)
  59. ^ 『朝日新聞』1992年3月27日朝刊社会面29面「論議呼ぶ19歳容疑者の実名報道 少年法巡り異なる見方(メディア)」
  60. a b 『朝日新聞』1989年4月21日夕刊第一社会面19面「波紋広がる女高生殺人 少年法改正の論議が活発に」
  61. ^ 『朝日新聞』1989年4月8日朝刊投書欄
  62. a b 『朝日新聞』1990年7月13日夕刊らうんじ3面「犯行軌跡・量刑どう判断 女子高生コンクリート詰め殺人、19日判決」「『求刑軽い』の声も 法曹界は『妥当』が大勢」
  63. ^ 『朝日新聞』1991年3月12日夕刊第一社会面23面「『寛大に過ぎる1審』 控訴審で検察陳述 女子高校生コンクリ殺人」
  64. ^ 中日新聞』1989年6月28日夕刊1面「大高緑地アベック殺人 主犯少年(当時)に死刑 『残虐、冷酷な犯罪』 共犯の5被告、無期 - 不定期刑に 名地裁判決」
  65. ^ 『中日新聞』1990年9月12日朝刊第二社会面30面「名古屋のアベック殺人 きょうから控訴審 名高裁」
  66. ^ “フィフィ、少年法に問題提起「いろいろおかしい」”日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年8月25日). オリジナル2018年10月6日時点によるアーカイブ。2018年10月6日閲覧。
  67. ^ “フィフィ、少年法に問題提起「再犯したこいつらをなんとかして処罰したい」”サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2018年8月25日). オリジナル2018年10月6日時点によるアーカイブ。 2018年10月6日閲覧。

雑誌報道出典

  1. a b “綾瀬コンクリ殺人の犯行グループのその後 4人中3人が再犯”女性セブン2018年9月13日号 (小学館). (2018年9月1日). オリジナル2018年10月6日時点によるアーカイブ。 2018年10月6日閲覧。
  2. a b 『週刊文春』2013年4月24日号「25年目の末路――綾瀬コンクリ詰め殺人「主犯」が振り込め詐欺で逮捕された!」
  3. a b 「『綾瀬女子高生コンクリ詰め殺人』の元少年が『殺人未遂』で逮捕された 新聞・テレビが報じない『少年法』の敗北」、『週刊新潮』第63巻第33号(通巻3151号)、新潮社、2018年9月6日、 23-25頁。
  4. a b c d 『週刊文春』(文藝春秋)1989年4月20日号(1989年4月13日発売)p.190-193「女子高生惨殺事件 第2弾 加害者の名前も公表せよ!」
  5. ^ 『週刊文春』(文藝春秋)1989年4月13日号(1989年4月6日発売)p.202-205「女子高生監禁・殺人の惨 彼らに少年法が必要か」
  6. ^ “父は薬剤師、母は看護婦という「女高生虐殺」の家”. 週刊新潮 (新潮社): p. 132. (1989年4月13日)
  7. ^ 『週刊文春』(文藝春秋)1990年8月2日号p.40-42「大特集 肝心なことを書かない新聞」『名古屋アベック殺人と女子高生コンクリート詰め殺人 「死刑と17年の落差」』」
    『週刊文春』(文藝春秋)1990年8月2日号p.43-44「名古屋アベック殺人被害女性の両親が激怒 十七年でも死刑でも彼らは絶対に許せない!」




再犯を報じるメディア
再犯
再犯 湊
共産党員
最初の犯行の舞台は 共産党員の自宅だった。
知っていた親は止めもしなかった。
悲劇の始まりだった。




ブログネタ
なんだか 文章チックにまとめた 時事ネタや日常の出来事 に参加中!
ここの中で 勝谷氏が 文春時代に実名報道したことに
触れられている


少年たちのその後

少年Dは、1996年(平成8年)に刑務所を出所したが、出所後は自宅に引きこもるようになった[新聞 48]。『毎日新聞』東京社会部記者・井上英介は[新聞 49]、2001年(平成13年)1月から元少年D(当時29歳)と同居する母親と接触を図り、同年春ごろから取材を開始、2001年4月8日朝刊にて少年Dの当時の状況を記事として発表した[新聞 48]。記事には50通を超える反響があったが、その内容は共感・批判が相半ばし、批判には「加害者に同情的すぎる」「被害者遺族の心情を逆なでするものだ」などといったものが多かった[新聞 49]。一方、井上自身も「遺族の痛みは想像を絶する。取材前に裁判記録・事件を記録したルポ・過去の新聞記事などを可能な限り調べたが、事件の惨たらしさから目を背けたかったし、取材を終えてもまだ迷いがある。今は読者の皆様からいただいた批判を読みつつ、『罪を償うことの難しさ』を実感している」と綴った[新聞 49]

少年Bは、1999年(平成11年)に刑務所を出所した後、保護観察関係者の女性と養子縁組を結び姓を変えた。受刑中にパソコンのスキルを学び、出所後はIT関連の仕事をしていたが、前科が知られ人間関係に行き詰まり、退職後は暴力団の構成員になった[雑誌 1]2004年(平成16年)5月19日に再び同じ足立区や三郷市で男性に言いがかりをつけ監禁し負傷させた事件(三郷市逮捕監禁致傷事件)を起こし、しかも当事件を脅し文句に使うなど更生した様子を見せず、6月4日に警視庁竹の塚警察署に逮捕され、懲役4年が確定した。2009年(平成21年)に2度目の出所をした。当時服役中だった少年Aは、模範囚だったことから仮釈放の予定だったが、この事件の影響で取消になった。主犯格少年A以外の少年たちは、出所あるいは退院後、それぞれマスコミのインタビューを受けている。

主犯格の少年Aは、2009年(平成21年)に刑務所を出所した後、養子縁組をして名前を変えた。Aはキックボクシングのジムに通い、よく後輩をバーベキューやキャバクラに連れて行っていた。BMWを乗り回して高級腕時計やブランド品を身に着けていた。「暴力団とつながりがある」「都内の振り込め詐欺グループには知り合いが多い」と吹聴し、マルチ商法で儲けていた。セックスの話が大好きで、「100均の縄で女を縛るのが好き」と語っていた[雑誌 1]。2013年(平成25年)1月、加害者元少年Aが振り込め詐欺で警視庁池袋警察署に逮捕された[雑誌 2]。無作為に全国の個人宅に電話をかけ、『パチンコ必勝法』の情報料名目で現金を騙し取る詐欺グループの一員として、池袋の銀行で金をおろす「受け子(出し子)」をしていたとみられるが、完全黙秘を貫いたため、詐欺グループの解明が出来ないまま2013年(平成25年)1月31日付で不起訴処分となり釈放され、その後は消息不明となった[雑誌 2]

三郷市逮捕監禁致傷事件から14年3か月後 2018年(平成30年)8月19日夕方、犯行グループのメンバーだった男(元少年C)が埼玉県川口市内の路上で通行人の32歳男性に対し、肩を警棒で殴る・首をナイフで刺すなどして殺害しようとした殺人未遂容疑で、埼玉県警察武南警察署緊急逮捕されたことが『デイリー新潮』(新潮社)の同月21日配信記事、およびその続報に当たる『週刊新潮』2018年9月6日号(8月30日発売)にて報道された[その他 1][その他 2][雑誌 3]。『デイリー新潮』および『週刊新潮』は、その被疑者元少年を実名報道した上で「今回逮捕された元少年は両親が日本共産党党員で、29年前の事件では監禁場所として自宅を提供した人物。刑事裁判では懲役4年以上6年以下の不定期刑判決を受けた」即ち元少年Cであること、元週刊文春記者の勝谷誠彦のコメントを報道している[その他 2][雑誌 3]。なお『デイリー新潮』『週刊新潮』以外の報道機関(『朝日新聞』および共同通信社配信の『産経新聞』・『日本経済新聞』両紙・JNNニュース)においては、被疑者・元少年Cの実名報道こそ行われたものの、本事件の前科については一切触れられていない[新聞 50][新聞 51][新聞 52][その他 3]

