すごく、ちかくのちかこ。

茨木市議会議員 大野ちかこです。
元気!つながり!あんしん!「感じる」茨木を目指して日々活動していますっ
更新が滞りがちですが良かったらのぞいてください。

2009年05月

厄払いできたということで

ようやくいつも通りの生活が戻ってきましたね

保育所では走り回る子ども達と対照的に先生方や保護者のみなさんがマスク着用でまだまだ緊張感が漂っていましたが


お天気も良かったので気持ち良く仕事ができた一日だったのに、車のナンバープレート(前後両方!)と自転車の子どものイスカバー(アンパンマンのやつ)が盗られていることに気付きショック大です

ナンバープレートを前後一緒に落とすというのも考えにくいので警察の方曰く盗難でしょうとのことでした。


盗難届けを出したとき警察の方に「心当たりは?」と聞かれ「嫌われてるのかも知れません」と冗談で言ったら苦笑いしたはりました (´▽`)


盗った人をほめるわけじゃないですがキレーに取られていました。そういう手際の良さをもっとハッピーなことに活かしてほしいものです


「命までとられたわけちゃうからよかったやん」と友達がのんきに励ましてくれて元気が出ました
犯人と鉢合わせしてどつかれたわけでも、車がボコボコにされたというわけでもないので今年の厄払いはこれ位で済んでよかったと思って明日からまたがんばりますみなさんもお気をつけくださいね(*´ェ`*)a090525_1808~02[1]

今年2回目の田植え参加

インフルエンザ騒動のさなかではありますが田植えは例年通り行われています

初めのうちは田んぼの中を歩くのも重労働で、苗を植えるなんてとてもとてもムリ!という状態でしたが慣れってすごいもんですねなんとか1人でマルチを敷きながら苗を植える作業ができるようになりました。(たまに蛇行してますが)

無農薬のお米の苗で、除草剤をまかず、機械を使わず、全部手作業です。
雑草がムダに生えるのを防ぐために最初にマルチというシートを敷き(いずれ溶けて肥料になります)その上に苗を植えます。
初参加の友達にも手伝ってもらいました



秋には豊かに実ってもらえますように


山で過ごしていると人間も自然の一部にしか過ぎないこと、いろんな生き物がいて人もそのうちの一つとして生かされている存在だということを再認識します。

温暖化を始めとする環境の問題やインフルエンザのことなど、私たちはこれまで経験し得なかった様々な難しい問題に直面していますが、自然や人間以外の生き物に対する「謙虚さ」みたいなものを思い出して行動していくことが大事ではと思います。

減っているはずのCO2が実は増えているそうです。…イメージアップがどうとか、利権がどうとかそんな目先のことではなく、私たち人間が今まで好き放題してきた反省を踏まえて、国を挙げて真剣に取り組む時がきたのではないでしょうか





※田植えの様子と農家のおばちゃんみたいな写真
田植え090523農家のおばちゃん

来週以降の対処方針

茨木市の対策本部の会議で以下の事が決定されました。





続きを読む

季節性と大きく変わらない?

新型インフルエンザの感染者が急増した18日、舛添要一厚生労働相は同省内で記者会見し、政府の専門家諮問委員会から新型インフルエンザは季節性と大きく変わらないとの報告を受けたとして、週内にも対策を切り替える方針を示した。軽症患者の自宅療養などを検討する。との報道がありました。


 
弱毒性やから大丈夫、というのではなく弱毒性のインフルエンザが人から人へうつることによって強毒性のものに変わる可能性があるということが一番の怖さだと思います。季節性の(致死率の低い)インフルエンザやから対策をゆるめに変えます、は違うんじゃないでしょうか。

引き続き、重篤患者にうつらないように配慮したり、感染者を増やさないように対応していくというのであればなおさら対策を切り替える必要はないと思います。感染経路も突き止めると言ったままですし…。水際作戦がうまくいかなかったからそれを急いでぬぐうための発表かなと感じました。


インターネットを使う状況にない方々への対応としても、早急に市の状況などについて回覧板を回すべきと危機管理課にお話しました。検討中です、とのことです。出そうと考えているがいつ出すかは決まっていないそうです。それって検討したと言えるのか。ケーブルテレビやその他電波を通じて市長が会見を開くべきでは、ともお話しましたが、そういう意見は会議に上がっていません、とのことでした。なんで誰も言わないの??こういう時こそ、直接市民に見える形で市長の考えを伝えていくべきだと考えます。




茨木市新型インフルエンザ対策本部から

新型インフルエンザ感染者情報が新聞やニュースでも頻繁に報道されています。





茨木市は5月16日茨木市新型インフルエンザ対策本部を午後9時15分設置しました。



茨木市新型インフルエンザ対策本部からのお知らせ


厚生労働省は17日、茨木市の私立高校に通う男女9人が新型インフルエンザに感染していることを確認したと発表しました。

これを受けて、茨木市新型インフルエンザ対策本部会議では、17日から23日までの当面7日間、次のことを決定いたしました。

1 市立幼稚園・小学校・中学校は休校します。
2 市立学校は、修学旅行を中止します。
3 次の施設は休所します。各留守家庭児童会、市立保育所、あけぼの学園、子育て支援総合センター、各地域子育て支援センター、障害福祉会館「かしの木園」、太陽の里「ともしび園」、障害福祉センター「ハートフル」、障害者デイサービスセンター「しみず」、各老人福祉センター、各老人憩いの家(間)、保健医療センター(急病診療所を除く)、健康増進センター
4 市民の不安を軽減するため、相談窓口(保健医療課)を増設します。
5 本市の業務については、通常通り、継続して実施します。
6 他の公共施設については、掲示板等で周知し、開設します。


