アメリカのニューヨークタイムズが「2023年に行くべき52カ所」を発表し、ロンドンに続く2番目に盛岡市が選ばれました。 イギリスのロンドンに続き、盛岡市が選ばれたようです。
「大正時代に建てられた和洋折衷建築や、現代的なホテルのほか伝統的な旅館もある。城跡も公園になっていて、歩いて楽しめる街」と評価しているようです。 また、東京から新幹線で数時間で行ける便利さや山に囲まれ、川が流れる風景を紹介し「完全に見落とされてきた街」と、盛岡を再評価する内容になっています。
名物の「わんこそば」やコーヒ豆
にこだわった喫茶店など、食についても紹介していました。 19番目には福岡市が選ばれ「焼き鳥やラーメン、コーヒーなども屋台で楽しめる」と博多の中洲を紹介していました。
盛岡に20年以上住んでいましたが、この記事には驚きました。
盛岡市民へのインタビューでも「なんで?」と同じ意見でした。
神子田の朝市などもあり、意外に魅力的な街なのかもしれません。