2010年09月01日

第4回 女子野球ワールド・カップ その2

セレクションから直前合宿

コーチ陣
投手コーチに前回大会同様、新谷 博コーチ
            (駒大・日本生命・西武・日ハム・現 尚美大学監督)
野手・総合コーチに、清水 稔コーチ
            (近大・元 三菱神戸監督)
IMGP0080
       (51 清水コーチ     50 新谷コーチ)

2人ともすごい実績と指導歴をもっており
監督は何もする事が無い布陣である。


4月3・4日 セレクション

全国から約140名の選手が日本代表を目指して集まってくれた。
その中から22名の代表候補を選出 (7月に 1名追加召集)

基本的には守備重視(特に肩)そして走力
これが野手選出のひとつのポイント

監督によっていろいろなチームづくりがあろうが
僕の野球は投手力を中心とした守備力

失点が計算できないとゲームマネージメントができない
そんなスタイルなのだ

そして11日間で10試合の強行軍 投手陣の物理的な数
投手兼外野手も視野にいれた選出となった

(この後行なわれる合宿・各国内大会視察によって愛媛県松山市で
行なわれる全国大会最終日に20名の発表となる)

【投手】
野口 霞(平成国際大学)
半田 渚(大阪体育大学)
坂本 加奈(マドンナ松山)
宮原 臣佳(倉敷ピーチジャックス)
小林 夏希(ハマンジ)
今井 綾子(信濃グランセローズ)
太田 さやか(アサヒトラスト)
磯崎 由加里(尚美学園大学)

【投手・外野手】
萱野 未久(尚美学園大学)
里 綾実(尚美学園大学)
新宮 有依(平成国際大学)
中島 梨紗(Berwick cougars)

【捕手】
高島 知美(平成国際大学)
西 朝美(マドンナ松山)
黒岩 真実(JA 宮崎)

【内野手】
大山 唯(尚美学園大学)
中野 菜摘(尚美学園大学)
六角 彩子(侍)
山崎 まり(筑波大学)
金 由紀子(ホーネッツ・レディース)
新井 純子(尚美学園大学)
宮崎 恵(アサヒトラスト)

【外野手】
志村 亜貴子

20100405_1721928[1]



ohkura_kouichi at 17:52│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