プランナーの独り言

ブライダル業界に携わるものとして、結婚や恋愛 結婚生活などにかかわるところから、日々の話題や現在、過去のお世話させていただいた方のエピソード 業界の問題点などなど 人との関わりを踏まえて綴ります。

タグ:新郎

ブログネタ
結婚式&ウエディング に参加中!
 


~~~

将棋棋士とかるた永世クイーン 新郎不在の結婚披露宴



12月3日、東京・千代田区の高級ホテルで結婚披露宴が始まろうとしていた。新郎は将棋のプロ棋士、渡辺正和五段(32)。そして新婦は渡辺令恵さん(54)。令恵さんはかるたのクイーン戦優勝14回。「永世クイーン」の称号をもつ、かるた界のレジェンドだ。2015年に2人の結婚が報じられた際は“22歳差婚”として大きな話題になった。

あれから3年越しで迎えた、晴れの披露宴。

「列席者の席表には、日本将棋連盟の森内俊之専務理事、『ちはやふる』の漫画家・末次由紀さんなど錚々たる名が並んでいました。が、いざ新郎新婦入場の段になって、突然ホテルから『本日は新郎が欠席です』とアナウンスがあったんです」(出席した男性)

 しかし披露宴は中止にはならなかった。高砂には新婦一人が座り、出席者には洋食のコース料理が運ばれ、粛々と進行したという。

「令恵さんは普段と変わらない様子で、皆さんと和やかに談笑されていました。『本日はまことにおめでとうございます』というスピーチもありました」(出席した女性)

 将棋界ではいささか突飛な行動で知られる渡辺五段。「タイトル戦の会場に呼ばれてないのにやってきて、人数分しか用意されない弁当を食べて主催社とトラブルになったり。でも本人に悪意は全くない」(将棋観戦記者)という。“新郎不在”という突飛な披露宴にはいかなる事情があったのか。別の出席者は「披露宴の数日前に大きなケンカがあったらしいと聞きました」と証言する。

 令恵さんのコメントや、新婦と新郎ではない男性とを囲んだ謎の記念撮影など、シュールな披露宴の模様は12月20日(木)発売の週刊文春で詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年12月27日号)



  






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

にほんブログ村




ブログネタ
結婚式・ウエディング に参加中!
あんまり 最近は仕事の事は載せないようにしていたのだが、、、

久しぶりに

まーー見出しにあるように

ウエディングのフォトの重要性は意外と皆さん希薄

以前は仕事柄あんまり好ましくなかったので、言わなかったし、勧めもしなかったが、

今の時代なので 結構新婦さんには言います。

KIMG0157






















事の発端は 和装の写真撮りプランで 式をしないカップルのお世話をさせていた時

追加料金払うから 新婦さんが 白無垢、色打掛、と1人撮りをしたいと希望された。

ご主人は

【余計な金かかるからいらんやろ!!】

とやや不機嫌だったが

奥様は自分の財布から払うと断固抵抗

ちょっといい雰囲気ではなかったが、そこはご主人に納得して盛らって追加撮影


お帰りの際に写真の仕上がりの目安の日にちを伝えた際

【 ご両親とかに差し上げるのですか? 】

と聞くと

びっくりな答え

「2人ポーズの写真しかなかったら、もし離婚したら自分の一番の輝いていたであろう時期の花嫁姿の写真に、別れた相手が寄り添ってるのが耐えられないだろうから、、子供にも見せられない、、」

だった。

どうしても その時期の自分の姿をしっかりした作品として残しておきたい

こう考えたそうです。

30年ほど前の話ですが

よくよく今考えたら

最近は結婚後1年以内に分かれてしまうカップルもいる





フォトウエディング

今や スマホできっちり画像のいい写真も撮れるのだが、 カメラマンに撮ってもらう作品はしっかり残さないと消えてしまう。

データーで渡したら 式場もカメラマンも関与しないところが増えているので

やはり 自分用の作品はしっかり残した方がいいです。

これに関してはもう1ネタあるので

それは後日





にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ ブライダルコーディネーターへ
にほんブログ村
この価格でこのクオリティはお買い得です!【似顔絵ウェルカムボード】 〜ブライダルに最適!...





ブログネタ
結婚式・ウエディング に参加中!

