明日3日から3月議会が開かれます!

以下、今議会で質問する内容です。
なかなか前向きな答弁をもらえなさそうな
予感(!)ではありますが、
市の考え方、実情を市民の皆様にお伝え出来ればと思いますし、何よりも、
大変な状況の中、一生懸命暮らして下さっている市民の皆様の汗が報われ、
幸せになって頂けるよう、
本議会も全力で取り組ませて頂きます。(*´∀`)

                               
単項
工事請負締結について

・152億円の予算の根拠、内訳について
・財源確保策について 
財源の内訳, 基金を全額つぎ込む意義, 最大限国の補助金を活用することや市民や企業からの寄付を募る方策など市債発行額をより下げ、今の市民、将来の市民への負担を減らす為にどれだけ努力されたのか 
・ランニングコストについて
・公募型プロポーザル審査講評にあった付帯意見への対応について
・近隣市の補助金活用の事例について
・寄付や補助金獲得は何億円を目指すのか 目標は。
・文化施設建設基金を活用できる対象施設
 ほかにどこがあるのか
    基金40億円全額つぎ込む意義は
・100人会議のような丁寧さを欠いているのではないか。なにをそんな急いでいるのか
・ホールが出来ることの経済効果額、費用対効果の見込み
・南面もエントランスを作るべきでは。今のままだと、北が表で南が裏、という状況になってしまう。市内一方通行化の流れも踏まえると問題だと考えるが市の見解を。

一般質問 

 1. 子育て支援策の充実について 
1問目
【1】子育てアプリについて 
どのような形で運営されるのか
当日キャンセルの分も公開して利用者ニーズに応えて欲しい
【2】一時預かり事業について
 以前からの課題認識と解決策についての考え方について 
ひと月300件の利用申し込みを断っている状況はいつ解決するのか

【3】小学校低学年の居場所について 市の課題認識について 他市の事例研究の状況について
【4】待機児童対策について 
解決できない要因分析の状況 
【5】待機児童保育室の今後について 延々と運営されている事に対する市の考え方

 2、茨木市の危機管理体制について
1問目
【1】災害時の受援体制について 大阪北部地震での反省、教訓はどのようなものがあるか他市からの救援活動や物資の支援の申し入れを断った事例があるのか
【2】ローリングストックの現状について
【3】避難所の地域間格差について 小学校区により指定避難所の設置数が違うことに対する市の考え方は。指定避難所を増やしてほしいというニーズをどれだけ聞いているのか。いつまでに解決するのか。
庄栄コミュニティセンターが自治会や地域に相談なく指定避難所から取り消されたのはなぜか。市の説明責任について。
【4】正確で迅速な情報発信について SNSでの情報発信内容にバラつきがあるのはなぜか FAXで発信する情報の優先順位の整理、受信される市民の体制を整える役割は誰が担うのか
【5】防犯・防災など緊急時の市の対策会議の在り方について
昨年の吹田の交番での拳銃強奪事件があった際の市の対応の反省点、教訓はどのようなものがあり、どう改善されようとしているのか。
先日、高槻 西面で起こった事件において、各部署からの情報発信に約2時間の開きがあったのはなぜか 検証について
【6】コロナ対策について
・小学校4〜6年生の受け入れ体制について 
・障碍者施設の利用者へのきめ細やかな対応について 市の状況
・休校中の子どもの過ごし方について 見守り強化について
・休校中の給食について 給食対応すべき。
事業者のフォロー体制は。
・非常勤職員の支援
・オリンピックの選手団は訪問されるのか 見通しは 受け入れ体制
・保育園児の登園自粛の協力要請などの検討状況、方向性について  協力家庭には保育料の返金を
・市直営、民間問わず学童保育室への人的、経済的支援を 
・子どもがいる世帯の休業補償策について 市の考え方について
・投票率が下がる可能性について 市の認識を 投票時間の延長(7時〜21時など)、期日前投票所を増やすべきではないか
・市府民税の申告期限を延ばすべきではないか。
・コロナの影響で経営が厳しくなった企業への迅速かつ柔軟な支援について 市の取り組みは 

#茨木市 #議会 #ちかくのちかこ #大野ちかこ
#休校DSC_2832