c1d48468.jpg
adeaacbf.jpg
こんばんは。(ノ´∀`*)

6月議会は9日から21日までです。

一般質問の準備、がんばります。(*´-`)

最近の市民相談の中に
「高齢者のリハビリの為にプールに行こうと思うのですが、茨木市内に車椅子の人でも利用できるプールはありますか?」というのがありました。


茨木市内にプールは3ヶ所あります(五十鈴町、中条、西河原)。車椅子のまま入れるプールはありませんが、西河原は車椅子に乗ったままエレベーターでプールの前まで入って頂けます。(^-^)


プールの中へは介助が必要かと思いますが、プール入場料は一般の方1000円、障がい者の方、介助される方、65歳以上の方はいずれも半額の500円です。(^-^)/



↑このことは西河原プールに確認済みだったのですが、市民の方が役所に問い合わせた場合の対応が気になったので、障がい福祉課に電話しました。


若手の方(Aさん(仮))が「プールは施設のことなのでスポーツ推進課に繋げます」とのこと。(T-T)



えー!と驚き(苦笑)、


スポーツ推進課とお話した後、再度、障がい福祉課のさっきの方(Aさん)に電話して「さっきの対応の仕方はAさんだけではなく、課の職員みなさん共通ですか?プールの所管はスポーツ推進課かも知れないけど、障がい者のプール利用に関しては障がい福祉課の職員みなさんに最低限知っておいて頂きたいです。障がい者スポーツやリハビリ対応のニーズは高まる一方ですし、市民のみなさんはお忙しい中、役所に電話されるので知りたい情報をすぐ掴んで頂けるような対応をよろしくお願いします。」と申し上げました。m(_ _)m


「スポーツ推進課の方がより詳しい正しい情報を聞いて頂けると思ったので。申し訳ございませんでした。」とのことでした。



Aさんが何か感じて下さったらうれしいです。


明日、課長にもお話してきます。(←しつこい。笑)



明日からはより市民に親切な茨木市役所になっていますように!



歯痒い思いをしたのが市民ではなく、わたしで良かったなと感じましたし、
Aさんが悪いという問題ではなく、役所の普段の姿勢がよく見えた出来事でした。


障がいがあっても暮らしやすいまち、障がい者スポーツの推進だなんだとカッコ良くいってみても(わたし含め)、まだまだ足元から見つめ直さないといけないこと、変えるべきことが色々ありますね。


日々、勉強。
一生、勉強だ。( 〃▽〃)



何かありましたら気軽にご相談ください。
市民の皆様の持続可能な幸せの為に、市民目線で邁進します。(*^-^*)