福島県いわき市のメガネ屋 大平眼鏡店 いわき駅前ラトブ店

福島県いわき市のいわき駅前ラトブ3Fに移転オープン!オークリー・プレミアム・ディーラー(OPD)に認定され、 いわき市内で厳選したコンセプトメガネを取り扱う。 世界的有名な偏光レンズ・TALEXを扱うメガネのプロショップ!

RETRO FUTURE BY 900〈レトロフューチャーバイキュウヒャク〉RF-013,RF-014,RF-015

日本最大の眼鏡生産地、福井県鯖江市にある青山眼鏡<アオヤマガンキョウ>は
世界で唯一と評されるアセテートの特殊加工技術を持ち、
複雑かつ困難な加工を実現できる日本でも数少ない工場として知られています。

この加工技術を駆使して
‘‘半世紀タイムスリップして未来のメガネを追求する’’をコンセプトに
作り出されているのが
RETRO FUTURE BY 900〈レトロフューチャーバイキュウヒャク〉です。

2016年の新作フレーム3型をご紹介致します。
今季は「FUNCTION」=機能性をテーマにしています。
IMG_1851

RF-013はつるんとしたなめらかな曲面で構成されたラウンドスタイルです。
カラーレンズを入れてサングラスにするのもいいですね。
カラーは
定番のブラック、001
IMG_1849

サングラスにオススメのキハク×メタリック(シルバー&ピンクラメ)、095
一見金属的なイメージのある生地ですが、全体が丸みを帯びたデザインのため柔らかく光が当たり、光の強弱や方向で違った色味の輝きを放ちます。
IMG_1843

ブラックとクリアピンクが混じったピンクバラフ、276
以上3色ご用意致しました。
IMG_1857

RF-014はビッグシェイプのスクエアスタイルです。
IMG_1859

ゆるやかな面を組み合わせた面造形で、
ストライプ模様の生地と相まってとても興味深い仕上がりになっています。
IMG_1860

カラーはブラック×ホワイトのストライプ、083をご用意致しました。
IMG_1854

RF-015はRETRO FUTURE BY 900初の細身デザイン!
フレームのシルエットはクラウンパント系でレンズシェイプはボストン系・・・
キーホールブリッジがクラシカルな印象です。
IMG_1855

多数のカット面でフレーム側面が構成された多角面造形は青山眼鏡ならではの技術です

BlogPaint

カラーはアイボリーに近いベージュ、558をご用意致しました。

お問い合わせメールはこちらまで
大平眼鏡店HP
大平眼鏡店フェイスブック 


いわき市のメガネ屋・「大平眼鏡店」
福島県いわき市平字田町120番地 ラトブ3F
TEL 0246−21−6161
営業時間:AM10:00〜PM8:00

RETRO FUTURE BY 900〈レトロフューチャーバイキュウヒャク〉サングラスRF-011

日本最大の眼鏡生産地、福井県鯖江市にある青山眼鏡<アオヤマガンキョウ>は
世界で唯一と評されるアセテートの特殊加工技術を持ち、
複雑かつ困難な加工を実現できる日本でも数少ない工場として知られています。

この加工技術を駆使して
‘‘半世紀タイムスリップして未来のメガネを追求する’’をコンセプトに
作り出されているのが
RETRO FUTURE BY 900〈レトロフューチャーバイキュウヒャク〉です。

2016年の新作サングラス1型をご紹介致します。
今季は「FUNCTION」=機能性をテーマにしています。
IMG_1641

RF-011は複式(レンズが2枚重なるようになる構造)の跳ね上げサングラスで、
フロントはウエリントンスタイルです。
この形態は度付きサングラスと通常の眼鏡が一本になった大変便利な一本なのです。
お顔に近い内側のリムに度付きクリアレンズを入れて、外側のリムに度なしのカラーレンズを入れます。
重ねると度付きサングラスの役目を果たします。
IMG_1642

屋外から屋内に入った時、車の運転中にトンネルに入った時などにパッと外側のリムを下から上に跳ね上げるとカラーのないクリアレンズで景色を見ることができるのです。

従来この形態のフレームはメタルのみかメタル×セルのコンビネーションで作られていましたが、これはアセテートの可能性に挑み続ける青山眼鏡が手掛けるRETRO FUTURE BY 900のサングラス、世界初のセル×セルで作られています!
IMG_1877