反響・影響

マスメディアの反応

この事件の加害者が4名とも未成年者であったことなどから、本事件は大々的に報道された。しかし刑事裁判で事実関係が明らかになるまで、新聞・週刊誌・テレビなどの報道においては、少女の実名・顔写真が報道される報道被害が発生したばかりか、以下のようなセカンドレイプ同然の記事が掲載されていた[書籍 2]大道万里子は、当時の報道について「『被害者少女も不良グループの一員であり、被害者少女にも非があった』という論調が主流だった」と述べた上で[書籍 2]、これらの報道を「下品で低劣な想像力によって生み出された『断言』、もしくは巧妙なレトリックまやかしで『少女にも非がある、少女の育て方にも問題があり、両親にも責任の一端はある』=『被害者であった少女やその家族に、世間から逆に白い目を向けられるようなマイナスのイメージが付与されてしまっている』。こんなパラドックスが許されていいはずがない」、「本音はこの事件を単なる『材料』として扱っているだけなのだ」「少女を『モノ』としていたぶり続けた少年たちと、自分たちの『はじめに死刑ありき』の目論見のための格好の材料として、やはり『モノ』として被害者を利用するだけのこれらのマスコミは、全く同質だ」と非難した[書籍 2]

  • 週刊ポスト』1989年4月21日号は、大島渚が「(少女は)決して、少年たちの反対側にいた子ではなかった」と断言した[書籍 2]
  • 女性自身』1989年4月25日号は、事件の主旨と関係ない少女のホットパンツ姿や水着姿のスナップ写真を掲載した[書籍 2]。大道はこれを「読み手の下品な好奇心と嫉妬心に迎合した、雑誌の「ウランかな主義」の最たるものだ。美人で、『男心をそそる』少女のイメージを醸し出し、死んだ後にも少女の人格を貶めている。死者に肖像権はないというのだろうか。死者に名誉毀損はないというのだろうか」と強く非難した[書籍 2]
  • 朝日新聞』1989年4月4日朝刊の「ニュース三面鏡」は、「少女は無断外泊もままある非行少女」と書き、見出しに「女高生殺人事件数々の疑問」「助け求められなかったか」と掲げた[書籍 2]。また、1990年4月19日から25日にかけて連載された「なぜ、彼らは」では「強姦」を「関係を持つ」という言葉に置き換え、そこにあたかも少女の同意があったかのようにほのめかし、「(Cの母親が)いったんは少女を送り出した」と掲載した[書籍 2]。大道万里子はこれを「この記事を読んだ人は、自ずと『少女も遊び感覚で(加害者らの家に)留まっていたのではないか……』という印象を受けるように仕向けられている」と批判した[書籍 2]
  • また、大道は加害者少年らを実名報道した『週刊文春』1989年4月20日号をはじめ、『週刊新潮』1989年4月13日号、『サンデー毎日』1990年6月10日号、『女性セブン』1989年7月20日号など、加害者少年に厳罰を求める論調の記事に対しても「死刑先導型報道を貼り、様々な人々にインタビューをして、少年たちを死刑にと叫ぶことこそ時流です、とばかりに論陣を張った。あらかじめ、そういう考えの持ち主にしかインタビューしないのだから、そうしたコメントが出てくるのは当たり前だ。ここにあるのは、一見正義の味方として少女や、少女の家族に同情し、犯人たちを糾弾するポーズを装いながら、実は少女を単なる素材、つまり『モノ』として扱っているという、本当にいやらしく、許しがたい態度だ」と非難した[書籍 2]

少年法では、家庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者については、第61条の規定により本人の類推に資する全ての情報(関係者全員の名前、学校名、地名等)を報道することを禁止しているが、事件直後に発売された『週刊文春』(文藝春秋、担当記者:勝谷誠彦、編集長:花田紀凱)が加害者少年らを実名報道した[雑誌 4]。『週刊文春』は2週連続で、1989年4月13日号にて「女子高生監禁・殺人の惨 彼らに少年法が必要か」[雑誌 5]、次号の1989年4月20日号にて「女子高生惨殺事件 第2弾 加害者の名前も公表せよ!」と銘打った特集記事を組み[雑誌 4]、後者で実名を掲載した[雑誌 4]。その理由として、花田は『朝日新聞』1989年4月30日朝刊に掲載されたインタビュー記事中で「第1弾の記事では匿名表記したが、第2弾の取材をしているうちに事件の凄惨さがわかってきたため、編集部内部で『これは実名報道すべきでは』という声が出てきた」「野獣に人権は無い」と説明し、反響については「正直言って『反発の方が強いかな』と予想していたが、意外にも抗議の声は2件程度と少なく、逆に『よくやってくれた』と称賛する投書が何十通も来た。人権云々を言う人たちには『それじゃあ、殺された被害者の親御さんの前でそのセリフが吐けますか』と問いたい気持ちです」と答えた[新聞 53]。この報道をきっかけに『週刊文春』は当時売上部数ナンバー1になり、同年に発生した名古屋アベック殺人事件や、後に発生した市川一家4人殺人事件大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件神戸連続児童殺傷事件堺市通り魔事件光市母子殺害事件などの凶悪少年犯罪が発生する度に、同誌やライバル誌の『週刊新潮』(新潮社)など週刊誌各誌が次々と加害者少年を実名報道し、少年法改正論議に火をつけた。

『週刊文春』による実名報道を受け、日本弁護士連合会(日弁連)の藤井英男会長は1989年6月23日付で「立ち直り援助という少年法の原則を無視した実名報道は極めて遺憾である。また、マスコミは被害者の実名などを必要以上に報道しているが、死者の名誉、家族のプライバシーなども尊重されるべきだ」と談話を出した[その他 4][新聞 54]

『週刊文春』のライバル誌である『週刊新潮』は、事件当時は「犯人グループのうち、誰がどう手を下したのか、はっきりしない部分があった」として少年たちの実名報道は見送った[新聞 55]。しかし同誌も、1989年4月13日号にて特集記事を組み、監禁場所を提供したCの両親について「日本共産党員だという話もある」と報道した[雑誌 6]。これに対し、日本共産党は機関紙『しんぶん赤旗』で、同両親が党員であったことを認めた上で「同事件は暴力団との関係も指摘されている、許すことのできない残虐な事件であり、もちろん日本共産党とはいっさい関係ありません」との記事を掲載した[新聞 56]。その1ヵ月半後には同両親の対応を検証した特集記事が『しんぶん赤旗』に連載された[新聞 57]。なお『週刊新潮』は3年後の1992年、市川一家4人殺人事件発生時には「少年による凶悪事件が増加している今、20歳未満ならばどんな犯罪を犯しても守られる現行の少年法は時代遅れ。問題提起する意味で実名報道すべき」[新聞 58][新聞 59]、「犯人がはっきりしており(実名報道という形で少年法への)問題提起をしやすい」として[新聞 55]、加害者少年の実名報道を行った[新聞 55]

識者の反応

評論家の赤塚行雄は、この種の犯罪を、通り魔的「狂宴的犯罪」と名付け、先駆としては本事件に加え、1983年の横浜浮浪者襲撃殺人事件、本事件と同年に発生した名古屋アベック殺人事件を挙げた[書籍 3][書籍 4]

小田晋(当時・筑波大学精神衛生学教授)は、『朝日新聞』1989年4月21日夕刊記事の中で「少年らの成熟が早まってきている。少年犯罪を未然に防ぐためにも扱いを変えるべきで、重大事件では厳しく処罰すべきだ。今回の事件は、親も含めて(加害者らを)すべて実名で報道すべきだろう」とコメントした[新聞 60]

