2011年06月

2011年06月19日

9月出演の舞台で〜す!! 「池田屋チェックイン」


PA0_0293

ハイブリッド・アミューズメント・ショウbpm
「池田屋チェックイン」


銀河劇場

9月14日(水)〜9月18日(日)

<チケット発売日>
一般発売:7月9日(土)



全席指定 6,500円(税込)
※未就学児の入場不可。
(プレミアムチケットとパンフレット付きチケットの、銀河劇場チケットセンターでのお取扱いはございません)


<出演>
中河内雅貴
荻野崇 小田井涼平 根本正勝
押野大地 あべこ 平山藍里 原嶋あかり 金井千佳(T1project)
政岡泰志(動物電気) 大河内浩

[bpm]伊勢直弘 谷口賢志 猪狩敦子 伊藤マサミ NAO-G 浅沼晋太郎 /他 
<スタッフ>
脚本・演出:浅沼晋太郎
演出助手:伊勢直弘 伊藤マサミ

物販ディレクション・公式サイト運営管理:礼泉堂
チケット取り扱い:イープラス
主催:池田屋チェックイン製作委員会
<問合せ先>
イープラス 0570-06-9939 (10:00-18:00)
<公演日程>
9月14(水)15(木)16(金)17(土)18(日)
 14:0014:0014:0012:00
19:0019:0019:0019:0016:00

 

倒幕佐幕、ええじゃないか。斬り合いせんでも、ええじゃないか。

元治元年6月5日(1864年7月8日)祇園祭宵宵山の日。
雨降り、夜双天。
倒幕を目論む勤王の志士・吉田稔麿と宮部鼎蔵は、
会合場所である宿屋・池田屋で、仲間が来るのをじっと待っていた。

そこへ現れる薬屋。実はその薬屋こそ、新撰組・山崎蒸であった。
合言葉の合図で、近藤勇率いる新撰組四人が宿の中に飛び込む手はずであったが、
全てが整う前に志士たちと鉢合わせしてしまう。
そこへ、誰かに追われていると飛び込んでくる坂本龍馬。
旧知の仲である新撰組・藤堂は、なんとか龍馬をその場から逃がそうとする。

ところが、龍馬の姉・乙女、龍馬を慕う娘・佐那子までが池田屋に乗り込み、逃げられなくなる龍馬。
二人との話し合いをかいくぐりながら、なんとか「斬り合い」を止めようと奔走する。
一方志士たちは、桂小五郎に衝撃的な事実を聞きやぶれかぶれになるも、
桂が連れていた遊女・梔子の口車に乗せられ、新撰組を追い詰めることに…。
 

歴史上最も血なまぐさい事件の一つとして有名な「池田屋事件」が、
幕末の風雲児・坂本竜馬を巻き込んでのスラップスティック・シチュエーション・コメディに!
  
"武士"とは、"正義"とは、"覚悟"とは。そして……"命"とは。
 
吹き出すのは血煙でなく、多くの笑いと、ほんの少しの優しい気持ち。




(尚、アタマに使ってる私の時代劇顔写真は、この芝居で使っているものではありませぬ)

人気ブログランキングへ

ohkouchi_hiroshi at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月16日

今度はアタシが執事になったのでした

0615000900106150008001



シェークスピアかっ!オレは


この間まで舞台で執事に仕えられる伯爵の役をやってましたが、今度はドラマで伯爵に仕える執事の役をやりました


で、右の写真、私と写っておられるのが伯爵役のマギーさんであります


彼はかの人気コントグループ、ジョビジョバを率いていたリーダーだった方であり、実にオモロイ役者であり、話題の舞台の作・演出家であり、連ドラの脚本も書く作家でもあります


どれが本業やねん?!と聞いたら、圧倒的に役者が好きとのことであります


このドラマは本当に役者がバライティにとんでて面白いのです


ほぼアラブ人みたいな山田孝之君や一部、ビートルズみたいなムロツヨシ君、頭にイボイボつけた佐藤二朗君や尾崎紀世彦よりでかいモミアゲをつけた宅間 伸さん、その他エッという役者さんがいっぱいでていらっしゃるのです


このドラマの脚本・監督は私もお世話になったフジテレビ「33分探偵」や先だって月9も担当した福田雄一さん




06150001001001




06150005001001



お洒落な建物を借り切ってのロケでした


箱根、仙石原のイタリアンレストラン、アルベルゴバンブー


ところで、今週18日土曜日にテレ朝土曜ワイド「棘の街」に出とります


よろしかったら見てくらはい 人気ブログランキングへ

ohkouchi_hiroshi at 18:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年06月07日

あたり前田のクラッカー



IMG_4857


愛知のIさんから送っていただいた


あたり前田のクラッカー


なつかしぃ〜!!


今、50才前後から上の人は皆ご存知だと思います



昭和37年から43年まで7年間続いた、藤田まことさん(あんかけの時次郎)、白木みのるさん(珍念)主演の超人気コメディ番組(朝日放送制作、最高視聴率64.8%)



「てなもんや三度笠」!!!



その番組の冒頭に登場する藤田まことさんによる生コマーシャル



その決め文句



『俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー!』



王貞治のナボナより以前に、藤田まことイコール前田のクラッカーは、国民的周知の事実だったのであります



tenamonyasandogasa12



oB1QE33g



でも、コレ子どもの頃から知ってるのに食べるの始めてかもしんない



ありがとう〜Iさん!!!











人気ブログランキングへ

ohkouchi_hiroshi at 18:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)