すごく、ちかくのちかこ。

茨木市議会議員 大野ちかこです。
元気!つながり!あんしん!「感じる」茨木を目指して日々活動していますっ
更新が滞りがちですが良かったらのぞいてください。

2010年02月

臨時議会終わりました。

8日、9日の2日間臨時議会が開かれ、今年の議長と副議長が選出されました。

新議長 大島一夫 議員(会派・公明党)
新副議長 友次通憲 議員(会派・民主みらい)

大野ちかこは今年1年間、会派・変えていく力の幹事長をさせていただくことになりました。初めての役職でわからないこともあるかも知れませんが、少しでも議会改革が前進するよう頑張ります。

また、建設常任委員会、安威川ダム対策委員会、茨木市土地開発公社理事に所属することになりました。みなさん、引き続きよろしくお願い致します。


臨時議会1日目

今日の臨時議会で、子ども手当のシステム開発の補正予算案が可決されました。

財源は全て国からで約1,700万円です。

茨木市で支給対象となるのは42,000人(中学校終了までの子ども)

支給額は支給対象となる子ども1人あたり月額13,000円
(平成23年度以降は月額26,000円)

所得制限はありません。

子ども手当のためだけのシステム開発にこれだけの予算をかけるのであれば、高齢者や障害者が主に登録されている要援護者名簿のデータ化のように、配慮が必要な家庭や子ども、地域のネットワークが一目でわかるというシステム構築もこの際一緒にできないものかと思いました。

子ども手当がもらえるなら是非、子どもを産みたいわぁという方も中にはおられるかも知れませんが、個人的には、男性にも育休制度があるけどなかなか取れる雰囲気じゃない職場や世の中を変えたり、使いにくい制度そのものを変えたり、将来に希望が持てる社会保障制度を早急に立て直していくことの方が「安心して子どもを産み育てる社会の実現」に近づくと考えます
子育て支援というと手当や保育所増設の議論が盛り上がるんですけど、それだけちゃうよな〜と思えてなりません。

WAMまつり

WAMまつりに行きました。

「男女雇用機会均等法施行後10年を振り返って」というテーマの
ワークショップに参加させていただきました。

プロジェクトXでこの法律づくりにご尽力された赤松良子さん(元労働省少年婦人局長)の特集が組まれた時のビデオを観た後、参加者がそれぞれの思いを
語りました。

30年前は女性のみ30歳定年制(!)をとっていた企業があったというのが本当に信じられないです。参政権も長〜い間なかったですけど

最近では女性がバリバリ活躍されている企業が元気というのを見たり聞いたりすることも増えましたね


ある参加者の方が、「昔、ベビーカーを押してフードコートに行ったら自分と同じ母親と子どもだらけで、これは社会の陰謀だと思った!笑。あの頃は仕事をしたくてしたくてしょうがなかった!」とおっしゃっていました。

今は子どもさん達も大きくなってお仕事をされています。

あの頃の葛藤や苦しみがバネになっていてすごいなぁと感じました



「子どもがいて仕事もしてえらいねー!」とか、
「結婚して仕事辞めちゃったの?なんでー。そんなんじゃダメよ。」という
発言にちょっと戸惑いました

押しつけでも何でもなく、結婚や出産を機に退職する、という選択肢を自分で選ぶ方も当然おられます。

○○やからえらい、アカンとか線引きせず、
いろんな生き方をお互い認め合っていこう!でいいんちゃうかな、と
感じました。

わたしはたまたま女性で、議員で子どもがいる。

…ただそれだけのことのような気がする今日この頃。

そりゃ同じ能力なのに、女性より男性の方が出世しやすいなんていう差別は世の中からなくさなあかんとは思いますが、男であれ女であれ、その人が自分の意思で選んだ人生を歩んでいく、社会がそれらをちゃんと受け入れられる器になっていく。そんな成熟さが今の日本にほしいなあと思いました。

EMでプール掃除

今日は吹田市で小学校の児童による「環境学習報告会」がありました。

様々なテーマがありましたがその中でも特にEM菌(有用微生物群)を活用したプール掃除の報告が気になりました。

茨木市では主に塩素を使った消毒や掃除が行われています(予算…幼・小・中合わせて年間約800万円)。

吹田市や川西市などの先進例(費用対効果も見込める)を参考に、化学薬品に頼らないプール掃除が茨木市でもできればと考えています。

午後は、友達が企画した摂津市鳥飼の淀川河川敷のゴミ拾いイベントにちょびっといきました。

参加者は特養の職員さんや、利用者さん、障害者の地域生活支援センターの職員さん、市民の方などなど(2歳〜96歳(!)。

燃えるゴミはもちろん、自転車などおっきなゴミも出てきました(`ε´)
7日(日)開催される摂津市民マラソン会場でもあるので、.乾澆里覆ぞ貊蠅妊泪薀愁鵑靴討發蕕う!ということや、車イスに乗りながらゴミ拾いをし∧〇秣慮海鮗太験茲砲盂茲していただこういこうという趣旨で行われました。

ほんとはゴミのポイ捨て皆無な状態がベストですが、ゴミ拾いをきっかけに世代間交流や地域間交流が広がればとても有意義だなと感じました。

みなさん、お疲れさまでしたo(^-^)o

自立支援施設

茨木市内にある女性自立支援施設にボランティアに行きました。

お兄さんの度重なる逮捕などの影響を受け、他県から茨木に来て生活をしている彼女。

複雑な人生を歩んできていろんなものを抱えているはずなんですが、お話していても明るくてピュアで、バイト先の後輩や施設の職員さんへの優しい思いがこちらまですごく伝わってきました。

バイト代をコツコツ貯金したり、大検を受ける為に勉強したり、施設からの1人立ちに向けて一生懸命です。
来月18歳になるので、「その時」が間近に迫っています。


過去は変えられませんが、これからの人生は自分の意思や行動でどうにでも切り開いていけると思います☆
初めての土地でスタートする生活には、計り知れない不安があると思いますが周りの人や環境にも恵まれ、しあわせな生活を送っていってもらえますように。
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