先週火曜日の『ダイ・アナザー・デイ(2002)』で年初から続いていたBS-TBSの吹替版007シリーズの放送はひと区切りとなりました。映画館で何度も見ましたし、ソフトを数えきれないくらいチェックした作品ですが、ピアース・ブロスナン引退作ですので、惜別の思いもひとしおであります。私は1992年11月22日に結婚しましたが、本作の全米公開日が2002年11月22日と聞いて結婚10周年のハワイ家族旅行を企画しました。イギリス公開はもうちょっと早かったのですが、ハワイは全米で一番早く日付が変わる場所ですので、私は前日の21日にハワイ入りして22日は朝一番で本作を鑑賞しました。『少なくともアメリカ人の中では一番最初に見たもんね!』と内心ほくそえんでいたのが懐かしい。日本での公開は翌2003年3月でしたので、ボンドお友達にも自慢できました。

そんな『ダイ・アナザー・デイ』はシリーズ第20作、公開40周年の記念すべき作品でしたので、過去の名シーンへのオマージュが散りばめられていたのはファンの皆さんご存知の通り。ある程度映画好きならボンドファンでなくても気が付くネタもありましたが、果たして19作品全部あっただろうか?と考え、強引なこじつけ上等、私個人の思い込み満載で全作品網羅に挑戦したいと思います。シリーズ後半になってくるとなかなか苦しいですね。公式DVDコレクションの解説(製作秘話)にも同様の記事がありましたが、一部納得できないものもあり、共通していないネタも書いてます。

【ドクター・ノオ】

DAD Jinx Bikini

ジンクスが水着で砂浜から登場するのはハニー・ライダーへのオマージュ。できれば水着の色も白にして欲しかった。

【ロシアより愛をこめて】

DAD Shoe
DAD Video Camera

ローザ・クレブ大佐やモルゼニーが使用した毒ナイフを仕込んだ靴をQ工房に展示。MI6が作ったレプリカでしょう。鏡の向こう側ではボンドと女性を隠し撮り。

【ゴールドフィンガー】

DAD Laser

レーザー光線による拷問。アストンのイジェクター・シート活用。

【サンダーボール作戦】

DAD Jetpack1
DAD Breather1
DAD Ford

Q工房にジェットパック。またボンドは酸素蘇生器を口に咥える。リッペ伯爵が乗っていたフォード・フェアレーン、今度はキューバでボンドが運転。

【007は二度死ぬ】

DAD Henchman

何となく敵の殺し屋が大里化学のピーター・メイビアに似ている。

【女王陛下の007】

DAD Bond's room

ボンドのデスク登場。

【ダイヤモンドは永遠に】

DAD DAF

ダイヤモンドを使った人工衛星のレーザー攻撃。グスタフ・グレイブスを特集した雑誌に『ダイヤモンドは永遠だが、人生はそうではない』とコメントが掲載されている。

【死ぬのは奴らだ】

DAD S&W  M10

ペッパー保安官愛用のスミス&ウェッソン M10。ただし『死ぬのは奴らだ』の劇中ではボンドは使用せず、ムーアのスナップ写真が残されている。

【黄金銃を持つ男】

DAD Cigar1

葉巻を嗜むボンド。

【私を愛したスパイ】

DAD Union Jack

ユニオン・ジャックをあしらったパラシュート。

【ムーンレイカー】

DAD Fight

陳列ケースのガラスを豪快に破壊してのファイト。

【ユア・アイズ・オンリー】

DAD Madonna

主題歌担当歌手が顔出しで登場。

【オクトパシー】

DAD Crocodille Submarine and Acroster

Q工房にワニ型潜水艇とアクロスター、更に上にヒュルヒュルと伸びる太縄。

【美しき獲物たち】

DAD Surfing1
DAD Surfing2

サーフィン(ただし二回目はなかったことにしたい)。

【リビング・デイライツ】

DAD Spike

アストンに装備された寒冷地仕様の飛び出すスパイクタイヤ。

【消されたライセンス】

DAD Woman's gun

ボンドがダブルオー・ライセンスを剥奪されて逃亡。女性の太ももに隠した小型銃。

【ゴールデンアイ】
DAD Ferrari 360

オナトップが乗るフェラーリ355とムーン大佐所有のフェラーリ360モデナ。私、クルマは詳しくないので間違っていたらゴメンナサイ。

【トゥモロー・ネバー・ダイ】

DAD Hook

腰にワイヤー・フックをつけて駆け下りるアクション。

【ワールド・イズ・ノット・イナフ】

DAD Dad

敵役が実の父親を憎み、殺してしまう。

+++++++++++++++++++++++++++

う〜ん、さすがにちょっと無理があるネタも多かったので、もう一度見直します。他に面白いネタ・強引なこじつけネタがあればコメント欄に是非!

ではまた。