隙間がほとんどわからないほどの重なり具合、これは綿密な計算があってこその仕上がりです。
カラーは001、定番のブラックをご用意致しました。


お問い合わせメールはこちらまで
大平眼鏡店HP
大平眼鏡店フェイスブック 


いわき市のメガネ屋・「大平眼鏡店」
福島県いわき市平字田町120番地 ラトブ3F
TEL 0246−21−6161
営業時間:AM10:00〜PM8:00


factory900<ファクトリーキュウヒャク>小文字シリーズfa-1092,1125,1126

日本最大の眼鏡生産地、福井県鯖江市にある青山眼鏡<アオヤマガンキョウ>は
世界で唯一と評されるアセテートの特殊加工技術を持ち、
複雑かつ困難な加工を実現できる日本でも数少ない工場として知られています。

この加工技術を駆使して‘‘アセテートの可能性を追求する’’をコンセプトに
「薄くてもボリューム感がある」という、これまでにないスタイルを表現した
factory900<ファクトリーキュウヒャク>小文字シリーズより
2016年春発表の新作3型が入荷致しました。
IMG_1749

まずは、厚さ2〜3mmという極薄のアセテートシートを
折り紙のように自由自在に折り曲げることで強度を出しつつ
立体的かつ独創的なスタイルを実現したシートプラスチックアイウェア、
fa-1092です。
IMG_1747

カラーは定番のブラック001、
透け感のあるグリーンカモフラージュ534の2色をご用意致しました。
IMG_1752

ふたつめは厚みのあるプラスチックを正面から切削して立体感を出す、
青山眼鏡ならではの特殊技術を駆使したfa-1125です。
フロントはフォックススタイルです。
IMG_1741

カラーは鮮やかでやや透け感のあるピンク×ブラックの359、
鮮やかでやや透け感のあるアクアブルー×ブラックの468の2色をご用意致しました。
IMG_1753

最後はfa-1125と同じく切削して立体感を出す技法を用いた
fa-1126です。
フロントはウエリントンスタイルです。
IMG_1732

カラーは鮮やかでやや透け感のあるマスカットグリーン×ブラックの557、
ネイビー・イエロー・パープルのモザイク風生地×ブラックの608
の2色をご用意致しました。
IMG_1734

目尻の‘‘飾り鋲’’は一般的には埋め込みと思われるでしょうが、
この細かい部分を残してプラスチックを切削しています。
門外不出の特殊加工技術を持つ青山眼鏡ならではの‘‘技’’ですね。
IMG_1742

フロントとテンプルをつなぐ丁番は独自のバネ丁番になっており、
ボリュームのあるデザインでもふんわりとした掛け心地となっております。

factory900はその立体感により、
角度によって様々な表情を楽しむことができるメガネフレームです。


お問い合わせメールはこちらまで
大平眼鏡店HP
大平眼鏡店フェイスブック 


いわき市のメガネ屋・「大平眼鏡店」
福島県いわき市平字田町120番地 ラトブ3F
TEL 0246−21−6161
営業時間:AM10:00〜PM8:00

YELLOWS PLUS<イエローズプラス>クリップオンサングラスKURT、コンビSAM

近年の眼鏡造りにおいて素材や機能性を優先することで見失われてきた
‘形’こそ優先すべきとの考えから、流行にとらわれすぎず、
いつの時代にも美しいと評価される‘形’を追求している
YELLOWS PLUS<イエローズプラス>より新作が入荷致しました。

個々のパーツや工程ごとにそれぞれの分野で最も信頼のおける技術者を
コーディネートし、入念な打ち合わせを積み重ねて
丁寧にフレームを作り上げていくデザイナー山岸稔明氏のこだわりが
体現された2型です。
まずはすっきりとしたメタルブリッジが印象的なボストンスタイル、KURT2です。
IMG_1674

ブリッジの付け根に1点、ヨロイとテンプルに2点ずつあるカシメが
強度を高めつつ、デザインとしても美しい仕上がりになっています。
IMG_1669

専用クリップオンフレームKURT FU-02を装着すると
ツーブリッジスタイルのサングラスになります。
IMG_1671

さらにポップアップ(跳ね上げ)もできるので、運転中のトンネルを通過する場面などで便利です。
メガネとして、サングラスとして、1本で全く違うデザインをお楽しみ頂けます。
サイズは小ぶりな46サイズです。
IMG_1672

カラーは
フレームのKURT2はブラック×シルバーのC1、ブラウン系×ゴールドのC443。
クリップオンフレームKURT FU-02はシルバー×グレーグラデーションレンズのSV、ゴールド×グリーンレンズのGLG。
各2色ずつご用意致しました。


もうひとつは四角をベースにやわらかなカーブを描いたシェイプが特徴のウエリントンスタイルのSAMです。
IMG_1661
IMG_1664

細身のリムと合わせてすっきりとした印象で、シーンを選ばずにお使いいただける1本です。
IMG_1666

少し上向きにデザインされたブリッジからつながるフロント裏のメタルフレームは
デザインと強度向上を兼ね備えたパーツとなっています。
サイズは小ぶりな46サイズです。
IMG_1668

