最近香川県のKさんから少年誌の画像を随分頂きましたので、私も一冊ヤフオクで落札してみました。

少年マガジン1965年7月18日号
日本ではじめてあかす!ひみつ情報部員007のひみつ兵器大特集

少年マガジン1965年7月18日号表紙1

少年マガジン1965年7月18日号 007のひみつ兵器大特集001

少年マガジン1965年7月18日号 007のひみつ兵器大特集002


【ロケット弾の威力!】

『うむ、みごとなオートバイだ!』ジェームズ=ボンドは、完成したばかりの、ロケット弾つきオートバイを、ほれぼれとながめた。ーーーと、そのときである。ガガガーン!音もなく近づいてきた車から、とつぜん、ボンドをねらって、拳銃が乱射された。(中略)『くそっ、スペクター団め。』はげしいいかりが、ボンドのむねにばくはつした。『にがすものか。よし、新型オートバイの威力を見せてやるぞ!』(中略)『そうれ、ロケット弾をおみまいするぞ!』(中略)グワーン ガガガーン!ボンドをおそった車は、半分ふきとばされ、ぶざまに横転。しかも見るまに火だるまになった。『ロケット弾の威力を思いしったか。』ボンドがオートバイを止めて見ると、ハイウェーのかたすみに、黒こげの車と、スペクター団員の死体がころがっていた。


少年マガジン1965年7月18日号 007のひみつ兵器大特集003

少年マガジン1965年7月18日号 007のひみつ兵器大特集004

公開半年前ですので、想像力たくましくストーリーを先読みしているのが今となっては面白いですね。特に冒頭のイラストでは映画本編でフィオナが乗っていた『ロケット弾つきオートバイ』がボンドの秘密兵器扱いとなっています。当時の少年誌のイラストはイマイチなものが少なくありませんが、このコネリー・ボンドはなかなか颯爽としていてカッコいいですね。そういった意味ではリメイクの『ネバーセイ・ネバーアゲイン』のバイク・アクションを予見していたともいえます。

特集007のすべて!!-001

特集007のすべて!!-002

特集007のすべて!!-003

このBSAバイクのイラストには『BOJ443C』のナンバーが描かれています。映画本編ではハッキリとは確認できませんが、当時のスクリーン特集号や、映画パンフレット、更に香川県のKさんから頂いた月刊誌《少年》『特集007のすべて!!』には同ナンバーの写真が掲載されています。しかもフルフェイスのフィオナらしき女がバイクの横に立っている非常に珍しいショットもあります(上の二枚目の写真の右下)。BOJというと金融界で働く人には日本銀行を思い浮かべる方も多いと思います。日銀の黒田砲は最近金融市場での影響力が落ちているようですが、ルチアナ・パルッツィが演じたフィオナ砲はセクシーなライダースーツと共に破壊力抜群でしたね。

スクリーン 007サンダーボール作戦特集号

TB Fiona's Rocket Bike

ではまた。