とうとう岸本様シリーズの最終回

前回までは婚礼事業が業者優先主導の下絶頂期を迎えるころのお話から、現在大流行のブライダルプロデュース業の誕生のあたりまででした。

TOCの出現により 大阪を含め関西圏でもキリスト教と音楽を前面におしだしていく風潮がすすみだした。
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
岸本先生もその波にのったようで 当時大阪で牧師さんを派遣してくれるところといえば限られてきて、結局何がしかで先生のところにオーダーが入っていたようだ。

実際私も、ガーデンチャペルスタイルの挙式会場にいたときに来られていた牧師さんは先生のお声のかかった方が来てくれていましたし、  その後の別の音楽事務所にソリストとセットでお願いしたら、結局先生の手配だったというのがよくあった。
牧師さんだけ先生に頼めばよかったと後で後悔したこともある。

結局業界の仕事のパイをみんなで分け合っていたような構図になっていたが、  
突然業界の常識をひっくり返すような事がおこった。
当時流行の価格破壊をおこす業者が増えてきたのだ。
ご多分にもれず私もそちら側になった。
常々疑問に思っていた業界の体質に?マークを持っていたので、結婚したいという願望をかなえるお手伝いをする方にまわった。

同調する業者さんや、同業者もいたが、 やっぱり一番手ごわかったのは衣装屋だった。
そこを味方につけることができると
あとはトントンとすすみ  結局キリスト教式もお手ごろでできるようになった。  
平日68000円挙式
(キリスト教式 WD タキシード ブーケ 美粧 8切2人写真)です。
これが人前式なら48000円だった。
もう15年以上前の話です。
当時は賛否両論あったのですが
とにかく 結婚をしたい人達ができる環境をつくるのが先かなと思いやりました。  

そう 当時は結婚したいカップルが出来ずにしていなかった率が高かったのです。
にほんブログ村 恋愛ブログ ブライダルコーディネーターへ
にほんブログ村 


恋愛観・結婚観 ブログランキングへ




先生とも同じ意見ですが  しないのと したいのに出来ないのとは違うのす。  であれば したい人に出来る環境を整えればいいお手伝いができるのでは? がスタートです。

そんな思いをおもい起こさせてくれたのが、以前紹介したとおり 阪神淡路大震災でまだ瓦礫の残る中、どうしても結婚式をしたいととあるご夫婦から 、
一度あきらめたが
予約を入れていた神戸北野坂のお店が復活したと聞き
改めてお子様連れで行いたいとお店に連絡があり、そこから協力要請がまわってきた。
本当に手作りの結婚式&披露宴で それがきっかけでこの仕事を続けようと 思った。

その思いがあり 価格破壊でもなんでもいいわ

という感覚でやっていた。
 

あーーーー結婚式や結婚は あれこれ考えなくても 落ち着くところに納めれば出来るのやなーーと思うようになってきた。

それからのスタンスは したい人がしたいようにやるお手伝いをしよう

に変化していった。

そんな昔話に話を咲かすと

先生から意外なお話が
 
LGBT(性的少数者)のウエディングに今注目をしているそうです。
先生の立場からしたら反対!! なのかと思いきや
先生は賛成の方だそうです。
根本が 同じで 
(結婚式をしたのに出来ないのなら 出来る環境を整えよう) だそうです。

以前紹介したと思いますが セミナーなどもやって理解を深める活動もされているそうです。

先生のお話を聞いて、結婚の形はかわれど 私たちはやはりお手伝い側であって、主導側ではないということが再認識できました。

そこで最後に タイトルどおりの質問をしました。

最後にお伺いします
(結婚)とはなんですか?

先生のお返事は↓↓↓
「結婚とは、神様が結びつけてくださった男性と女性が、これからは二人はひとつとして、同じ方向を向いて、同じ人生をともに歩んでいくこと。その過程の中で、神様が用意してくださった、人間としての学びを経験する場である」
ありがとうございました。
というわけで 3回に分かれました 岸本先生の回でした。
次回の方にもまたご注目ください。

黒留袖 レンタル 桂由美 留袖(yumi-katsura_2)桂由美 チャペルウェディング MS/MLサイズ 【往復送料無料】 黒留袖レンタルフルセット 黒留袖/レンタル 留袖 黒留袖 セット 留袖 レンタル 黒留袖 レンタル 桂由美 黒留袖 レンタル 桂由美 和服 着物 貸衣装 黒留袖 黒留袖
黒留袖 レンタル 桂由美 留袖(yumi-katsura_2)桂由美 チャペルウェディング MS/MLサイズ 【往復送料無料】 黒留袖レンタルフルセット 黒留袖/レンタル 留袖 黒留袖 セット 留袖 レンタル 黒留袖 レンタル 桂由美 黒留袖 レンタル 桂由美 和服 着物 貸衣装 黒留袖 黒留袖 
結婚式 パンプス パーティー 靴【あす楽対応】痛くない/レディース/大きいサイズ/25.0/25.5/小さいサイズ/21.5/22.0/ローヒール/ラウンドトゥ【バック リボン パンプス】ヘッジホッグ
結婚式 パンプス パーティー 靴【あす楽対応】痛くない/レディース/大きいサイズ/25.0/25.5/小さいサイズ/21.5/22.0/ローヒール/ラウンドトゥ【バック リボン パンプス】ヘッジホッグ 

ブログネタ
結婚式&ウエディング に参加中!

