青梅市議会議員 大勢待としあき

青梅市議会議員 大勢待利明(おおせまち としあき)の公式ブログです。

2010年11月

久々に、ある友人と連絡をとりまして 「なるほどな~」という話を聞いたのでご紹介します。 その友人は、営業成績は抜群。 証券系の部門では おそらく日本でも5本指には入るでしょう。 そのコツを聞いてみたところ、 「音楽を勉強していたことが役に立っている」 とのことでした。 英語の曲を聴いて、歌詞の意味も分からないのに感動するのと同様に 証券の説明を聞いて、内容を理解していないのに、儲かりそうな気になる人が多い。 すべては、話し方のイントネーション。 ボーカル力がモノを言う。 とのことでした。 あとは、気に入られるかどうかのフィーリングが大事だそうです。 (↑これが一番重要でしょうね)

河辺と新町が生活圏だったことが
関係しているのかもしれませんが

青梅の商店街で開催されるお祭りは
「見に行って楽しむ」という固定観念がありました。

今回は、僕も理事を務めている
NPO青梅まちづくりネットワークがプレゼンス。
「プチ青梅検定」のスタッフとして参加。
マイナー堂の前の駐車場に陣取りました。

1626601959_211
1626601959_55

市内のイベントには、いろいろと参加していますが
青梅の商店街は、初のデヴューです。

さて出店ですが
「青梅に関する10問クイズを解いていただき、青梅をさらに理解していただこう!」
という内容です。

およそ100名のお客様に、挑戦してもらいました。

回答してもらったら、目の前ですぐに採点(僕は採点係です)。

小学生からおばあちゃんまで、答え合わせを通じて
「次の機会に頑張ります!」
とか
「青梅に50年もいるのに、まだまだ青梅について知らないことがあるのね」
などなど、いいコミュニケーションが生まれていたと思います!

こうして青梅の商店街のお祭りに参加して、
いろんな人と「プチ青梅検定」を楽しんだことによって
青梅の町をより深く理解できた気がしました。

次は、青梅大祭にも絡みたいかな!?

p.s.
打ち上げは、河辺の飲み屋。
チンドン屋の親分と隣り合わせまして
大盛り上がりでした。

↑このページのトップヘ