一般の反応

犯人が全員当時少年であったことから、同年代の子供を持つ親に計り知れない衝撃を与えた。『朝日新聞』1989年4月8日朝刊投書欄には「同じ未成年でも、被害者は実名・顔写真・住所まで新聞で報道されたのに対し、加害者は実名も顔写真も少年法を理由に掲載されない。これでは殺された方の人権が無視されている一方、殺した方の人権ばかりが尊重されている」「同じ少年犯罪でも窃盗・傷害などの衝動的な物ならば、本人の将来を考え匿名とすることもやむを得ないだろうが、今回のような凶悪犯罪に限っては成人も未成年も関係ない。少年A・Bなどのような匿名ではなく、実名を掲載すべきだ」という投書が掲載された[新聞 61][雑誌 4]

発覚当初から加害者少年らに対し、死刑・無期懲役などの厳罰を求める声があり、事件を捜査した警視庁には「加害者少年らの実名を公表せよ」「極刑に処せ」などの投書や電話が相次いだ[新聞 60]。また、東京地方検察庁が第一審の論告求刑で、主犯Aへに無期懲役などを求刑してからは、東京地検に「刑が軽すぎる」「『公益の代表』としてあえて死刑を求刑し、その威嚇効果によって、少年の集団による凶悪事件が相次いでいる[注釈 1]、昨今の風潮に歯止めをかけるべきだ」など、量刑の軽さを批判するかなりの数の投書・電話が寄せられた[新聞 62]。また検察庁のみならず、東京地裁に対しても「判決の量刑が軽すぎる」などの批判の投書・電話が多数寄せられた[新聞 63]

一方で本事件と同年(1988年2月)に発生した名古屋アベック殺人事件の刑事裁判では、第一審・名古屋地裁の1989年6月28日・判決公判で主犯格の犯行当時19歳少年に死刑、準主犯格の犯行当時17歳少年にも「死刑相当」とした上での無期懲役といった極刑がそれぞれ言い渡された[注釈 2][新聞 64]。このことから同事件は、最高でも懲役17年(求刑無期懲役)だった本事件の第一審判決との対比でも注目された[新聞 65]。その決定的な違いについて、当時・日本大学法学部教授板倉宏は「名古屋では殺害被害者が2人、本事件は1人という殺害人数の違いがある。殺害被害者数1人では(永山基準の影響もあり)死刑判決はほとんど出ない」「確定的殺意と『未必の故意』の差が大きい。名古屋の事件では『殺してしまえ』という明確な殺意があり、事前に殺害用のロープを購入するなどの計画性もあった。それに対して本事件は『死ぬかもしれない』という未必の故意だった」と『週刊文春』1990年8月2日号の特集記事で解説した[雑誌 7]

フィフィ(エジプト人タレント)は2018年8月25日、加害者元少年Dが再犯したことに言及してTwitterで「この国で国会議員になれるなら少年法を改正したいし、再犯した加害者らを何とかして処罰したい」などと自論を述べた[その他 5][その他 6][新聞 66][新聞 67]

他事件への影響

  • 新潟青陵大学大学院の碓井真史教授は、この事件の女性監禁に関する報道が翌1990年に起きた(事件発覚は2000年)、新潟少女監禁事件の犯人に、刺激を与えた可能性があると指摘している[書籍 5]
  • お笑いタレントのスマイリーキクチは、「この事件に関与した」とするネット上のデマが原因でいわれなき誹謗中傷を長年受け、悪質な中傷犯数十名が一斉摘発を受ける事態にまで発展した[書籍 6]スマイリーキクチ中傷被害事件)。
  • この事件の3年後(1992年)、犯行当時19歳の少年により千葉県市川市で一家5人中4人が殺害され、残る1人も強姦された事件(市川一家4人殺人事件)が発生した。この事件の加害者少年は、逮捕後も本事件を引き合いに出し「(本事件の)犯人の少年たちでさえ、あれだけのことをやっておきながら死刑どころか無期懲役にすらなっていない。それなら俺の方が犯行は長期間ではないし、犯行にあたって凶器一つ用意していないからまだ頭の中身もまともだ」、「これで俺も少年院行きか」程度にしか考えていなかった[書籍 7]。しかしその考えも虚しく、こちらの少年は第一審判決から最高裁判決に至るまで、一度たりとも死刑判決を回避することなく一貫して死刑判決を言い渡されて確定し、戦後日本で37人目(永山則夫連続射殺事件の最高裁判決以降、及び平成の少年犯罪では初)の少年死刑囚となった。2017年12月、この少年の死刑が執行された。



konnkuri


ブログネタ
なんだか 文章チックにまとめた 時事ネタや日常の出来事 に参加中!
勝谷さんが 実名報道した 少年犯罪。この未成年実名報道がもたらした少年審判への影響は大きかったと思う。


女子高生コンクリート詰め殺人事件


女子高生コンクリート詰め殺人事件(じょしこうせいコンクリートづめさつじんじけん)は、1988年昭和63年)11月から1989年(昭和64年)1月の間に発生した猥褻略取誘拐監禁強姦暴行殺人死体遺棄事件の通称である。

1988年11月25日夕方に埼玉県三郷市内の路上で被害者女子高生(事件当時17歳)が不良少年グループに拉致され、約40日間にわたってグループのたまり場だった東京都足立区綾瀬の加害者宅に監禁されて暴行・強姦を受け続け、1989年(昭和64年)1月4日に加害者グループから集団リンチを受けて死亡、遺体をコンクリート詰めにされて東京都江東区内の東京湾埋立地に遺棄された[判決 1]。1989年(平成元年)3月以降、別の強姦事件で逮捕された加害者少年らが事件を自供したためにその全容が判明した[新聞 3][新聞 4]

刑事裁判における事件番号は第一審・東京地方裁判所では平成1年(合わ)第72号[判決 1]、控訴審・東京高等裁判所では平成2年(う)第1058号である[判決 2]

本事件は非常に残忍・凶悪な少年犯罪として日本社会に大きな衝撃を与え、加害者少年宅に被害者少女が長期間監禁されていたにも拘らず、その加害者の両親も含めて少女の命を救えなかった点に激しい非難・疑問の声が上がった[新聞 5]

本事件の刑事裁判で犯行への関与が認定され有罪判決を受けたのは以下、いずれも犯行当時少年の4名である[判決 1]。この4人は足立区内の同じ中学校出身の先輩・後輩関係で、いずれも1988年夏頃には在学していた高校を中退・離脱して監禁・殺害現場となった足立区綾瀬地区を中心とした無為な不良行為を続けていた[判決 1]

加害者少年C宅の2階には監禁・殺害現場となった少年Cの部屋、及びCの兄(本文中G)の部屋がそれぞれあったが、C宅は両親が共働きで帰宅が遅かった上、Cによる家庭内暴力が激しかったことから両親がCを監督していなかったため、Cの部屋は不良少年たちの溜まり場となっていた[判決 1]

1988年8月以降、加害者少年B・CはCの兄Gを通じてつながりを持ったことをきっかけにCの部屋を中心に不良交友を始めた[判決 1]。少年Aは1988年10月頃、Gの盗難バイクの捜索に協力したことを契機にG・C兄弟に接近し、C宅に出入りするようになり、更にはDも中学の同学年で見知っていたB・Gを通じてC宅に出入りし、それぞれ不良仲間に加わるようになった[判決 1]

少年らの先輩には足立区を根城にしている暴力団の組員がおり、加害者少年Aらはその組の青年部組織を気取って「極青会」と名乗っていた[新聞 6]。1988年10月ころから不良グループ4人は少年Aを中心として順次、女性を狙ったひったくり・車を利用した強姦事件などを繰り返し起こすようになった[判決 1]。またB・C・Dの加害者少年3人は少年Aを通じ、被害者少女を監禁中の1988年11月から12月頃にかけて順次、暴力団関係者の経営していた花屋の仕事手伝い、街頭での花売りなどに関わるようになり、12月中旬ごろには暴力団の忘年会・組事務所の当番にも駆り出されることがあった[判決 1]

