「矢沢永吉・30周年コンサート」以来、
久々に、味の素スタジアムへと足を運びました。
まずは京王線の飛田給駅で下車。
駅の通路には、「FC東京」と「東京ヴェルディ」のフラッグが掲げられています。
その他、駅前は「FC東京」寄りが多めのような。。。
スタジアムへは、歩いて数分。
今回は「東京ヴェルディ」の試合で
グリーンに演出されていました。
ローマのコロッセオを思わせる
収容人数5万人の巨大な楕円形スタジアム。
陸上トラックは、
ほぼ使われることはないので
人工芝で覆われています。
それならば、サッカー専用(球技専用)でもよかったかも。
さて試合の方ですが
「東京ヴェルディ」が
圧倒的にボールを支配していながら
「ブラウブリッツ秋田」の術中にはまって
決定的な場面を全く作れず
前半終了間際のコーナーキックと
後半唯一のカウンターに沈んで、
0-2で「東京ヴェルディ」の負け。
試合終了後は、サポーターから
ブーイングが起きていました。
p.s.
イギリスのロンドンには、
プレミア・リーグ1部に所属のチームが
5~6チームあるように
いずれ、東京にも複数のチームが
Jリーグの舞台に上がってくるはずです。
となると、スタジアムの設計を工夫して
いかに熱狂空間を創り出せるかが
クラブ経営の肝になる気がしています。
5万人のスタジアムより
1万5000人のスタジアムの方が
良い時もありそうです。
今のヴェルディを見ていて思いました。

314017765_5633720146708559_893745981375284480_n
314466124_5633724950041412_4343522627758903785_n
313412030_5633725263374714_4264002329118761876_n
313409900_5633725463374694_178261610327335129_n
312461984_5633725623374678_7949031774443632278_n
314471775_5634393956641178_2233686322019018948_n
314507692_5633726566707917_2266901888101819706_n