 市民・事業者の皆様におかれましては、引き続き、国や府、市が発信する情報に注意していただくとともに、次のことに留意し、落ち着いて対応してくださるよう、ご理解とご協力をお願いします。

1 今回の新型インフルエンザは、季節性インフルエンザに近い症状であり、タミフルなどの治療薬も有効ですので、冷静に対応してください。

2 咳エチケット・手洗い・うがい・洗顔やマスク着用など、日頃からのインフルエンザ感染予防対策を行ってください。

3 外出にあたっては、不要不急の外出は自粛し、なるべく人混みを避けてください。
  電車など、公共交通機関を利用する場合にはマスクを着用するなど、十分な予防対策を行ってください。

4 発熱や咳など、新型インフルエンザ感染を疑われる症状がある方は、医療機関を受診する前に、まず、発熱相談センターに電話で相談してください。相談のうえ、適切な医療機関をご案内しますので、その指示に従ってください。

5 新型インフルエンザに感染したおそれのある方は、保健所から電話等で健康調査を行います。また、必要に応じて、外出の自粛をお願いする場合がありますので、ご理解、ご協力をお願いします。






今日参加する予定だった公保連(公立保育所連絡協議会)総会とソフトバレーボール連盟市民大会も中止となりましたのでマスクをつけて登庁しています。

明日明後日の民生常任委員会の視察も自粛、と決定されました。
感染者についての情報収集や情報の共有に努めたり、ゆっくり勉強したり、おとなしく過ごそうと思います。みなさんも自分は大丈夫!なんて思わずに、自分の身や自分の大切な人の身を守る、という心がけでお過ごしいただければと思います。

感染された方々の詳しい体調についてはまだ調査中とのことですが、1日も早い回復をお祈り致します。






茨木の新型インフルエンザ感染者情報

ニュースでご存知の方もおられると思いますが、茨木市の高校生数名に新型インフルエンザ簡易検査で陽性反応が出ました。

茨木市危機管理課に聞いたところ、現在市役所で対策本部の第一回目の会議が開かれ、対応を話し合われています。23時頃に高校生の検査結果が出るのでその結果により明日以降の市内の行事や学校、各機関への対応が決められます。

憶測やいいかげんな情報に振り回されることなく、落ち着いて行動していきましょう。私もできる限り、早く正しい情報をみなさんにお伝えさせていただきます。

いばおんにいこうっ!

07[1]

明日、第1回茨木音楽祭(いばおん)が開催されます!

みなさん是非、南グランドへお出かけください!

生姜植えました。

トマト、キュウリ、ナス、レタス、キャベツ、カボチャ、オクラなどを畑に一通り植えました

最近は料理や紅茶に生姜を入れるのが流行っているので(私の中で)、生姜も育てることにしました。何かにつけて生姜を入れるのですが、ムダに身体があったまってフツーに座っているだけでも汗ばんできます!(なんかヘンな病気やったりして!?)
冷えは万病の元と言いますし、みなさんに生姜、オススメします☆

今日は友達(30代後半の男子2人)を巻き込み、水やり・雑草抜き・土の掘り起こしなどを手伝ってもらいました。今度は用意しときますね(笑)。








090426_1244~01アスパラHI3E0089蓮華※1年目のアスパラ。アスパラの収穫は3年後〜です。畑の蓮華が去年より増えています。土がより健康になってきた証拠かなと畑仲間と喜んでいます。

新型インフルエンザ

茨木市HPより
「新型インフルエンザについての電話相談窓口について」茨木市並びに大阪府では、新型(豚)インフルエンザについて、市民・府民からの相談に答えるため電話相談窓口を設置しましたので、お知らせします。

現在のところ、日本国内で新型インフルエンザの患者は発生していません。
正確な情報に従い、冷静に行動することが大切です。

なんらかの症状がある場合は、一般の医療機関を受診する前に、茨木保健所発熱相談センター(電話番号624-4668)にご相談ください。



茨木市の電話相談窓口と対応について
■電話相談を開設しました。
 電話番号 : 072-621-5901 (健康福祉部保健医療課)
 開設日時 : 4月28日から、当分の間 (平日=午前8時45分〜午後5時15分)


テレビを観ていると、むやみにあたしらの不安を煽るな!と怒りたくなるような報道も多く困ります手洗い・うがい・咳エチケット(咳やくしゃみをするときは、ティッシュで口と鼻をおおい、他の人から顔をそらしましょう。 使用したティッシュは、すぐゴミ箱に捨てましょう。 咳がでるときは、マスクを着用しましょう。咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。 料理・食事前やトイレ・外出後はもちろん、咳やくしゃみをおさえた手、鼻をかんだ手は、すぐに石鹸で洗いましょう。。。というごく当たり前な行動を言います。) など基本的なことをきちんとやることで防ぐことができるそうです。


新型インフルエンザに対しての免疫を誰も持っていないので、大きな恐怖であることは否めませんが、ムダに恐れず、余計な混乱や二次的被害を招かないように一人ひとりが意識していくことが大事ではないでしょうか。
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