おはようございます。

来年の1月以降、医療従事者に3回目のワクチン接種が行われることになりました。

今の抗体量を調べるため、
月曜日にスタッフ全員で抗体検査を行いました。
ワクチン接種後半年になりますが、抗体価は著しく低下していました。

2回目のワクチン接種で強い副反応が出たスタッフは抗体価が高いと思っていましたが、
他のスタッフと同じくらい下がっていました。
また、私の抗体価と同じくらいの抗体価の20代のスタッフがいたことからも、
若いから安心ではないということも分かりました。

ワクチン接種後、3〜4ヶ月でワクチン接種直後の約1/10の抗体価となっており、
6ヶ月で約1/20になっていました。
このことから、ワクチン接種4ヶ月以降は、
ワクチンの効果を期待しない方がいいと思われました。

ワクチン接種を2回終了した後に感染する、
いわゆるブレイクスルー感染がヨーロッパを中心に増えてきています。
これから、日本でもブレイクスルー感染が増える可能性があり、
引き続き、感染対策が必要と思われます。

歯周病の治療が、感染リスクを減らすというデータが数多く報告されていますので、
ワクチン接種をしたからと安心せずに、歯科医院で定期的に口腔ケアを行いましょう。