プランナーの独り言

ブライダル業界に携わるものとして、結婚や恋愛 結婚生活などにかかわるところから、日々の話題や現在、過去のお世話させていただいた方のエピソード 業界の問題点などなど 人との関わりを踏まえて綴ります。

タグ:ヨンスジョン

ブログネタ
海外ドラマ 韓流ドラマ 映画 歴史物語等 に参加中!
ヨンスジョン。
 彼女は高句麗歴史上 唯一の女性城主として存在していたとされる。 確固たる証拠はないだろうが、時の東部家門の長女として また ヨンゲソムンの妹としてそうであったとしても不思議ではないかもしれない。
前回からの続き 
その前に少しお浚い。

まさに一行が降伏の儀の場所にあと少しで到着のタイミングで 
『 陛下(ペーハー)をお救いしろー 』 
と威勢のいい唐兵の声があがった。

そして 一行を促していた同行の高句麗兵をけちらしていく。

その様を見たケピルハリョクは棺を地面に叩きつけ粉砕し、 チャンソンムギはイセミンの口から玉を出させるのだった。
 リソンギも兵から剣を受けるとしんがりをかって出て追撃する高句麗兵を蹴散らす。

そして来た道を引き返すイセミン一行だった。
ここで ゲソムンはソリョンタの長安攻撃が本気でなかったことを悟るのだった。そしてここでとうとう追撃をすることをあきらめるのだった。
しかし ここで納得していない将軍がいた。 
次回へ!!

DSC_3622

ヨンスジョン
女子軍を率いて戦って来て、イセミンを今一歩のところまで追い詰めたのに 意外にも早く 太子 チ が送った救援軍に 、セミン一行が救出され逃げていく様を黙って見ていられなかったのだった。

ネイノーー イ・セミンーー


と叫びながら 高句麗の武将が並ぶ列から飛び出していくのだ。
しかし そこで待ち構えるは ソリンギであった。
ソリンギには 腹心のサムゴニョを前の戦いで殺されているので 心の中では怒りに燃えているのだった。

DSC_3621

向かってくるヨンスジョンに ソリンギは部下に命じ矢を取り閃光の如く射かけた。 

その矢がヨンスジョンを射抜く。

それを見た彼女の部下の女子軍も救出に一斉にかけよるが、一斉射てき攻撃をを受け全員が討ち死にする。
そして 動かなくなったヨンスジョンを乗せた馬が 高句麗軍の陣営に戻ってくる。

コモニムーーー(叔母様)

と駆け寄る ヨンナンセン

叔母の変わり果てた姿を見て ゲソムンに追撃の許可を得るが、一喝され、悲嘆するナンセンに 

よくやった それでこそ東部の一門だと妹 ヨンスジョンを褒めるヨンゲソムンだった。

DSC_3623

その死顔は やりきった感の漂う綺麗なものだった。
DSC_3624


名入れ 【ビールジョッキ 名前入り】送料無料 グラス プレゼント ★還暦祝いなどのギフトにもピッタリ★お酒が更に美味しくなります★

名入れ 【ビールジョッキ 名前入り】送料無料 グラス プレゼント ★還暦祝いなどのギフトにもピッタリ★お酒が更に美味しくなります★
価格:2,480円(税込、送料込)


無事 唐に帰った イセミン一行。 今後の外交をどうするかの朝廷の集まりにこの男がやってきた。

後の 新羅の王 キムチュンチュである。
DSC_3657
 善徳女王の甥にあたるのだが、 百済に長女コタソを大耶城(テヤソン)の陥落時殺された恨みから、唐と結んで百済を倒す事を決心したのだった。

そして 唐に従う証として 新羅の官服ではなく 唐と同じ様式で イセミンに謁見する。
DSC_3658

それに感心しながらも懐疑的になるイセミン。  チュンチュは新羅が三韓を統一するためにまず 新羅が百済を討ち併合したのち 高句麗を挟み撃ちにしようと提案する。

DSC_3659
イセミンは最弱国の新羅をそうやすやすと信用しないのであるが、キムチュンチュの言い分にも一理ある。
DSC_3660
DSC_3661
随の煬帝と今回の唐の高句麗出兵の失敗部分を論じる キムチュンチュに 唐をバカにされたと思った ソリンギとイジョクは激怒するが、
キムチュンチュは更に持論を述べる。