10月18日は 大阪阿倍王子神社で結婚式のお仕事
久しぶりの料理
そう 久しぶりに実際に料理を作った。

DSC_1574

その工程写真
DSC_1567
本当に古い神社で厨房と書かれたそこは ほとんど給湯室に近いスペース。
火口も家庭用のガスコンロが2口あるのみ。
ここでの調理は最低限にするため 前日に仕込みはお願いしておいた。(淡路島にいたので無理無理やってん)
前菜  ジャガイモのコンフィーとサーモンとイカのマリねサラダ仕立て。
それの盛り付け風景
DSC_1569
スライスオニオンに仕込んだジャガイモコンフィーとサーモンとイカを交互に重ねる
DSC_1568
DSC_1570
そしてベビーリーフ プチトマト ガルバンゾーを散らして後はドレッシングかけるのを待つ
DSC_1571
その前に軽く ペッパーミールで黒胡椒を散らし 岩塩も同様に
DSC_1572
見えにくいかもしれませんが 先にコンフィーの時のローズマリーの風味の入ったオリーブオイルを先に振ってサラダに味をしみ込ませ
DSC_1575
玉ねぎ 人参 レモン汁 と先ほどのオリーブオイルを混ぜた特性ドレッシング
DSC_1574
さーー仕上げで イエローパプリカのコンカッセ散らして出来上がり。

前菜の後は 
鯛の吸い物ゆず風味

メイン
DSC_1577
牛ロースのポアレ 生姜風味のソース
DSC_1576
DSC_1578
仕上げに白ねぎのジュリエンを乗せ出来上がり。

後は ウエディングケーキでした。
こればっかりは作る時間まったくないし、知り合いのケーキ屋さんに事前発注。
そしてコーヒーで終わり。
ケータリングという内容と甲殻類アレルギーの方がいたので お祝いに欠かせない赤と白のコラボの食材
海老が使えないというオーダーを考慮してのお仕事となりました。
DSC_1573
12名というご家族のみの披露会食でした。

最後まで片付けをして ちょっと時間があったので 神社の写真を撮った。
DSC_1579


摂州東成郡阿倍権現縁記』によれば、仁徳天皇の夢の中に熊野三山の使いである3つの足の烏が現れ、仁徳天皇がそれを捜させると、同じものが当地(阿倍島という島があったとされる)にいたので、現所在地に神社を創建した。これとは別に、この地域を本拠した古代豪族の阿倍氏が建立したという説もある。

当地は四天王寺住吉大社のほぼ中間の位置にあり、熊野参詣の街道筋の九十九王子のひとつ「阿倍王子」として、後鳥羽天皇が熊野御幸を行った平安時代には、窪津王子(大阪市中央区)、坂口王子(同)、郡戸王子(同)に次ぐ4番目の王子とされていた(「後鳥羽院熊野御幸記」)。後に郡戸王子と当王子の間に上野王子(天王寺区)が設置され、5番目の王子となるが、戦国時代の戦乱により途中の坂口、郡戸、上野の各王子が焼失。安土桃山時代には2番目の王子となっている。

現在、大阪府内の九十九王子で唯一、旧地に現存している王子である。

そうこうして 車に荷物を積み込んで しばらくすると 
【今日は 本当にありがとうございましたー】
と 私服に着替えた新郎 新婦がわざわざお礼を言いにやってきてくれた。
実際 当日まで 新郎 新婦さんと会うことはなかった。
プロデュースの会社さんがすべてやっていたので、 こちらから食べ物の事のヒアリングもすべて担当者さんがやっていたので 初めてその時会話した。
実際料理などはどうだったか聞いたら 少しびっくりする答えだった。
【料理は 仕出しのような 折箱や松華堂のような箱もので出てくると思っていました。】
だった。
それに驚きを隠せなかったが、 喜んでもらえたのは大変うれしかった。
駐車場で荷物の積み込みをしている時、親族の方が車に乗り込む時の会話で 
【今日はよかったなーー】
と言っていたのを思い出した。  
それも 料理とサービスのことであったのかもしれないと思った。
本当に明るく若いお二人でした。




 当ブログでも協力させていただいている 東北支援のクリック募金が10月末で終了するそうです。
みなさんの更なるご協力を 10月いっぱいお願いいたします。
↓↓↓
東北の子供たちに笑顔を 皆様ご協力お願いします。
ポチクリックお願いします。


【お知らせ】

 ハザードラボでは、大災害となった
「東日本大震災への復興支援」として
、また、より一層地震への備えや
防災意識の向上を目的とし、
多くのみなさまに情報提供して行きたい
との思いから、皆様のクリック数に応じ
募金額を決める、ハザードラボクリック募金を
実施してまいりました。

 2013年6月より開始いたしました
クリック募金ですが
2015年10月31日をもって受付を
終了させていただきます。

皆様のこれまでのご協力に
心より御礼申し上げます。









にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
ほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ ブライダルコーディネーターへ
にほんブログ村
この価格でこのクオリティはお買い得です!【似顔絵ウェルカムボード】 〜ブライダルに最適!...



生活・文化 ブログランキングへ

ブログネタ
日々の話題 に参加中!
この価格でこのクオリティはお買い得です!【似顔絵ウェルカムボード】 〜ブライダルに最適!...

この価格でこのクオリティはお買い得です!【似顔絵ウェルカムボード】 〜ブライダルに最適!...
価格:9,800円(税込、送料込)

こういう結婚式最近多いですよね。
各地でこのような物で大いに盛り上がるのはいいと思います。
ビジネスモデルとしてもう確立しているのでどんどんやってほしいです。
以前も取り上げた事がありますが
市役所での結婚式
電車での結婚式
競艇場での結婚式
等など
~~~~
~~~~~~~~~~~~
結婚式という新たな人生の一歩をユニークな形式で祝う「トワイライトウエディング」が22日夕、川崎市多摩区の生田緑地で開かれた。休日を楽しんでいた人も突然始まった人前式に参加し、新郎新婦の門出を祝った。

 「トワイライトウエディング」は、同緑地内で他にはない面白い結婚式を希望するカップルを募集し、プロのウエディングプランナーを交えて初めて行われた。式を挙げたのは、同区在住の村上秀男さん(40)と愛さん(37)夫妻。既に入籍済みだった村上夫妻は「式は挙げたかったが、しっくりくるところがなかった。生田緑地に遊びにきた際、こんなところでできればと思っていた」(秀男さん)ところ、この企画を知り応募したという。
 夕方になり、同緑地中央広場に「結婚式場」が整えられ、新郎新婦が入場。誓いの言葉や指輪の交換などセレモニーが行われた。親族や友人に加え、その場にいた来園者も大勢参加し、2人を祝福した。
 長女(1)を抱いて退場した秀男さんは「公園と一体となり、とてもよかった。感動しました」。愛さんも「自然豊かな場所でたくさんの方に祝ってもらい、とてもすがすがしい気持ちになりました」と喜んでいた。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ ブライダルコーディネーターへ

にほんブログ村

 
 

ブログネタ
独立 起業  に参加中!
