青梅市議会議員 大勢待としあき

青梅市議会議員 大勢待利明(おおせまち としあき)の公式ブログです。

時間がフト空いたときに、
日本全国の市民ホールの
HPを見ているのですが
目に留まったのが
大阪府・門真市のルミエール・ホール。
ホールのコンセプトが書かれていたのですが
なかなか他市とは、一味違う内容。
関西フィル・ハーモニーが拠点としており
ホールを中心に、イベントや企画も充実しています。
それならばと、早速、大阪府・門真市へGO!
☆ポイントは、
①2018年…"文化芸術推進条例"を制定して、門真市における文化芸術を定義
②2019年…老朽化していた市民文化会館をリニューアル。ルミエール・ホールと名称。
③2021年…"文化芸術推進基本計画"を策定して、町を盛り上げていくプロジェクトを実施。
と①~③の流れが見事です!
・計画の出だしの文章で
自治体の計画づくりは、計画を「つくること」がゴールとなってしまい、「つくること」と「実行すること」がスムーズにつながらず、実行の動きが鈍くなることが多くあります。
と、明確に書いてあるところが秀逸。
(参考)門真市文化芸術推進基本計画
☆青梅市も、例えば
①"青梅市文化芸術条例"を制定。
②青梅市では、文化芸術で、どんな展望が開けるか、"推進計画"を策定
③"推進計画"を実現するための"新市民ホールの設計と建築"
となると良いかなと思ったりしています。
現在は、「稼働率とコスト」に焦点が当てられていて
新市民ホールを使って、どんなことを実現していきたいか
どんな可能性があるのか。具体的な案がモヤッとしている感じを受けています。
ちなみに、
・門真市
人口・・・11万7,058人
大ホール・・・1,104席
小ホール・・・244席
・青梅市…約13万人
予算規模は、同じくらい。
門真市ルミエール・ホールの館長さんと
話をさせていただきまして
何かあったら、いつでも視察に来てください
とのことでした。

325423400_473208604999092_7752359421547451932_n
325370149_708514960792744_3622115623920926443_n
325365844_2340222926160002_2847576387297574153_n
325368257_1773183919726560_2011439467816122488_n
325397426_741750774229645_7522028105674036609_n

2023年1月9日(月・祝)の午後は
佐野隆哉さんのピアノ・コンサートへ。
私、息子、娘と、同時にピアノを始めて
ちょうど1年が経ちました。
家族みんなで、
ピアノを聴きに行くのは初めて。
とても楽しかったです!
コンサートが終わるや
「パパの"ラ・カンパネラ"より100倍、上手かった」
と、娘から指摘。
そりゃそうだー!
"ラ・カンパネラ"の練習を始めて早くも1年。
佐野さんの演奏を、聴くに
私の完成までには、
かなりの難関が待ち受けていると
あらためて実感しました。
※私もいつか発表の舞台へ!
佐野さん。すばらしい演奏、ありがとうございました!
p.s.
瑞穂スカイホールへと向かう心臓やぶりの坂を上っていると
「大勢待さん、青梅市の新市民ホールは平地に建ててください!」
と声を掛けられました。
大丈夫です。東青梅駅近くのケミコン跡地に建ちます。

325713361_8680040308704708_2899733298245374712_n
325614465_1446196779121729_8127701710740572901_n
325680719_3346431082341665_1652412110451290132_n

お正月、家族で、近くの公園で遊んでいたところ
いつもイベント等でお世話になっている
おばちゃんに、お会いしました。
「サーカスの割引チケット(日により無料)あるけど行く?」
と、チケット4枚いただき、早速行ってみることに。
立川の立飛です。
思い起こすこと、
私が小学校3年生の時だったか
昭島モリタウン近くで
「木下大サーカス」を見た記憶があります。
それ以来のサーカス。
さて会場につくや、「パパよろしく~」と
私を残して、奥さんと娘&息子は、ららぽーとへ。
ひとり並び待つこと1時間30分。
最近のサーカスはどうなのかなと思いながら
さて、満員の会場で、ショーが始まりますと・・・
「期待のはるか上をいく、圧巻の内容でした!」
何も知らずに新海誠の「君の名は」を見ていて
いきなりの隕石の展開に、度肝を抜かれたような感じです。
もしくは、日本vsドイツ戦の浅野のゴール並み!!!
木下大サーカス、絶対におススメ!!!
p.s.
逆立ちくらいならマネできるかも。