被告人・少年A(犯行当時18歳)[判決 2]
足立区在住の無職[新聞 7]
第一審・東京地裁(1990年7月19日判決)にて懲役17年(求刑・無期懲役[判決 1]、控訴審・東京高裁(1991年7月12日判決)にて懲役20年の判決を受け確定した[判決 2]。 2013年1月頃振り込め詐欺を起こして逮捕され 事件から約2週間後 検察側は元少年Aに対しては不起訴処分されていた
被告人・少年B(犯行当時17歳)[判決 2]
足立区在住の無職[新聞 7]
第一審・東京地裁と控訴審・東京高裁にてそれぞれ「懲役5年以上10年以下の不定期刑」(求刑・懲役13年)の判決を受け確定した[判決 1][判決 2]。出所後の2004年に三郷市逮捕監禁致傷事件を起こして逮捕・起訴され、懲役4年の実刑判決が確定した。
被告人・少年C(犯行当時15歳 - 16歳)[判決 2]
第一審・東京地裁で「懲役4年以上6年以下の不定期刑」(求刑・懲役5年以上10年以下の不定期刑)[判決 1]、控訴審・東京高裁で「懲役5年以上9年以下の不定期刑」の判決を受け確定した[判決 2]
出所後、2018年8月19日に埼玉県川口市内の路上で通行人男性を襲撃した殺人未遂事件を起こしたとして埼玉県警察武南警察署に緊急逮捕された[その他 1][その他 2]
被告人・少年D(犯行当時16歳 - 17歳)[判決 2]
第一審・東京地裁で「懲役3年以上4年以下の不定期刑」(求刑・懲役5年以上10年以下の不定期刑)[判決 1]、控訴審・東京高裁で「懲役5年以上7年以下の不定期刑」の判決を受け確定した[判決 2]

事件の経緯

4444

1989年(平成元年)3月29日、被害者の遺体が発見されたことから[判決 5]、事件が発覚した。警視庁綾瀬警察署と同庁少年二課は、前年12月に発生した別の婦女暴行事件及び、さらに別の婦女暴行1件・ひったくり20件の容疑で逮捕されていたA・B両名を少年鑑別所で余罪について取り調べたところ、供述通り江東区若洲の埋め立て地で発見したドラム缶の中から遺体を発見したため、翌30日に2人を殺人・死体遺棄容疑で逮捕した[新聞 7]。遺体の衣服は少年らが監禁中に与えたものらしく、失踪当時に着ていたものとは違った上[新聞 13]、腐敗が進んでおり、少女の家族も身元を確認できなかったため、遺体の指紋を少女の所持品の指紋と照合するなどして身元確認を進め[新聞 7]、少女と断定した[新聞 13]。少年二課と綾瀬署は同日、犯行現場となった足立区綾瀬のC宅を現場検証し、この家に住む兄弟ら少年3人(C・D・G)らが殺害に関与し、他2人の少年らが監禁・連れ去りに関与しているとみて、この5人を取り調べる方針を決めた[新聞 13]。遺体が入ったコンクリート詰めのドラム缶は重さ計305kgあり、2, 3人で持ち運べる重さではなかったため、綾瀬署は多人数でワゴン車トラックなどの車を用いて遺棄したとみて捜査した[新聞 13]。近隣住民によれば、前年末頃まで夜中にバイクの音がしたり、現場宅の2階で騒ぐ声が聞こえたりした[新聞 13]。玄関脇の電柱をよじ登って2階の部屋に出入りする少年の姿や、ベランダに脚立が置いてあるのが目撃されており、近所の主婦は「玄関を通らずに出入りしていて、両親も気づかなかったのではないか」と話していたため[新聞 13]、少年二課は少年らが、Cの家族の留守中を狙って出入りしたり、電柱を伝って部屋を出入りすることで、Cの家族と顔を合わせないようにしていたとみている[新聞 12]

警視庁少年二課・綾瀬署は1989年4月1日付で、A・B両名を東京地方検察庁に送検し、盗みなどの容疑で少年院に収容されていた当時17歳の無職少年ら3人も犯行に加わっていたとみて、3人の逮捕状を請求して取り調べ、うち1人を逮捕した[新聞 12]

40日間も被害者を監禁した理由について、取り調べの中で少年らは「警察に捕まるのが怖かったから」としか供述しておらず、捜査員から「怖いだけなのか」と聞かれると、少年の1人は「それ以外に理由があるんですか」と問い返したという[新聞 9]

警視庁少年二課・綾瀬署は6月5日、加害者少年ら4人を、前年12月23日から4日間にかけて深夜まで銀座数寄屋橋交差点近くの路上で花を売らせていたとして、足立区舎人3丁目在住の暴力団準構成員の男(当時43歳)を児童福祉法違反容疑で書類送検した[新聞 14]

東京地方検察庁は最初に逮捕されたAら3人を、1989年4月20日付で「刑事処分相当」の意見書付きで、殺人、わいせつ目的誘拐・略取、逮捕・監禁・強姦、死体遺棄の各罪で東京家庭裁判所に送致した[新聞 6]

警視庁少年二課・綾瀬署は1989年4月24日、監禁現場となった家の長男であるCの兄G(当時17歳、都立高校3年生)を殺人、死体遺棄容疑で、同家に出入りして被害者に乱暴を働いたとして足立区内の当時16歳有職少年2人を婦女暴行容疑で、それぞれ東京地検に書類送検した[新聞 15]。3人は、先に逮捕されたAら4人に比べて犯行への関与が軽く、在宅のまま任意で取り調べられていた[新聞 15]。同26日付で東京地検は、足立区内の当時17歳少年を殺人、わいせつ目的誘拐など5つの罪で身柄を東京家裁に送致し、Gも殺人、死体遺棄容疑で東京家裁に書類送致した[新聞 16]

東京家裁はその後、1989年5月18日までに送致されていたA・B・C・Dの4被疑者少年を少年審判の結果、「刑事処分が相当」として東京地検に逆送致する決定を出した[新聞 17][新聞 18]

東京地検は1989年5月25日、殺人・猥褻目的略取誘拐・逮捕監禁・強姦などの各罪状で被疑者A・B・C・Dの少年4人を東京地方裁判所起訴した[新聞 19][新聞 20][新聞 21]

