三六会活動ブログ(仮)

埼玉県立大宮高校理数科同窓会(三六会)のブログです。
三六会HP http://www.3-6kai.com
Twitter  @36kai


こんにちは。

次期IT係を林部さんから担った萩原です。今後ともよろしくお願いします。


一昨日11月9日(土)に36会定例MTを行いました!

11月16日(土)には今年度36会全体同窓会がありますので、その準備について話し合いました。
今年度もたくさんの方々に参加していただく予定ですので 運営企画側としてしっかりとした会の進行を行わなければならないと気合が入ります。シャキッと若者らしくいきたいと思います!


その他には先に控える代替わりに際し、36会のこれからの運営方針について話し合いました 。
大学生が運営することの意義、社会人の方々や大宮高校生の皆さんからも賛同いただき活動できているということを深く考え、来年度以降どのような運営方針を持つべきなのかを考えました。

大学生という身分である以上まだまだ未熟な僕たちですが、 今後の活動、社会人の方々との交流を通して、社会とはいかなるものなのか、将来生き抜くためにはどんな能力が必要なのかを学び取っていければと思います。

また、それを高校生の皆さんにも積極的に伝えていく 、というのも重要な36会の果たすべき役割だと考えています。
受験懇談会や激励会などの既存の枠組みにとらわれすぎることなく、フレキシブルな考えを持って次世代の36会会員を育成していく、という目標を立てました。


現執行代役員は、人数がそれほど多くありませんし特別な能力も持ち合わせていません。しかし、一人ひとりがよく考え、 36会のこれからをどう良くしていくか、という課題に取り組んでいます。

役員に限らず、多くの方々の 意見を積極的に取り入れていくことも大切なことだと考えています。

どんな些細なことでも構いません。36会の活動に対し意見や指摘がありましたらご連絡ください。

これからも36会をよろしくお願いします!


↓今回の参加者
1383981916678


文責 萩原(20期)
 

こんにちは。
ようやくサーバー代の領収書を会計に渡せた林部です。

ひもじい生活からおさらばですね。



さて、記事の更新は遅くなりましたが6/15に大宮高校にて6月の定例会を行いました!

久しぶりの大宮高校でしたが良くも悪くも変わっていなくて思わず一息。
運良く(悪く?)学校説明会の日にお邪魔してしまったらしく中学生とその保護者の方が沢山いらっしゃいました。


気になる今回の定例会の内容は受験懇談会と理数科同窓会総会の2本立てです。

受験懇談会のおおまかな内容や役割分担を決め、いつでも動き出せる状態になりました。
総会の方はどうすれば多くの方に来ていただけるかを議論でき、非常に有意義な時間になったと感じています!



ただ、組織の規模の小ささを痛感する会議にもなりました。
人数のいる作業などがあると人数の少なさが痛いですね。

ともあれ、今後も頑張っていきます!
よろしくお願いします。


文責 18期 林部 

こんにちは。
最近、ブログ記事の始めが全て「こんにちは」になることを危惧しております。IT担当の林部です。

さて、皆さんは国際生物学オリンピックというものをご存知でしょうか?
生物学を志す高校生を対象とした大会で、その目的は生物学を究めんとする学生の才能を伸ばし、将来の科学者を育てることにあります。
2009年にはつくばで開催されていたそうです。
僕自身、生物学を志しているにもかかわらず存在を知りませんでした…。

そんな国際生物学オリンピックに大宮高校から代表が一人選出されました!
3年の中村くんだそうです。OBとして後輩が活躍していることは大変嬉しいですね。
今年はスイスのベルンで開催になります。体調に気をつけて頑張ってもらいたいです。
中村くんの大会への抱負が国際オリンピックのHPに載っていますので、興味を持たれた方は是非ご覧ください。

その他、ボート部が関東大会出場、女子ハンドボール部が関東大会出場、陸上部が関東大会出場、棋道部が将棋と囲碁にて全国大会出場を決めています!
記事の文量の都合で詳しい紹介は控えますが、健闘を祈っています。

ここ数日は日に日に暑くなっています。
皆さんも熱中症などには十分気をつけてください。

文責:18期 林部

参考URL
【国際生物学オリンピックについて】
http://www.jbo-info.jp/ibo/ibo-about.html
―中村くんの抱負が掲載されているページ
http://www.jbo-info.jp/jbo/jbo2012/jbo2012-03.html

【大宮高校トップページ(大会出場の各部活ページへのリンクあり)】
http://www.ohmiya-h.spec.ed.jp/ 

このページのトップヘ