高橋是清を知ったのは、日露戦争について調べていた時のことです。
(私が大学2年生くらいの時だったでしょうか)

日露戦争といえば、バルチック艦隊を撃破した日本海海戦が有名。

しかし、そもそも戦争を始めるには、軍事兵器や石油・食料の買い付け
また軍隊の給与など、莫大な資金が必要なわけで、
資金をどれだけ準備できるかが戦争の勝敗を決定づけます。

当時、ロシアと日本を比べて、どちらが勝つかと見積もった場合、
世界の投資家はどう判断するでしょうか?
(圧倒的にロシアです)

そんな中、当時、日本銀行総裁の高橋是清は、
日本の外債を売りに海外を渡り歩き、13億円の資金調達に成功。
当時の日本の一般会計歳入は2.6億円。
日露戦争の総戦費が18億円ですから、
いかに莫大な金集めだったかは一目了然です。

日露戦争で、日本が勝っていなかったら今の日本はありえません。
高橋なくして、日露戦争の勝利なしですね。

高橋是清、本人の人生に注目してみると
生まれは私生児で、アメリカで奴隷になったり、就職しては辞めたりと波乱万丈。
しかしどんな逆境でも、それを糧として前へ進んでいくという
まさに型にハマらない人生、豪傑です。


以下、本の中から僕が気になった文章を抜粋
taka_k01
taka_k02

~・~・~・~・~・~・~・~

人間の運命というのものは実に妙なものだ、もしこの場合、私が菓子屋の養子となっていたら、あるいは一生菓子屋で終わったかも知れぬ。少なくとも今とは全然異なった立場にあったに相違ない。人の一生は実に間髪の間に決るものだ。


私は子供の時から、自分は幸福者だ、運のいい者だということを深く思い込んでおった。それでどんな失敗をしても、窮地に陥っても、自分にはいつかよい運が転換してくるものだと、一心になって努力した。今になって思えば、それが私を生来の楽天家たらしめる原因じゃないかと思う。


私がアメリカへたつ時、祖母は切腹の法を教えると共に一口の短刀を授けて男子万一の場合の心掛けを訓えてくれた。


祖母が人というものはいよいよ死ぬる際になると、ともすれば安心が出来ぬ、迷いが起る。その時は、はたから注意してやらねばならぬと始終いっていた。


死ぬる間際は、よほどの英傑でも、ややともすれば気が飢えて、心がうつろになるから、その時には、はたにいるものが、ちょっと気をつけてやらねばならぬ。


観音様の信者が観音様に参詣する時の気持――即ち信者を自分とし国家を観音様と見るならば国家というものは大切なもので、己れの恃むべき最上のものだとは思っていたものの、ちょうど観音様と信者のように国家と自分とは、離れた別個のものであるように理解しておった。
ところが前田君と二日ばかり話をしている間に、どうも自分の今までの国家観念が浅薄であったのに気がついた。国家というものは自己を離れて別にあるものではない。自己と国家とは一つのものである。観音様と信者とは一体になってこそ真正の信仰である。国家もこれと同じだ。とこういう風に考えるようになった。


私がよく「根本」「根本」といって、原内閣時代でも「君はいつも根本とか国家とかいうことぱかりいう」といわれたが、それは農商務省で前田君に始めて会った時に感じたことが因をなしている。今ここにある事柄が起り、これをどう処理したらよいかという場合、一時的のことは考えない。起れば起った原因から調べて行かねば気が済まぬ、これが前田君の意見書を作る時からズッと養われて来た考えだ。だから、私の意見は時に今日の世の人の意見とは合わないことが多い。


さて、家を引越してみれば、今度はどうして家族を養うかということを考えねばならぬ身となった。
友人たちの中にはいろいろ親切に奔走してくれて、あるいは北海道庁とか某県の知事とか郡長とかに世話しようと再び官途につくことを勧めてくれたが、私はいずれも厚く親切を謝して断った。というのは、これまで私が官途についたのは衣食のためにしたのではない。今日まではいつでも官を辞して差支えないだけの用意があったのである。従って上官のいうことでももし間違っていて正しくないと思うたときは、敢然これと議論して憚るところがなかった。
しかるに今や私は衣食のために苦慮せねばならぬ身分となっている。到底以前のように精神的に国家に尽くすことは出来ない。時によれば自分の意に合わないことでも、上官の命であればこれを聞くことを余儀なくそれぬとも限らない。かかる境遇の下で官途につくことはよろしくないと考えた。


