青梅市議会議員 大勢待としあきのblog

青梅市議会議員 大勢待利明(おおせまち としあき)の公式ブログです。

2017年04月

本日は、若草小学校のPTA総会でした。
来賓で出席。

その中で、校長先生が

「若草といったら『若草物語』(作者オルコット)、英訳だと「Little Women」。
単なる幼い少女ではなく、一人の立派な女性という意味です。
若草小でも生徒一人ひとりを、子どもではなく、一人の小さな大人として指導いたします」

という話をされていました。

そういえば今から8年前。

アメリカ・ボストンにある
オルコットの家に行ったことを思い出しました。
『若草物語』が執筆された場所です。

それと日曜19:30から放送されていた
「ハウス世界名作劇場」。
『若草物語』やってましたよね。

ストーリーの結末が思い出せない。。。
アメリカ南北戦争の中で果たして!?
今一度、『若草物語』読んでみようと思います。

若草PTA01
若草小総会資料。
若草PTA02
若草03
オルコットの家(ボストン)。ここで『若草物語』が書かれた。

北朝鮮の状況が騒がしくなっていたので
今日4/15(金日成の誕生105年)は、
どうなるかと心配だったのですが

平和な日常で良かったと思います。

今から10年ほど前、

38度線上にある板門店。
『撃たれて死んでも文句はいいません』
という内容の誓約書にサインして

国連軍のバスにて、現地に行ってみました。

かつて経験したことの無い空気がただよっていて
「朝鮮半島は、まだ戦争が続いているんだな」
と、皮膚感覚で思ったのを
今も覚えています。
板門店01
板門店02
板門店03
板門店04

昨日、
若草小学校の入学式
霞台中学校の入学式

に来賓で出席させていただきました。

公園等で出くわすたびにカランでくる小学生たち(汗)が
かっ中生(霞台中学生)となり

月日が経つのは本当に早いと思いました。

私が舞台上に立ってあいさつする機会はありませんが
「もし、私が挨拶をするとしたらどんなことを話そうかな~」
と、席に座って考えていまして

河辺駅北口の
「かごしま眼科」の待合室に置いてある
『暗殺教室』
に書いてあるようなことを
新入生に話したいですね。

以下のような感じです。

マンガ中より抜粋。

1)
テストは良い
一夜漬けで得た知識など
大人になったらほとんど忘れてしまうだろう
それでいい
同じルールの中で力を磨き
脳みそを広げ結果を競う
その結果から得る経験こそ宝物だ

2)
どんな人間にも殻を破って大きく成長するチャンスが何度かあります
しかし1人ではそのチャンスを活かし切れない
集中力を引き出すような強敵や経験を分かつ仲間達・・・
生徒の成長の瞬間を見逃さず、高い壁を、良い仲間を・・・

3)
恋愛!若いうちなんてデリカシーも無いから失敗して当然!
一杯ミスって学習しながら最終的にはあったかい家庭を築いてください。
入学式01
母校のかっ中
入学式02
「かごしま眼科」の『暗殺教室』

このページのトップヘ