DSC_3662
DSC_3663
唐と新羅が連携することで イセミンの ヨンゲソムンに対する恨みを晴すべきと力説に イセミンの心が揺らぐ。

しかし その宿恨を晴らせず イセミンは 太子 イ・チに託して永眠する。
DSC_3685

DSC_3686
その後 新羅では キムチュンチュが
武烈(ムヨル)王となる

一方高句麗の東部家門にもうれしい知らせが
ナンセンの双子の弟
ヨン ナンゴン
ヨン ナンサン
が 早衣(チョイ)の修行を終えて 家門に帰ってきた。
そして ナンセンと
DSC_3687
DSC_3688
生みの母親 コ ソヨンに挨拶にきた。  
兄弟同士思いやりを忘れず協力をするのだぞ と諭すソヨン。


移動の馬上で 母 ソヨンの
小言にボヤく ナンゴンとナンサンだった。

DSC_3689
DSC_3691
閣僚が唐と新羅が手を組む事に懸念を示し、宴は控えてくれと 内政を引き締めを提言するが、  閣僚の佐平(チャピョン)ソンチュンとその弟ユンチュン将軍(新羅の大耶城(テヤソン)を陥落させた)はウイジャ王の振る舞いを心よく思っていない。  しかし奸臣のイムジャは今の平和はウジャの政策がもたらした結果だと歯が浮くようなお世辞を述べ それをうれしがる ウジャ王だった。 そして ソンチュン ユンチュン兄弟はイムジャを苦々しく思っていた。 
DSC_3692

そして この人 ケベク将軍も同意見で 内政を固めることを主張する。
DSC_3693

一方新羅では 太子のポンミンが極端な唐との近づきを心配するが
唐との連携こそが大事だとチュンチュは説く。 
そしてキムユシン将軍もポンミン同様少し心配していた。

DSC_3694



 

ブログネタ
海外ドラマ 韓流ドラマ 映画 歴史物語等 に参加中!
唐のイセミンは撤退を決めるのだが、堂々と帰ろうと 安市城にいるヨンゲソムンに唐に帰る旨を伝えに来る。
敗北をしたわけではないという姿勢だ。

唐に帰るだけだから正々堂々と帰るところを見せ付けるためだ。
その先陣は イジョク将軍だった。
DSC_3581
その将軍に何をしにきたと問いかけるヨンゲソムン
DSC_3582
かつての友人 イジョクか 何をしに来た?
DSC_3583
勝負をつけたかったが 残念だと言う イセミン
DSC_3584
ヨンゲソムン率いる高句麗の戦いぶりを褒める。
DSC_3585
褒めちぎって 威勢のよさを誇示しつつ帰途に就く唐軍だったが、 ゲソムン西土(ソト)はこのまま追撃をすることを高句麗軍に告げる。
 そして 唐軍は高句麗軍に後塵を配しながら後退していくのだが、ここでまた問題がおこる。

飢えと寒さで次々に唐軍兵たちが倒れる中、イ・セミンは帰国の道が遼沢の沼地以外にないとチャンソンムギに伝えれそれを知り愕然とする。

神征が始まり攻め入った際 高句麗を征服するまで帰らないという姿勢を見せるために自ら遼沢の沼地渡るためにかけた浮き橋を壊させていたのだった。

まさか 自分の命じたことがあだになるとは!!

一方、ゲソムンは西土との決着をつけるため反撃を開始。イ・セミン捕獲に全軍で猛追する。

満身創痍のイ・セミンは過酷な逃亡を強いられ、宿敵ゲソムンへの恨みを強める。

高句麗の挟撃から逃れるため休む間も無く逃亡を続けるイ・セミンだったが、
ここで イ・ジョク将軍と夏王将軍が高句麗軍を抑えにかかり、チャンソンムギとソリンギ将軍がイセミンを逃がす。
しかし ヤンマンチュン将軍に負わされた目の負傷がひどくなり イセミンの容態が悪化する。
廃村同然の村で家を見つけ そこで休息するのだが
もはや気弱になっていたイセミンは自分の高句麗神征を後悔する。
DSC_3586

