プランナーの独り言

ブライダル業界に携わるものとして、結婚や恋愛 結婚生活などにかかわるところから、日々の話題や現在、過去のお世話させていただいた方のエピソード 業界の問題点などなど 人との関わりを踏まえて綴ります。

カテゴリ:国際関係 > 香港

ブログネタ
市民ジャーナリズム に参加中!

https://twitter.com/hareonnahareru/status/1178975572409499652?s=09

とうとう中国も建国70周年とか言って喜んでる場合じゃないぞ!!




香港警察発砲

おはようコールの横山太一アナが報じています。


こりゃ至近距離も至近距離過ぎるやん!!






【10月1日 AFP】(更新、写真追加)香港で1日、警察官の一人が放った実弾が抗議デモ参加者1人の胸部に当たった。警察筋が明らかにした。この警察官とその部隊は、発砲の前にデモ参加者らに襲われていた。

 匿名を条件に取材に応じたこの警察筋によると、「ツェンワン(Tsuen Wan)地区できょう、警察官1人が襲撃を受けた後に発砲し、デモ参加者の1人の胸部に当たった」という。

負傷したデモ参加者は、警察官らによる応急処置を受け、その後到着した救急隊によって病院に搬送されたと、同筋は話している。

 病院管理局(Hospital Authority)はAFPに対し、1日に発生した衝突の後、計15人が香港各地の病院に搬送されており、うち瑪嘉烈(Princess Margaret)病院に搬送された1人が重体になっていると明かした。

 ただ、この重体患者が銃弾を受けた男性とは明言していない。

 徐々に激しさを増しながら4か月近く続いている香港の抗議デモで、実弾による負傷者が出たのはこれが初めて。(c)AFP






実弾をとうとう使うとは、、、、、!




https://twitter.com/hareonnahareru/status/1178975572409499652?s=09

とうとう中国も建国70周年とか言って喜んでる場合じゃないぞ!!




香港警察発砲

おはようコールの横山太一アナが報じています。


こりゃ至近距離も至近距離過ぎるやん!!



【10月1日 AFP】(更新、写真追加)香港で1日、警察官の一人が放った実弾が抗議デモ参加者1人の胸部に当たった。警察筋が明らかにした。この警察官とその部隊は、発砲の前にデモ参加者らに襲われていた。

 匿名を条件に取材に応じたこの警察筋によると、「ツェンワン(Tsuen Wan)地区できょう、警察官1人が襲撃を受けた後に発砲し、デモ参加者の1人の胸部に当たった」という。

負傷したデモ参加者は、警察官らによる応急処置を受け、その後到着した救急隊によって病院に搬送されたと、同筋は話している。

 病院管理局(Hospital Authority)はAFPに対し、1日に発生した衝突の後、計15人が香港各地の病院に搬送されており、うち瑪嘉烈(Princess Margaret)病院に搬送された1人が重体になっていると明かした。

 ただ、この重体患者が銃弾を受けた男性とは明言していない。

 徐々に激しさを増しながら4か月近く続いている香港の抗議デモで、実弾による負傷者が出たのはこれが初めて。(c)AFP



ブログネタ
今話題のニュース に参加中!

つえを手にデモ隊を守る、香港の「おじいさん」たち
2019年9月14日 10:00 発信地:香港/中国 [ 香港 アジア・オセアニア ]

【9月14日 AFP】
「ウォンおじいさん」はつえを頭上にかざし、催涙弾の発射をやめるよう機動隊に訴えた──。

85歳のウォンさんは、香港民主派デモの最前線でデモ隊を守っているのだ。

 高齢のウォンさんだが、定期的に香港デモの衝突現場に姿を現し、機動隊とデモ隊の間に率先して身を置く。今や日常となった衝突を鎮めたいとの思いからの行動だ。

「若者が殺されるぐらいなら、年寄りが死んだ方がいい」と、繁華街の銅鑼湾(Causeway Bay)で起きた一連の衝突の合間にAFPの取材に答えたウォンさん。頭からガスマスクをぶら下げながら、「私はもう年だが、子どもたちは香港の未来だ」と語った。

 ここ3か月にわたって行われている大規模デモは、時に暴力的な様相も呈してきた。
参加するのは若者が圧倒的に多く、一部調査によると、参加者の半数は20〜30代で、77パーセントが大卒だという。

 ウォンさんと仲間の「チャンおじいさん」(73)はデモに参加する高齢者の中でも特に積極的だ。2人が所属しているのは、「守護孩子(Protect the Children)」と呼ばれるグループで、そのメンバーの大部分を高齢者とボランティアが占めている。