10393788_766790370077329_1784475546242656313_n
仕事でいろんなところから『是非~~のイベントやるので来てください』 と言われて出向く。
テーブルコーディネートの会場で思った。
こんなに花いるか?
真ん中の水中花 必要?
どうも 業者も 新プラン として色々やりたいのだろうが、
果たして新郎 新婦に気に入られる為にやっているのか?
招待された人に喜んでもらうためなのか?
首をかしげたくなる。
どうも やる側の自己満足のような気がしてならない
それに付き合わされて、余計なお金を出す事になるのが
あまりいい気にはならない
お二人がいるのをお忘れなく!! 
 

東北の子供たちに笑顔を 皆様ご協力お願いします。           
 ポチクリックお願いします。
                      






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ ブライダルコーディネーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村

ブログネタ
結婚式 に参加中!
DSC_0845
前撮り 
和装はやっぱり前撮りがいいねーー。
前撮り
39800円は以外とお得やと思います。
DSC_0846
DSC_0847
DSC_0848
結構  様になっていますよ 新郎さん

復興支援に皆さんのご協力お願いいたします。

 

    

 
にほんブログ村 恋愛ブログ ブライダルコーディネーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村




続きを読む

ブログネタ
その日の出来事を自由に書こう! 3 に参加中!
裏庭の結婚式 その3 Backyard Wedding : takakomoriohioのblog

上のブログ アメリカの結婚式のいい雰囲気のパーティーを紹介している物です。
こんなウエディングパーティーを実際に経験してみるのもいいですよ。

写真をお借りして雰囲気を紹介します。
  広い敷地 それも裏庭で行うので
タイトルどおり Backyard なのです。
バックヤードウエディング
日本の結婚式事情とは大きく異なります。
シンプルウエディング
や 
スマートウエディング
と タイトルは 結構お手軽感出しておきながら 結構値段あがるのに対して
ほんまに 向こうのパーティーは手作り感満載で リーズナブルなんです。

 
テント
140名規模のこのテントの中で行ったようで みなさんカジュアルな格好で参加したようです。
ヤードバック
家の裏庭でゴルフの練習でもできそうやね。
ケーキウエディング
これがウエディングケーキ
いたってシンプル
アメリカの今のスイーツ事情はわかりませんが、私が住んでいたころは何食べても
THE 砂糖
でした。
画像見た限りでもなんとなくそんな香りがします。
しかし 上のマジパンはよく出来ていると思います。

新婦新郎 
新郎 新婦さん
よく見ると 新郎さんの足許はビーサンのようです。
まーーー
こんな感じのパーティーはいいですよねーー。

私も以前突然参加したことがあります。
昨年その事を少し紹介したブログがありますが
また次回にします。

復興支援に皆さんのご協力お願いいたします。

 

    

 
にほんブログ村 恋愛ブログ ブライダルコーディネーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村




ブログネタ
1日1枚。 に参加中!
前回好評だったフラッシュモブ
またまたオーダーがあり
この日は仕込み
練習
練習
新郎さんとりあえず振り付けみています。

DSC_0308

ブログネタ
その日の出来事を自由に書こう! 3 に参加中!
喧嘩の理由は様々
そんな2人ですが 結局どこかで折り合いつけるのですね。
分かってくれると思うほど そうでなかったときの苦しみは大きいと思います。
新郎さん 新婦さん それぞれ別々で打ち合わせすると良く分かります。
ああああああーー考えていること違うねんなーーーと。

幸い私がお世話させて頂いた方々は 男性からの申し込みが多分現存して現役でプランナーをしている誰よりも確率高いと思います。

このブログの初期のころに載せた内容を見ている人はわかると思いますが、
今でこそキーボード打ちもそこそこ出来るのですが、当初メール打つのも面倒くさい人でした。

もっぱら電話か 現在メールでやりとりするような内容はすべてFAXで行っていました。
だから現場仕事終わってから 見積もりや サンプル構成や プランニング内容など 深夜にFAX送っていました。 勿論 見て貰うのは翌朝前提ですから 今よりタイムラグが大きかったです。

お二人で打ち合わせしても 後で新郎さんが個人的に相談にきてサプライズやったり、新婦さんからこっそり内緒の話を聞かされて相手の親御さんにどう説明したらいいかの相談も受けたり、、、、

かなりの組数見てきましたので、なんとなく思いの違いがわかるようになりました。

ちょっともめているお二人に見て頂きたい記事を発見
何かの参考にしてください。
モデルプレスより
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【モデルプレス】あなたは、彼が「しつこい」「面倒くさい」と感じるような言動を無意識にしていませんか?