カラーは
ブラック×シルバーのC1W、
クリスタルブラウン×シルバーのC234W、
アイスドコーヒーツートン×ゴールドのC477
の3色をご用意致しました。 

お問い合わせメールはこちらまで
大平眼鏡店HP
大平眼鏡店フェイスブック 


いわき市のメガネ屋・「大平眼鏡店」
福島県いわき市平字田町120番地 ラトブ3F
TEL 0246−21−6161
営業時間:AM10:00〜PM8:00




JAPONISM<ジャポニスム>新作JP-021・022・023JN-578・581・583・587・589JS-117

19世紀末、日本美術が西洋美術、欧米ファッションなどに影響を与えた
ムーブメント‘‘ジャポニスム’’に由来する
日本のメガネブランドJAPONISM<ジャポニスム>。
世界最高品質と言われる鯖江の技術力を用いて作り上げられたフレームは、
デザインだけで終わらない機能性と実用性、さらに遊び心をエッセンスに
「機能が自然な形状に内包されたフレーム」となっています。

2016年春の展示会で発表された新作が9型入荷致しました。
BlogPaint

JN-578
BlogPaint

JN-587
BlogPaint

JN-589


今期よりスタートしましたニューライン
JAPONISM HIGH CURVE<ジャポニスム ハイカーブ>のキーワードは
「ディスカバー200」・・・
high c

通常より反り角の強いハイカーブレンズを装備し、左右の視界を妨げない=視界を広げるメガネフレームとなっています。
一般的に人間の持つ視野は裸眼で左右に約200°、従来の眼鏡を掛けた状態では約180°と言われており、ハイカーブの効能によって両端の視野にそれぞれ約10°の広がりを生み出し裸眼視野に近付けました。
これまでもスポーツ向けのアイウェアにはハイカーブが存在していましたが、
JAPONISMはビジネスシーンにも使えるデザインに進化させました。
開放感のある視界は日常の様々な場面を快適にすることでしょう。
s-JN-581

JN-581
BlogPaint
BlogPaint

JN-583


独自のネジなし丁番「ラダーヒンジ」を搭載した
JAPONISM PROJECTION<ジャポニスムプロジェクション>からは
硬度が高く、弾力性がありながら熱に強く、変形の少ない素材として注目される
ドイツ製ナイロン素材「トロガミド」をフロントに使用したモデルが3型入荷しました。
素材の特性を生かしたソリッドな質感と独自のカラーリングがポイントです。
BlogPaint

JP-021
BlogPaint

JP-022
BlogPaint

JP-023


トレンド、時代の空気感をおさえながらも肩の力を抜いてかけられる
JAPONISM SENSE<ジャポニスム センス>からは
今年人気のセルとメタルを合わせたコンビネーションフレームが入荷しました。
この繊細な立体感は鯖江の職人技あってこその仕上がりです。
サイズが小ぶりなので女性の方にもオススメです。
BlogPaint
s-JS-117 2

JS-017

各モデルのカラー、在庫状況等はお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせメールはこちらまで
大平眼鏡店HP
大平眼鏡店フェイスブック 


いわき市のメガネ屋・「大平眼鏡店」
福島県いわき市平字田町120番地 ラトブ3F
TEL 0246−21−6161
営業時間:AM10:00〜PM8:00

STAFF
店舗情報
営業時間:AM10:00〜PM8:00
定休日 :ラトブに準ずる
☎0246−21−6161

大平眼鏡店HP

大平眼鏡店Facebook

e-mail:
ohira-gankyo@tea.ocn.ne.jp


2005年4月25日
いわき駅ビル
移転オープン

2007年10月19日
いわき駅前白銀店
移転オープン

2010年4月8日
いわき駅前ラトブ3F
移転オープン
TALEX プロショップ認定店
Recent TrackBacks
プロ野球選手との飲み会! (いわき市の結婚指輪(マリッジリング)・婚約指輪(エンゲージリング)・結納返し(腕時計)を紹介したMaria Jewelのブログ)
プロ野球選手との飲み会
私の文房具 (実録!材木屋日記)
ZEBRAマッキー
色筆ペン &・・・ (地酒とワイン大好き「あわのや酒店」 女将のブログ)
ZEBRAマッキー
筆ペン (人形・ココロの贈り物『たちya』の店長ブログ)
ZEBRAマッキー
お気に入りグッズ (アートコンクリートいわき 景観工法で景観良好)
ZEBRAマッキー
卒園2 (人形・ココロの贈り物『たちya』の店長ブログ)
娘の卒園式&息子の誕生日
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