ほぼ毎週末、警察とデモ隊の間に入り仲裁を試みるが、警察が突撃すると分かれば、デモ隊のために時間稼ぎをすることもある。

■平和的な方法

 銅鑼湾で催涙弾が再び飛び交い始めると、チャンさんはウォンさんの手をぎゅっと握った。

「死ぬなら一緒だ」と叫びながら、衝突の最中に戻らないようウォンさんを引き留めたのだ。
チェンさんはいつも、ヘルメットの代わりにスローガンが書かれた目を引く赤い帽子をかぶっている。

 

守護孩子の主な目的は若者の保護だ。しかしウォンさんらは、デモ隊に対しても警察を挑発しないよう強く求めている。「香港の本質的価値は平和的な方法で守るべきだ」

 一連のデモで、これまでに12歳の子どもから70代の男性まで1100人以上が逮捕されている。多くは暴動の罪に問われており、10年の禁錮刑が科される可能性もあるという。

ウォンさんは、抗議活動しかないと意気込む若者らの気持ちを理解できると話す。

これまで何十年にもわたって、中国が公然と独裁主義を維持しながら、豊かになり、そして力をつけていく様子を見てきたからだ。

 守護孩子を主催するロイ・チャン(Roy Chan)さんは、高齢の参加者を尊敬しているとしながら、その一方で高齢者たちがこのような場に出てこなければならない現状を残念に思うと述べる。

「人生の最後の数年間は家で快適な生活を送るべきだ」

「だが、彼らは戦いに加わり、若者を守っている」

 ウォンさんは銅鑼湾に現れた翌日、今度は空港近くで行われていた抗議デモの現場に登場した。

そして、「ほら、子どもたちは家に帰るんだ」
「年寄りに面倒を見させてくれ」と声を上げた。

(
c)AFP/Vivian Lin and Jasmine Leung

和歌山
 

大阪 京都


栃木




生活・文化 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
山梨






【7月22日 AFP】(写真追加)大規模な反政府デモが7週連続で行われた香港で21日夜、白い服を着た覆面集団が民主派のデモ参加者らをバットや棒で襲撃し、45人が負傷、うち5人が重傷、1人が重体となっている。襲ってきたのは「三合会(Triad)」と呼ばれる香港の犯罪組織のメンバーとみられており、卑劣な襲撃と警察の対応に怒りが広がっている。

 中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案をきっかけにしたデモは、民主改革と普通選挙を要求し香港が有する半自治権の縮小に抗議するより広範な運動へと発展している。


こうした中、香港で暗躍する犯罪組織が干渉してくる新局面に、懸念が高まっている。


襲撃者のうち数人は、中国本土のナンバープレートが付いた車で現場を立ち去る様子が映像に捉えられている。

 7週連続となった日中の大規模デモでは、香港市内にある中国政府の出先機関までデモ隊が行進し、庁舎に卵を投げつけたり落書きをしたりした。夜になると、市内中心部の商業地区で警察がデモ隊の排除に乗り出し、一帯は機動隊の放った催涙ガスに包まれ騒然となった。

 その後、中国本土との境界に近い新界地区(New Territories)にある地下鉄の元朗(Yuen Long)駅で、デモから帰宅しようとしていた参加者らが覆面集団による襲撃を受けた。新界地区は、昔から恐れられている香港の犯罪組織が今も影響力をふるう場所として知られている。

 白い服を着た覆面集団の多くは木製・金属製の棒やバットを手に、駅のホームや列車内にいたデモ参加者らに襲い掛かった。フェイスブック(Facebook)を通じて現場の様子をライブ配信していた現地メディア「立場新聞(Stand News)」の女性記者も、地面に叩きつけられ、数回にわたって蹴られた。配信には顔が血だらけになった男性や、床に残された血だまりが映っていた。

 政府支持者による同様の襲撃は、2014年の民主派の大規模デモ、雨傘運動(Umbrella Movement)のときにも起きている。

 一夜明けた22日、卑劣な襲撃と警察の対応に批判の声が上がっている。襲撃された人々は必死に助けを求めて通報を繰り返したが、現場に警察が到着するまで1時間以上かかり、しかも未明まで周辺の路上にいた覆面集団を逮捕しなかったという。(c)AFP


和歌山
 

大阪 京都


栃木




生活・文化 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
山梨

ブログネタ
今話題のニュース に参加中!
今回の 香港警察の武力行使には 仕方がないと思う反面、この条例の怖さがまだまだ理解されていないのかもしれない。


中国に批判の強い意志を表明している人間が、香港に旅行に訪問したら
捕まえる事を可能にしている。

P_20190613_052144
P_20190613_052118
この方の言うように
一国二制度ではなくなる
香港がもうなくなるということだ
P_20190613_052132
P_20190613_052125
P_20190613_052154
催涙スプレーにレポーターもやられたようです。

のどの悪い私には耐えられないやろうなーー

P_20190613_052157



↑このページのトップヘ