第一審・東京地裁

1989年7月31日、東京地裁刑事第4部で第一審初公判、検察側及び弁護人側冒頭陳述・被告人側罪状認否
1989年7月31日、東京地方裁判所刑事第4部(松本光雄裁判長)にて初公判が開かれた[新聞 22][新聞 23]
罪状認否で加害者少年らの認否を代弁した弁護人らは、Aが未必の故意による殺人を認めた一方、他の3人は殺意を否認し、傷害致死に留まると主張した[新聞 22]
検察側は冒頭陳述で、加害者少年らは監禁から約1か月後の12月下旬頃から、少女の扱いに困り「コンクリート詰めにして海に捨てよう」などと話し合っていたと指摘した[新聞 22]。うち1人は「ドラム缶の中に、少女の好きなビデオや花束ぐらい入れてやるか」と提案したのに対して、別の2人は「そんなことをしたら、ドラム缶が見つかった際に誰かを決める手掛かりになる」と反論したと主張した[新聞 22]
殺害に至るリンチの動機について「Aが1月3日深夜から4日朝までにJR綾瀬駅付近の麻雀屋で、賭け麻雀で10万円くらい負け、その鬱憤晴らしとして、少女に八つ当たりしようと言い出したのをきっかけに行われたものだった」などと述べた[新聞 22]。4人は、本事件以外にも別の女性2人への婦女暴行、後輩へのリンチ、被害総額約220万円に上る店舗荒らし・ひったくりなどでも起訴されていた[新聞 22]
閉廷と同時に、被告人のうち1人が気を失って倒れた[新聞 22]
1989年9月4日、第2回公判、心理鑑定申請
1989年9月4日、第2回公判が開かれた[新聞 24][新聞 25]
3被告人の弁護人は「犯行グループ形成からわずかの間に非行を重ね、本件被害者への暴行を残虐なまでにエスカレートさせてしまった特殊な事件だ」と主張した上で、福島章上智大学教授(犯罪精神医学)による被告人らに対する犯罪心理鑑定(情状鑑定)実施を申請した[新聞 24]。これを受けて松本裁判長は残る1被告人を含め、4被告人全員に対する心理鑑定を実施することを決めた[新聞 24]
その鑑定事項は「共犯少年の相互の鑑定を前提として、犯罪精神医学からみた本件一連の犯行に至った心理作用」であった[新聞 24]
また加害者少年らが非行に走った背景として、弁護人側は「複雑な家庭環境や学校でのいじめ・体罰などがあった」と指摘した上で、「被告人らは『集団的なヒステリー状態とでもいうべき異常な心理状態』の中で犯行をエスカレートさせた」と主張し、うち年少の被告人2人については保護処分家庭裁判所への送致を求めた[新聞 25]
1989年9月21日、第3回公判、被告人質問
1989年9月21日に第3回公判が開かれ、4被告人のうち殺意を否認する供述をしていた被告人Bに対する弁護人からの被告人質問が行われた[新聞 26]
被告人Bは「先輩の被告人Aが怖かったため、自分たちはAからの指示・命令に逆らえず、道具のように扱われていた」などと証言した[新聞 26]
その上で「被害者へのリンチは被告人Aの独断で、自分たちはそれに従わざるを得なかった」と訴えた[新聞 26]
1990年3月2日、第21回公判、犯罪心理鑑定人・福島章が鑑定結果を証言
1990年(平成2年)3月2日午後、第21回公判が開かれた[新聞 27][新聞 28]
同日は被告人少年らの心理鑑定を行った福島章上智大学教授が出廷し、証人尋問にて鑑定結果を証言[新聞 27]、証人尋問終了後に鑑定書が証拠採用された[新聞 28]。鑑定結果について福島は以下のように証言した[新聞 27]
  • リーダー格の被告人・少年Aは「脳に軽微な障害(微細脳障害症候群)があり、脳の機能が損なわれていたわけではないが、情緒面における発達が遅れていた」[新聞 27]。それが学校生活への不適応として現れ、高校中退後には挫折感が高じて「自分は悪いんだ」と思うことで逆に安心する「歪んだ心理状態」に陥った。
  • やがて同じような仲間が集まって自己否定的な心理を確かめ合うようになり、それが逸脱集団の中で暴力が振るわれる原因となった[新聞 27]
1990年4月23日、第23回公判、実質審理が終了
1990年4月23日に第23回公判が開かれ、被告人4人に対する証拠調べが終わった[新聞 29]
同日は「被告人らが逮捕された当時、『自分が犯人に何をするかわからない』『この手で殺してやりたい』といった心境だったが、それは現在も変わらない」という被害者少女の父親の証言の要約が読み上げられた[新聞 29]
1990年5月21日、論告求刑公判、検察側は被告人Aに無期懲役などを求刑
1990年5月21日に論告求刑公判が開かれ、東京地検は4被告人に対しそれぞれ以下のように求刑した[新聞 30][新聞 31]
  • 主犯格の被告人・少年Aに対しては「一連の犯行の首謀者」として無期懲役を求刑した[新聞 30][新聞 31]
    • 被告人Aは福島章上智大学教授)による精神鑑定の結果「軽微な脳障害」が指摘されたが、この点について検察側は「素行不良化の位置遠因にすぎず、本件犯行との直接の因果関係は認められない」と主張した[新聞 30][新聞 31]
  • 準主犯格の被告人・少年Bに対しては「被告人Aの片腕的存在」として懲役13年を求刑した[新聞 31]
  • C・D両被告人に対しては「被害者に対する加害行為には積極的だったが、被告人CはA・B両被告人の指揮下にあり、被告人DもA被告人らに追従していた」として、それぞれ懲役5年以上10年以下の不定期刑を求刑した[新聞 31]
論告で検察側は「我が国の犯罪史上でも稀に見る重大・凶悪な犯罪で、犯行の態様も極めて残虐・冷酷である。人の仮面を被った鬼畜の所業であり、被告人らが犯行当時少年で、うち3人は家庭環境が良好とは言い難いことを考慮しても、厳しい刑をもって臨む以外にない」と主張した[新聞 30][新聞 31]

1990年6月25日・翌26日の2日間にわたり開かれた公判で弁護人側の最終弁論が行われた[新聞 32][新聞 1]。最終意見陳述で4被告人はそれぞれ被害者・遺族に対する謝罪、事件について反省の言葉を述べた[新聞 1]

いったんは最終弁論をもって結審したが1990年7月6日、東京地裁刑事第4部で補充審理が行われ、弁護人側の追加弁論・証拠提出が行われた[新聞 2]