面倒くさいなと思う境界線は、男性と女性で異なります。

もしかしたらあなたにそのつもりがなくても、彼は面倒くさいと感じているかもしれませんよ。

そこで、男性が「面倒くさい女」と思う5つの境界線について調査。

5つのポイントにまとめてご紹介いたします。

■「だって」「でも」が多い

多くの男性は話を聞いて、すぐに物事を理解する女性に好感を持ちます。

しかし、逆に男性の話に「だって」「でも」と口答えばかりして話を聞こうともしないと、男性にとって「面倒くさい女」になってしまいます。

自分の話に耳を傾けてくれていても、「でも私は○○だと思う」「だってあの時○○だった」と、言い訳ばかりする女性からは安心感が得られません。

男性も「この人と付き合うと面倒」と疲れてしまいますよ。

面倒くさい女にならないためにも、「だって」「でも」という言葉は控えてくださいね。

■すぐに嫉妬する

数人の友達と飲んでいただけなのに、すぐ嫉妬する女性は「面倒くさい」と感じるものです。

彼が何をしているのか不安に思うかもしれませんが、嫉妬深い言動は逆効果になってしまいます。

「何していたの」「○○と一緒にいたんでしょ」と問いただしたり、決め付けたりするようなことはしないでくださいね。

疑うことが当たり前になってしまっている女性は、要注意です。

男性から「面倒くさい女」に認定されている可能性がありますよ。

■メールや電話の返事をすぐに欲しがる

好きな人や彼氏とはこまめに連絡を取りたいもの。

しかし、男性は女性よりこまめに連絡を取らない人の方が多いです。

「何で早く連絡してくれないの」と相手に迫ることは絶対にしないでください。

男性はしつこく迫ってくる女性を嫌がりますよ。

仕事で疲れているかもしれませんし、メールや電話ができない状態だったのかもしれません。

自分の気持ちを押し付けるのではなく、相手の気持ちも考えることが大切ですよ。

メールや電話の返事をすぐに欲しがる女性は、「面倒くさい女」になってしまうので注意してくださいね。

■虚言癖がある

相手に良く見られたいからと、嘘をつくのはNGです。

初めて会った時は嘘をついてもバレることはありません。

しかし、付き合いが長くなるにつれ、嘘を繰り返していると相手も嘘をついていることに気付きます。

また、自分の立場が危うくなった時に嘘をつくのもNGですよ。

嘘をつけばつくほど、男性は「またか」「しつこい」と感じてしまいます。

呆れられてしまい、自分の首をしめることになるでしょう。

■か弱いアピールをしてくる

男性は女性のか弱い部分を見ると助けてあげたくなるのは本当です。

しかし、か弱いアピールをし過ぎると、男性は「面倒くさい!」と思ってしまいます。

何でもかんでも男性に甘えてはいけません。

か弱いアピールをする時は、し過ぎないように注意してくださいね。

本当にできない時だけ、男性に助けを求めましょう。

いかがでしょうか。

男性にとって「面倒くさい女」と思われるような言動に思い当たりはありませんでしたか?

もし心当たりがあれば、もう一度自分の言動を見直してみてくださいね。(modelpress編集部)


気持ちの置き換え


当たり前の事ですが、お互いの立場を逆にして考えてみると、自分の感情以外の見えなかった物が見えてきます。

「自分はこう言ってしまったが、他人に同じことを言われたらどうなのか?」と考えましょう。

どちらが悪いにしろ、自分の言った言葉に責任を持ち、言った言葉に対する反省は必要なことですよ。

 
(modelpress編集部) どうですか? 思い当たるところありますか?

一度見つめなおしてみては?



東北の子供たちに笑顔を 皆様ご協力お願いします。
ポチクリックお願いします。

 






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ

にほんブログ村

  
 
 




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ ブライダルコーディネーターへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村 

 

ブログネタ
「秋を感じるひとこま」教えてください に参加中!
披露宴でのケーキ入刀を見ると 披露宴始まったなーーーと思うとともに、 結婚式の秋を強く思いますね。 何せ秋の結婚式のほうが何かとイベント的には内容が濃かったりする。
そう考えるのはこの仕事しているからそう思うだけなのかも知れないが、、、、

よく見ると ケーキナイフの持たせ方が違うのがわかります。

新婦の手が上添え派
th (5)
th (1)
th (6)

新郎の手が上添え派
th (2)
th
th (3)
それぞれ考え方もありますが
ケーキの位置によって、新郎新婦が見え易い方角から写真撮れるようにしていたりすることもあります。




  にほんブログ村 恋愛ブログ ブライダルコーディネーターへ
にほんブログ村

ブログネタ
「もっと検証・反省すべき」と考える報道内容は? に参加中!
自己ベスト更新中:肩肘張らない、上質な料理 Bistro Melanger(五反田) - livedoor Blog(ブログ)

いい方 功の部分は前回述べたとおりですが

罪(ザイ)の方は 結婚ということを イベント化し商業化してしまった事です。
もともと ある程度 結婚 ウエディング業界はそれをとりまく業者が利権をもとに商業化していたのですが、その際はあまり利用者にその雰囲気のみで、実際には商業的に料金を払わされているという認識を与えていなかったのです。

関西チックに言うとぼったくりしていましたが ぼったくられたと感じさせていなかったことです。
それは かかわる人は

こんな衣装だったらもっと リーズナブルで提供できるのに
この時期でこんな料理だったら同じ単価でこのランクの料理の提供ができるのに
この演出依頼なら 私はこれだけの料金で請けれるのにとか
色々思っていましたが、

それはすべて 婚礼を受ける会場さん側が一手に料金体系化していたので何も疑問を持たすことなくプロデュースしていたのです。

ところがゼクシィさんのあかんかったところは業界の部分の一部に風穴を開けてしまったことと、それを元に集客希望会場に大きな宣伝広告料を強いてしまったことです。

いまさらながら 親御さんの希望を聞くプランとか 自分たち主導でない方法論もありますよ、的な内容もありますが、   では そのぼったくられているが、そうは感じていなかった人たちはどうなのかというと、 確かに今と比べたら高いかも知れないが、その当時はそれで、、、、、、、、、
となる
何があかんのか?