自分は昨年伊藤伯に向って、この時世は八方美人主義では渡られぬことをしばしば力説したが、伯は円滑主義に囚われ、あらかじめ一定の方針を樹てず、時の勢いに順うべきを唱えて止まない。よって自分は伊藤伯に向って、円にして方ならざれば今の世に処すること難し、自分は馬車馬主義である。君の壁馬主義にはお供は出来ぬ。君らはよろしく相伴って早稲田に至り、頭を下げて総理の職を隈伯に譲るべしといって物別れした。結局そうなるよりほかはあるまいといわれた。


講和談判の成行きについて列国は非常の注意を払っていたが、なかんずく露国は遼東半島の割譲をもって自国の東方経略を阻害するものとし、突如四月二十四日、仏独両国を誘い、我が外務省に対して正式干渉を提議して来た。即ち曰く「貴国が遼東半島を永久に領有するは東洋永遠の平和によろしからず、よってこれを清国に還付し、世界の平和の資せられんことを望む」と、干渉はわが政府並びに、国民にとって青天の霹靂であった。


当時私はわが通貨の不足を補うには、いたずらに支那から取った償金に頼るようではいけない。それよりもむしろ信用取引の増進を図ることが最大の急務であると考えていた。現に欧米諸国においては、例え百万円の資本を運用するにしても、現実に貨幣の流動する高はその二割に止まり、他の八割は信用取引によってこれを弁じている有様である。これに反して我が国においては信用取引に属するものは一割五分に過ぎずして、八割五分までは通貨の流動を必要とする状態にある。ゆえに資本増加の途は一に不足せる信用を堅実に涵養するにある。そしてこれを涵養するの手段はまず実業の大勢を整備せねばならぬ、と考えていた。


欧米の実業界においては、新たに事業を起しまたは会社を設立するなどの場合には、まずその基礎的計画は如何、これを担当する人々の人物如何ということをまず研究し、この二ツのことが備わって始めて金が集まるのである。しかるに我が国においては、名士の名によってまず金集めしかる後担当者を決める。従って基礎的計画の堅実さや担当者の技能如何は軽んぜられ、そのために最初にはプレミアムが附いた株も、事業着手の後予期に反することたびたびである。すでに民間の事業の状況は以上の通りである。


この時私はカーネギーの青年訓中、人間の三大敵として、飲酒、加判、投機の三ツを挙げてあることなどを思い出し、これに皆にも語り閑談数刻、おのおの歓を尽して夜遅く家に帰った。


その時私は、人間は感情の強いものであるから、船に乗った場合などに船長の批評をしたりすることは堅く慎まねばならぬものだ、と深く感じた。


アルフレッド・ロスチャイルド氏の別荘に招かれた時も、氏は日本が償金を要求することは当然であるが、あまり巨額になってはいけない、かつ償金が決定しても現金は困難であるから結局ロシヤの公債を受け取ることになるであろう、とてその場合における処理方法等を注意してくれ、またサー・アーネスト・カッセル氏ももし償金としてロシヤの公債を受取ったら、やはりロンドンとフランスの市場で売出したらよかろう、と言ってくれたくらいで、英米における財界の人々の間には、日本がロシヤから償金を取ることくらいについては、何人も異論のないところであった。

先日(2023.1.5)
青梅商工会議所の賀詞交換会に出席しました。
せっかくなので、予習として
「青梅市の商業と工業のデータ」を確認。
※一応、統計関係の仕事もしてたので。
青梅市の稼ぎ頭は
「電子部品・デバイス・電子回路製造業」です。
中村会頭とちょっと話をしましたが
青梅市の電子機器(半導体関係)の生産性は、全国平均の2倍以上。
また青梅市以外からの所得の60%を稼ぎ
市内雇用者の所得となっているそうです。
ここを伸ばしていきたいと話されていました。
昨年から、経済産業省が
スタートアップ(新技術やアイデア)に
かなりの予算を付け始めているので
この流れに乗りたいところ。
「スタートアップの成長を支援する自治体」への予算もありますので、青梅市も企画をまとめてチャレンジしましょう。
◎(参考)経済産業省
p.s.
挨拶の中で
「今年はウサギ年で跳ねる年、飛躍を願う」
という主旨の話が多かったです。
私、ウサギ年の年男ですので
自分自身も飛躍できるよう頑張りたいと思います。

325198279_859346721951276_2139409774922198001_n
324841005_1582598265512697_7178210788964173051_n

↑このページのトップヘ