知り合いの方のお誘いで、菜の花の収穫作業のお手伝いをさせていただきました。


菜種油をBDF(バイオディーゼル燃料)に、という取り組みを大阪府が企画し、
多くの茨木市民の方々がボランティアで関わっておられます。

菜の花の落ち種の油は、以前は食用油にも加工されていましたが、エルシン酸が心臓病の原因になるため食用には向かず、茨木工科高校のBDF実験教材に決まったそうです。


写真は市民のみなさんがお花を植えてキレイになった万博の外周です。
以前はゴミでいっぱいでしたがお花を植えだしてゴミのポイ捨てが皆無に
なったそうです。市民の善意が割れ窓理論の応用になっているんやぁ!としみじみ
道沿いにベンチがほしいという歩行者のお声がありましたが、ベンチで歩道をふさぐのもなぁということで写真のように土にブロックを埋められたそうです。好評らしいですよ☆

こういう表にあんまり見えない一人ひとりの気持ちや力のお陰で世の中が回っているんですよね。

大阪府アドプト・ロード・プログラムアドプトロードアドプト2