青梅市議会議員 大勢待としあき

青梅市議会議員 大勢待利明(おおせまち としあき)の公式ブログです。

2021年05月

5月31日(月)。
親に頼まれ、
ワクチン接種予約を試みるが…
一瞬で、予約終了。
写真のとおり
6/12○、6/13○
と、表示されていたので
「これは、いけるか!!!」
と、次のページを
クリックするやいなや
予約は、終わってしまっていた。
9:00開始で、2分後には終了。。。

195203152_4061780837235839_1809874620392058736_n

森村さんは
①「東京大学(経済学部)を卒業後、伊藤忠商事で林業の取引に従事」
→青梅市を含む西多摩の山々の活用を進めるに当たって、十分な経験です。
②「生命保険会社に勤務した後、独立。保険会社"経営"へ」
→経営経験のある政治家は、なかなかいません。民間の本当の感覚を生で知っている方です。
③「本当に都議会議員1期生?」
→既に東京都政を知り尽くしています。圧倒的な学習力。
→商社・会社経営の経験で交渉事や仕事も早い。
※本人は控えめで言わないけれども、青梅市に助成金かなり予算持ってきている。
→既に東京都議会の中心的人物。
そして何より
森村さんは、誰とでも気軽に話のできる方。
森村たかゆき都議を応援します!
本当に良い人材を
都政に送らなければ
青梅市の未来は開けません! 188985122_4039737802773476_9111043016193613619_n

ワーグナーの曲の戦闘シーンを
よく目にする戦争映画「地獄の黙示録」

まだ見ていないと、フト思い立ち
GEOでレンタルして観賞。
普通のベトナム戦争映画と思いきや
そうでもないようです。
思い起こすこと・・・
村上春樹の「1Q84」
数年前に、中巻の
「青豆がマンションに匿われているところ」
で中断して、そのままホッタラかしておりましたが
「地獄の黙示録」を観て、
続きを読んでみようと思いました。
おそらく村上春樹さんは
「地獄の黙示録」をヒントにしています。
教祖を暗殺した後、
いったいどんな世界が待っているのか?
村上春樹さんの考察が、
中巻、下巻で描かれていると思うので
読んでみよう。
p.s.
私、ハルキストではありませんが
「1Q84」以前の作品は
一通り読んでおります。

186538884_4024456137634976_4303977914462061216_n

NHK「英雄たちの選択・渋沢栄一」を見ていたところ
磯田さんが、
なるほど!
と思うところを述べていたので
書き留めておきます。
「愛才家」が重要ということで
字のごとく、
・才能ある人を愛して、
・その才能がみんなの為に役立つように
・まわりが盛り立てることが大事。
・「愛才家」になろう!
という主旨のことを
番組の最後に述べられていました。
仲間内とか、ただ長くいるとかで、
人を使っていると
どんどん社会は劣化する。

IMG_9979
IMG_9973
IMG_9978

NHKBSでやっていた
「ムトゥ・踊るマハラジャ」
インド映画。
初めて見てみました。
数年前に、流行っていて
チラリと耳にした記憶があります。
感想を端的に言うと・・・
①始まりはマイケル・ジャクソン「ブラック・オア・ホワイト」風のダンス
②歌詞は、インドの経典「ラーマーヤナ」とか「バガバッドギーダー」的だなーと思えば
③ジャキーチェーンのカンフー・アクションとなり
④続いて、ベン・ハーの「戦車競走の場面」になって
⑤途中で「ドリフの大爆笑」
⑥終盤は「ヒッチコック」の殺人映画になり
⑦ブルースリーの「燃えよドラゴン」を挟んで
⑧ラストは、「小公女セーラ」のエンディングで締めくくる(実はダイヤモンドプリンセスだった)。
という、もはや何でもありのインド映画でした。
カオス状態。
いつかインド。行ってみたいなー。
ヒンディー語もさわりだけ。

IMG_0167
IMG_0173

↑このページのトップヘ