そして 新城から挟撃に向かった テジュンサン将軍 ヨンナンセン将軍の軍と対峙する。
DSC_3603

とうとう廃村で高句麗軍に追いつめられる。
唐軍もイ・ジョク ケピルハリョク 夏王もやっとかけつける。 
降伏を迫るゲソムン。

イ・ジョクとチャンソン・ムギは将来の唐帝国のために生き延びるよう懇願するのだった。
DSC_3604
DSC_3605

そして 再び戦いが始まる
DSC_3607
ヨンナンセンも、
DSC_3606
ヨンゲソムンの妹 ヨンスジョンもに怒りをあらわにするが、
そこえ立ちふさがるのが このソリンギ将軍だった。
DSC_3608
かかってこいと挑発に乗り、 ヨンスジョンの女子(ナンジャン)軍の長で 剣術の達人の サムゴニョが出て行く。
DSC_3609ばかにする ソリンギだが、彼女の剣術は男勝りの実力だ。 
DSC_3610
剣を交え驚くリソンギだった。 
DSC_3611

ほぼ互角の戦いだったが、一瞬の隙を逃がさない狡猾なソリンギ将軍の前にサムゴニュは討ち死にする。

そして必死の防戦によってさらに奥地へ逃げるイセミン そして追撃の手を緩めないゲソムン
とうとう降伏の意を見せだしたイセミンだったが イジョク将軍が返事をするまでの猶予が欲しいと願い出る。

そして 高句麗軍の武将が幕舎に集まり検討する
降伏ではなく妥協案を提案してきたと告げる センヘ近衛隊長(ヨンゲソムンの義弟)

DSC_3612

DSC_3613

古朝鮮の時代に持っていた領土を 建国の祖 チュモン そして領土を広げた 広開土太王タムドク また幾多の高句麗王が夢見た 西土(ソト)の地を奪回するというゲソムンの思いは熱く
DSC_3614この好機しかないと力説し、イセミンが選ぶ道は
DSC_3615直ちに降伏するように伝えよと命令を下す。
一方のイ・セミンは将帥として潔い死を望むが、またしてもここで 大総管チャンソンムギと大将軍イジョクが唐のために生きる事を懇願し、
DSC_3616降伏するしかないと決断をするのだった。
そしてそのイセミンの悔しさがわかる 甥の夏王将軍も号泣する
DSC_3617
そして 降伏の儀が執り行われることとなった。
イセミンは玉を口にくわえさせられ、自らの棺を担がなければならないのだが、 それは高句麗の兵士からくわえさせるのを許さない甥の夏王が奪い取り身内として口に泣きながらいれた。
 一方棺はケピルハリョクが担ぐことなった。 

そして イセミン一行は 降伏の儀の場所 かつての盟友 そして最大のライバルのヨンゲソムンの待つ場所まで歩んでいくのだった。
DSC_3620

その風景を待ちわびる高句麗武将達
DSC_3618
領土の広がった高句麗を想像するナンセンは新高句麗の誕生の瞬間だと喜ぶ。
DSC_3619
テジュンサン ヨンスジョンの両将軍も安堵の表情を浮かべるが、
ここでまた急変する。  長安で ソリョンタ族の攻撃の防戦にあたっていた イセミンの息子 太子 イ・チが援軍を送っていたのである。 

まさに一行が降伏の儀の場所にあと少しで到着のタイミングで 
『 陛下(ペーハー)をお救いしろー 』 
と威勢のいい唐兵の声があがった。

そして 一行を促していた同行の高句麗兵をけちらしていく。

その様を見たケピルハリョクは棺を地面に叩きつけ粉砕し、 チャンソンムギはイセミンの口から玉を出させるのだった。
 リソンギも兵から剣を受けるとしんがりをかって出て追撃する高句麗兵を蹴散らす。

そして来た道を引き返す イセミン一行だった。
ここで ゲソムンはソリョンタの長安攻撃が本気でなかったことを悟るのだった。そしてここでとうとう追撃をすることをあきらめるのだった。
しかし ここで納得していない将軍がいた。 
次回へ!!


↑このページのトップヘ