青梅市議会議員 大勢待としあき

青梅市議会議員 大勢待利明(おおせまち としあき)の公式ブログです。

2022年11月

長崎の議員研修会で配られた資料の中に
観光パンフレットが入っていまして
その中に、
遠藤周作・原作の映画
「沈黙」の紹介がありました。
長崎が舞台の話です。
気になったので、早速チェックしてみました。
遠藤周作を読むのは久々です。
大学1年の時に
「キリスト教概論」という
全学部共通の
必須科目がありまして
その時の課題図書の1冊
遠藤周作「キリストの誕生」について
レポートを提出した記憶があります。
さて、今回読んだ遠藤周作の「沈黙」。
宣教師ロドリゴが、
これでもかというくらいに
キリスト教禁止の過酷な拷問(というか試練)を受け、
そんな中、神からの救いは何もなく、
神の救いの声は全く聞こえてきません(=神は沈黙する)。
敬虔なキリスト教の宣教師ロドリゴでさえも
「果たして神は本当にいるのか、いないのか?」
というところまで追い込まれます。
さて、宣教師ロドリゴは、どうなるか?
それは読んでのお楽しみ。
キリスト教を禁止する日本側の理由も
シッカリと書かれていて、
とてもよくできている小説であると思いました。
映画を観てから、小説を読むという順番がいいでしょう。
※写真の教会は、話の最初に出てくるマカオの教会(2006年訪問)
315268852_5654979011249339_9050951283311405900_n
315439932_5654980821249158_7405775213375320444_n
315325434_5654982354582338_428891483682225402_n

家族でサッカー観に行くか!!!となりまして、
それならばと思いついたのは「浦和レッズ」
声だしOKの試合。
「浦和レッズの大声援」と「スタジアムの熱い雰囲気」を
子どもたちに体験させたかったので、早速行ってみました!
今回は、akippa(あきっぱ)という
駐車場の予約システムを使って
青梅市から埼玉スタジアム2002へGO。
ペーパードライバーの私ですが
頑張って運転しました。
今回は、ファミリーシートという
親子連れ専用の席で観戦。
席につくやいなや
「浦和レッズ・サポーターの応援」は、圧巻の迫力!
応援を見るだけでも価値があります!
さて、試合の方ですが
浦和レッズは、セレッソ大阪に、
全くなすすべなく
0-4の今シーズン最大の大敗。
試合終了後には、サポーターの大ブーイングが
巻き起こっていました。。。ひぇ~。
p.s.
我が家の子たちは、スポーツには関心が薄く
後半はタブレット(にゃんこ大戦争)に
集中していました。。。
※周りを見回すと、ファミリーシートの
他家族も同じような傾向のもよう!?

314955242_5646066752140565_5166275988674955854_n
314965366_5646067005473873_3191789126459062761_n
314996714_5646067508807156_760160249128571389_n
315011087_5646069868806920_2130743986467384514_n
314944247_5646068018807105_4745270035185409321_n
314952480_5646098535470720_2494693926281978495_n


青梅市の「今井地区が浸水してしまう水害」が
あったことは記憶に新しいところです。
それゆえ
・水道菅の清掃をしたり、
・水を霞川へと流す地下水路を作ったり、
・水を貯めておく貯水池を設置したり、
・ただ今、もう一つの貯水池を設計していたりと
対策が立てられていますが
根本的課題は
「☆埼玉県側の霞川の護岸整備が進んでいないこと」であります。
青梅市側の霞川は、
東京都の管轄で整備が進んていますが
いかんせん、
下流の埼玉県側が整備されておらず、
豪雨時に水が流れにくく、滞りがちになり
それゆえ
上流部の青梅市(今井地区)では
水の行き場が無くなり
浸水が発生してしまいます。
今回、大野元裕・埼玉県知事の講演会の後に
少し話をする時間があったので
ここのところをピンポイントで
説明しておきました。
また改めて埼玉県とは調整したいです。
p.s.
大野元裕・埼玉県知事は、以前は外交官で
著作を出されていたので、
予習として読んでおきました。

315007589_5646047442142496_272833828086406353_n
315020895_5646048032142437_1601245088770127221_n
314970322_5646048245475749_4008261978773670931_n

先日、大野元裕・埼玉県知事の講演を聴いてきました。
「これは、いいな」と思った
行政のやり方をメモっておきます。
☆議会対策・zoomによる答弁作成の方法
地方議会の議員には、"一般質問"という
「役所に対して何でも質問できる権利」があります。
"一般質問"の内容は、事前通告制なので
役所側は、事前に答弁の準備をします。
この準備が一苦労のようで、
埼玉県の場合では
①課長が答弁を書き
②部長がチェックして
③副県知事が確認し
④県知事の了解を得る。
⑤知事の意向に会わなければ①~④がやり直しで
残業につぐ、残業が続いていたそうです。
そこで、大野・埼玉県知事は
議員の質問に関する各部署のメンバーを
zoom上に集めて議論し、web上で答弁案を確認。
最終的には、大野・埼玉県知事が
文章を直接修正して
答弁を完成させているとのことです。
こうすることで、答弁の準備の時間が短くなり
今や残業は、無くなっているそう。
・議員の質問に関して、関係部署のメンバーが問題意識と方針を共有でき
・かつ答弁作成時間も今までより短縮
ということで、とても良いやり方であると思いました。
青梅市でも、検討する余地は十分ありで
市長を始め、部長以下、ICTの基本技術は必須ですね。
DX推進のキッカケは、
トップが率先してICTを使うことが重要で
大野・埼玉県知事の知事室は、
TV会議のモニターが充実しているそうです。

314752485_5645794302167810_4456538506611565747_n

本日(2022.11.5)の朝は
月1回開催の河辺駅前の清掃。
コロナでしばらく休止していましたが
2か月前から再開。
終了後は、メンバーで
近くのジョナサンにて談笑!
313931810_5635799516500622_8130837874500102157_n

↑このページのトップヘ