  • 被告人・少年Aの弁護人は「Aの両親は自宅を売却して補償金5,000万円を用意し、被害者遺族がそれを受け取ってくれることになった」と述べ、被害者遺族代理人の領収書を情状証拠として提出した[新聞 2]。被告人A自身は「自分の犯した罪は金では償えないが、遺族の方が受け取ってくれることには感謝したい。自分のせいで両親が家を売ることになり大変申し訳ない」と証言した[新聞 2]
  • 被告人・少年Bの弁護人は「Bの両親が息子名義で被害弁償の積み立てを始めた」と追加の弁論をした[新聞 2]
1990年7月20日、第一審判決、最大で懲役17年の判決
1990年7月20日、東京地裁刑事第4部(松本光雄裁判長)で判決公判が開かれ、東京地裁は「被害者をなぶり殺しにした非人道的な犯行で刑事責任は重いが、少年による集団犯罪の特殊性などを考慮すると、精神的に未熟な少年らが事態を打開できないまま、不幸な結末に陥った側面もある。拘置中、被告人らはそれぞれ人間性に目覚めた成長が著しいなどの情状も考慮すべきである」として、以下のように判決を言い渡した[新聞 33]。情状としては、Aの両親が被害者遺族に慰謝料5000万円を支払ったこと、B・C・Dの3人は恵まれない家庭環境にあり、学校でいじめにあったことなどを考慮し、「家裁や少年鑑別所・弁護人・両親や鑑定人の接触によって人間性に目覚め、罪の重大性を認識し、その責任の自覚を深めている」ことなどから、検察側の求刑に対しいずれも酌量減軽をした[新聞 33]
  • 主犯格の被告人・少年Aに対しては「犯行の発端を作り、主導的地位にいた。犯行の由来はAに由来するところが大きく、その刑事責任は最も重い」として、懲役17年(求刑・無期懲役)を言い渡した[新聞 33]
  • 準主犯格とされる被告人・少年Bに対しては「Aに次ぐ地位で、Aの指示を受けずに自ら被害者に暴行を加えたこともあった」として、懲役5年以上10年以下の不定期刑(求刑・懲役13年)を言い渡した[新聞 33]
  • 監禁場所に自室を提供した被告人・少年Cに対しては懲役4年以上6年以下の不定期刑(求刑・懲役5年以上10年以下の不定期刑)を言い渡した[新聞 33]
  • 最も関与が薄いとされた被告人・少年Dに対しては「終始Aらに従属的ではあったが、過激な暴行は被害者に深刻な打撃を与えた」として、懲役3年以上4年以下の不定期刑(求刑・懲役5年以上10年以下の不定期刑)を言い渡した[新聞 33]
なお、A・B・Cの3被告人は本事件以外にも、別の女性への婦女暴行・傷害・窃盗などで起訴され、この日併せて有罪判決を受けた[新聞 33]。争点となっていた殺意の有無については「Aら4人は、極端に衰弱している被害者の処置について話し合っており、殺害当日の暴行も著しく強く、執拗だった」などとして「未必の故意」による殺意を認定した[新聞 33]
1990年8月1日、東京地検が4被告人全員について東京高裁に控訴
東京地検はA・B・C・Dの4被告人全員に関する量刑不当を主張し、1990年8月1日付で東京高等裁判所控訴した[新聞 34][新聞 35][書籍 1]。当時、少年犯罪の刑事裁判において検察側が量刑不当を理由に控訴するのは極めて異例だった[新聞 34]。控訴趣意書内容は以下の通り。
  1. 犯行は残虐・悪質極まりなく「少年法が想定していた理想の枠外にある特異な事件」であるにも拘らず[新聞 34][新聞 35]、原判決は少年保護に重点を置きすぎている[新聞 35]
  2. 被害者遺族の被害感情など被害者側の情状より[新聞 34][新聞 35]、被告人側の家庭・生育環境など被告人側にとって有利な情状を過度に重視しており、量刑の均衡を欠く[新聞 35]
  3. 通常の事件では「『未必の殺意』は『確定的な殺意』より犯情が軽い」とされるが、今回の場合はむしろ犯情が重い[新聞 34][新聞 35]
  4. 東京地検には厳罰を求める投書・電話が相次いでおり、それらが一般的意見を代表しているとは言えないが、「量刑には納得がいかない」と言った世論が底流にある[新聞 35]。社会が納得する量刑を考え、上級審の判断を仰ぐのが妥当である[新聞 34]
この検察側控訴に対し、4被告人の弁護人らは「意外」と受け止める反応をした[新聞 34]
  • 被告人・少年Dの弁護人は「裁判を長期化させ、量刑を重くすることが、少年たちに反省・謝罪の気持ちを起こさせれることにつながるとは思えない」として検察側の控訴を批判した[新聞 34]
1990年8月、被告人側が東京高裁に控訴
被告人・少年Bの弁護人は量刑不当を訴え[判決 2]、控訴期限となった1990年8月2日[新聞 36]、検察側の控訴に対抗する形で東京高裁に控訴した[新聞 34]
同じく1990年8月2日[新聞 36]、被告人・少年Cの弁護人は「殺意の有無に関する事実誤認」及び量刑不当を主張し[判決 2]、東京高裁に控訴した[新聞 36]
一方で同日までに少年A・少年Dの両被告人・及びそれぞれの弁護人は「被害者遺族の被害感情などを考慮して」控訴を断念したため[新聞 37]、両被告人の量刑が控訴審で維持・加重される可能性はともかく、減軽される可能性は消滅した[新聞 36]

控訴審・東京高裁

1991年3月12日、控訴審初公判、控訴趣意書朗読・答弁
1991年(平成3年)3月12日、東京高等裁判所で控訴審初公判が開かれた[新聞 37][新聞 38][新聞 39]
午前中は検察側・弁護人側の双方が控訴趣意書を陳述し[新聞 37][新聞 39]、午後には相手の控訴趣意書主張に対する答弁を行った[新聞 38]。検察側は量刑加重を・弁護人側は量刑減軽をそれぞれ訴えた[新聞 37]
  • 検察側は「犯行の悪質さ・被告人らの非行性の根深さを考慮すれば第一審判決は寛大に過ぎて不当である」と指摘した[新聞 37][新聞 39]
    • その上で本事件における犯行の重大性を具体的に再現し、同種の少年事件における判決を引用して「原判決は全般的な情状評価について誤った判断をしている」と主張したほか、「被告人らはいずれも積極的に犯行に関与し、犯罪性向が極めて強固だ」と訴えた[新聞 37]
    • また第一審判決後、検察庁・裁判所に判決を批判する投書・電話が多数寄せられたことなどを挙げながら、検察側は「犯した罪の責任に応じ、社会一般の感情を納得させる量刑が求められる」と主張した[新聞 39]
    • 被告人B・Cの各弁護人による控訴趣意書に対しては、答弁書で「『未必の故意』に関する第一審判決の事実認定は正当であり、弁護人側の控訴は棄却されるべきである」と反論した[新聞 38]
  • 一方で弁護人側は以下のように控訴趣意書朗読・答弁を行った。
    • 主犯格の被告人・少年Aの弁護人は「検察側の『矯正は不可能」という主張は独断的県警であり、厳罰主義は少年法の健全育成の理念への重大な挑戦である」と批判した上で「第一審判決の量刑は正当であり、検察側控訴は棄却されるべきである」と主張した[新聞 38]
    • 被告人B・C・Dの各弁護人はそれぞれ検察側の控訴趣意書に対する答弁書にて「社会秩序維持の観点から責任に応じた科刑を求める検察官の主張は少年法の解釈を誤っており明らかに不当」などと反論した[新聞 38]。特にB・C両被告人の弁護人は「少年法の理念を踏まえて、少年の社会復帰を手助けするという観点から処分を考えるべきだ」などと述べた[新聞 39]
      • 準主犯格の被告人・少年Bの弁護人は「少年の刑事事件に対する処分では、子供を発達途上と解釈する『健全育成』の理念が最大限に尊重されるべきであり、結果の重大性・社会的影響の大小で量刑を決めるべきではない。原判決は被告人Bの殺意・犯行の役割における事実認定に誤りがあり、被告人Bの際立った人間的成長ぶり・教育可能性を考えれば破棄されるべきだ」と主張した[新聞 37]
      • 被告人・少年Cの弁護人は「略取・監禁の共謀成立時期」「『未必の故意』の存在」の2点について「原判決は事実誤認がある」と主張した上で、「被告人Cは保護処分に処するのが相当であり、家庭裁判所に移送すべきだ」と主張した[新聞 37]
1991年7月12日、控訴審判決公判、一部原審破棄の上で被告人・元少年Aに懲役20年などの判決
1991年7月12日に判決公判が開かれ、東京高裁(柳瀬隆次裁判長)は、少年A・C・Dの3被告人に関して、検察側の「被告人らの反省や、その後の人間的成長などの情状を酌んでも、原判決の量刑は軽すぎる」とする主張を認めて、第一審判決を「著しく軽すぎて不当」と破棄、それぞれ以下の判決を言い渡した。
  • 主犯格の少年Aに対しては「主犯格で罪責は極めて重大」として懲役20年の判決を言い渡した[新聞 40]
  • 少年Cに対しては「被害者を自宅に監禁し、手加減なく強度の暴行を加えた」として懲役5年以上9年以下の不定期刑の判決を言い渡した[新聞 40]
  • 少年Dに対しては「終始犯行に加わり、すさまじい暴行に及んだ」として懲役5年以上7年以下の不定期刑の判決を言い渡した[新聞 40]
  • 一方で少年Bに関しては懲役5年以上10年以下の不定期刑とした第一審判決を支持、双方の控訴を棄却した[新聞 40]
東京高裁は、少年に対する刑事処罰の在り方について「少年法が少年の健全な育成を図ることを目的とし、種々の配慮をしていることなどを慎重に考慮しなければならない」とする一方で「成人に比べて、常に一律に軽い量刑をもって臨めば足りるわけではなく、犯罪内容が悪質で、被害者の処罰感情が強いような場合には、それに応じた刑を科すことが社会正義を実現することになる」との判断を示した[新聞 40]。その上で、被害者に対する犯行について「人間としての尊厳に対する一片の配慮もうかがうことができず、同情すべき点も認められない」「被告人らが犯行当時いずれも少年だったことや生育環境などを考えても、責任を大幅に減じることは相当とは言えない」とした[新聞 40]
控訴人判決に対する対応
被告人Dは控訴審判決に対し量刑不当・事実誤認を訴え、1991年7月24日までに最高裁判所上告した[新聞 41]
一方で東京高検は上告期限となった1991年7月26日、最高裁への上告を断念することを決めた[新聞 42]
東京高検およびA・B・Cの3被告人は上告期限までに最高裁へ上告しなかったため、3被告人それぞれの控訴審判決がそのまま確定した[新聞 43][新聞 44]

