青梅市議会議員 大勢待としあき

青梅市議会議員 大勢待利明(おおせまち としあき)の公式ブログです。

松本清張を読むのは初めて。
この本を手にしたキッカケは、タイ・バンコク旅行です。

ガイドブックの誘導どおり
タイのシルク王・ジムトンプソンの家を見学。
初めて耳にする名前でした。

ガイドの案内にしたがって見学する形式で
一時間ごとにツアーがスタートする。
ここを訪れる日本人観光客は非常に多い。
しばらくすると僕を含む日本人15人くらいが集まりました。
タイ人の女性ガイドの流暢な日本語でツアーがスタート。

タイのシルク王・ジムトンプソンについて簡単に説明すると、
第二次大戦で、アメリカからタイへと渡る。
終戦後にタイ・シルクのビジネスを始めて大成功を収める。
カンボジアのクメール美術品の収集を趣味とした。
そんな最中、マレーシアの避暑地にて
1967年3月26日に失踪。その後の行方は未だにわからないという。

大富豪が謎の失踪ということで、非常に気になりまして
帰国してから調べてみると
ジムトンプソンは、CIA(前身OSS)の極東諜報員のトップであったという。

ベトナム戦争の最中に謎の失踪。
共産党による拉致、現住民族による殺害、タイ政府の陰謀など、様々な角度から捜査が行われたが、何の手がかりも見出せず、血痕もなければ死体もなく、生死すらわからない状態で事件は迷宮入りした。

この迷宮入り事件に対して、一つの解決を提示しているのが
松本清張の「熱い絹」です。

JFK暗殺に関する資料があと数十年で公開されますが
それと同じように、ジムトンプソン失踪事件についての資料もぜひ公開して欲しいです。
→CIAさん。

1091201165_86

1091201165_23
ジム・トンプソンの家 in タイ・バンコク(2007/11/25撮影)

1091201165_143
各国の旅行者がツアーを待つ。(2007/11/25撮影)

865569771_83

『サイは投げられた。』
『ブルータス、お前もか』
などの名言!?
で有名なカエサルの著書です。
ローマ共和国の防衛のため、蛮族を統治するべくガリアでの記録を綴った内容。

『ローマ人の物語』(塩野七生)で名文と絶賛されていたので、読んでみました。
さすが岩波文庫だけあって非常に読みづらいです。
おそらく原文(ラテン語)が名文なのでしょう。

この本を読んでいて、つくづく感じたのは、

「カエサルは、ある日突然、ローマの皇帝※に躍り出たのではない」ということです。
(当たり前だ)
(※実際はその一歩手前)

ガリア地方において、ローマ兵をどのように配置して敵を撃破するか。
兵糧の確保の手配。
軍の行路の開拓。
会戦後の敵との交渉。
統治の方法の徹底。
などなど

綿密な計画を立てて指示を出し、小さな成果を積み重ねていった結果として、
腐敗したローマ共和制を改革し、ローマ帝国を打ち立てるという
政治制度の壮大な大転換を実現していったわけですね。

壮大な計画を念頭に置きつつ、いま目の前にある課題を確実にこなしていくこと。

これに尽きると思いました。

Italy200710 376
カエサルが暗殺されたフォロ・ロマーノ(2007/09/30撮影)

Italy20070930 314
カエサルが暗殺され、火をつけられて灰となった場所

『ゲームの達人』(シドニー・シェルダン)の南アフリカのダイヤモンドといい、
『007ダイ・アナザー・デイ』のシエラレオネのダイヤモンドといい、
ダイヤモンドには、常に戦争や陰謀が絡んでいる。

と考えたとき、僕が小学生の頃、
漠然と見ていた毎週日曜の夜の名作劇場
『小公女セーラ』のことが心配になってきました(笑)。

セーラが”ダイヤモンド・プリンセス”になって物語が終わっていたからです。

・・・セーラにも戦争や陰謀が絡んでいるのか・・・!?

そこで『小公女』(バーネット)を読んでみることにしました。

本からの情報によると・・・

セーラの父は、イギリスの名門イートン校(ウィリアム王子も通った)を卒業した後、軍隊に入り、インドへ。
インド生まれのセーラが大きくなったので、ロンドンの学校に預ける。

時代は、イギリスがセポイの乱を鎮圧し、ムガル帝国を滅ぼして、イギリス領インドとし、インドを完全に植民地にした頃。(1850年代あたり)
セーラのパパは軍人だから当然、戦争に絡んでいるだろうし、その最中に、ダイヤモンド鉱山の開拓に投資しているのだから、原住民を働かせたり、採掘権の確保に策略を巡らしたりと、陰謀が渦巻く世界だったのだろう・・・。

この莫大な財産が小公女セーラに渡って物語が終わります。

アニメは、セーラがインドへ旅立つシーンで終わっています。

セーラはインドでどういう人生を送ったのだろう?

セーラの意志の強さと品格は、どんな環境になっても変わらないはずで、
その性格を持ってして、植民者としてインドでどう生きたのか?

想像を膨らませるのも、なかなか楽しいものです。

↑このページのトップヘ