今がいいのか?
今が正解なのか?
昔のそれはそれで良かったのでは?
そう思う人が増えてきているのでは?
と思ったから旧来に戻りつつあるのではないでしょうか?
今 仲人さん たてるカップルいませんが 
いてもいいんじゃないですか?
とある若い子のプランニングさせてもらったとき 『キャンドルサービスはできますか?』ときかれました。
逆にびっくりですよ。
お色直し再入場でキャンドルサービスなんか業者と会場の儲け主義の権化みたいな演出だったのに
『なんでそれをしたいと思ったん?』
と訊ねると、
『お母さんとお父さんがやっていたから』
だった。

多分 ルミファンやバルーンや 巨大クラッカーや生まれたときの体重ベアーはリクエストされてもできないかも知れませんが、キャンドルサービスはいつの時代も出てくるでしょう。

今、デザートバイキングにしてください
とか
フリードリンクならワインをテーブルに1本づつつけてください。
とか
入場時の扉をあける細かい指定とか
音楽の選曲は自分たちの指定どおりとか
高いお金を払うのだから
とかの概念を植えたのは
罪ですよ。
現場の人間が若かったためにか 陰膳必要な和食披露宴で
なぜ無いのかとの疑問を投げかけた外部業者の質問に
お客様からのオーダーが無かったといわれて、その場のスタッフが愕然としたのを覚えています。

というより
陰膳の説明してないなと皆わかりました
今の人陰膳なんか知らんもん。

以前も書きましたが お足代の必要な場合があるときとかもまったく知らないですから。
結婚式は人を呼ぶ以上は それなりの礼節が必要なことは まったくそっちのけな時代をゼクシィさんは演出したことがあるので、それはゼクィテロというぐらい 困っときは情報はゼクシィからと思わる概念を植えつけてしまっている以上、朝日新聞ではないが 過去の件については 自社で検証したほうがいいと思います。

礼節を持ってすれば ある程度許されますが
無茶した時代の反省はしてもいいと思います。

いい だけではすまないのがこの業界です。
肩肘張らず気軽にもいいですが 肩肘はって 一張羅でいばって 見栄をはる 見栄を晴らしてあげるのもいいと思います。




ブログネタ
夏休みの自由研究、今の自分がやるとしたら? に参加中!
自己ベスト更新中:中堅司会者が忘れがちなもの - livedoor Blog(ブログ)

上記の司会者さんのブログも司会者の想いが見れる勉強になるものです。
しかし

キャリアを積むとこんなのができるんか????と思うほど二人と打ち解けた場合の司会者のコメントがタイトルです。

23日 25日のブログに出てくる10数年ぶりに会った司会者
とにかく 新郎 新婦と1回の打ち合わせで打ち解けるのが非常にうまかった。
いや
今でもうまいと思います。
長い間現場で一緒にやったので変わっていないのもわかります。

そんな私でも度肝を抜かれたのが
お色直し入場の時のこのコメント

んんんんのところの金額はそのときによって変わりますが、新郎の2万円は変わりません。
兎に角、(とにかく) んんんんんの金額が高いほど新婦さんと仲良くなったのだなーーと思えばいいのも後々わかりました。

勿論その値段はどちらも嘘ですよ。

こっちは貸しているほうなので値段は知っていましたが、 
この後にもすごいコメントが入るときがありました。

新郎さんと新婦さんの身長のバランスがそれほど変わらないとき
新婦さんがはく靴のヒールの関係で時々新婦さんのほうが高くなるか 新郎さんに追いついてしまうときがあります。 
そんな時、新郎さんの靴も2センチ高くなっているシークレットシューズでタキシードのズボンの裾を長めにしたもので衣装合わせします。

そんな場合彼女はそのものすごいコメントを入れます

お色直し入場後から続けるとこうなります。

【皆様 先ほどの純白のウエディングドレスから新婦様お気に入りの~~~~なこのドレスにお着替えしての皆様へのお披露目です。 新婦のこのお気に入りのドレスはんんんんんん10万円もするドレスです。そして一方の新郎のほうは2万円の貸衣装でございます。(ここで一同必ず大爆笑がおこる)

そして皆様にお伝えすることがあります。
本日のブーケはなんと新婦様の『お母様やお姉様ご友人の名前が入る』~~~~の手作りでございます。
~~様まことにありがとうございます。(皆様から拍手そして間を置き)

更に申しあげる事がございます。
本日の新郎のシークレットシューズの上げ底は2.5センチでございます。

ここまで落とすかというぐらい新郎が落されて、新郎の友人からは大爆笑。勿論皆さんも。
場がすごい和んで再入場の演出、そしてその後の進行が進みフィナーレへ。
最後新婦の手紙を司会者が代読して、、、、、、、、、、という流れにものすごく会場のスタッフと一丸となって乗っていってましたね。

代表謝辞のころお父さんボロボロものでした。

本当にすごい司会者だったなーーー  いやいや 今もそうでしょう。

そんな彼女から学ぶものはいっぱいありました。  当時の若手プランナーも 『今日のお二人結構気難しい人達なのでよろしくお願いします』 と 気弱な打ち合わせ引継ぎでも彼女が進行打ち合わせ終わるとかなりニコニコしていました。

んんんんんんやはり 人間の会話能力はどれだけ大事か今のプランナーさんに研究してもらいたいです。







 

ブログネタ
その日の出来事を自由に書こう! 3 に参加中!
