頼もしい若手会計人

2008年09月15日

事故米と久しぶりの3連休

 先週、仕事帰りに行きつけの飲み屋に行ったら、店長が大野木さんボトルが入っていますよ、と言って持ってきたのが「芋焼酎・宝山」・・・・たしかこれは事故米を使って製造し、メーカーが回収した銘柄(汗)。
まいっか、と飲んでしまいました。

 三連休はいかが過ごしましたか?
私は、土曜日は産能大学・短期大学で1時間半講義し、事務所で溜まった雑用をこなし、後の2日間は読書などして比較的ゆっくり過ごしました。

 最近、新聞を読んでいても、心が躍るような明るいニュースが少ないように感じます。
 国際政治では、グルジア問題、国内政治で福田総理の辞任による自民党総裁選挙、経済では米リーマン・ブザザーズのけ経営破綻など・・・・。

 グルジア関係のニュースの中で、たびたびカフカス地方という言葉が使われていますが、日本人にはコーカサス地方の方がなじみがあるような気がします。前者はロシア語、後者は英語の表現のようです。地理的には黒海とカスピ海に挟まれたユーラシア大陸の十字路と言われるところで、旧ソビエト連邦から独立した、アルメニハ、アゼルバイジャン、そしてグルジアという3つの共和国、それに独立せずロシアに留まっている北オセチア、チェチェンなどの共和国などがあります。

 この地方には100以上の民族がいて、宗教も言語も異なり、民族分布と国境線が一致しない場所が多数あるため、紛争の火種は常にありました。
そこへ持ってきて、
.スピ海の豊富なエネルギー資源をロシアの影響下にないルート(グルジアを通過する)で、トルコまで運ぶパイプラインの建設計画を欧米が進めていたこと。
▲哀襯献△肇Εライナが北大西洋条約機構(NATO)に加盟しようとしていること。
などが今回の軍事衝突の背景にあったようです。

 ロシアは近年、エネルギー価格の高騰に支えられ経済が好調であり、そのことからも現政権が国民の圧倒的な支持を得ており、経済的、国内政治的にも欧米に対し強気の姿勢を取ることができましたが、ここに来て原油価格の大幅下落と、国外投資家の資金を引き上げにより、株式・通貨が下落した結果、いつまでも欧米とケンカもしていられない状況になってきました。
そんなロシアの動きと、仲裁方を引き受けているフランスのしたたかな動きに注目しています。


ohnogi_cpa at 21:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
頼もしい若手会計人