上告審・最高裁第三小法廷

1992年7月18日まで、最高裁第三小法廷が被告人・少年Dの上告棄却決定
最高裁判所第三小法廷可部恒雄裁判長)は1992年(平成4年)7月18日までに、被告人・少年Dの控訴審判決を支持して同被告人の上告を棄却する決定を出した[新聞 45][新聞 46][新聞 47]
この最高裁上告棄却決定により被告人・少年Dに対する「懲役3年以上4年以下の不定期刑」判決が確定した[新聞 45][新聞 46]


DSC_0222

ブログネタ
旬なニュース速報 に参加中!
姉妹都市の韓国・江陵市との職員相互派遣を中止件で

埼玉新聞に

【同市にはインターネット上で右翼的な発言をする「ネット右翼」とみられる人々から、「江陵に慰安婦像があるのを知っているのか」
「秩父は好きだったけど、秩父には絶対に行かない」などといった抗議のメールや電話が約50件以上寄せられたという。】

という記述があったが、

そこは何故 【ネット右翼】なのだ?

抗議の声を上げる人間をひとくくりにしてしまう報道の仕方とそれを容認する広報課の姿勢に疑問だ。
抗議しているのはネット右翼だけなのか?

そしてそもそもの間違いが、電話、メールで抗議が来ているなら通常の抗議活動であろう。

ネット右翼とはネットの中での右翼発言やそれに傾倒した内容の発信者であって、市政に対する抗議を電話やメールでしたとて、ネット右翼にくくってしまうのはおかしい。

埼玉新聞さんに 【今回の制度に反対や、現在の日韓の関係を考慮して懸念を抱く方からの抗議の電話やメールが多数寄せられた】などの表現に変えてもらうべきではないだろうか?

でなければ、秩父市に韓国がらみで抗議する人間は 【右翼】 と決めつける姿勢が有ととらわれてしまうと思うが??

いかがでしょうか?



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


と送ったが返事はないなぁーー

これだけ返ってきた。



送信受付のシリアル番号:○○○ お問い合わせ時はこの番号と共にご連絡ください。






和歌山
 

大阪 京都


栃木




生活・文化 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
山梨

ブログネタ
今話題のニュース に参加中!
BTS 事務所謝罪


だが

DSC_1123
彼らの根本が間違ってるのだろう!!

DSC_1125

ナチス奮起を想起させる演出するところなんか 結局根本がそうなんだから

DSC_1124
その 彼らを批判する演説に

ヘイトと抗議する者もいたようだ、、




腐ったやつには腐ったやつが来るもんだ!!




にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村


この価格でこのクオリティはお買い得です!【似顔絵ウェルカムボード】 〜ブライダルに最適!...





ととと

 



ブログネタ
今話題のニュース に参加中!

 【ソウル=名村隆寛】元徴用工をめぐる訴訟の韓国最高裁判決で日本企業の敗訴が確定した問題で、日本政府が国際司法裁判所(ICJ)に提訴する方針を固めた中、韓国政府の対応策は明らかにされていない。

 韓国では10月30日の判決について、「記念碑となる判決」(韓国紙)と評価がある一方で、日本との関係悪化への懸念は強い。その懸念が、日本政府によるICJ提訴で現実となる。

 ICJ提訴の可能性は判決前から韓国でも取り沙汰され、想定内のことだ。ただ、裁判開始には韓国の同意が必要で、韓国が受け入れる可能性は極めて低い。

 韓国が恐れているのは、国際社会での韓国の印象悪化だ。
「感情的な外交は国際社会で韓国を孤立させる。国際社会は日本側につく」(外交関係者)、「政権交代ごとに韓国は約束を覆すという批判を受ける理由を与えた」(韓国紙)といった自戒は少なくない。

 合意よりも判決を尊重することが韓国内では通じたとしても、国際社会や合意相手国との間では通じない“反則”であることを、少なくとも一部の韓国人は分かっている。

 韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相は判決当日、「首相が関係省庁や民間の専門家などと総合的に考慮し、政府の対応策を講じていく」との立場を表明した。
しかし文在寅(ムン・ジェイン)大統領は今月1日の国会演説で日韓関係に触れなかった。

 
韓国では駐日大使経験者を含む有識者が、関係悪化回避に向けた首脳外交を求めている。だが、文氏は翌2日には休暇をとった。打開策を“知日派”の李氏に丸投げしたも同然だ。

判決への日本側の批判が想像以上だったことを、韓国は重く見ているようだ。特に安倍晋三首相が1日、国会で「あらゆる選択肢を視野に入れ毅然として対応していく」と断言したことにも、韓国では正面からの反論らしいものはない。

 慰安婦合意の“再検討”の際に見られたような、韓国自らが蒸し返した問題へのバツの悪さに加え、今回は日本側の怒りに対する一種の衝撃さえうかがえる。

 日韓関係悪化の一方、韓国では同様の日本企業への提訴が続きそうだ。

韓国は「(日韓)双方が知恵を絞って」(李首相ら)と日本を巻き込んでの問題解決を模索しているようだ。「2国間関係の基盤を損ねた側が解決に当たるべきだ」(日韓関係筋)という国際常識さえ、今の韓国は「国民感情」という国内圧力から受け入れられそうもない。
産経デジタル
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もはや ダメジャン!!

の領域。

(日韓)双方が知恵を絞って  という韓国の言い分になんら共感をもてない。


DSC_0458
















 














  


  

 

ブログネタ
日記です に参加中!
 