仕事の話になると 仕事目線になると
どうしても厳しい見方をしてしまう。 
 

【プランナー】今日、プランナーさんを変えてもらうように電話しました。
 
一度目の名前の間違いに続き、またもや名前の間違い・・・。

送られてきたパンフレットの中には期限切れのチケットが20枚も・・・。
ゼクシィを見て来たと言ったのに掲載されている特典と違う事が二つも・・・。

決定的になったのは招待状の値段の違い。
プランナーさんは無料と言っていたのに後日問い合わせると有料・・・。

彼が「このままじゃ、またミスされそうで嫌だ」という事で変更決定。

確かに、大事なところでミスをされたら一生に一度の結婚式が台無しになってしまうと 思って不安になります。

電話をする時には悪いなぁ~って思う気持ちもあり声が震えました。
小心者なんです。
だからこそ、今のうちに言えてよかったです。
このまま不安な気持ちで溜め込んでいるとストレスになりそうだったので。

これからの打ち合わせ、上手く行く事を願っています。

~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~
人間関係なんですかね?最終の所は。 
 どうしても会社組織のところはよっぽどチェックをできる上司がいないと、こういうことが起こり易いですね。プランナーそれぞれに任せているので、その人の技量や経験値、またはお二人のことをどれだけ理解するかにもかかわってきます。自分ではお客様への連絡をそんなに待たせたつもり無くても、待っているほうは長いと感じるのでしょうね。
実際私もありました。
ブーケの打ち合わせで花屋さんからの連絡入るのが遅く
連絡来るのが遅いとお叱りを受けました。
その頃は、業者さんの商品は業者さんにお任せの風潮だったので、それが当たり前だと思っていました。
違うんですよねぇーーーー

しかり お客様のご都合のいい日の候補を複数日聞いて
業者さんに伝えて
候補日までに確認の電話を入れる
そして すべて一回で終わったのか?
さらに必要なのか?
それが今では当たり前なのですが

多分会社組織のところは そこまでケアーしてさせているところは少ないと思います。
そう思うと やはり 低レベル化しているのがすごく気になります。
そしてそんな投稿はネット上に結構出ているのですが、そのアフェリティーにブライダルの専門学校や、プランナーの養成講座が出ているのにも悲しいものを感じます。
業界はもう少し統制できんものかと思います。
3月ごろ大阪の商工会議所でブライダル産業フェアーーをやっていましたが、
目立つのはアピール商品ばかりでした。

急いでる人
ゆっくり時間をかけてプランニングしてほしい人
何をどうしたらいいかわからない人
親御さんの意見もきかないといけない人

様々です。
とにかくプランナーはいろんな人と会っていろんな話を聞いて
お二人と話するときの話の幅を広げておくべきえしょう。

そんな気に久々になった 今日の出来事でした。


 

ブログネタ
ひとり言 に参加中!
新郎さん  控え室から親御さんに説得されて出てきたところまでが前回

新郎さんに同情する部分は有りました。  

よくよく内容がわかると、そうなんやー と同情したなーーー。
どうも親同士が主導で決めたみたいです。  別にその新婦さんがそんなに好きであったわけではなく、 新郎さん 親御さんに逆らえない性格だったみたいです。

因みに その親御さん両方とも学校の先生でした。

親主導で始まった結婚式にすごい不満があったそうです。

それが当日爆発してしまったのでしょうね。

よくよく TVドラマや何かでそんなシーン見ることあったけど、まさか自分が担当する式、披露宴がそれだったのにはびっくりしました。 

仕事だったけど なんか悲しく忘れられない日になりました。
 

ブログネタ
ひとり言 に参加中!

久々に忘れていた続きをつづります。

 結婚式の日ってやはり記念日ですよね
忘れないようにするもんです

若いカップルはそのへん結構気にしますね。

特に 語呂がいいとか なんとかの記念日 ですね

忘れないということが大切です。


私の忘れられない出来事も有ります。 

関わった方それぞれに思い入れが有りますが やはりキョーレツなものが何回かありました。

それぞれ又紹介しますが、

悲しいのもありますよ。

仕事だからやるんですが

本人たちの思いが込められていない物もあり 大変な一日の日もありました。

まだ私は現場と式場担当だったころ

事前のブリーフイングでは ちょっとややこしお客様だということでしたが、別段気にすることは無い。
普段どうりにやれば というのが上からの通達であり 現場のみんなの共通認識でした。

その頃 会場には神殿があったので 控え室に行き皆様に式場へのご案内のためお声をかけて
控え室から出ていただきました。

さあ  後は新郎 新婦のみ


控え室に出向き新郎 新婦をお連れしようとしましたが、

新婦様を介添えさんがお連れしたあと なんと 新郎が 控え室の扉を締め ガチャっと

鍵をかけてしまいました。


えっ (°д°)  どゆこと?

しんろーさん  あけてくださーい   の声掛けに返ってきた言葉が


ヤダー !!!!!!


