すごく、ちかくのちかこ。

茨木市議会議員 大野ちかこです。
元気!つながり!あんしん!「感じる」茨木を目指して日々活動していますっ
更新が滞りがちですが良かったらのぞいてください。

2010年05月

近所の民生委員さん

茨木市民生委員児童委員協議会総会に出席させて頂きました

ふと後ろを見たらいつもお世話になっている近所の民生委員さんたちが座っておられました。

永年勤続民生委員(20年勤続)ということで感謝状受賞者としてのご出席でした

おめでとうございます
受賞式の直前にそのことを知ったので「すごいですねおめでとうございます」と言ったら「珍しく前の方座ってどうしたんやろこのおばちゃん達。」って思ってたんちゃうんと言われました。
全然そんなことないです

地域で催しがある時はたいてい(なくても)、お世話好きのおばちゃん、おっちゃんに甘えて子守りをお願いし、運営のお手伝いをしています ほんとどこにも足を向けて寝られません

これからもお身体に気をつけてご活躍頂けますように

伊賀市へ

幹事長会の視察で三重県伊賀市へ行き、「議会基本条例」についてお話を伺ってきました。

伊賀市では議会基本条例あり方検討会を設置されたり、市民のみなさんからパブリックコメントを募集されたりしながら、どういった条例が伊賀市にふさわしいのか3年くらいかけて検討されたそうです。

・会派など関係なく議員が6グループに分かれ、36小学校区を順番に回り議会 報告会を開催 

・議会の質問の一問一答制・理事者からの反問権導入

・政策討論会(常任委員会の出張版のようなイメージ)

主にこの3点に取り組み、議会の活性化、市民との情報の共有化に励んでおられます。



茨木市でもまちづくり条例制定に向けての議論が出てきているところでもありますし、形だけではなく中身のある、実効性のある条例となるよう丁寧に進めていきたいと思います。

委員会視察

20日・21日に、建設常任委員会の視察で、長野県松本市と長野市へ行き「城下町の財産を活かした中心市街地活性化」と「年間観光客1200万人を目指す観光事業」について学んできました

松本市ではまちづくり協定に基き市民の方がお店や家を町屋っぽく改修する時に補助金を出されていて、まち中を歩くと昔にタイムスリップした気分になりました。「うちもあのエリアに店を出したい」と商店街の出店申し込みが立て続けにあるそうです。

松本市は国からの交付金が100億円以上あるのがちょっとうらやましく思わなくもないですが、茨木市は不交付団体なりに、これからより一層、アイデアとマンパワーでがんばっていかないとなぁと思いました
 長野市では観光行政について説明して下さった職員の方が、わたし達がひとつ質問するごとに5分〜10分話し続けられる程、住民やまちや歴史への情熱が溢れ出てる方でした正直「まだ喋るんかいな!」と驚いたと同時に茨木市も照れや冷静さをちょっと横に置いといてこれくらい饒舌に茨木のPRにがんばる人を掘り起こしたり、お手伝いしたりしたいなぁと感じました
また、市がうちの特産物はこれですよ!と決めるのではなく、各地域に観光振興協議会みたいなのを設けて、それぞれの方が何を発信していきたいかを決めてその思いを形にする為に行政や観光協会がサポートする、という流れがあり大変勉強になりました


QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