青梅市議会議員 大勢待としあき

青梅市議会議員 大勢待利明(おおせまち としあき)の公式ブログです。

大学キャンパスの跡地利用について調べていたところ
①東京理科大学・久喜キャンパスが、久喜市に、無償譲渡されていた記事を発見。
(参考)「久喜キャンパス跡地の土地、建物の無償譲渡及び1億円の寄附を、東京理科大学から久喜市へ」
②キャンパス跡地を引き受けた久喜市は、生涯学習センターなどを整備する計画を検討しましたが、計画は断念となったようです。
(参考)東京理科大学跡地の活用計画の断念について
③今年2022年に、久喜氏は、キャンパス跡地を、「看護専門学校を運営する公益社団法人」に譲渡するようです。
(参考)東京理科大の跡地 看護学校に活用へ 埼玉・久喜が譲渡方針
※考察
①「無償譲渡」が基本。
ただ今、明星大学青梅キャンパス跡地を、青梅市が数十億円で買う(+解体費も青梅市持ち)という話が
青梅市議会で出ているが、キャンパス跡地を引き受けるとしたら「無償譲渡」が基本か。
②産官学連携で物事を進めるべき
現在、明星大学青梅キャンパス跡地をどう使うかの検討が全く無し。民間から提案を受けて、産官学連携で物事を進めていくべし。奈良学園大の産官学連携を参考にする。

時おり、近くの図書館で
各新聞のイッキ読み。
青梅市内に営業所がある企業が
日経新聞に出ていたのでメモ。
○マテラス青梅工業
「ポーラスコンクリート」という
環境負荷を軽減するコンクリートの需要が
伸びてきているようです。
※商工観光課で訪問して、ニーズを聞き
本社を青梅市へ。何て展開も良いかも!?
279518088_5096002337147012_3910855039512490261_n


コロナで中止となっていた
(一社)青梅市サッカー協会の
フットサル育成事業。
令和4年度は、開催します!
申込フォーム等を作成。
パソコン&webと
日々進化するデジタルの仕組みで
一人でこなせる事務が、
ほんと広がってますね。
と、その一方で、使い方を
日々勉強しなければならないので
技術に、ついていくのが大変。。。

278071825_5035854776495102_3066470174365472824_n

首都圏ネットワークを見ていたところ
(2022年3月31日18:30放送)
安藤忠雄さんや
隈研吾さんなど
国内を代表する建築家が
渋谷区の公共トイレを設計し
次々に完成しているという。
ネットで検索したら出てきた。
この事業は
「渋谷区」と「渋谷区観光協会」と「日本財団」とで
進めているようで
青梅市も、観光政策の基本として
青梅市内の公共トイレを
リニューアルすべきではないだろうか。
p.s.
商工観光費で毎年消化されていない分の予算を当てて
1年に1つ公共トイレ施設を整備していくとか・・・!?
デザインは、コンペで!
日本財団に話を持ち込んでみては。

277774203_5030996170314296_4306742333281624432_n
277815217_5030998193647427_4228309364938280932_n
277802290_5031002810313632_1407676250859463420_n
277776067_5031002743646972_4236262369151699315_n
277994499_5031002756980304_4252593445310943367_n

ただ今、青梅市では、
明星大学青梅キャンパスの跡地を
「買うかのか、買わないのか?いくらなのか?」
「利用方法はどうするのか?」
という議論がなされていますが
このような事例はないかと
ネット上を調べてみると・・・
1つ見つかりました。
奈良学園大学の統合により
三郷キャンパスが跡地となったので
キャンパスを三郷町へ「無償譲渡」し、
そして、跡地は、
福祉関連施設などが入るほか、
スポーツ施設の整備を行い
「生涯活躍の場」にするという。
2023年春以降の順次オープンの予定。
「産官学金」連携事業で、サッカー場もできるようです!
※奈良クラブ、三郷町、学校法人奈良学園、大和信用金庫、県サッカー協会の連携
ぜひ青梅市も参考に。
「無償譲渡、計画、産官学連携(&地元金融機関)」を検討してみては。
※私も調べてみます。
○参考記事
・三郷町に無償譲渡へ - 町は跡地をゾーン分け事業者と活用予定/奈良学園大の三郷キャンパス
・三郷キャンパス跡地活用の「FSS35キャンパス」報道発表
・奈良学園大跡地を活用、 地域交流など計画 - 奈良クラブ、三郷に新拠点

↑このページのトップヘ