はっ?  なんじゃそれ 全然普段どうりではないやんかぁーXXXXと叫びました。  何か吉本新喜劇を自分がタレントで演じているみたいでした。


この顛末もまた詳しく書きます。



この仕事を続ける理由  

んー  人生劇場を見続けれるからかなーーーーー


¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

ここまでが前回です  しかし長かったわーー  思い出すのを忘れていた。 とにかくびっくりするぐらい忘れていました。
結局どうしたかというと、出てこない新郎に困り果て、 ご親族の了解を得て合鍵で部屋をあけて とりあえず親御さんに説得してもらいました。

なにせそのころはバブル絶頂の頃、 会場も披露宴を3回転、少なくて2回転する頃だったので、時間が押すと、後の組に支障が出る頃だったので、30分の誤差がのちのち大きくなる時代だったのです。
説得の方法を聞いていて少し新郎さんに同情したくなる気分でしたが、それよりも仕事の遂行が優先でしたから、さーーー行きましょうと新郎さんを促して式場にお連れしました。

新郎さんに同情したいきさつはまた次回に!!  これがあかんのかな?
仕事にいかないとあかん時間がせまってきました。
今日帰ってから続きをすればええねんけど、 やらなあかんことが多すぎて出来ないんやねーー
 

ブログネタ
結婚式・ウエディング に参加中!
今月18日はローズガーデンではなく大阪中之島の中央公会堂でクラシカルウェディングでした。
KIMG0304

ここは調理施設がないので何と、ケータリングです。
9時の会場オープンから衣装スタッフ、美容スタッフ、音響スタッフ、式関係のプランニング業者、そして会場設営業者等々入り乱れみんなで会場を仕上げて行きます。
KIMG0306

まずこのまったくフラットな会場に
KIMG0307

会議用テーブルを広げて行きます。
KIMG0308

そしてクロスをはって
KIMG0309
照明さんもセッティング
KIMG0310

卓上のセッティングをして
KIMG0311

ウェディングケーキも届いて会場セッティングほぼ終了
この日は174名のパーティーでした。
この日の新郎さんはとあるプロレス団体のエースレスラーでした。

今日の新郎新婦さんは、大阪と四国の遠距離恋愛でした。

大学生からのお付き合いからそのままゴールと言うパターンでした。

途中のDVD は二人の思い出の山登りの物でしたが、きれいな出来上がりで、きれいな風景と、楽しそうな二人の写真が写し出されていました。
新婦のおじさんがフルート演奏して頂いたのですが、これが、なかなかのもんで皆さまの喝采を受けていました。
またスピーチの時に、フルートの音色の説明をするのですが、これがまた皆さまを感心させる内容でした。
やはりこういった余興は場を締めてくれますね。
新郎さんの酔っぱらった時のエピソードを披露して親御さんまで驚かした友人もなかなかでした。

飲み会の後
かなり遅くまで飲んだ新郎が、店を出た後乗ってきたはずのチャリンコを押して無いのに気がつき、
アレッ?自転車は?
と聞いた時の答えがとてつもない答だったので、皆さん大笑いでした。

そんなお友だちなので、やはり飲む量が半端なく、鏡開きの樽の周りを囲んで宴会モードだったのですが、新婦の叔父様のフルートの音色の説明になると騒ぐのをやめました。

ビックリした新郎の答えと
叔父様のフルート演奏前の説明は次回に………………………



KIMG0149


今日は帰りに久しぶりに京阪特急の二階
建てデッカー車に乗りました。

今日の京都はあったかかったです。
でも昨日も寒かったので、体が反応大変みたいで喉を痛めました。

ブログネタ
学生時代の通学時間はどれくらい? に参加中!
最近京都ネタが多いのですが ちょっと方向性を変えました。   
今日のお題は 学生時代 どれくらい 通学時間にかけていたかと言いますと

約1時間半ですね。   チャリンコです  山 山 山 山 と四個山のすそを回り込みながらかよってました。

途中の寄り道(買い食い) 入れたら2時間かな???????

山ほど高くは無いですが 最近 お客様の打ち合わせに 昼休みの時間を使ってお邪魔いたしました。

やはりこの時季 結構年度末に向けて忙しいのですね。  なかなか自由になる時間がお昼休みしかないらしく、お昼の後の休憩時間 
30分でお願いします。
なかなか難しい時間ですが、 やはり疑問に思うことは会って確かめたいそうです。  んんんんんんんんんーーーーーーーー、その時間を食事時間けずってまでも作っていただけるのは 気持ちはいってますよねぇーーー。

お話後ちょっと安心されたのか  コーヒーをおごっていただきました。
そのお話した場所は 会社フロアーの ベンディングルームだったのです。
いいですよ!!! 結構このスペース まして地上32階でしたので お仕事戻られてから コーヒーでくつろいでおりました。


             KIMG0112
     OAP34F
 

ブログネタ
地球の裏はどこだろう に参加中!

IMG_0127 (533x800)
地球の裏は 手の平の中でしょう  

んんんんんんんんんんんん  考えてもんんんんんんんんんんんんんにゃね。

地球はまーるい  といった ガがリーン様も  結局南極 乗っかってると思われたと思いますよ   

どこに乗るか?  やはり手のひらに支えられ地球があるのでしょう  その基は手と手を合わせた 手のひらやろね 

という事は 手の平の中でしょう




前にも登場しました  京都祇園 カーララガッツァで前撮りしました。 
 
11日です。  お二人 わざわざ京都まで運んでいただきました。

旦那様(既に入籍しているため こう呼びます)は 完璧に手の平の中みたいでした。

IMG_0077 (533x800)








にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ ブライダルコーディネーターへ
にほんブログ村
この価格でこのクオリティはお買い得です!【似顔絵ウェルカムボード】 〜ブライダルに最適!...




 





↑このページのトップヘ