AERA dot.
の中の
本文に 私なりの感想及び意見を足してみた。
ほぼ反論

そして やっぱり 朝日は気持ち悪い

という結論

わかり易くするため 私の意見人は色を付けた。


ちなみに 私は ネトウヨ ではないが

マスコミの一部を やはりマスゴミ と呼ぶ



~~~~~~ ~~~~ ~~~~
AERA dot.
 なぜマスメディアはネットを中心に“マスゴミ”と忌み嫌われるのか? 現代においてもっとも過激な批判の声を発信するである「ネトウヨ(ネット右翼)」の憎悪の源はどこにあるのか。橘玲が『朝日ぎらい~よりよい世界のためのリベラル進化論~』(朝日新聞出版)で明かした彼らの実像とは。

*  *  *
「リベラルな朝日」はなぜこれほど嫌われるのか?

 その理由のひとつは、社会全体の高齢化とともに「リベラルの保守化」が顕著になったことだ。このひとたちの主張は「(自分たちの既得権にかかわることは)なにひとつ変えたくない」に要約できるが、これでは若者たちから見離されても仕方がない。



意味が分からん
(自分たちの既得権にかかわることは)なにひとつ変えたくない)なんて前からの事やし、
現在も新聞業界は軽減税率の対象になるように徒党を組んでるし、わかってること

(これでは若者たちから見離されても仕方がない。)
これが理由ではないから↓のようにのべるのだろうが、、、

 しかしこれだけなら、「朝日ぎらい」に見られる底知れぬ憎悪は説明できない。たんなる政策論争や政治思想のちがいなら、論壇やアカデミズムで議論すればいいだけだ。

しかし現実には、書店の店頭には「朝日ぎらい」の雑誌や書籍の煽情的なタイトルが並んでいる。特定のメディアへの批判がひとつのマーケットをつくりだすのは(おそらく)日本でしか見られない珍現象で、それだけ日本の戦後において朝日新聞の存在が大きかったということなのだろう。

特定のメディアへの批判がひとつのマーケットをつくりだすのは(おそらく)日本でしか見られない
ではなく
それだけ朝日の行ってきた内容の一部に悪行が見て取れるからだ!


「朝日ぎらい」の理由を訊けば、多くのひとが滔々と語るだろう。そのなかには正当なものもあると思うが、ここでその一つひとつを検証しようとは思わない(※1)。私の興味は、「朝日」についてなぜひとはこれほどまで感情的になるのか、ということだ。
それを知るためには、現代においてもっとも過激な「朝日ぎらい」である「ネトウヨ(ネット右翼)」について考えてみる必要がある。

 

日本におけるネトウヨの定義は難しい。「朝鮮人を殺せ」などの醜悪なヘイトスピーチを行なう団体がネットから生まれたことは間違いないが、最大のヘイト団体である在特会(在日特権を許さない市民の会)の会員を直接取材したものは、ジャーナリスト安田浩一氏の『ネットと愛国』(講談社+α文庫)、『ヘイトスピーチ―「愛国者」たちの憎悪と暴力』(文春新書)と社会学者樋口直人氏の『日本型排外主義―在特会・外国人参政権・東アジア地政学』(名古屋大学出版会)くらいしかない。


「定職をもたないか、非正規で低賃金労働に従事する貧しい若者」が社会に対する憎悪を韓国や中国、「在日」や「朝日」にぶつけているというのが一般的なネトウヨ像だろうが、樋口氏はこれは根拠のないステレオタイプで、排外主義運動の参加者には大学卒やホワイトカラーのサラリーマンも多いという。しかしこれにしても、直接ライフヒストリーの聞き取りができたのは34名で、この調査だけでは全体像はわからない(サンプル数が少ないのはそれだけ協力者を集めるのが難しいからだ)。そこでここではとりあえず、SNSやネットニュースのコメント欄にヘイト発言を繰り返し投稿するひとたちを考えてみよう。

 ポータルサイトの分析では、ニュースのコメント欄へのヘイト発言は主に1週間に100回以上のコメントをする“コア層”によってなされており、1%の投稿者がコメント全体の20%を形成している。

 こんなことをしていてはまともな社会生活は送れないと思うのだが、ネトウヨについてのいくつかの調査は、彼らの中心が40代であることを示している。これは奇しくも、20代で日本と世界の激変を体験し、「右」と「左」の価値観が逆転した世代だ。



 ヘイトコメントの大量投稿がごく一部だからといって、ネトウヨを特殊なひとたちと切って捨てることはできない。彼らがヘイト投稿に夢中になるのは、高い評価(いいね)と結びついているからだ。ネトウヨの背後には、彼らのコメントに共感する膨大な“サイレントマジョリティ”がいる。
 ネットワーク社会論の木村忠正氏は、ネットニュースのコメント欄などの投稿を分析し、「ネット世論」に頻出するテーマとして次の3つを挙げている(※2)。

(1)韓国、中国に対する憤り(嫌韓・嫌中意識)
(2)「弱者利権」(立場の弱さを利用して権利を主張、獲得する)認識に基づく、マイノリティ(社会的少数者)への違和感
(3)マスコミに対する批判

 そのうえで木村氏は、ネトウヨを愉快犯的な投稿に駆り立てる主要な動機は、「嫌韓・嫌中」というよりも「弱者利権」批判だと指摘している。「ネット世論の主旋律には、社会的少数派や弱者に対する強い苛立ちが脈打っている」のだ。


「弱者利権」批判だと指摘している 
ではない。 弱者利権批判の裏にはその巧妙なウソや偽装があり、それを見て知っているからこそ、まともな者がちゃんと保護を、または恩恵をうけていないと判断しているのであり。
むやみやたらに弱者の優遇政策にいら立ってるわけではない。

私も 偽装離婚して 母子手当てもらってる母親も知ってるし、

生活保護を受けながらパチンコで散財しているオッサンも知ってる

更にその 生活保護者からピンハネしている民生委員も知ってる

そういうのは生活に根差していると見えてくる

それに対して怒っているわけだ。



「在日特権」という語に象徴されるように、ネトウヨは少数派(マイノリティ)の権利の訴えを

「自分たちは弱者だと主張することで利権を手に入れようとしている」と考える。


↑ 
その通り


 ネトウヨの「嫌韓・嫌中」には、「歴史修正主義やナショナリズムの問題というよりも、慰安婦問題、戦争責任、戦後補償、植民地支配について、韓中にいくら謝罪しても結局(第二次大戦時における弱者の立場を盾に取り賠償金をとろうとして)問題を蒸し返されるという意識が根底には強く横たわっている」。
だからこそ嫌韓・反中のナショナリズムは「少年法(未成年の保護)」「生活保護」「ベビーカー」「LGBT」「沖縄」「障害者」などへの批判や不寛容へとシームレスにつながるのだ。

嫌韓・嫌中のところはままそんなところだが

少年法(未成年の保護)」「生活保護」「ベビーカー」「LGBT」「沖縄」「障害者」

の部分は嫌韓・嫌中と同類ではない。 



 ネトウヨは、従来のリベラル的「マイノリティポリティクス(少数派のための政治)」を強烈に批判・嘲笑し、彼らなりの「正義」と「公正さ」を積極的に求める。木村氏はこれを「非マイノリティポリティクス」と名づけた。「非マイノリティ」とは「マジョリティ」のことだが、彼らは「マジョリティ」として満たされていないと感じている。

 私なりに解釈すれば、「非マイノリティ」というのは、名目上はマジョリティ(多数派)だが実体としてはマイノリティ(少数派)であるひとびとのことだ。「在日特権」の語に象徴されるように、「『弱者』を装って利権をほしいままにするマイノリティ(外国人)のために、自分たちマジョリティ(日本人)が『弱者=被害者』になっている」という倒錯した意識がネトウヨの特徴だ。

ここが大きな間違い
例えば本文中の多数派だが少数派に組みされているメンバーが 非マイノリティー というくくり。
それがネトウヨというのがおかしな話

多数派に色んな意見や思考を持った人がいてもいいはず、その多数派内の少数派を一部の特殊層と考えるにはリベラル論調派からしたら考え方が矛盾している。



 マスメディア(朝日的なるもの)を「マスゴミ」と揶揄する背景にも、この「非マイノリティポリティクス」がある。これは少年犯罪に顕著で、ネトウヨは、未成年であることを理由に加害者の人権が保護される一方で、生命を奪われた(未成年の)被害者の実名や顔写真が報じられることの理不尽さを繰り返し告発することで、自らの手で「正義」を実現しようとしているのだ。


私は ネトウヨではないが これには賛成で
筆者は理不尽と考えていないのだろうか?
朝日はそうしてきているが、理不尽さのみじんも考えていないのが文章から読み取れる
加害者の人権の方が守られるべきだと考えているのか??
無残にも生命を奪われた被害者の尊厳の方がはるかに守られるべきだと思わないのだろうか?




(※1)現在に至る朝日批判は、1994年に刊行された稲垣武氏の『「悪魔祓い」の戦後史―進歩的文化人の言論と責任』(文藝春秋)でほぼ語りつくされているだろう。
(※2)木村忠正「『ネット世論』で保守に叩かれる理由 実証的調査データから」『中央公論』2018年1月号。詳細は『ハイブリッド・エスノグラフィー』として新曜社より近刊予定。




 ~~~ ~~~~ ~~~~~~~ ~~~~ ~~~~


 読んでいても 朝日の衰退はネトウヨのせいだといわんばかりで、そこにネトウヨの性格や性質を足しこんでいるだけのような気がする


朝日のダメになった原因は 間違いなく 印象操作 につきる

それについて語らない事が朝日の 悪行・悪業 なわけだ!

それを こんないいわけがましい応援文章載せるからアホかとなる

それに気がつかないままなのだ。









にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村




  

 

↑このページのトップヘ